検索

    子供と攻略!ディズニーランド子連れおすすめモデルコース!プランを立てよう

    • ひまわり

      ひまわり

    小さなお子さん連れでディズニーランドを楽しむための効率良い回り方をご紹介。ディズニーランドは、ご家族の思い出作りにピッタリな場所ですよ。小さなお子さんに人気のアトラクション情報やモデルコースなどもお伝えします。

    子供と攻略!ディズニーランド子連れおすすめモデルコース!プランを立てよう

    こんにちは!ディズニー大好き1児のママのひまわりです。

    筆者は、1歳のお誕生日のお祝いに、息子をディズニーデビューさせました。
    そのときの経験などを交えて、今回は小さなお子さん連れのディズニーランドの回り方をご紹介したいと思います。

    同じ子どもを持つ親として参考にしていただけたらうれしいです!

    ディズニーランドを子連れで楽しむために

    開園待ちするとこんな姿を見れるかも
    開園待ちするとこんな姿を見れるかも

    大人だけでディズニーランドに行くときとは違い、子連れの場合はいろいろと準備が必要です。
    効率良く楽しむためのアドバイスを、大きく分けて3つご紹介します。

    子連れディズニーのポイント①:時間に余裕を持ちましょう!

    まず基本としてお子さん連れは予期せぬトラブルなどが発生しやすいため、予定を詰めすぎないことが一番です。
    ゆっくりと時間に余裕を持ったプランを組んでいれば、イレギュラーが発生したときにもスムーズに対応できますね。

    また、事前にお子さんが絶対乗りたいアトラクションや観たいパレードなどをリストアップしていると便利ですよ。
    休止施設やショーパレードの時間も公式のHPなどを見て確認しておきましょう!

    子連れディズニーのポイント②:開園待ちをする!

    ディズニーランドを楽しむためには、なんと言っても開園待ちが大切です。
    パークへ行く時期にもよると思いますが、開園1時間前にはエントランスに並ぶことをおすすめします。

    開園待ちをすることで、開園ギリギリに来たゲストよりも先にパーク内に入ることができ、スムーズに行動できるからです。
    朝早くから行動するので、開園待ちの間に朝食を済ませると良いと思います。

    お手洗いもエントランス周辺には何ヶ所かあるので安心ですよ。
    気候に合わせて暑さ、寒さ対策をして体調を崩さないように気を付けてくださいね。

    子連れディズニーのポイント③:近くのホテルに泊まろう!

    遠方から来る方限定にはなりますが、お子さんが小さい時は特にディズニーランド近くのホテルが何かと便利です。

    ディズニーホテルディズニーオフィシャルホテルなどを選べば、パークへの行き帰りが非常に楽ですよ。

    舞浜駅はパーク帰りの方だけでなく仕事帰りの方でも電車が混雑するため、それを避けるためにも近場のホテルをおすすめします。
    費用はかかってしまいますが、東京ディズニーランドホテルだとエントランス出てすぐにあるので、お子さんが疲れた時に一度戻って休んでから再入園することも可能ですね。

    子連れディズニーランドでは午前中にグリーティングを!

    蒸気船ウィリーのミッキー
    蒸気船ウィリーのミッキー

    ディズニーランドを子連れで訪れたからには、ディズニーキャラクターと写真を撮りたいと思う方は多いですよね。
    グリーティング施設は、ファストパスがないので並ぶことが前提です。

    特に、日中は待ち時間がどんどん伸びるので、小さなお子さん連れで長時間並ぶのは大変です。
    少しでも待ち時間を少なくしたいのであれば、ねらい目はパークが開園してすぐの時間です。
    多くのゲストがアトラクションへと急ぐので、その時間にグリーティング施設に行けば待ち時間も少なくて済みますよ。

    また、待ち時間の短縮以外にも、子連れディズニーランドの方に午前中のグリーティングをおすすめする理由があります。
    それは、早い時間だとお子さんがお昼寝してしまったり疲れて機嫌が悪くなったりを防げるからです。

