【ディズニーピクサー】秘密のコード「A113」の意味とは?登場作品や広めた人物も!

    • みーこ

      みーこ

    ピクサー映画でおなじみの隠れコード「A113」を解説!ディズニー&ピクサー作品の細かなシーンに登場する謎の番号「A113」の意味や最初に広めた人物などをまとめてご紹介します。「A113」が見られるディズニー&ピクサー作品もまとめてお届け♪

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。

    今回は、ディズニー&ピクサー作品に度々登場し話題となっている隠れコード「A113」をご紹介♪
    ピクサー映画やディズニー作品には、秘密のメッセージ「A113」が隠されていることをご存知でしょうか?

    あらゆるシーンにこっそり登場しているので、まるで隠れミッキーのようだとディズニーファンの心を高めている存在なんです!
    そこで、ディズニー&ピクサーの10作品以上に登場する「A113」の正体や、最初に広めた人物、登場作品をまとめて解説します。

    映画を見る際はぜひ「A113」にも注目してみてくださいね!

    秘密の番号A113:「A113」はあらゆるディズニー作品に登場している

    ディズニー&ピクサー映画でおなじみの「A113」
    ディズニー&ピクサー映画でおなじみの「A113」

    ディズニーやピクサー作品を見ていると、ふとしたところに「A113」という暗号のような数字を目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。
    一見なんの意味もなさそうな番号ですが、実は1作品だけでなく数多くのディズニー作品に登場しているんですよ。

    例えば、ピクサー映画『ウォーリー』では、主人公のウォーリーが宇宙船で使ったコードナンバーが「A113」なんです。
    そしてピクサーの代表作『トイ・ストーリー』では、ウッディの持ち主であるアンディ少年の母親が運転する車のナンバープレートも同じ番号が使われています。

    この他にも、『ファインディング・ニモ』や『カールじいさんの空飛ぶ家』、『レミーのおいしいレストラン』、『プリンセスと魔法のキス』など数々のディズニー&ピクサー作品に登場しており、ファンの間では隠れミッキーならぬ隠れコードとして親しまれています。

    実はディズニー作品以外にも、アメリカの人気テレビアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』や映画『アイアン・ジャイアント』などのアニメにもこっそり登場しているんですよ。

    秘密の番号A113:「A113」の意味

    「A113」はどんな意味?
    「A113」はどんな意味?

    様々なディズニー作品やアニメに登場する「A113」の正体はなんでしょうか?
    実は「A113」という番号は、アメリカのカリフォルニア芸術大学内にある教室の番号なのです。

    この教室は、入学した学生が初年度にグラフィックデザインとキャラクターアニメーションを勉強する場所。
    これまでディズニーやピクサーをはじめ多くのクリエーターたちが学んできました。

    カリフォルニア芸術大学からは毎年多くのクリエーターたちが卒業し、ディズニーやピクサーアニメーションスタジオに就職しているんですよ。
    「A113」という教室はクリエーターたちにとって同じ夢を目指し、青春を歩んだ特別な場所だったのです。

    そんな才能あふれるクリエーターたちが、この教室への感謝と母校への想いを込めて、自分たちの作品に「A113」という隠れメッセージで敬意を表しています。
    また、「A113」は同じ教室を共有したアニメーターたちの仲間うちのジョークとしても使われています。

    同じクラスで共に学んだ仲間たちに対する、アニメーター同士の挨拶的な存在でもあるんですよ。

    秘密の番号A113:最初に「A113」を広めた人物は誰?

    「A113」の先駆けはあの人物!?
    「A113」の先駆けはあの人物!?

    「A113」を1番最初にアニメーションに取り入れた人物は誰なのでしょうか?
    最初にこの番号を作品に描いたのはブラッド・バードという人物です。

    ブラッドは映画監督や脚本、アニメーション作家であり、アニメーション映画『アイアン・ジャイアント』で初監督を務めたクリエーターです。
    ブラッドと言えば、『ザ・シンプソンズ』やピクサー映画『Mr.インクレディブル』、『トイ・ストーリー3』、『レミーのおいしいレストラン』を手掛けたことでも有名です。

    ブラッドもまたカルフォルニア芸術大学に入学し、「A113」の教室でアニメーションを学んでいます。
    その後ピクサーの監督となるジョン・ラセターと出会いピクサーに迎えられ、この「A113」をアニメーションのジョークとして最初に使いはじめたと言われています。

    秘密の番号A113:探してみよう!「A113」が登場する作品

    映画を見て「A113」を見つけよう!
    映画を見て「A113」を見つけよう!

    ディズニーやピクサー作品の多くに「A113」という番号がこっそりと登場しています。

    まるでパークで隠れミッキーを見つけるようなわくわく感があって楽しい!とファンの間でも大好評なんですよ。

    「A113」が登場する代表的なディズニー&ピクサー映画をご紹介していきますね♪

    ◆トイ・ストーリー(1995年)

    アンディ少年のママが乗る水色のミニバンのナンバープレートの番号が「A113」。
    ちなみに『トイ・ストーリー3』では、ママの車はシルバーのミニバンに変わっているのですが、このナンバープレートも「A113」なんですよ。

    また、『トイ・ストーリー2』では画面上に文字としては登場しないものの、空港のアナウンスで「"LassetAir Flight A113"」とアナウンスされています。
    アナウンスの「LassetAir」は監督のジョン・ラセターのことだそうです!

