ハリーポッター映画を見る順番は公開順=時系列順がおすすめ!全8作品のあらすじも紹介!

    • ないん

      ないん

    映画ハリーポッターシリーズを見る時のおすすめの順番について紹介します。映画ハリーポッターシリーズは、物語の時系列順に公開されているので、公開順に見るのがオススメ!それぞれの作品の物語のあらすじや見どころも公開順に解説しています。第1作目の『ハリーポッターと賢者の石』から、最後の作品『ハリーポッターと死の秘宝PART2』まで、一気にまとめてチェックしましょう♪また、ファンタスティック・ビーストシリーズの見る順番もあわせてお伝えします。

    こんにちは!
    ホグワーツ城に住みたいと思っているないんです。

    映画ハリーポッターシリーズの作品は全8作品!

    全8作品もあると、「どの作品から順番に見たら良いの?」と悩んでしまう方も多いはず。

    今回は、映画ハリーポッターシリーズを見る時のおすすめの順番をご紹介します。
    時系列順で公開されている全8作品のあらすじもご紹介しますよ。

    さらに、映画ハリーポッターシリーズの世界観を受け継ぐファンタスティック・ビーストシリーズの見る順番についてもお伝えします。

    映画ハリーポッターシリーズを見る順番

    映画ハリーポッターシリーズを見るおすすめの順番
    映画ハリーポッターシリーズを見るおすすめの順番

    全8作品あるハリーポッターは、映画が公開された順番に見るのがおすすめです!

    というのも、ハリーポッターシリーズの物語は、魔法学校ホグワーツでのハリーの学年ごとに進行していき、映画も学年順に公開されているためです。
    つまり、「公開順=時系列順」なんですよ♪

    ●映画ハリーポッターシリーズを見る順番●
    1番目:ハリー・ポッターと賢者の石(2001年公開)
    2番目:ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年公開)
    3番目:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年公開)
    4番目:ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年公開)
    5番目:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年公開)
    6番目:ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009年公開)
    7番目:ハリー・ポッターと死の秘宝PART1(2010年公開)
    8番目:ハリー・ポッターと死の秘宝PART2(2011年公開)

    ホグワーツは7年制ですが、作品数は8作品。
    ハリーが7年生のときの物語である「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、映画では2部作になっているためです。

    なお、2022年7月8日(金)から上演される舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」は、映画ハリポッターシリーズの最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」から19年後の世界のストーリー。
    そのため、「ハリー・ポッターと呪いの子」を鑑賞する順番は、映画ハリーポッターシリーズを見た後がおすすめですよ♪

    以下では、公開順にあらすじを紹介していくので、ぜひチェックしてみてください♪

    【1作目】ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

    ハリー・ポッターと賢者の石
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと賢者の石

    映画『ハリー・ポッターと賢者の石』は、2001年に公開されたシリーズ第1作目です。
    ハリーポッターを見たことがない方は、この作品から順番に見ていきましょう。

    幼い頃に両親が亡くなり、親戚の家で育ったハリー・ポッター。
    ある日、ホグワーツ魔法魔術学校への入学を知らせる手紙が届きます。

    ホグワーツ魔法魔術学校へ入学すると、ロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーなどはじめての友達ができます。
    新しい生活に充実していてるハリーですが、密かに悪の力が動いていました。

    誰もが恐れていて、名前を呼ぶことすら恐怖される闇の魔法使い「例のあの人(ヴォルデモート)」。
    今は力を失っていますが、復活をしようと企んでいます。

    ヴォルデモートは、力を取り戻すために「賢者の石」を必要としています。
    生まれながらに持っている正義感でヴォルデモートとの対決を心に決めたハリー。

    賢者の石を守ることに成功しますが、こここからハリーとヴォルデモートとの長い長い戦いが始まります。

    【2作目】ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

    ハリー・ポッターと秘密の部屋
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと秘密の部屋

    映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は、2002年に公開された第2作目です。
    ホグワーツに入学し魔法使いとして学ぶハリーに新たな試練が訪れます。

    夏休みで親戚の家に戻っていたハリーに「学校へ戻ってきてはいけない」という忠告が届きます。
    ハリーはその忠告を守らずに学校へ戻りますが、そこで事件が起きてしまいます。

    学校内で、魔法族以外の血が混じっているマグル出身の生徒がどんどん襲われてしまいます。
    ハーマイオニーなどの友達が襲われていく中で、ハリーは闇の魔法使いヴォルデモート卿の若き日の姿であるトム・リドルと対決します。

    【3作目】ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

    ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

    映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は、2004年に公開された第3作目です。
    シリウス・ブラックが登場する、ハリポタファンの間でも人気の作品です。