    せっかくみんなでお写真を撮るのであれば、笑顔の写真を残したいですよね!
    できれば疲れてしまう前にグリーティング施設を訪れてみてください。

    ディズニーランドには、以下の2ヶ所のグリーティング施設があります。

    ①ミッキーの家とミート・ミッキー(トゥーンタウン)

    ミッキーの家
    ミッキーの家

    言わずと知れたミッキーとグリーティングができる施設です。
    ミッキーのお家を見学するウォークスルータイプのアトラクションで、最後に映画撮影中のミッキーと会うことができますよ。

    どのコスチュームのミッキーと会えるかお部屋に入るまでわからないのでドキドキ!
    撮影している映画のコスチュームは、以下の4種類です。

    ・ファンタジア
    ・ミッキーの夢物語
    ・ミッキーの大演奏会
    ・蒸気船ウィリ―

    ミッキーの家とミート・ミッキーの待ち時間の推移
    ミッキーの家とミート・ミッキーの待ち時間の推移

    こちらのグラフは、ミッキーの家とミート・ミッキーの平日と休日の1日の待ち時間の変化を表しています。
    青い緯線が平日、赤い線が休日です。

    この待ち時間からもわかるように、ミッキーの家とミート・ミッキーは開園と同時に混雑し、その後夜までずっと混雑しています。
    開園後にすぐに他のアトラクションのファストパスを取ったら、そのままミッキーの家とミート・ミッキーへ向かうのが良さそうですね!

    【待ち時間情報も】ミッキーの家とミート・ミッキーの概要・混雑攻略まとめ

    ②ウッドチャック・グリーティングトレイル(ウエスタンランド)

    ウッドチャック・グリーティングトレイル
    ウッドチャック・グリーティングトレイル

    ウッドチャック・グリーティングトレイルは、ドナルドとデイジーのグリーティング施設です。
    サマーキャンプ場の小屋でかわいらしいコスチュームのドナルドとデイジーが待っていますよ。

    ドナルドかデイジーどちらとグリーティングするか選んでそれぞれの列に並びます。
    キューライン(待ち列)には、かくれミッキーなど待ち時間も飽きさせない工夫がたくさん!

    ウッドチャック・グリーティングトレイル1日の待ち時間推移
    ウッドチャック・グリーティングトレイル1日の待ち時間推移

    こちらのグラフは、ウッドチャック・グリーティングトレイルの平日と休日の1日の待ち時間の変化を表しています。
    丸い方のグラフがドナルド、三角の方のグラフがデイジーの待ち時間です。

    この待ち時間からもわかるように、ウッドチャック・グリーティングトレイルは平日は開園直後から混雑するというよりも、徐々に混雑していきます。
    子連れの場合は、やはり午前中に行った方が良さそうですね。

    また、休日はミッキーの家とミート・ミッキーと同じように、開園直後からすぐに混雑します。
    開園後にすぐに他のアトラクションのファストパスを取りに行き、その後ウッドチャック・グリーティングトレイルへ向かうのが良さそうです!

    【待ち時間情報も】ウッドチャック・グリーティングトレイルの概要・混雑攻略まとめ

    子連れディズニーランドはファストパスを上手く活用!待ち時間を減らそう

    ディズニーランドお子さんを連れて、長時間アトラクションのスタンバイ列に並ぶのは大変。
    できるだけ並ばなくていいようにファストパスを使って上手に活用しましょう。

    ファストパス取得のコツ

    バズのファストパス発券機
    バズのファストパス発券機

    ファストパスは時間になったらすぐ使いに行くのではなく、次のファストパスを先に取得することが大切です。
    わずかな時間の差に思えますが、この差で取れるファストパスの枚数が変わると言っても過言ではありません!

    まず、パークに入ったら誰か1人が全員分のパスポートを持ってファストパスを取りに行きましょう。
    危ないのでくれぐれもダッシュだけはしないように気を付けてくださいね!

