検索

    映画『ジュラシック・パーク』 シリーズ5作品を解説!あらすじ、USJとのつながりを紹介

    • めっち

      めっち

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズを解説!USJのエリアテーマにもなっている大人気の映画シリーズ『ジュラシック・パーク』の全5作品それぞれのあらすじや見どころ、時系列を解説します。『ジュラシック・パーク』シリーズと『ジュラシック・ワールド』シリーズの違いや鑑賞ポイントについてもお届けしますよ♪映画『ジュラシック・パーク』シリーズを深く知りたいあなたは必見です!

    映画『ジュラシック・パーク』 シリーズ5作品を解説!あらすじ、USJとのつながりを紹介 引用元:公式サイト

    こんにちは。
    USJのジュラシックパーク・ザ・ライドに乗る時は「カッパなし派」のめっちです。

    今回は映画『ジュラシック・パーク』シリーズについてご紹介します。
    USJにもジュラシック・パークをテーマにしたエリアがありますが、映画5本すべてを観たという方は多くないはず。
    そこでシリーズ全5作のあらすじと、鑑賞ポイントをまとめました。

    もちろんUSJで楽しめるジュラシックパークの要素についても紹介します。
    この記事を読めば、ジュラシック・パークの知識バッチリですよ♪

    映画『ジュラシック・パーク』とは

    ジュラシックパーク引用元:公式サイト
    ジュラシックパーク

    映画『ジュラシック・パーク』は、1990年に出版された小説『ジュラシック・パーク』を原作としたSF映画です。
    バイオテクノロジーで現代に蘇った恐竜たちが起こす「人類の惨劇」を描いています。

    原作となった小説を執筆したのは、テレビドラマ『ER』の脚本で有名なベストセラー作家のマイケル・クライトン。
    小説版には映画にはないエピソードもあるそうなので、映画にハマった方は原作も要チェックです!

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズ解説:知っておきたい予備知識

    ジュラシックパーク引用元:公式サイト
    ジュラシックパーク

    ではここで、映画を理解するために知っておきたい予備知識をいくつかご紹介しましょう。
    これを頭に入れておくと、映画への理解がぐっと深まりますよ!

    ①原作があるのは2作目まで

    マイケル・クライトンの小説「ジュラシック・パーク」を原作にして作られた映画は第2作目まで。
    第3作目以降は原作なしのオリジナルストーリーです。

    ②スピルバーグが監督したのは2作目まで

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズといえばスピルバーグ監督の代表作の1つですが、スピルバーグが監督したのは2作目までです。
    3作目・4作目はそれぞれ別の人が監督をつとめ、スピルバーグは製作総指揮を担当しました。

    ③公開順と時系列は同じ!

    「ジュラシック・パーク」シリーズの劇場公開作品は全部で5作品あります。
    製作・公開された順番と作品の時系列は一緒なので、全部制覇したいという人は古いものから順に観ていけばOKです。
    作品の公開年と時系列は以下の通りです。

    1作目から5作目までの公開年数を数えると、実に25年!
    それだけ長く愛されている作品ということですね。

    ④シリーズは2つの時代に分かれる

    ジュラシックパーク引用元:公式サイト
    ジュラシックパーク

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズは、物語の舞台となる時代が2つあります。
    時代や登場人物が若干変わっているので、驚かないでくださいね!

    ◆前半『ジュラシック・パーク』シリーズ

    前半の『ジュラシック・パーク』シリーズは、1990年代が舞台です。
    ジュラシック・パーク(劇中に登場するテーマパーク)が開業する前に起こった出来事や事件を描いています。
    「ジュラシック・パーク」シリーズの作品は以下の3作です。

    ◆後半『ジュラシック・ワールド』シリーズ

    後半の『ジュラシック・ワールド』シリーズは、映画『ジュラシック・パーク』から22年後の、2010年代が舞台です。
    閉鎖されていたパークがジュラシック・ワールドと名前を変え、そこで起こる出来事や事件を描いています。
    「ジュラシック・ワールド」シリーズの作品は、以下の2作品です。

    3作目と4作目の間には14年もの空白期間がありますが、それでもシリーズが続いてるなんてすごいですね。
    シリーズを続けて観ると、映像技術の進歩や歴史まで感じます!

    それでは各作品のあらすじや設定をみていきましょう。

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズ解説:①ジュラシック・パーク(1993年)

    ジュラシックパーク引用元:公式サイト
    ジュラシックパーク

    1993年公開の映画『ジュラシック・パーク』はシリーズ第1作目です。
    スティーヴン・スピルバーグが監督を務め、恐竜のリアルなCG映像が、大変話題を呼びました。

    新クローン技術によって恐竜を現代によみがえらせたインジェン社の社長・ハモンド。
    ハモンドは、生きた恐竜がいるテーマパーク「ジュラシック・パーク」をつくり、観光名所とする計画を立てます。

    そして施設のオープン前に、イアン・マルコム博士ら有識者を招いた見学ツアーを実施しますが、そこでトラブルが発生。
    暴走をはじめた恐竜たちが見学者を襲います!

