検索

    【比較】ディズニーランドとシーを9つの項目で比べてみた!違いは?どっちがおすすめ?

    • ひまわり

      ひまわり

    ディズニーランドとシーを9つの項目にわけて、比較してみました!ディズニーランドとディズニーシー、どっちに行けば良いのか?どっちが楽しいのか?どっちがおすすめなのか?なかなか甲乙がつけがたいですよね。そこで、ディズニーランドとシーを、アトラクションやキャラクターグリーティング、ショーパレード、レストランなどの基準にわけて比較して見ました。ディズニーランドとシーどちらに行ったら良いかわからなくなった時の参考にしてくださいね♪

    【比較】ディズニーランドとシーを9つの項目で比べてみた!違いは?どっちがおすすめ?

    こんにちは!ディズニー大好き1児のママのひまわりです。

    ディズニーリゾートへ遊びに行く計画を立てる際に、ディズニーランドに行こうかでディズニーシーにしようか悩む方は多いですよね。
    一般的な意見として、

    ・ディズニーランドは子供連れや家族向け
    ・ディズニーシーはカップルや大人向け

    と言われていますが、実際はどうなのか気になりますよね?
    ディズニーランド・ディズニーシーどちらパークもそれぞれに良さがあるので、違いを知って訪れたいパークを選びましょう。

    今回は、ディズニーランドとディズニーシーを8つの項目に分け、様々な角度から比較しています。

    ディズニーランド・シーの比較①:コンセプト

    ファンタジアのミッキー
    ファンタジアのミッキー

    まずは、ディズニーランド・シーのコンセプトを比較してみましょう。

    ディズニーランドは映画がコンセプト

    ディズニーランドは、ファンタジー・夢・魔法の世界をテーマとしているパークです。
    ディズニー映画がコンセプトとなり、ディズニーキャラクターを前面に出したアトラクションや、かわいらしい施設が多いといった特徴があります。

    ディズニーランドパークは7つのエリアにわかれています。
    各エリアでテーマやコンセプトが異なるので、建物の雰囲気や音楽だけでなく植えられている木や草花も異なるので注意して見てみてくださいね。

    ワールドバザール
    トゥモローランド
    ファンタジーランド
    クリッターカントリー
    トゥーンタウン
    アドベンチャーランド
    ウエスタンランド

    ディズニーシーは冒険やロマンスをイメージ

    一方で、ディズニーシーは、名前のとおり海にまつわる物語や伝説などを題材にしたパークです。
    冒険やロマンス、発見の楽しさにあふれた世界をイメージしています。

    7つの海をテーマにとエリアがわかれているのが特徴です。
    まるで海外にいるかのような異国情緒あふれるエリアや未来のテーマポートなど、それぞれ違った雰囲気を楽しめます。

    メディテレーニアンハーバー
    アメリカンウォーターフロント
    ポートディスカバリー
    ロストリバーデルタ
    アラビアンコースト
    マーメイドラグーン
    ミステリアスアイランド

    ディズニーランド・シーの比較②:パークのつくり・移動方法

    移動手段として
    移動手段として

    次に、ディズニーランド・シー各パークのつくりや移動方法を比較してみましょう。

    ディズニーランドはシンデレラ城中心&平坦

    ディズニーランドは、シンデレラ城を中心にぐるりと円を描くようにエリアがわかれています。
    各エリアへの移動は歩いて10分ほどで、あまり苦にならず歩くことができますよ。

    また、平坦な道が多く、坂道や階段などは少ないです。
    なので、お子供が歩くのも特に心配がないと思います。

    ディズニーシーはバーバー中心&坂道・階段多い

    ディズニーシーは、中心にハーバーがあり、パーク全体が水に囲まれたような造りが特徴です。
    パーク内にハーバーがある分、エリア間の移動に少し時間がかかります。

    さらに、ディズニーランドに比べると圧倒的に坂道や階段が多く、車イスやベビーカーでの移動は少し大変です。
    階段がある場所にはスロープも設置されているますが、遠回りをする必要があります。

    歩いての移動がちょっと大変なぶん、移動手段として

    ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
    ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

    などを使うと便利ですよ。

    アトラクションも体験できて移動もできるなんて一石二鳥!
    ディズニーシーは、それぞれのエリアが遠いため無駄に移動して疲れないためにも計画的を立てて行動しましょう。

