検索

    【トイストーリー2】あらすじ・ネタバレと感想!

    • Writer

      Writer

    ディズニー映画「トイストーリー2」でのあらすじやネタバレ、感想をまとめてご紹介しています。バズやウッディのセリフから、登場曲について、映画の豆知識まで幅広く解説しています。トイストーリーの映画の情報はこちらでチェック!

    【トイストーリー2】あらすじ・ネタバレと感想!

    こんにちは、ちいと申します!
    小さいころからディズニーが大好きで、新しい映画が出るたびに観てきました。
    特にプリンセスものが大好きで、ディズニープリンセスのDVDボックスは私の宝物!
    将来はディズニーランドで結婚式を挙げるのを夢見る23歳です♪

    大ヒット作、「トイストーリー」の続編「トイストーリー2」です。
    前作に引き続き、監督はラセターが務めゴールデングローブ賞作品賞を受賞しました。
    元々は劇場用の作品になる予定ではなかったのですが、作品の出来にピクサーが交渉し、公開することが決定しました。

    トイストーリー2の感想

    私は基本的に続編が好きではないのですが、トイストーリー2は前作のおもしろさに引けをとらない作品です。
    キャラクターや設定は前作から引き継がれているのですぐに物語にのめりこむことができました。
    前作の最後で固い絆で結ばれたウッディとバズが、今では本当に仲良くなっていることがわかるのがうれしいですね。

    新しいキャラクターも他のキャラクターに負けず個性的でおもしろいですよ。
    前作でも、新しいおもちゃが購入されて古いおもちゃが捨てられてしまうのではないかという切なさが描かれていました。
    今作は実際に捨てられてしまったジェシーが登場することで、とてもリアリティのあるものになってきます。

    登場曲の「ホエン・シー・ラブド・ミー」では、ジェシーの置かれた境遇を切々と歌い上げられていて、さらに切なさが引き立つシーンになっていますよ。

    トイストーリー2は続編ではありますが、結末が本当にハッピーエンドになるのかわからず、最後までドキドキワクワクできる作品になっていると思います。

    トイストーリー2のあらすじ(ネタバレ)

    主な登場人物

    前作に引き続き、カウボーイ人形のウッディが主人公です。
    今作では、ウッディはかつて人気があったアニメの主人公で、実はコレクターズアイテムだったということがこの物語の重要ポイント。

    ウッディが出ていた同じアニメのキャラクター、カウボーイ人形のジェシーに、ウッディとジェシーの愛馬のブルズアイ、金鉱堀のプロスペクターが登場し、ウッディの運命を大きく握っていきます。

    ・ウッディ
    ・バズ・ライトイヤー
    ・レックス
    ・スリンキー
    ・ミスターポテトヘッド
    ・ハム
    ・シド
    ・ジェシー
    ・エイリアン
    ・グリーンアーミーメン
    ・ボー・ピープ

    ウッディの腕

    恐竜のおもちゃのレックスがやっているゲームのシーンから物語が始まります。

    スペースレンジャーのおもちゃ、バズライトイヤーとその宿敵ザーグのバトルゲーム
    実はこれ、ファミコンらしいのです。

    レックスがなかなか勝てないと言っているとアンディのお気に入りのカウボーイ人形のウッディが何かを探しています。
    これから持ち主のアンディとカウボーイキャンプに行くのに自分の帽子がないのです。

    帽子がないとイライラしているウッディに、羊飼いの人形ボー・ピープが「帽子があってもなくてもアンディはあなたを連れて行くわ」とたしなめます。
    そこへ胴がばねになっている犬のおもちゃ、スリンキーが帽子を見つけてきます。

    ここで登場するのが、前作の最後でアンディがクリスマスにプレゼントされた犬のバスターです。
    ちょっとしたことでも前作の続きがみられるのは続編の醍醐味ですよね。