    幼かったハリーが13歳になったところから物語が始まります。
    魔法についての学びが深まり、闇の存在も昔よりも分かるようになりました。

    そんな中、マグルを複数人殺害した凶悪犯として名高いシリウス・ブラックがアズカバンから脱獄します。

    ハリーはアズカバンの看守であるディメンターに襲われますが、守護霊の呪文によって事なきを得ます。
    しかし、この守護霊の呪文を教えてくれたルーピン先生によって、ハリーはシリウス・ブラックと自身の関係を知るのです。

    【4作目】ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

    ハリー・ポッターと炎のゴブレット
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと炎のゴブレット

    映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は、2005年に公開された第4作目です。
    3大魔法学校対抗試合をテーマにした作品で、ホグワーツ以外の魔法学校が初めて登場します。

    100年ぶりに開催される3大魔法学校対抗試合、通称「トライウィザード・トーナメント」の話題で大盛り上がりのホグワーツ魔法学校。

    トライウィザード・トーナメントに出場するためには17歳以上という制限があるため、ハリーら下級生は落ち込んでいました。

    しかし、出場者を選ぶ炎のゴブレットが、何故か立候補していない14歳のハリーを選んでしまいます。
    炎のゴブレットに選ばれたということで、ハリーはある意味特例で出場することになります。

    実は、トライウィザード・トーナメントの水面下では闇の力が動いていて、恐れていたヴォルデモートが復活してしまうのです。

    【5作目】ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

    ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

    映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、2007年に公開された第5作目です。
    ヴォルデモートとの戦いはもちろん、ハリーポッターとチョウ・チャンとの恋模様も見どころの作品です。

    闇の帝王ヴォルデモート卿の復活を絶対に信じない魔法大臣のコーネリウス・ファッジによって、ハリーは嘘つきと見なされてしまいます。
    ホグワーツ魔法魔術学校を退学寸前にもなりますが、不死鳥の騎士団に助けられてなんとか退学は回避することができます。

    しかし、色々な人からどんどん敵対視されるハリー。
    そして次第にまともに授業が行われなくなってきます。

    この状況にいち早く対応したのがハーマイオニーで、彼女はダンブルドア軍団を作り上げました。
    有志で集まった生徒たちで、ハリーを中心に迫りくる闇の魔法に対しての防衛術を訓練します。

    魔法省はこのことを反逆と捉えられてダンブルドアを捕まえようとしますが、ダンブルドアは姿をくらまします。

    そんななか、コーネリウスを始めとした魔法省の人たちの目の前にヴォルデモート卿がやってきて犠牲者も出てしまいます。
    ヴォルデモート卿の姿を皆が確認したことによって、ヴォルデモート卿の復活は覆ることのない事実となりました。

    【6作目】ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009年)

    ハリー・ポッターと謎のプリンス
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと謎のプリンス

    映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、2009年に公開された第6作目です。
    最終章(7・8作目)に向けた最後の物語で、いよいよヴォルデモートの秘密が明かされていきます。

    闇の力の勢いがマグルの世界にまで広がりつつあることに危険を感じたダンブルドアは、ヴォルデモートを倒す方法をついに見つけます。

    その方法に関する重要な記憶を持っているのが、新しい教授のホラス・スラグホーン。
    ハリーは、ダンブルドアの命で、なんとか真実を聞き出そうとしますがなかなか上手く行きません。

    ホラスは昔の教え子であったトム・リドル(ヴォルデモート)の恐ろしさを見抜けなかったことを後悔していたからです。
    しかし、度重なる説得で真実を聞き出すことができます。

    ヴォルデモート卿は分霊箱を使い、魂を切り裂くことによって生き延びていたのです。

    ダンブルドアとハリーは、分霊箱の1つを共に破壊します。
    しかし、その帰途でダンブルドアがスネイプ先生によって死の呪いを浴びせられ、亡くなってしまいます。
    ハリーを支えてきたダンブルドアがいないなかで、ハリーはヴォルデモートと決着をつけなくてはならなくなりました。

    【7作目】ハリー・ポッターと死の秘宝PART1(2010年)

    ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1

    映画『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』は、2010年に公開された第7作目です。

    いよいよ最終章に突入したハリーポッターシリーズ。
    ハリーとヴォルデモートとの戦いは佳境に入っていきます。

    ダンブルドアの死後、紆余曲折しながらも残りの分霊箱を破壊すること成功していくハリーたち。

    さらに、死の秘宝の伝説からヴォルデモート卿の本当の目的に気づきます。

    ニワトコの杖という杖こそが、ヴォルデモート卿の探しているものでした。
    ニワトコの杖はダンブルドアが持っていた杖です。

    ヴォルデモート卿はダンブルドアの墓から杖を奪ってしまいます。
    ニワトコの杖を手にしたヴォルデモート卿によって、世界はまた暗い暗い闇に沈んていってしまいました。