    ディズニーランド・シーの比較③:アトラクション

    レイジングスピリッツ
    レイジングスピリッツ

    続いて、ディズニーランド・シーのアトラクションを比較してみましょう。

    絶叫系が多いのはディズニーシー

    東京ディズニーリゾート内で一番怖いと言われている「タワー・オブ・テラー」をはじめとする絶叫系アトラクションが多いのはディズニーシーです。
    タワー・オブ・テラー以外にも、

    ・360度回転する「レイジングスピリッツ
    ・急降下がスリル満点「センター・オブ・ジ・アース

    など、ディズニーランドに比べると、身長制限が高いアトラクションが多くあります。
    なお、どちらのパークもアトラクションは、基本的に年齢制限はないので、身長制限さえ基準値を超えれば利用は可能ですよ。

    キャラクターに会うならディズニーランド

    また、ディズニーキャラクターを身近に感じられるアトラクションはディズニーランドの方が多いと思います。
    小さなお子さんは、ディズニーランドであればファンタジーランドやトゥーンタウン、ディズニーシーはマーメイドラグーンやアラビアンコーストがおすすめですよ。

    ディズニーランド・シーの比較④:ショー・パレード

    ワンマンズドリーム
    ワンマンズドリーム

    続いては、ディズニーランド・シーのショー・パレードについて比較して見ましょう。

    ディズニーランドはパレード中心

    ディズニーランドには、シンデレラ城を囲むように「パレードルート」というものが存在します。
    お昼や夜のレギュラーのパレードや、スペシャルイベント中の期間限定パレードは、このパレードルートをとおります。

    なお、パレードによってはシンデレラ城前がメインステージになる場合もあります。

    ディズニーシーはショー中心

    ディズニーシーは、パレードというよりも「メディテレーニアンハーバー」で行われるショーが中心です。

    ショーの内容により異なりますが、ディズニーの人気キャラクターたちが船に乗って登場します。
    そして、ピアッツア・トポリーノ(通称ミッキー広場)やリドアイル、ザンビーニ前のステージに上陸してくれるものもありますよ。

    中でも、ハーバー全体を使ったナイトエンターテイメント「ファンタズミック!」は迫力満点でおすすめです♪

    ディズニーランド・シーの比較⑤:キャラクターとの触れ合い

    かわいいコスチュームのデイジー
    かわいいコスチュームのデイジー

    続いては、ディズニーランド・シーのグリーティング(キャラクターとの触れ合い)について比較して見ましょう。

    ディズニーには、「グリーティング施設」という、並べば必ずディズニーのキャラクターたちと会えたり写真を撮ったりふれ合ったりする施設があります。
    ショーやパレードではディズニーキャラクターたちとの距離が遠く感じてしまいますが、グリーティング施設では直接ふれ合えます。

    ディズニーランドのグリーティング施設

    ディズニーランドは、次の2つのグリーティング施設があります。
    会えるキャラクターは3人です♪

    ミッキーの家とミート・ミッキー
     ⇒ミッキー
    ウッドチャック・グリーティングトレイル
     ⇒ドナルドまたはデイジー(選択)

    ディズニーランドのグリーティング施設

    ディズニーシーのグリーティング施設は、ディズニーランドよりも多く4つあり、会えるキャラクターは人です。
    キャラクターや日にちによって会える時間が異なるので、スケジュールを確認してくださいね。

    ヴィレッジ・グリーティングプレイス
     ⇒ダッフィー
    ”サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック
     ⇒ドナルド
    ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル
     ⇒ミッキー、ミニー、グーフィー(選択)
    アリエルのグリーティンググロット
     ⇒アリエル

    ディズニーランド・シー両パークともに、グリーティング施設以外で会えるキャラクターは当日のお楽しみとなっています。
    ただ、パークの指定された場所で行われる「整列グリーティング」というものもあります。

    グリーティング施設と異なり、開催される時間が短いため、定員に達するとラインカット(列にならべなくなる)のおそれがあるので早めに並びましょう。
    他にも、会えるキャラクターや時間、場所は決まっておらず突発的に行われる「フリーグリーティング」というものもありますよ。

    【完全攻略】ディズニーランドのグリーティング!あのキャラクターに会える場所はここ!
    【完全攻略】ディズニーシーのグリーティング!あのキャラクターに会えるのはここ!