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズ解説:②ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年)

    ロストワールド/ジュラシック・パーク引用元:公式サイト
    ロストワールド/ジュラシック・パーク

    1997年公開の『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』は、前作『ジュラシック・パーク』の続編です。
    監督は前作に引き続き、 スティーヴン・スピルバーグが務めています。

    前作にも登場したイアン・マルコム博士が、頼れるリーダーに大変身。
    ステゴサウルスなど前作より恐竜の種類が大幅に増え、スケールアップしています!

    前作での騒動を受け閉鎖されたジュラシック・パークですが、園内では野放しになった恐竜たちが繁殖し続けていました。
    数学者イアンは恐竜たちの生態を調査するよう依頼され、恋人の古生物学者サラとパークへ向うことに。

    一方、ハモンドに代わり社長に就任したピーターは、恐竜を見せ物にする計画を立案。
    ハンターを雇い、大規模な恐竜捕獲作戦を始めます!

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズ解説:③ジュラシック・パーク3(2001年)

    ジュラシック・パーク3引用元:公式サイト
    ジュラシック・パーク3

    2001年公開の『ジュラシック・パーク3』は、シリーズ第3作目です。
    高度な知能を持つラプトルや、巨大肉食獣スピノサウルスなどが前作を上回る凶暴さで登場します!

    監督は映画『ミクロキッズ』『ジュマンジ』で知られるジョー・ジョンストンに交代。
    前2作品を監督したスピルバーグは製作総指揮として作品に関わっています。

    第1作でジュラシック・パークのオープン前見学ツアーに参加し、恐竜たちの暴走に巻き込まれた古生物学者のアラン・グラント。
    8年後、彼の元に事業家を名乗る夫婦から「ジュラシック・パークの観光ガイドを頼みたい」という依頼が舞い込みます。

    アランは飛行機で上空を回るだけという条件でガイドを受けますが、夫婦の真の目的は行方不明になった息子エリックを探し出すこと。
    行方不明の少年を探すため再びジュラシック・パークに足を踏み入れたアランたちは、またもや恐竜たちの脅威に立ち向かうことになります。

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズ解説:④ジュラシック・ワールド(2015年)

    ジュラシック・ワールド引用元:公式サイト
    ジュラシック・ワールド

    2015年公開の『ジュラシック・ワールド』は、シリーズ4作目にあたる作品です。
    第1作目の『ジュラシック・パーク』から22年後の世界を描いています。
    新たな「ジュラシック・ワールド」シリーズ第1弾でもあり、2015年最大のヒット作になりました。

    監督はコリン・トレボロウで、スティーヴン・スピルバーグは製作総指揮を務めました。
    前作から14年ぶりのシリーズ再開となりましたが、映像技術が格段に進歩し、恐竜たちがよりリアルに映像化されています!

    22年前に閉鎖された「ジュラシック・パーク」は所有者が変わり、高級リゾート「ジュラシック・ワールド」としてリニューアル。
    毎日2万人もの人が訪れる観光施設として賑わっていました。

    ある日、ジュラシック・ワールドの運営責任者クレアの甥たちが、パークを訪ねてきます。
    彼らは安全なはずのパークを楽しんでいましたが、逃げ出した新種の大型恐竜「インドミナス・レックス」と遭遇。
    凶暴な性格のインドミナス・レックスの逃亡により、リゾートはパニックに陥ります……。

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズ解説:⑤ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018年)

    ジュラシック・ワールド/炎の王国引用元:公式サイト
    ジュラシック・ワールド/炎の王国

    2018年公開の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、『ジュラシック・ワールド』の続編ともいうべき作品です。
    前作までは恐竜から人類を救うための戦いを描いていましたが、本作では登場人物が恐竜を救うかどうかの選択を迫られます。
    また、シリーズ史上最多の恐竜数が登場するところも注目ポイントですよ!

    監督は『怪物はささやく』で数々の映画賞を獲得した鬼才 J・A・バヨナ監督。
    前作の監督コリン・トレボロウは本作では製作総指揮・脚本を務めました。
    スティーヴン・スピルバーグは前作同様に、製作総指揮として参加しています。

    3年前の事件により、テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は放棄され、恐竜たちは大自然のなかで自由に生活していました。
    ところが、ジュラシック・ワールド内にある火山が噴火を起こし、恐竜たちに危機が訪れます。

    人類は噴火から恐竜を救うのか、それとも生死を自然にゆだねるのか!?
    また、恐竜たちを兵器として売りさばこうとする組織との闘いが始まります!