    【8作目】ハリー・ポッターと死の秘宝PART2(2011年)

    ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2
    出典:公式サイト
    ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

    映画『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』は、2011年に公開された第8作目です。
    ハリー・ポッターシリーズの最後の作品です。

    前回、ニワトコの杖を手にしたヴォルデモート卿。
    最終話となる本作では、ヴォルデモート率いる闇の魔法使いvsハリーポッターたちホグワーツ軍による最後の魔法戦争が描かれています。

    魔法使いたちの命をかけた戦いは目が離せません。
    また、スネイプ先生が隠してきた真実が明らかになり、その大きな伏線回収が見どころです。

    ヴォルデモート卿はニワトコの杖を使っていましたが、いまいち威力が劣っていました。

    ヴォルデモート卿は、その原因がダンブルドアを殺したスネイプにあると気付きます。
    杖の所有権がスネイプにあるため、スネイプを殺せば、自分がニワトコの杖の真の所有者になれると思ったのです。

    スネイプはヴォルデモートによって殺されますが、最後にある真実を明かします。
    ハリーはスネイプの記憶を見ることで、スネイプがハリーの母リリーに恋していたことを知るのでした。
    これまでスネイプは、愛するリリーの息子であるハリーを守ってきていたのです。

    その後、ヴォルデモートとの1対1の対決に挑むハリー。
    その対決でハリーは死の呪文を受けていまいますが、ハリーは、自分の一部となっていたヴォルデモートの分霊箱と離れて現世に戻ってきます。

    ハリーは、仲間と力を合わせ、ヴォルデモート卿陣営と再戦。
    これが、正真正銘の最後の決戦です。

    拮抗するハリーとヴォルデモート卿の魔法でしたが、ニワトコの杖が真の所有者であるハリーを助けます。

    杖の所有権は、マルフォイを介してハリーポッターにあったのでした。
    ダンブルドアを殺したスネイプではなく、その前に武装解除呪文を放ったマルフォイに所有権が移っていました。

    ニワトコの杖を解説!ハリポタ界最強の杖の歴代所有者は?「ファンタビ」グリンデルバルドから繋がる伝説の杖

    拮抗していた魔法がハリーからどんどんヴォルデモート卿に押し返されていき、自ら放った死の呪文によってヴォルデモート卿は倒れていきました。

    こうして魔法界には再び平和が訪れました。
    最後にはニワトコの杖を手に入れたハリーでしたが、「誰のためにもならない」と言って杖を投げ捨てました。

    こうしてハリー・ポッターシリーズは完結しました。

    映画ファンタスティック・ビーストシリーズを見る順番

    ファンタスティックビーストのキャスト
    出典:公式サイト
    ファンタスティックビーストのキャスト

    ファンタスティック・ビーストシリーズは、ハリーポッターシリーズを見た後に見るのがおすすめです!

    時系列としては、ファンタスティック・ビーストシリーズは、ハリーポッターシリーズより前の時代が舞台になっています。
    ただ、ハリーポッターシリーズで登場人物の基本的な人物像や関係性を把握しておいた方が、映画の内容をスムーズに理解できると思います♪

    現在2作公開されているファンタスティック・ビーストシリーズは、公開順に見るのがおすすめ。
    公開順=時系列順となっているためです。

    ●ファンタスティック・ビーストシリーズを見る順番●
    1番目:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年公開)
    2番目:ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年公開)
    3番目:ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年4月8日公開予定)

    【解説】ファンタスティックビーストとハリーポッターの関係!トリビア・歴史・設定・関係など

    ◆ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

    ファンタスティックビースト
    出典:公式サイト
    ファンタスティックビースト

    物語の舞台は『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開から約70年前の1962年。

    魔法動物学者である主人公のニュート・スキャマンダーがニューヨークで魔法動物を逃がしてしまったことで、町が大混乱に陥るというあらすじとなっています。

    物語の背景として、魔法族がこれまでノーマジ(人間)から存在を隠すことで身を守ってきたという歴史があります。
    1926年頃の魔法界と人間界は、平和の均衡が今にも崩れそうな危ないバランスの中にありました。

    人間と魔法族を隔ててきた過去が、今後のファンタビの核になっていきますよ。

    【ネタバレ】ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅、あらすじ・登場人物・舞台・結末まとめ!

