検索

    【映画】トイストーリー3のあらすじ&ネタバレ!登場キャラクター、セリフ、豆知識も紹介♪

    • Writer

      Writer

    ディズニー映画『トイ・ストーリー3』のあらすじをご紹介します。映画の内容に関しては、ネタバレも含むので注意!トイストーリー3に登場するキャラクターや、ウッディやバズの感動的な名台詞もまとめました。また、大人になったアンディに関する映画の豆知識も解説しています。これを読めば、『トイ・ストーリー3』がもっと面白くなる!トイストーリー3の映画情報はこちらでチェック♪

    【映画】トイストーリー3のあらすじ&ネタバレ!登場キャラクター、セリフ、豆知識も紹介♪

    こんにちは、ちいと申します!
    将来はディズニーランドで結婚式を挙げるのを夢見る23歳です♪

    筆者は小さいころからディズニーが大好きで、新しい映画が出るたびに観てきました。
    今回は、ディズニー・ピクサー映画の名作『トイ・ストーリー3』のあらすじを紹介します!

    トイストーリー3

    ウッディ・プライド
    出典:公式サイト
    ウッディ・プライド

    『トイ・ストーリー3』は、ピクサー・アニメーション・スタジオが製作したフルCGの長編アニメーション映画です。
    トイ・ストーリー』と『 トイ・ストーリー2 』に続く、トイ・ストーリーシリーズの続編として、日本では2010年夏に公開されました。

    アニメーションの世界歴代興行収入では、2010年8月に1位になりました。
    2『アナと雪の女王』に抜かれるまで、その記録を維持していた大人気作品です!

    この作品では、前作までの監督ラセター氏が製作総指揮に就き、アンクリッチが監督デビューを果たしました。

    『トイ・ストーリー3』のキャッチコピーは、「さよならなんて、言えないよ…」。
    大人も涙なしにはみられない、感動的な映画作品となっています。

    トイストーリー3:登場キャラクター

    ロッツォ
    ロッツォ

    トイストーリー3でも、少年アンディのおもちゃたちが大活躍します。
    登場キャラクターをおさらいしましょう♪

    トイストーリー3の主人公は、前作に引き続きカウボーイ人形のウッディです。
    「ウッディ」や「バズ・ライトイヤー」の友情が、ひとつの見どころとなっていますよ。

    また、トイストーリー3では「ロッツォ・ハグベア」という新しいキャラクターが登場します!
    いちごの香りがするテディベアですが、その性格や悲しい過去が物語の鍵となります。

    トイストーリー3:あらすじ(ネタバレあり)

    レックスやミスターポテトヘッドなどの仲間たちの登場は…?
    レックスやミスターポテトヘッドなどの仲間たちの登場は…?

    さて、ここからはトイストーリー3のあらすじを詳しく紹介します。
    ネタバレを含むため、まだ結末が知りたくない!という方はご注意ください!

    ◆昔のホームビデオ

    物語の冒頭は、ウッディたちおもちゃの戦闘シーンから始まります。
    これは、おもちゃの持ち主アンディの遊びの世界を撮影したホームビデオの一部です。

    今までの作品でも何度かアンディが遊ぶシーンは出てくるのですが、ここまでくわしく出てくるのはトイストーリー3が初めてでしょう。

    ホームビデオには、アンディの成長がウッディたちとともに刻まれています。

    ◆大人になったアンディ

    1作目から10年が経ち、アンディは17歳となり大学進学を控えていました。
    おもちゃたちは「アンディと遊ぼう大作戦」を決行しますが失敗。

    おもちゃちは自分が売られたり捨てられたりするのではないかとひやひやしています。
    そんななか、アンディのお気に入りであるウッディはみんなを安心させようと奮闘します。

    ここまで捨てられなかったり売られたりしなかったのは、自分たちが大切にされていたからだということ。
    そして、アンディは自分たちを屋根裏部屋にしまうはずだということ。

    みんなの前では見栄を張るウッディですが、本当は自分も捨てられてしまうのではないかと不安に思っています。

    おもちゃたちが混乱する中、兵隊のおもちゃ「グリーンアーミーメン」は任務は終わったと部屋から出ていってしまいました。

    ウッディは自分の不安な気持ちをバズにだけ打ち明けます。
    みんな一緒だから大丈夫とバズに励まされますが、ウッディは「無限の彼方へともに行こう」と力なく返事をするだけでした。