    その後、アンディが部屋にやってきてウッディを連れて行こうとするのですが、母親からあと5分で出発すると言われ、「あと5分かぁ。うーん。」とおもちゃで遊びます。

    しかし、その5分が命取りで、アンディは遊んでいる途中にウッディの腕を少し破いてしまいます
    ウッディはキャンプに連れて行かれるはずだったのですが、腕が壊れたため置いていかれることになってしまいます。

    置いて行かれたウッディは悲しみのあまり、壊れたからいらないとアンディに捨てられる夢を見てしまい…

    夢のせいで動き回り、ほこりがたつとどこからか咳が聞こえます。
    咳をしていたのはペンギンのおもちゃウィージーでした。
    1ヶ月前に修理に出されたはずでしたが、物の陰に隠れていてそのままになってしまっていたのです。

    ヤードセール

    ウィージーと話している途中、ウッディはアンディの母親が庭でヤードセールを行っているのを発見してしまいます。
    ヤードセールとは、いらないものを売るガラクタ市のこと。
    自分たちも売られるのではないかとおもちゃたちは大騒ぎ

    すると、アンディの母親がいらないものを物色しに部屋にやってきて、ウィージーをヤードセールに持って行ってしまいました。

    ウッディはウィージーを助けるため、バスターの背中に乗り庭に繰り出します。
    無事ウィージーを助けることには成功。
    しかし、ウッディはバスターの背中から落ちてしまい、庭に取り残されてしまいます。

    そこにやってきたのは小太りのおじさん、アル。
    アルは母親にウッディを売るように頼むのですが、アンディのお気に入りのおもちゃであることを理由にアンディの母親は断ります

    母親の行動に安堵したのもつかの間、アルはよほどウッディが欲しかったらしく、母親の目を盗んでウッディを持ち去ってしまいます
    車で連れて行かれるウッディをバズが助けに行くのですが、追いつけず完全に連れ去られてしまうのでした。

    ウッディの捜索

    バズが覚えていた車のナンバーから、ウッディの居場所がアルのトイバーンであることがわかります。
    ウッディを盗んだアルが運営しているおもちゃ屋さんです。

    CMからアルのトイバーンの場所を調べ、バズたちはウッディの救出に向かいます。
    途中弱音を吐く救出メンバーにバズは「ウッディが途中であきらめたことがあったか。彼は私たちの友だ。」と鼓舞します。

    一時は取っ組み合いの喧嘩をしてしまうほどの中だったウッディとバズが、今ではとても素敵な相棒になっていることがうかがえますね!

    アルのトイバーンに着いたバズたちですが、そこはウッディがいるところではなくおもちゃ売り場でした。
    レックスは自分がやっているゲームの攻略本を見つけ、バズは大量に売られている自分と会います。

    攻略本を手に入れたレックスと貯金箱のハム、じゃがいもに顔のパーツをつけて遊べる人形のミスターポテトヘッドがおもちゃの車に乗って探し始めます。
    バービー人形のコーナーにたどり着き、ツアーガイドバービーが売り場を案内することになります。

    一方のバズは売り場の見本のバズに、箱に入ってハイパースリープ状態にならなければならないのに違反だとして捕まってしまいます。

    自分がスペースレンジャーだと思って動くその様子にバズは自分もこうだったのかと嘆くところがおもしろいですよね!

    見本のバズがバズを箱に入れて売り場へ置いた後、車でハムたちがバズのコーナーにやってきます。

    ハムたちも見本のバズを本物のバズと勘違いし、さらにゲームでのザーグの倒し方が分かったレックスが「ザーグの倒し方がわかったよ」と言うものですから、ならばと見本のバズもザーグを倒しに行こうとし、偽物のバズがハムたちの車に乗ってしまいます

    偽物のバズたちはアルの事務所まで行き、アルのカバンの中に入ってアルの部屋がある建物までたどり着きます。

    一方、閉じ込められた箱から出た後、かばんから出ているレックスのしっぽに気付いた本物のバズはみんなを追いかけます。

    ウッディのラウンドアップ

    連れ去られた先で、ウッディは自分が昔の人気番組のスターであったことを知り、同じ番組に出ていたおてんば娘のカウガール・ジェシー・ウッディの愛馬ブルズアイ・金鉱堀の人形プロスペクターに出会います。

