ディズニーランドが空いている時期を解説!閑散期や梅雨、イベントの谷間は狙い目?

    • monpy

      monpy

    ディズニーランドの空いている時期について徹底解説!年間を通してパークが混雑している時期、空いている時期はいつ?閑散期と言われるシーズン(1月~2月)、梅雨の時期(6月〜7月)、パークのイベントが開催されていないイベントの谷間など、比較的空いている時期を詳しく紹介。空いている曜日や、簡単に空いている日をチェックできる方法、年間を通した混雑予想などもご紹介します♪

    こんにちは! ディズニー大好きアラサー主婦のmonpyです。

    今回は、東京ディズニーランドの空いている時期について解説!

    年間を通して、パークが空いている時期はいつなのか、ねらい目の時期や空いている日を予想する方法など、詳しくご紹介します♪

    ディズニーランドの最も混雑している時期は?

    東京ディズニーランド
    東京ディズニーランド

    ディズニーランドといえば、混んでいるという印象の方が多いかもしれませんが、実は時期によってかなり差があります。

    例年、ディズニーランドが混雑する主な時期は、以下の時期です。

    ・土日祝日
    ・春休み(特に大学生の春休み期間)
    ・ゴールデンウィーク
    ・夏休み(特にお盆の期間)
    ・シルバーウィーク
    ・ハロウィーンイベント期間
    ・クリスマスイベント期間

    主に、連休や長期休暇の時期、パークで人気のイベントが開催される時期は、混雑します。

    逆に、それ以外の時期は、比較的空いている時期として分類できますよ!

    ディズニーランドの空いている時期:閑散期シーズン

    ディズニーランドの閑散期シーズンは?
    ディズニーランドの閑散期シーズンは?

    つづいて、ディズニーランドの閑散期シーズンについてご紹介します。

    ディズニーランドの閑散期とは、年間を通して入場者数が少なく、比較的パークが空いている時期のことです。

    かつてディズニーランドの閑散期は、毎年1月~2月の時期と言われていました。
    イベントがなく、季節的にも寒い日が多いこの時期は、年間を通して最もパークが空いている時期でした。

    しかし、近年では、1月~3月の時期に集客が予想されるような人気イベントが開催されるようになったことから、閑散期シーズンというものがほとんどなくなりつつあります。

    それでも年間を通してみると、季節的には1月の冬休み明けから2月いっぱいは、比較的空いている日が多く、ねらい目です。

    【2023年4月まで】ディズニー年間イベントスケジュール!ハロウィンスタート&リーナベル登場!

    ディズニーランドの空いている時期:梅雨シーズン・雨の日

    雨の日のディズニーランド
    雨の日のディズニーランド

    つづいてディズニーランドの空いている時期としては、梅雨のシーズン、雨の日が挙げられます。

    ディズニーランドでは、雨の日には屋外のショーやパレードなどが中止になる可能性があることから、パークへ行く日が雨の場合、日にちを変更しようと考える人が多いですよね。

    特に梅雨のシーズンは、連日雨の場合が多いため、そもそもパークへ行く時期として避けるという傾向が。
    年間を通して、梅雨の時期となる6月中旬~7月中旬までは、比較的空いている可能性が高いです。

    また、雨の日だけでなく、雪の日、台風の前後などの悪天候が予想される日は、パークが空いている傾向があります。

    しかし、パークが空いているからといって、あえて悪天候をねらって行くことは、あまりおすすめできません。
    悪天候の場合は、ショーやパレードはもちろん、アトラクションも利用できなくなる場合もあります。

    また、交通機関の乱れなどで帰宅が難しくなるなどのリスクも高くなるので、よく状況を確認してからパークへ行くようにしましょう!

    【雨のディズニー】ランド&シーの楽しみ方!持ち物・服装まとめ!限定パレードあり!おすすめアトラクションも

    ディズニーランドの空いている時期:イベントの谷間

    空いているワールドバザール
    空いているワールドバザール

    ディズニーランドの空いている時期として、穴場でおすすめなのが、イベントとイベントの谷間の時期(イベントのない時期)です。

    ディズニーランドのイベント期間は、期間限定のショーやパレードなどが開催されるため、通常時よりも多くのゲストが来ることが予想されます。

    逆に、イベント期間とイベント期間の間のなにもイベントがない期間は、多くの方が避けるためパークは空いている傾向にあるんです!

    イベントよりもアトラクションやレストランなど、通常のパークを目的で行く場合は、イベントの谷間の時期をねらうのがおすすめですよ!

    【2023年4月まで】ディズニー年間イベントスケジュール!ハロウィンスタート&リーナベル登場!

    ディズニーランドの空いている時期:空いている曜日は?

    ディズニーランドの空いている曜日は?
    ディズニーランドの空いている曜日は?

    つづいて、曜日別に、空いている曜日をご紹介します。

    平日の空いている曜日

    基本的に、平日はどの曜日も、土日祝日に比べて空いています。
    平日の中でも、土日と合わせて連休にできる月曜日・金曜日は、若干混雑傾向にあります。

    平日の空いている曜日

    火曜日・水曜日・木曜日>月曜日>金曜日

    土日や連休の空いている曜日

    土日や連休の場合には、宿泊を伴う遠方からのゲストや、多くの人がパークを訪れるため、平日に比べると混雑しています。

    連休中の空いている曜日

    連休の場合、中日が最も混雑し、最終日が最も空いている傾向があります。

    例:土曜日~月曜日までの3連休の場合
    日曜日が最も混雑し、月曜日が最も空いている傾向。

    土曜日と日曜日ならどっちが空いてる?