    そしてついに、アンディがおもちゃを片付けはじめます。

    おもちゃを売ろうとする母親に、アンディは「そんな古いおもちゃガラクタだし売れない」と言います。
    「ガラクタ」という言葉におもちゃたちは傷つきます。

    しかし本心では、アンディはもう遊びはしないものの、大切なおもちゃを捨てることができずにいたのです。
    アンディは迷った末に、おもちゃたちを屋根裏部屋にしまうことに。

    最後にバズとウッディを見て迷いますが、ウッディは大学へ持っていく箱へ、バズは屋根裏行きの袋へ入れられました。

    アンディがおもちゃの入った袋を屋根裏へしまいに行こうとしたとき、妹のモリーが荷物を運んでいるが見えました。
    アンディは袋を階段の前に置き、モリーを手伝いに行きます。

    そこへ通りかかったアンディの母親が、おもちゃの袋をゴミと間違えて外に捨ててしまうのでした!
    ウッディは助けに行こうとしますが、目の前で収集車が行ってしまいます。

    間に合わなかったと焦るウッディの後ろで、なにやら物音がします。
    実は、バズたちは捨てられるのだけは避けようと、ゴミ袋から逃げ出していたのです!

    アンディが屋根裏部屋にしまおうとしているのを見ていたウッディは、捨てられてしまったのは間違いなのだとみんなを説得しようとしますが信じてもらえません。
    これからどうしようと嘆くおもちゃたちは、サニーサイド保育園へ寄付するおもちゃの箱を見つけそこに入る道を選びます。

    ◆楽しい保育園!?

    次々に新しい子供たちが入ってくる保育園は、いつまでも遊んでもらえるためおもちゃたちにとって最高の場所!
    優しい性格のテディベア「ロッツォ・ハグベア」から歓迎され、喜んでいました♪

    しかし、ウッディはアンディのところに戻ろうとひとり保育園を出ます。
    その途中で4歳の女の子ボニーに拾われ、ボニーの家に行くことになりました。

    子供たちと遊ぶのを心待ちにしているおもちゃたちですが、彼らが入った「いもむし組」はおもちゃのことをまだ大切に扱えない小さい子たちのクラスでした。
    乱雑に扱われたおもちゃたちは、みんなクタクタに…。

    バズがみんなを代表し、もう少し大きくておもちゃを大切に扱える子供たちがいる「ちょうちょ組」に入れてもらえないか交渉しにいきます。
    交渉はうまくいったかに思われましたが、ちょうちょ組に入れるのはバズだけの様子。

    家族のようなものだから仲間もちょうちょ組へ入れてほしいと言うバズでしたが、「家族」という言葉に反応したロッツォは態度を急に変えます。
    ロッツォはバズのことを利用しようと、デモモードにして出荷状態に戻し、自分たちの仲間にしてしまうのでした。

    一方、バズを待っているおもちゃたちは、ウッディの言う通りアンディが自分たちを屋根裏にしまおうとしていたことを知ります。
    ミセスポテトヘッドが片方の目をアンディの部屋でなくしていたため、部屋の様子が見えたのです。

    アンディが自分たちを捨てたわけではないとわかり、ポテトヘッドたちはアンディの家へ帰ろうとします。
    するとそこへ、本性をあらわしたロッツォがやってきます。

    ロッツォが良い人ではないとわかり、ポテトヘッドたちは逃げ出そうとします。
    しかし、逃げるおもちゃたちを阻んだのは仲間であったはずのバズでした!

    夜になるとみんな牢屋へ入れられ、バズの監視下におかれることになります。
    ウッディが正しかったことがわかり、後悔の念にかられながら夜を過ごすことに…。

    ◆ボニーのお家

    ウッディは保育園を出ようとしたところをボニーに見つかり、家に持ち帰られてしまいました。
    ボニーはサニーサイド保育園に通う、4歳の優しい女の子です。

    ボニーと久しぶりに楽しい時間を過ごしたウッディですが、夜になるとアンディの元へ帰ろうとします。
    「サニーサイド保育園へ行くことがあったら、他のおもちゃたちによろしく伝えてほしい…」とウッディがボニーのおもちゃたちに言うと、みんなが凍りつきます。