    かつての人気番組とあって、関連グッズもたくさんあり、ウッディは感激します。
    しかし、プロスペクターの「行こう、みんなで博物館へ」の言葉でウッディはハッとします。
    ウッディは元々捨てられたわけではないため、アンディの元へ帰ろうと思っていました。

    しかし、ジェシーたちは違ったのです。
    持ち主に捨てられたり全く売れなかったりと、散々な目にあってきてアルの元にたどり着いたのはいいものの、主役のウッディがいないと博物館は買い取ってくれないため、ずっと暗い倉庫に入れられていたのです。

    ウッディが来て、ようやく日の目を見られると思っていたジェシーと、アンディのもとに帰りたいウッディは喧嘩をしてしまいます

    そこへやってきた修理屋にウッディは腕を直してもらい、意気揚々と帰ろうとします。
    しかし、プロスペクターやブルズアイに促されて、ジェシーと仲直りしてからアンディのところへ戻ることにしたのです。

    ジェシーはウッディに自分の持ち主だったエミリーとの思い出を語ります。

    「ホエンシーラブドミー」では仲良しだったエミリーがだんだんジェシーと遊ばなくなり捨ててしまうまでのジェシーの気持ちを切々と歌い上げます。
    「おもちゃは遊んだ子供のことを忘れない。でも子供はおもちゃのことなんか忘れてしまう」という言葉にウッディも考えさせられます。

    「大学や新婚旅行にアンディが自分を連れて行くのか」とプロスペクターに問われ、博物館にいて永遠に子供たちから慕われ続けられる方が良いのではないかと思い、ウッディはアンディの元へ帰るのをやめたのでした。

    ウッディの救出

    エレベーターに乗り無事ウッディのいるところへたどり着いたハムたちは、ウッディを無理矢理連れて行こうとします
    すると入り口にいたのは本物のバズ。

    どちらが本物のバズかウッディたちが見極める方法は映画を観て確認してくださいね。

    本物のバズに会えたところで、さぁアンディの元へ帰ろう!となります。
    しかし、そのときはすでにウッディが博物館に行くことを決意した後。
    バズたちはウッディのことを名残惜しくも思いつつ子供と遊ぶ役割を果たさない道を選んだウッディに半分がっかりして帰っていきます。

    バズたちが去り、自分の考えが間違えだったことに気付いたウッディはバズたちを呼び止めます
    ウッディがジェシーたちも一緒にアンディの元へ行けばいいと思い、動き始めたところでプロスペクターの邪魔が入ります。

    バズたちが助ける間もなく、そこへアルが戻ってきてウッディやジェシーをカバンに入れ博物館へもっていこうとします。

    遅れまいとバズたちもエレベーターで追いかけますが、なんとエレベーターにはザーグの姿が。
    実は本物のバズがハムたちを追いかけるところを見てしまい、バズを追いかけてきていたのです。
    偽物のバズはザーグと戦うのですが、途中でザーグが自分の父親であることを知らされます。

    エレベーターの天井からウッディを救出しようとするのですが、またもプロスペクターにじゃまされてしまいます

    エレベーターから出るとき、ドアがしまらないようにミスターポテトヘッドが帽子を投げるシーン、とてもかっこいいのでポテトヘッド好きは必見です。

    車で空港に向かったアルをバズたちも車で追いかけます。

    3つ目のエイリアンのリトルグリーンメンと車の中で出会うのですが、リトルグリーンメンは曲がるときの勢いで窓の外に飛ばされそうになりますがミスターポテトヘッドが助けるのでした。

    空港へたどり着き、ウッディがいるかばんを見つけますがまたもやプロスペクターに邪魔されます。
    しかし、バズやハムたちの機転でウッディは助け出され、プロスペクターは女の子のリュックに入れられてしまいました。