    例えば、パパが代表してファストパスを取りに行けば、ママはお子さんとゆっくり歩いて行けます。
    パパがファストパスを取りに行っている間に、次に乗りたいアトラクションの近くに行っているとスムーズです。

    スタンバイ列に並ぶときは、途中合流はマナー違反なのでパパが到着するのを待って並んでくださいね。
    ちなみにお子さん連れに人気のアトラクションでファストパス終了が早いのは、「モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”」と「プーさんのハニーハント」です。

    次のファストパスは常に2時間以内ではない!

    チケットをよく見てみると…
    チケットをよく見てみると…

    一度でもディズニーランドへ行っている方は、ファストパスがどのようなものか理解していると思います。
    ファストパスを取得すると次に取れるのは2時間後が基本ですが、例外があるのをご存知でしょうか?

    ポイント①:2時間待たずにファストパスが取れる

    パークが開園してすぐにファストパスを取得すると次の発券までの時間が短くなることがあります。
    それは、ファストパスに記載されているアトラクションの利用時間になれば、次のファストパスが取得できるというルールがあるからです。

    例えば、開園してすぐの8:05に8:40~9:40に使えるファストパスを発券した場合。
    次にファストパスが発券できるのは2時間後の10:05ではなく35分後の8:40となります。

    ポイント②:2時間以上経たないと取れないことがある

    今度は逆に、2時間経っても取れないパターンをご説明します。
    お子さんが好きだからと同じアトラクションのファストパスを再度発券する場合は注意が必要です!

    それは、既に持っているファストパスの利用時間を過ぎないと同じアトラクションのファストパスは発券できません。
    9:00にファストパスを発券して利用時間が13:00~14:00と記載されているとします。
    通常であれば2時間後の11:00に次のファストパスが取得可能です。

    しかし、同じアトラクションのファストパスを発券するには手持ちのファストパスの利用時間を過ぎないと発券できないというルールがあります。
    なので、ファストパスの記載時間によっては2時間以上経たないと同じアトラクションのファストパスに関しては発券できないことがありますのでご注意ください。

    なお、ファストパスについてまだあまり詳しくない方は、ディズニーランドへ行く前にこちらの記事を読んでおきましょう。

    初心者向け!ディズニーのファストパスとは?取り方やルール解説!

    ポイント③:ファストパスはスマホで取得可能

    スマホアプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」をインストールしていれば、スマホでファストパスを取得できます。
    各アトラクションの発券機まで足を運ぶ必要がないので、子連れにとっては嬉しい機能ですよ!

    名刺サイズのチケットの方は、チケットをスキャンしてファストパスを取得しましょう。
    eチケットの方は、取得するチケットの枚数を選択するだけで簡単にファストパスをゲットできます。

    なお、ファストパスはキャンセルしたり、キャンセルを拾ったりすることもできるので、ぜひ活用してみてくださいね!

    【最新】ディズニースマホアプリ対応ファストパス!取り方&使い方まとめ!紙のファストパスについても解説!

    【スマホ対応】ファストパスのキャンセル&キャンセル拾いまとめ!手順を画像つきで解説!狙うべき時間も!

    子連れディズニーランドでは食事は早めの時間がおすすめ

    リトルハングリー・ベアカレー
    リトルハングリー・ベアカレー

    ディズニーランドに子連れで行く場合、早めにお食事を取ることをおすすめします。

    ランチタイムはどのレストランも非常に混雑します。
    まだ小さなお子さんだと午前中にお昼寝をする子もいるので、事前に予約するにしても時間が読めないですよね。

    予約しなくても入りやすいレストランを3つご紹介しておきますね。

    おすすめレストラン①:チャイナボイジャー(アドベンチャーランド)

    チャイナボイジャー
    チャイナボイジャー

    中華麺や点心のメニューがあるレストランです。
    8才以下のお子さんにおすすめなお子さまセット(780円)もあるので安心!