    日曜日>土曜日

    ディズニーランドの空いている時期:簡単にチェックする方法

    ディズニーリゾートアプリ
    ディズニーリゾートアプリ

    最後に、ディズニーランドの空いている時期を簡単にチェックする方法をご紹介します♪

    なるべく空いている日をねらって行きたいという場合、参考にできるのがパークチケットの価格です。

    現在、東京ディズニーリゾートのパークチケットは、価格変動制となっていて、最も混雑が予想される時期は最も値段が高くなるように設定されています。

    チケットの価格は、1デーパスポート(大人)の場合、7,900円/8,400円/8,900円/9,400円の4段階。

    チケットの価格が高い日ほど混雑が予想され、チケットの価格が安い日ほど空いている可能性が高いです。

    日にちごとのチケットの価格は、東京ディズニーリゾートの公式サイトの「パークチケット」の項目、または東京ディズニーリゾートオンライン予約購入サイト、東京ディズニーリゾート公式アプリから確認することができます。

    1デーパスポートの値段は、以下のカレンダーからも簡単にチェックできます◎

    あくまでもディズニーリゾート側の予想に基づく価格設定のため、絶対に空いているという保証はありませんが、パークの混雑傾向を予想するのに参考にしてみるといいですよ♪

    2022年10月 ディズニーチケット価格表(1デーパスポート)
    1
    9400
    2
    9400
    3
    7900
    4
    7900
    5
    7900
    6
    7900
    7
    7900
    8
    9400
    9
    9400
    10 スポーツの日
    9400
    11
    8400
    12
    8400
    13
    8900
    14
    8900
    15
    9400
    16
    8900
    17
    8400
    18
    8400
    19
    8400
    20
    8900
    21
    8900
    22
    9400
    23
    8900
    24
    8900
    25
    8900
    26
    8900
    27
    8900
    28
    8900
    29
    9400
    30
    9400
    31
    8900
    2022年11月 ディズニーチケット価格表(1デーパスポート)
    1
    8400
    2
    8400
    3 文化の日
    9400
    4
    8900
    5
    9400
    6
    8900
    7
    8400
    8
    8400
    9
    8400
    10
    8400
    11
    8400
    12
    9400
    13
    8900
    14
    8900
    15
    8900
    16
    8900
    17
    8900
    18
    8900
    19
    9400
    20
    9400
    21
    8900
    22
    8900
    23 勤労感謝の日
    9400
    24
    8900
    25
    8900
    26
    9400
    27
    9400
    28
    8400
    29
    8400
    30
    8400
    2022年12月 ディズニーチケット価格表(1デーパスポート)
    1
    8900
    2
    8900
    3
    9400
    4
    9400
    5
    8900
    6
    8900
    7
    8900
    8
    8900
    9
    8900
    10
    9400
    11
    9400
    12
    8900
    13
    8900
    14
    8900
    15
    8900
    16
    8900
    17
    9400
    18
    9400
    19
    8900
    20
    8900
    21
    8900
    22
    8900
    23
    8900
    24
    9400
    25
    9400
    26
    9400
    27
    9400
    28
    9400
    29
    9400
    30
    9400
    31
    9400
    2023年1月 ディズニーチケット価格表(1デーパスポート)
    1
    9400
    2
    9400
    3
    9400
    4
    8900
    5
    8900
    6
    8900
    7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31

    まとめ

    以上のことから、年間を通しての時期ごとの混雑予想をまとめてみました♪

    パークへ行く際は、参考にしてみてくださいね♪

    【ディズニー混雑予想】2022年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

    ディズニーランドが空いている時期を解説!閑散期や梅雨、イベントの谷間は狙い目?

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    monpy

    monpy

    旅行大好き・ディズニーをこよなく愛するアラサー主婦のmonpyです。
    現在の夢は、海外ディズニーパークの全制覇!!

    ディズニーの魅力が、もっともっと多くの方に伝わるよう、日々研究に努めています。この熱い想いが届きますように!!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2022年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2022年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【9/8】リーナベルが東京ディズニーシーに遂に登場!グッズ・メニュー・フォトスポット情報まとめ!

      【9/8】リーナベルが東京ディズニーシーに遂に登場!グッズ・メニュー・フォトスポット情報まとめ!

      まるこさん

    3. 【2022秋】ディズニーカチューシャまとめ!リアルタイムの売り切れ状況も!

      【2022秋】ディズニーカチューシャまとめ!リアルタイムの売り切れ状況も!

      Tomo

    4. 【10月更新】ディズニーのスタンバイパス最新情報!ホーンテッドマンションで発券中!発券状況や取り方&使い方まとめ!

      【10月更新】ディズニーのスタンバイパス最新情報!ホーンテッドマンションで発券中!発券状況や取り方&使い方まとめ!

      Tomo

    5. 【10/3最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年10月・11月・12月の予想まとめ!

      【10/3最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年10月・11月・12月の予想まとめ!

      めぐみ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集