    ウッディはそこで初めて、サニーサイド保育園の裏の顔を知るのでした。
    戻るのは自殺行為だと言われてしまいますが、仲間のことを放っておけないと助けに行くことを決意します。

    ◆サニーサイド保育園からの脱出

    翌朝ウッディは、ボニーのリュックに入ってサニーサイド保育園へ。

    そこで、保育園の中で何年も隠れて生き延びている電話のおもちゃに出会います。
    助けてほしいとお願いすると、保育園のことをいろいろを教えてくれました。

    ・保育園から出られるのは「壊れて捨てられるとき」だけであること
    ・夜にドアを開けるには「事務所ある鍵」が必要なこと
    ・車のおもちゃたちが一晩中「見回り」をしていること
    ・保育園の「塀」は穴がなくとても高いこと
    ・さるのおもちゃが「監視カメラ」で見張りをしていること

    ウッディは脱出のヒントを得てみんなと再会し、作戦会議を開きます。
    ミスターポテトヘッドがおとりになったり、バービーがケンを誘惑したり、なんとかみんなでゴミ置場にたどり着くことができました。

    途中、バズをデモモードから変更しようとして「スペイン語モード」になってしまいます。
    スペイン語モードになってもジェシーへの好意はあるようで、セニョリータ!と踊り出してしまいます。

    脱出シーンのスリル感ある中でも、笑いを忘れないディズニーらしいシーンです♪

    ◆焼却炉でロッツォと直接対決

    あと少しで脱出というところまできたのですが、最後の最後でロッツォたちに見つかってしまいます…。

    しかし、仲間を大切にしない自己中心的なロッツォのせいで、仲間割れが起きます。
    ロッツォとずっと仲間だった赤ちゃんのおもちゃ「ビッグベビー」が、ロッツォをゴミ箱の中に落とします。

    これで逃げられると思ったウッディたちですが、リトルグリーンメンを助けた拍子にロッツォに引っ張られ、ウッディもゴミの中へ落ちてしまいました。
    それを助けようとしたみんなも落ちて、全員ゴミ収集車に連れて行かれてしまいます。

    ゴミ捨て場へ連れて行かれ、焼却炉までのレーンの途中で焦るおもちゃたち。
    そんな中、ロッツォがレーンの停止ボタンを見つけます。

    ロッツォがボタンを押すことになったのですが、みんなを踏み台にしてひとり逃げ出してしまうのでした。

    とうとう焼却炉の火の海に落ちそうになり、もう助からないと覚悟を決めます。
    おもちゃたちが手をつなぎ運命を待っていると、奇跡的にクレーンに持ち上げられ難を逃れます。

    なんと、先にどこかへ連れて行かれたと思っていた「リトルグリーンメン」が、クレーンを操作してみんなを助けたのです!

    そのころロッツォは、ゴミ捨て場のスタッフに懐かしいと拾われ、ゴミ収集場の車にはりつけられます。
    ゴミのにおいと砂埃にまみれ、ゴミ収集車の飾りとなってしまったのでした。

    ◆別れの時

    みんなで無事にアンディの家へ戻り、屋根裏に集まります。
    ウッディはアンディとともに大学に行くため、みんなと別れの言葉を交わします。

    大好きなアンディとは離れがたいウッディですが、仲間とずっと楽しく過ごせないものか考えます。
    ウッディはアンディの目を盗んでメモを書き残し、みんなが入っている箱の上に置きます。

    ウッディの書いたメモには、「ボニーがおもちゃを大切にする子だ」と書かれていたのです。
    そのメモを見たアンディは、おもちゃをボニーにあげるため車でボニーの家へ向かいます。

    アンディはおもちゃ一つ一つを紹介しながらボニーに渡します。

    「みんなのこと大切にしてくれるかな、ぼくの宝物なんだ。」
    このセリフに、最初のシーンでガラクタと言っていたのが心からではないことがわかりますね。

    おもちゃは全部あげたかと思われましたが、ボニーが箱をのぞくとそこにはウッディの姿が。
    ウッディを欲しがるボニーを前に、悩むアンディですが、ウッディもボニーに託すことにします。

    そして、最後に大好きなおもちゃたちを使ってボニーと遊び、楽しいひとときを過ごします。
    アンディは切ない表情をしながら「ありがとう、みんな」とおもちゃに別れを告げるのでした。