    ディズニーランド・シーの比較⑥:キャラクター

    ダッフィー&フレンズ
    ダッフィー&フレンズ

    続いては、ディズニーランド・シーで会えるキャラクターを比較してみましょう。
    ディズニーランドとディズニーシーどちらでも会えるキャラクターと、どちらかのパークでしか会えないキャラクターがいます。

    アトラクションやグリーティング施設、ショーパレードに出演するキャラクター以外は、フリーグリーティングでの登場です。
    ディズニーランドやシーに行ったからといって、必ずしもお目当てのキャラクターに会えるとは限らないのです。

    なお、フリーグリーティングしか出てこないキャラクターに会えるかは運次第です。

    ディズニーランドのみで会えるキャラクター

    ディズニーランドのみ会うことができるキャラクターは、ジャスミンやアリエル以外の主なディズニープリンセスです。

    驚愕!ディズニープリンセスたちの実年齢!登場映画やプリンスとご紹介

    ディズニーシーのみで会えるキャラクター

    ディズニーシーだけで会えるキャラクターは、ダッフィーやシェリーメイをはじめとする「ダッフィー&フレンズ」です。

    ディズニーシーでダッフィー&フレンズに会おう!グリーティング&ショーの概要

    ディズニーランド・シーの比較⑦:レストラン

    クリスタルパレス・レストラン朝食メニュー
    クリスタルパレス・レストラン朝食メニュー

    続いては、ディズニーランド・シーのレストランを比較してみましょう。

    ディズニーランドとシーのレストランの決定的な違いは、「アルコールの提供の有無」です。
    ディズニーランドではお酒の提供はありませんが、ディズニーシーではお酒が提供されています。

    また、プライオリティ・シーティング(事前予約)必須ですが、両パークともに「ディズニーキャラクターダイニング」が実施されています。
    実施されているレストランは、それぞれのパークに1ヶ所ずつです。

    ディズニーランドのレストラン

    ディズニーランドにあるレストランおよびフードワゴンの数は、47店舗です(2018年4月現在)。

    ディズニーランドでは、朝食の時間帯のみ「クリスタルパレス・レストラン」にて「ディズニーキャラクターダイニング」が実施されています。
    会えるキャラクターは、くまのプーさんとその仲間たちです。

    ディズニーシーのレストラン

    ディズニーシーにあるレストランおよびフードワゴンの数は38店舗で、ディズニーランドより少なめです(2018年4月現在)。
    お酒は、ディズニーシーの各レストランやワゴンで販売されています。

    テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」は雰囲気も良く、生ビールやカクテルなどお酒の種類も多いのでおすすめです。

    ディズニーシーでは、「ディズニーキャラクターダイニング」は「ホライズンベイ・レストラン」の一部のエリアで行なわれています。
    会えるキャラクターは、ミッキー・ミニー・プルートです。

    ディズニーランド・シーの比較⑧:ホテル

    ディズニーランドホテル
    ディズニーランドホテル

    続いては、ディズニーランド・シーをホテルの側面から比較してみましょう。
    ディズニーランド・シーともに、パーク名前が付いた東京ディズニーリゾート直営のホテルがあります。

    ディズニーランドのホテル

    ディズニーランドにあるホテルは、エントランス正面に建てられた「東京ディズニーランドホテル」です。
    ディズニーリゾート内を走るディズニーリゾートラインの東京ディズニーランド・ステーションを降りてすぐのところに位置していますよ。

    ヴィクトリア朝様式と呼ばれる建築スタイルが取り入れられているホテルです。

    ディズニーランドホテル徹底攻略!宿泊特典がたくさん!予約方法・料金・レストラン・アメニティー情報

    ディズニーシーのホテル

    ディズニーシーにあるホテルは、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」です。
    パーク内のホテルなので、チケットがなくても、一部のお部屋からはディズニーシーのハーバーショーを観ることができます。

    【必見】ミラコスタの部屋の種類・位置・値段!各部屋のおすすめをわかりやすく解説!