    プロスペクターですが、リュックの持ち主の女の子に変な顔のお人形と言われながらもそのまま持ち帰られます。
    女の子はとても芸術家気質のようで、連れていたバービーのメイクがなかなか奇抜で、これからプロスペクターが女の子にどんなメイクを施されるか気になっちゃいますね。

    ジェシー救出の西部劇

    プロスペクターに別れを告げたウッディたちは、かばんからブルズアイとジェシーを出そうとしますがジェシーだけ間に合いません。

    ブルズアイに乗りジェシーを救出しに行く場面はなんとも西部劇の様です。

    飛行機まで迎えに行きジェシーと再会できたのもつかの間、飛行機が動き出してしまいます。
    地面に降りようと試みるウッディとジェシーですが、足を滑らせてウッディが落ちそうになってしまいます

    そこへ現れたのが相棒のバズです。
    タイミングばっちり、いいコンビですね。

    バズが来たことで落ち着きを取り戻したウッディは自分についているひもをねじにひっかけ、見事ジェシーとともにブルズアイの背中に飛び移る事に成功します。

    ひもを投げる様子と言い、まさに西部劇そのものです。
    さすがカウボーイですね。
    危機一髪、助かったみんなでアンディの元へ帰り、めでたしめでたしで物語はおしまいです。

    その後、アンディはウッディの腕を筋肉モリモリにして治してあげます。
    キャンプに連れて行って、「壊さずに済んでよかった」と言うアンディにウッディも安堵。

    壊れたからいらないとは言われなくて本当によかったですね。
    ジェシーとブルズアイにもまた家族ができ、そんなジェシーのことを気に入った様子のバズは見ものです。

    ゲームに夢中だったレックスは本物を倒したため、「もうゲームはいやだ」と言っていると、アルのトイバーンのCMが流れます。
    ウッディだけではなくジェシーたちまで失ってしまって散々な目に遭い、悲しい様子

    そしてミスターポテトヘッドですが、リトルグリーンメンの命を救ったことを知ったミセスポテトヘッドはリトルグリーンメンのことを自分たちの養子にします。

    前作では夫に、今作では父親に…。
    ポテトヘッドは大忙しですね。

    壊れていたウィージーののども治り、すてきな歌を披露してくれますよ。

    ウッディは最後に、バズに「夢幻の彼方へ、共に行こう」と言います。
    アンディが大人になってなかなか遊ばなくなるかもしれないけれど、そのときも相棒がいるから大丈夫。
    さらに絆が深まったウッディとバズでした。

    まとめ

    トイストーリー2はまだまだ終わりません。
    エンドロールではウッディたちが俳優として演技をしているようなNGシーンが映し出されます。

    ガムテープにお尻がはまってしまったり、げっぷをしたり、おならをしたり…。
    笑えるシーンがたくさんあります。
    ウッディのいたずら好きな一面も見られるので、ぜひ確認していただきたいです。

    前作に引き続き、ピザプラネットの車も登場しますよ。
    「またピザの車か」やリトルグリーンメンに会ったときの「またか」というセリフは前作ファンとしてもうれしいつながりですね。

    今作で登場するキャラクター、ジェシーの元の持ち主のエミリーですが、なんとアンディの母親だったみたいです。
    アンディがかぶっている帽子、ウッディとおそろいの帽子に見えるのですが、よくよく見てみるとジェシーの帽子と同じ色、同じステッチになっているのです。

    今作はピクサーの長編映画の3作目となりますが、2作目のバグズライフのキャラクターも作中に登場。
    昆虫なので、目を凝らして探してみてくださいね。

    トイ・ストーリー3
    トイ・ストーリー1

    【トイストーリー2】あらすじ・ネタバレと感想! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Writer

    Writer

    キャステルへの投稿ライターです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10/16更新】2019秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【10/16更新】2019秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    3. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    4. 【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ハロウィーン&クリスマス限定!パーカーやお菓子など!

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ハロウィーン&クリスマス限定!パーカーやお菓子など!

      てんてん

    5. 【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集