    トイストーリー3:エンドロール

    バズ・ライトイヤー
    出典:公式サイト
    バズ・ライトイヤー

    エンディングロールでは、ケンとバービーによって楽しくなったサニーサイド保育園での様子が映しだされます。
    ケンはもともとサニーサイド保育園にいた男性の人形で、バービーと一目会った時から恋に落ちました。

    また、最初にいなくなったグリーンアーミーメンたちも保育園にやってきたところも映っています。
    どうやら彼らも無事だったようですね。

    トイストーリー3:音楽

    ディズニーアニメ⑬:トイ・ストーリー(1995)
    出典:公式サイト
    ディズニーアニメ⑬:トイ・ストーリー(1995)

    トイストーリーの曲といえば「君はともだち」を思い浮かべる人が多いと思います。
    トイストーリー3でも、この曲は重要なシーンで使われています。

    ホームビデオでアンディとウッディの友情が表されているシーンと、最後のボニーにおもちゃを託すシーンです。
    アンディとおもちゃたちの変わらない友情と、ウッディたちと新しい持ち主になったボニーとの友情の芽生えを表しています。

    トイストーリー3:トリビア

    カールじいさんの空飛ぶ家
    カールじいさんの空飛ぶ家

    全体的に切ない雰囲気のトイストーリー3ですが、ディズニーらしい「しかけ」も忘れてはいません。

    ピクサー映画では、他の作品のキャラクターが隠されていることが多いです。
    トイストーリー3にも、いくつかの秘密が隠されているんですよ♪

    まず、アンディの部屋のポスターに注目です。

    実は、カーズのポスターが貼られているんです。

    さらに、『カールじいさんの空飛ぶ家』の主人公カールじいさんから送られてきたポストカードも貼られています。
    『トイ・ストーリー3』の悪役ロッツォは、「カールじいさんの空飛ぶ家」にも登場していたそうですよ!

    それだけではありません!
    始めに出てくるゴミ収集車に乗って、ゴミを回収している清掃員は、トイストーリーの1作目で登場していたシドです。

    お気に入りのどくろのTシャツを、まだ着ているんですよ♪

    保育園のシーンにも、隠されたおもちゃたちがいます。
    『ファインディング・ニモ』に出てくる「エイ先生」を見つけてみてくださいね。

    また、ボニーのおもちゃの中には、日本人にはおなじみのトトロも登場しています!

    トイストーリー3:感想

    ミスターポテトヘッド
    出典:公式サイト
    ミスターポテトヘッド

    いつか子供は大人になり、おもちゃと遊ばなくなる。
    当たり前のことですが、おもちゃからしたら切なくてたまらないですよね。

    筆者も2作目までは笑って観ていましたが、今作では涙がこらえきれませんでした。
    アンディが成長したことを認めつつも、一緒に遊びたいおもちゃたちの頑張りに、切なさがこみあげてきてしまいます。

    ただ、シリーズ1作目から思っていたのですがアンディってとってもいい子ですよね。
    ホームビデオのシーンでもモリーと仲良く遊んでいますし、大きくなって遊ばなくはなってもおもちゃのことをとても大切にしています。

    モリーが重そうなものを持っていたら一緒に持ってあげるし、アンディの育て方を聞いてみたいですね。
    将来アンディのような息子がほしいものです(笑)。

    まとめ

    今回は、トイストーリー3のあらすじやネタバレを紹介しました。
    涙なしには見られないトイストーリー3、ぜひチェックしてくださいね♪

    トイ・ストーリー1
    トイ・ストーリー2
    トイ・ストーリー4

    ・キャラクターはこちら
    トイ・ストーリーのキャラクター一覧!名前と画像で一挙ご紹介

    【映画】トイストーリー3のあらすじ&ネタバレ!登場キャラクター、セリフ、豆知識も紹介♪ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Writer

    Writer

    キャステルへの投稿ライターです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10月版】GoToトラベルでディズニーホテルに最安で宿泊する方法 ミラコスタ ディズニーランドホテル アンバサダーホテルも対象

      【10月版】GoToトラベルでディズニーホテルに最安で宿泊する方法 ミラコスタ ディズニーランドホテル アンバサダーホテルも対象

      monpy

    2. ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      みーこ

    3. 【最新】2020秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2020秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    4. 【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      てんてん

    5. 【9月28日から】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      【9月28日から】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集