    開園前の早朝や閉園後は、新しいショーのリハーサルを行っていることもあるので観れたらラッキーですね。

    【完全網羅】ミラコスタの予約方法・値段・レストラン・特典やアメニティー徹底解説

    なお、「東京ディズニーランドホテル」「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」どちらのホテルも、一般のゲストよりも先にパーク内に入園できる「ハッピー15エントリー」をはじめとした、さまざまな宿泊特典が付いています。

    ディズニーランド・シーの比較⑨:おすすめ

    シンデレラ城
    シンデレラ城

    最後に、よくある疑問「ディズニーランド・シーどっちがおすすめ?」という疑問について考えてみましょう。
    ディズニーへ行くことは決めたものの、どちらのパークに行ったら良いのか悩んでしまうこともありますよね。

    ディズニーランド・シーどっちのパークが良いかはもちろん個人の好み次第です。
    でも、一緒に行く方や遊び方など、パターンに合わせてパークを選ぶ基準をご紹介します。

    ①子供のデビュー

    乳幼児など、子供のディズニーデビューは、「ディズニーランド」がおすすめです。
    ディズニーキャラクターがたくさん登場するショー・パレードや、小さな子供向けのアトラクションが多くあるためです。

    特に、「トゥーンタウン」は小さな子供連れのご家族に人気のエリアです。

    また、ディズニーランドはディズニーシーに比べて坂道や狭い道がほとんどないため、ベビーカーの移動や車イスを使う場合も楽ですよ。

    【必見】ディズニー「デビューシール」徹底解説!もらい方&場所を伝授!大人ももらえる?

    ②デート

    カップルや夫婦でディズニーを訪れるのであれば、落ち着いた雰囲気のある「ディズニーシー」をおすすめします。
    ディズニーシーではお酒も楽しめるので、大人のデートにピッタリですよ。

    【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

    外国に来たかのような街並みを見て歩いたり、ロマンチックな気分を味わえる「ヴェネツィアン・ゴンドラ」などは、ぜひディズニーデートで利用してもらいたいアトラクションです。

    ③グリーティング

    ディズニーでキャラクターとたくさん触れ合いたい場合は、「ディズニーシー」がおすすめです。
    ディズニーランドよりも、ディズニーシーの方がグリーティング施設や整列グリーティングが多いためです。

    ただし、女の子に大人気のディズニープリンセス(アリエルやジャスミンを除く)はディズニーランドにしか出てきませんので、注意してくださいね。
    キャラクターとのグリーティングでは、そのエリアだけでしか会えないキャラクターや、かわいいコスチュームにも注目しましょう。

    ④アトラクション

    より多くのアトラクションを利用したい方は、「ディズニーランド」がおすすめです。
    ディズニーランドは37個、ディズニーシーには28個のアトラクションがあり、多くのアトラクションを楽しめるからです。

    ただし、絶叫系が好きな方は「タワー・オブ・テラー」や「レイジングスピリッツ」などがある「ディズニーシー」をおすすめします。
    絶対乗りたいアトラクションがあるパークを基準に選ぶと良いかもしれませんね。

    ディズニーシーは、2012年の登場以来連日大行列の「トイ・ストーリー・マニア!」や、2017年に登場したばかりの「ニモ&フレンズ・シーライダー」を目当てに来園するゲストが多くいます。

    一方で、ディズニーランドは2018年4月15日(日)より「イッツ・ア・スモールワールド」がリニューアルオープンしています。
    赤ちゃんを抱っこしたままでも利用できるアトラクションなので、どの年代でも楽しめるアトラクションですよ。

    まとめ

    プロメテウス火山
    プロメテウス火山

    いかがでしたでしょうか?
    9つの項目に分けて、ディズニーランドとシーを比較してみました。

    どちらのパークも、それぞれに違った良さがあるので決めかねますよね!
    ディズニーランドとシーどちらに行こうか悩んだ際の参考にしていただけたらうれしいです♪

    【比較】ディズニーランドとシーを9つの項目で比べてみた!違いは?どっちがおすすめ? キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ひまわり

    ひまわり

    親友に影響され、千葉に住んでた時に年パスで通いつめてました。 今は地方在住ですが家族でディズニー行くのを楽しみにしています。ショー、パレードが大好きです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    3. 【11/22更新】2019-2020冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【11/22更新】2019-2020冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    4. 【2019冬】ディズニーシーのお土産総まとめ!ダッフィーの新作グッズ&クリスマス&お正月限定も!

      【2019冬】ディズニーシーのお土産総まとめ!ダッフィーの新作グッズ&クリスマス&お正月限定も!

      Tomo

    5. 【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集