    【トイ・ストーリーのあらすじ】ネタバレと感想!
    【トイストーリー2】あらすじ&ネタバレ!登場キャラクターや見どころ、トリビアまとめ!
    【映画】トイストーリー3のあらすじ&ネタバレ!登場キャラクター、セリフ、豆知識も紹介♪

    ◆バグズ・ライフ(1998年)

    主人公のフリックが町に入った時、入口にあるダンボールに「A113」と書かれています。

    ピクサー映画「バグズライフ」あらすじ・ネタバレ&登場キャラクター!トリビアも

    ◆モンスターズ・インク(2001年)

    サリーとマイクが会話をする部屋で、アーチ形をした柱に「A133」という文字が書かれています。
    また、『モンスターズ・ユニバーシティ』では、サリーたちが待ち合わせている教室の番号が「A113」なんですよ。

    ピクサー映画「モンスターズ・インク」のあらすじ・ネタバレ
    【モンスターズ・ユニバーシティのあらすじ】登場キャラクターまとめ!見どころ&声優も!

    ◆リロ・アンド・スティッチ(2002年)

    リロが押す車やレンタカー、消防車、トラックなど登場する多くの車のナンバーが「A113」となっています。

    ◆ファインディング・ニモ(2003年)

    水中ダイバーが構えるカメラに「A-113」と刻まれています。

    【ファインディング・ニモ】あらすじとネタバレ

    ◆Mr.インクレディブル(2004年)

    シンドロームの秘密基地にある部屋の番号が「A113」。
    また、Mr.インクレディブルが拘束された監房もA1レベルの13監房なんですよ。

    【Mr.インクレディブル】あらすじ・ネタバレと感想

    ◆カーズ(2006)

    ライトニング・マックィーンがラジエーター・スプリングスへ向かっている途中に、「A113」と書かれた蒸気機関車が登場します。
    ちなみに『カーズ2』では飛行機の社名が「A113」になっていますよ。

    ディズニー映画【カーズ】あらすじとネタバレ

    ◆レミーのおいしいレストラン(2007年)

    食いしん坊で体の大きなネズミ、ギットの左耳に「A113」と書かれた研究所のタグが付いています。

    レミーのおいしいレストランのあらすじ・ネタバレ☆キャラクター情報も♪

    ◆ウォーリー(2008年)

    ウォーリーが宇宙船で使ったコードナンバーが「A113」。
    画面にドーンと登場するので分かりやすいです!

    ピクサー映画『WALL・E/ウォーリー』あらすじ&キャスト!環境をテーマにしたロボットが主人公の物語

    ◆カールじいさんの空飛ぶ家(2009)

    カールが出廷した裁判所の法廷番号が「A113」。
    裁判所でカールが座っている背後に注目してみましょう!

    ピクサー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」あらすじ・ネタバレ

    ◆プリンセスと魔法のキス(2009年)

    映画の冒頭シーンで、主人公のティアナが乗る路面電車の車体番号が「A113」となっています。

    映画『プリンセスと魔法のキス』あらすじ&ネタバレ!ディズニー初の黒人プリンセスの物語♪

    ◆メリダとおそろしの森(2012年)

    魔女の家の入り口の上部に「ACXIII」という文字が刻まれています。
    ちょっとわかりづらいですが、これはローマ数字で「A113」を指しています。

    物語の時代背景が中世なので数字も「XIII」と表しているんですよ。

    【メリダとおそろしの森】あらすじ&登場人物まとめ!主人公が女性のピクサー作品!数々の初の試みも!

    ◆インサイド・ヘッド(2015年)

    家出をしたライリーがママからの着信に気づくシーンで、背景の壁にスプレーで「A113」と落書きされています。

    映画『インサイド・ヘッド』あらすじ&ネタバレ!キャラクター、声優キャスト、トリビアも♪

    まとめ

    ピクサーボール
    ピクサーボール

    いかがだったでしょうか?

    ディズニー&ピクサー作品でおなじみの謎の番号「A113」についてご紹介しました。
    遊び心あふれる天才クリエーターたちの作品を見て、「A113」を探してみてはいかがでしょうか♪

    ディズニーピクサー映画全24作品一覧!大ヒット映画から2021年最新映画まで!

    ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」

    Disney+(ディズニープラス)
    出典:公式サイト
    Disney+(ディズニープラス)

    Disney+(ディズニープラス)なら、月額990円(税込)でディズニー映画が見放題!

    Disney+(ディズニープラス)

    Disney+(ディズニープラス)【DoCoMo】

    ディズニーの歴代映画はもちろん、「ピクサー作品」や「スターウォーズシリーズ」、「マーベルシリーズ」まで16,000作品以上が見放題!
    2021年10月27日からは、新たなブランド“スター”が加わり、「glee/グリー」や「ウォーキング・デッド」などの人気海外ドラマも楽しめます♪

    【ディズニーピクサー】秘密のコード「A113」の意味とは?登場作品や広めた人物も! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    みーこ

    みーこ

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。
    カメラを片手にパークを散策したり、パレードや景色を眺めてまったり過ごすのが1番の楽しみです❣
    ディズニーを愛するすべての皆さまに楽しんでいただけるようなお役立ち情報をお届けします。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【12/8更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【12/8更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    2. 【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      Tomo

    3. 【12/8最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?12月・1月の予想まとめ!

      【12/8最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?12月・1月の予想まとめ!

      めぐみ

    4. 【12月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      【12月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      ティガー

    5. 【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集