    USJで楽しめるジュラシックパークの要素

    USJのジュラシック・パークエリアのカート/ブラックペッパーポークリブは大人気
    USJのジュラシック・パークエリアのカート/ブラックペッパーポークリブは大人気

    最後に、USJと『ジュラシック・パーク』シリーズとのつながりをご紹介しましょう。

    USJにはジュラシックパークをテーマにしたエリアがあります。
    このエリアは映画の世界観を再現した密林地帯になっていて、地面に恐竜の足跡があったり、映画で登場する自動運転自動車が設置されています。
    USJに行ったら、映画の世界に入り込んだ気分で楽しんでくださいね。

    アトラクション

    USJフライングダイナソーの入場ゲート
    USJフライングダイナソーの入場ゲート

    USJのジュラシック・パークエリアには2つのアトラクションがあります。
    ジュラシック・パーク・ザ・ライド」と「ザ・フライング・ダイナソー」です。

    ジュラシックパークザライド
    ジュラシックパークザライド

    「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」は映画『ジュラシック・パーク』の世界が体感できるライド型アトラクションです。
    「ジュラシック・パークを観光中しているゲストが狂暴化した恐竜に襲われる!」という、映画さながらのストーリーをアトラクションになっています。

    USJのザ・フライング・ダイナソー
    USJのザ・フライング・ダイナソー

    「ザ・フライング・ダイナソー」は「ジュラシック・パーク」シリーズでプテラノドンに背中をつかまれて振り回されるシーンを体験できる絶叫コースターです。
    どちらもスリル満点のアトラクションなので、ぜひ体験してみてくださいね。

    レストラン

    USJのジュラシック・パークエリアにある「ディスカバリーレストラン」外観
    USJのジュラシック・パークエリアにある「ディスカバリーレストラン」外観

    ジュラシックパークエリアには映画『ジュラシック・パーク』に登場するビジターセンターを再現した「ディスカバリー・レストラン」があります。
    店内には恐竜の標本を再現した巨大オブジェも飾られているんですよ♪

    ナイトパレードで恐竜が大暴れ

    USJのナイトパレード/ジュラシック・パークのフロートには恐竜が登場!
    USJのナイトパレード/ジュラシック・パークのフロートには恐竜が登場!

    USJのナイトパレード「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード~ベスト・オブ・ハリウッド~」には、映画『ジュラシック・ワールド』のフロートが登場します。

    USJのナイトパレードではジュラシック・ワールドの恐竜が大暴れ
    USJのナイトパレードではジュラシック・ワールドの恐竜が大暴れ

    リアルな恐竜や、映画の中に登場した球体の乗り物が出てきますので要注目です♪

    過去には映画のプレミアイベントも

    夜のジュラシックパークエリア/USJ
    夜のジュラシックパークエリア/USJ

    2018年6月28日(木)、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本公開スペシャルイベントがUSJで開催されました。
    この年は『ジュラシック・パーク』シリーズ誕生25周年の節目の年ということもあり、スペシャルな内容だったようです☆

    USJのジュラシックパーク・エリア
    USJのジュラシックパーク・エリア

    スペシャルイベントはもちろんジュラシック・パークエリアにて開催!
    『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のトレーラー映像が上映されたあと、ステゴサウルス、トリケラトプスといった草食恐竜が登場しました。

    USJのジュラシックパークエリアのモニュメント
    USJのジュラシックパークエリアのモニュメント

    そして『ジュラシック・ワールド』出演者のクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、そして製作陣がゲスト参加!
    主演のクリス・プラットが、彼の演じる主人公=オーウェンとヴェロキラプトル『ブルー』が心を通わすあの名シーンを再現すると、会場は大歓声だったようですよ♪

    また、『炎の王国』の続編『ジュラシック・ワールド3』も2021年6月11日全米公開が決まっています。
    続編の日本公開が決定したら、また何かUSJでスペシャルイベントが開催されるかもしれません!

    まとめ

    映画『ジュラシック・パーク』シリーズのあらすじをご紹介しました。
    いかがでしたか?
    映画同士のつながりがわかっていると、シリーズを100倍楽しめそうですよね♪
    USJのジュラシック・パークエリアやナイトパレードも「ジュラシック・パーク」ワールドがいっぱいなので、ぜひ訪れてみてくださいね☆

    映画『ジュラシック・パーク』 シリーズ5作品を解説!あらすじ、USJとのつながりを紹介 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集