    おすすめレストラン②:ハングリーベア・レストラン(ウエスタンランド)

    ハングリーベアレストラン
    ハングリーベアレストラン

    ハウス食品がスポンサーについているカレーのレストランです。
    710席と席数も多いため混雑している日でも回転が速いので穴場だと思います。

    お子さまメニューは、ハンバーグ・ツナサラダ・ゼリーが付いたリトルハングリーベア・カレー(620円)です。
    アレルギーの方向けに低アレルゲンメニューのカレーライス(820円)もあります。

    おすすめレストラン③:グランマ・サラのキッチン(クリッターカントリー)

    グランマサラのキッチン
    グランマサラのキッチン

    オムライスやドリアなどお子さんに人気のメニューが多い洋食レストランです。
    しっかりと食べられるセットメニューがあるのでママやパパも満足!

    オムライスやハンバーグが乗ったお子さまセット(940円)や低アレルゲンメニューのプレート(1,040円)もあります。

    お子さんにおすすめディズニーランドのショー

    パペットショー
    パペットショー

    ディズニーランドではイベント期間中のパレードの他にもショーが行われています。
    その中でも小さなお子さん連れに人気のショーが、「ジャンボリミッキー!」というキッズショー!

    シンデレラ城前のキャッスル・フォアコートで行われます。

    ミッキーやディズニーの仲間たちが歌とダンスで盛り上げる内容です。
    ショー鑑賞エリアには、子供専用エリアがありキャラクターと一緒にダンスを楽しむことができますよ♪

    ショーの参加は、小学生以下の子供のみとなっています。
    定員に達し次第案内が終了されますのでご注意ください。

    なお、鑑賞エリアは入れ替え制となっていますよ。

    【最新】「ジャンボリミッキー!」鑑賞ガイド!ショー内容&観賞エリアの攻略術まとめ!

    他にもレギュラーパレードや季節のパレードなどを開催しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

    ディズニーランドの子連れモデルコース

    モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”
    モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”

    一概に「子連れでディズニーランド」と言っても、一緒に行くお子さんの年齢や性格によって乗りたいアトラクションなども異なると思います。
    一例としてディズニーランドの子連れの方向けモデルコースをご紹介しますので、計画を立てる際の参考にしてくださいね☆

    ファストパス対応アトラクションはスタンバイせずに効率よく取ったファストパスを利用しましょう!
    トゥーンタウンは午前中が比較的空いてておすすめです。

    日中は、どのアトラクションも混みあうのでアプリで状況を確認してくださいね。

    ・待ち時間アプリ「待ち時間 for TDL TDS」のダウンロード

    時間帯は決まっていませんが、明るい時間にエントランスに行くと人気キャラクターのフリーグリーティングに出会うこともありますよ。

    また、夕方過ぎるとお土産売り場は混みあうので早い時間に探す方がゆっくり見れます。
    夜の予定はお子さんの体力を見ながら決めるほうがいいですね!

    筆者が息子を連れて行ったときは、まだ1才前後だったので17時前にはパークを出てホテルに戻りました。
    それでも充分満足して遊ぶことができましたよ。

    まとめ

    グーフィーのペイント&プレイハウス
    グーフィーのペイント&プレイハウス

    いかがでしたでしょうか?
    小さなお子さん連れのディズニーランドの効率良い回り方をご紹介しました。

    回り方のコツを少しでも覚えておくとパークで役に立つことも多いと思います。
    子連れでお出かけするとなるといろいろ準備も大変ですが、ディズニーランドでご家族の楽しい思い出を作ってくださいね!

    子供と攻略!ディズニーシー子連れおすすめモデルコース☆プランを立てよう♪

    子供と攻略!ディズニーランド子連れおすすめモデルコース!プランを立てよう キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ひまわり

    ひまわり

    親友に影響され、千葉に住んでた時に年パスで通いつめてました。 今は地方在住ですが家族でディズニー行くのを楽しみにしています。ショー、パレードが大好きです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10月版】GoToトラベルでディズニーホテルに最安で宿泊する方法 ミラコスタ ディズニーランドホテル アンバサダーホテルも対象

      【10月版】GoToトラベルでディズニーホテルに最安で宿泊する方法 ミラコスタ ディズニーランドホテル アンバサダーホテルも対象

      monpy

    2. ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      みーこ

    3. 【最新】2020秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2020秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    4. 【9月28日から】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      【9月28日から】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      Tomo

    5. 【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集