    ◆ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

    ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
    出典:公式サイト
    ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

    ファンタスティック・ビースト2作目となる本作ではハリーポッターの恩師でもあるダンブルドアが、若かりし頃の姿で登場します。

    前作で物語の黒幕が「グリンデルバルド」だと気づいたニュートたちは、グリンデルバルドを追ってパリへと旅立ちます。

    物語には、ハリーポッターに登場するキーアイテム「賢者の石」を作った「ニコラス・フラメル」や、ハリーポッターの敵である「ベラトリックス・レストレンジ」の祖先にあたる「リタ・レストレンジ」がニュートの同級生として登場したり、ハリーポッターのシリーズにもつながる数々の伏線が張り巡らされています。

    続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』まとめ!あらすじ・キャスト・新キャラクターも

    ◆ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

    『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』日本版ポスター
    出典:公式サイト
    『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』日本版ポスター

    ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密は、ダンブルドア先生とニュートが協力して、宿敵グリンデルバルドたちと対決に挑みます。

    物語が進むに連れ判明していく、ダンブルドアの衝撃の過去やグリンデルバルドとの関係、クリーデンスの正体!
    『ハリー・ポッター』シリーズから張られていた伏線も一気に回収される必見の作品です♪

    そして、もう1つの注目ポイントは魔法動物!
    シリーズを通して登場してきたおなじみの相棒たちから、新たに登場する伝説の動物まで!
    彼らの活躍からも目が離せません◎

    【4/8公開】映画『ファンタビ3』まとめ!キャストやあらすじ、みどころを徹底解説!

    ハリーポッターシリーズ全8作品を視聴できる配信サービスは?

    ハリーポッターを配信で見るには?
    ハリーポッターを配信で見るには?

    ハリーポッターシリーズ全8作品が入っている動画配信サービスは以下の通りです。
    会員になれば見放題なので、短期間でまとめて観ることもできます!(見放題作品のラインナップは予告なく変更になることがあります)

    お試しとして無料体験できる期間もまとめました。
    ぜひURLリンクからチェックしてくださいね。

    サービス名 利用料金 1作品のレンタル料金 無料期間 リンク
    TSUTAYA DISCAS 2,052円 無料 30日間 TSUTAYA DISCAS
    Hulu 1,026円 無料 14日間 Hulu
    U-NEXT 2,189円 199円 31日間 U-NEXT
    dTV 550円 220円 31日間 dTV

    まとめ

    ハリーポッターの映画シリーズを、公開された順番に紹介しました。
    完結したのは約10年前になるということに、時間の流れを感じますね!

    ハリー・ポッターは「愛」をテーマにしていると言われるだけあって、考えさせられる部分がたくさんあります。
    ぜひ、ファンタジー映画の名作ハリーポッターを見てみてください♪

    ハリーポッター映画を見る順番は公開順=時系列順がおすすめ!全8作品のあらすじも紹介!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ないん

    ないん

    USJが大好きで特にクッキーモンスターとスヌーピーが好きです!
    ユニバーサルワンダーランドが特にオススメなので小さい子向けと思わずに足を運んでみてください、最高です(*´罒`*)

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2022最新】ユニバのカチューシャ全種類まとめ!サメ人間にマリオ!期間限定&レギュラー商品♪

      【2022最新】ユニバのカチューシャ全種類まとめ!サメ人間にマリオ!期間限定&レギュラー商品♪

      めっち

    2. 【8月最新】ユニバ・マリオ整理券完全ガイド!整理券を取得するコツは?入場確約券や抽選券をゲットする方法3選!

      【8月最新】ユニバ・マリオ整理券完全ガイド!整理券を取得するコツは?入場確約券や抽選券をゲットする方法3選!

      MEGU

    3. 【2022年8月最新】ユニバのマリオグッズ435選!カチューシャ、被り物、ぬいぐるみ、Tシャツ、パーカー

      【2022年8月最新】ユニバのマリオグッズ435選!カチューシャ、被り物、ぬいぐるみ、Tシャツ、パーカー

      めっち

    4. 【2022年8月】ユニバの被り物100選!バケットハット、帽子、キャップ、カチューシャの種類と値段!

      【2022年8月】ユニバの被り物100選!バケットハット、帽子、キャップ、カチューシャの種類と値段!

      えみりー

    5. 【USJ】ハリーポッターの杖46種類!オリバンダーの店で買えるキャラクター&誕生月の杖!

      【USJ】ハリーポッターの杖46種類!オリバンダーの店で買えるキャラクター&誕生月の杖!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集