【パイレーツ・オブ・カリビアンデッドマンズチェスト】第2作のあらすじ&登場人物

    • みーこ

      みーこ

    世界的に海賊ブームを起こすキッカケにもなった「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」のあらすじやネタバレ・登場人物をご紹介!前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」から3年後に公開された、パイレーツシリーズ第2作品目です。

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。

    前作の「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」から3年。
    続編として2006年に公開された「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」は全世界興行成績で第1位となりました。

    前作に続いてジャック・スパロウをはじめとする魅力的なキャラクターが勢ぞろい!
    今回もどんどん物語に引き込まれて行くような驚きの内容となっていますよ。

    新キャラクターも登場するなど、前作よりも更にパワーアップした『パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズチェスト』のあらすじや、気になる登場人物をご紹介します。

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストの登場人物

    まずは、パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストに登場する主な登場人物をご紹介します。

    ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

    ジャック・スパロウ
    ジャック・スパロウ

    ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウは、前作に引き続き独特な雰囲気で観客を魅了するキャラクター。
    予測不可能な動きをするコミカルな性格ですが、実は機転がきき様々な危機を回避しています。

    ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)

    ウィル・ターナー
    ウィル・ターナー

    鍛冶屋の息子のウィル・ターナー。
    実は、ウィルの父親は海賊で、ウィル自身も海賊の血が流れています。

    ジャックと一緒に海へ冒険の旅に出て行くことに。
    ウィルを熱演するのはイギリスの人気俳優オーランド・ブルームです。

    エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)

    エリザベス・スワン
    エリザベス・スワン

    エリザベスは総督の1人娘で、父によって政略結婚させられそうになっていたところで、ウィルと出会い恋に落ちます。
    美しく気高くかっこいい女性で、彼女のファンはとても多いです。

    ウェザビー・スワン(ジョナサン・プライス)

    ウェザビー・スワン
    ウェザビー・スワン

    エリザベスの父親であり、イギリス帝国領ポート・ロイヤル総督。
    周囲から慕われる正義感のある総督ですが、娘想いの父親でもあります。

    ウェザビー・スワンを演じるのは実力派俳優のジョナサン・プライス。

    カトラー・ベケット(トム・ホランダー)

    カトラー・ベケット
    カトラー・ベケット

    本作から新キャラクターとして登場する人物。
    会社の利益のためなら悪行もこなす東インド貿易会社の権力者。
    通商の邪魔となる存在の海賊をすべて根絶やしにしようとあれこれ企んでいます。

    そんなカトラー・ベケットを演じるのは、イギリス人俳優のトム・ホランダーです。

    デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)

    デイヴィ・ジョーンズ
    デイヴィ・ジョーンズ

    幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長で、顔は無数のタコの足、右手の人差し指もタコの足のようになっています。
    心臓は体の外にあるため不老不死という役柄。

    しかし、本作では大事な心臓をカトラー・ベケットに奪われてしまいます。
    そんなデイヴィ・ジョーンズを演じるのはイギリス人俳優のビル・ナイです。

    ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)

    ビル・ターナー
    ビル・ターナー

    ウィルの父親として本作に登場。
    亡くなったと思っていたビルですが、デイヴィとの血の契約により全身ヒトデやフジツボが張り付くゾンビのような姿になってしまいました。

    本作で宝箱の鍵を盗むウィルを手助けしたことにより、デイヴィによって独房に幽閉されてしまいます。
    そんなビル・ターナーを演じたのはスウェーデン俳優のステラン・スカルスガルドです。

    ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)

    ティア・ダルマ
    ティア・ダルマ

    カリブ海の謎多き予言者で、ブードゥー教のような魔術を使う人物。
    ジャックやウィルに助言をしますが、多くの謎と想像以上の力を秘めている女性。

    そんなティア・ダルマを演じたのは、イギリス人女優のナオミ・ハリスです。

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのあらすじ

    あらすじ
    あらすじ

    それでは第1作に引き続きジャック・スパロウやウィル・ターナー、エリザベス・スワンが活躍する「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」のあらすじを大まかにまとめていきます。
    1作目で強い印象を残した"あの船長"も登場しますよ♪

    ◆パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストあらすじ①:血の契約

    結婚式を控えたウィルとエリザベスは、死刑囚だった海賊のジャック・スパロウ船長の逃亡を手助けした罪に問われ、逮捕されてしまいます。
    それは権力を持つ東インド貿易会社のベケット卿の思惑だったのです。

    ベケット卿は、ジャックが持っているコンパス(自分の欲しいものがある方角を示す羅針盤)を奪うことを条件に、ウィルを解放します。
    ベネット卿の指示に従うしかないウィルは、やっとの思いでジャックを発見しますが、なぜかジャックは憔悴しきって弱っていました。

    ジャックはある鍵を一緒に探すことを条件に、コンパスを渡すと申し出ます。
    そのある鍵を探すため、2人は手がかりを探しにティアを訪問し、デイヴィの秘密を聞き出します。

    デイヴィの隠された秘密とは、かつてデイヴィがある女性を愛した証として自分の心臓を取り出し箱に入れ、箱の鍵を身に付けているというもの。
    まさにジャックはその鍵を狙っていたのだった。

    実は、ジャックは以前デイヴィと、ブラックパール号の船長になる代わりに、契約が切れた100年間、デイヴィの手下として働くという血の契約を交わしていたのでした。
    ジャックが憔悴しきっていた理由は、この期限が迫っていたからだったのです。

    ◆パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストあらすじ②:父との再会

    ティアは航海に行くジャックに土入りの瓶を渡します。
    ウィルは、デイヴィの船であるフライング・ダッチマン号に乗組員に扮して乗り込みますが、見つかってしまい、捕らえられてしまいます。

    デイヴィは、3日以内に100人の船員を招集すれば契約はなかったことにすると約束します。
    デイヴィの人質になってしまったウィルは、乗組員として働くことになります。

    しかし、その船で死んだはずの父親のビルと再会するのでした。
    なんと、ビルは死ぬ直前にデイヴィと血の契約を交わし、ゾンビのような姿になり、デイヴィの船員として働いていたのでした。
    父として「生きているお前は早く逃げろ」と息子であるウィルに助言するのでした。

    ウィルは偶然、居眠りするデイヴィを発見し、タコのような髭の中から、例の鍵を見つけ盗み出します。
    鍵を盗んだウィルは、後で父に必ず救出に戻ることを約束し脱出しますが、ウィルを助けた船ごとデイヴィに沈められてしまいます。
    なんとか無事に生き残ったウィルは再びデイヴィの船に潜入します。

    一方、ジャックはトルトゥーガで乗組員を募集していました。
    そこへバグズと指名手配中のノリントン、エリザベスがやってきます。

    ◆パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストあらすじ③:箱の奪い合い

    その頃、デイヴィは箱の隠し場所へと向かっていました。
    ジャックもコンパスを使い、デイヴィのいるクルーセル島へ向かうことに。

    ウィルもなんとか鍵を持って密かに島に上陸し、ここから両者の箱の奪い合いが始まるのでした。
    箱を見つけ出したジャックは心臓を取り出し砂入りの瓶に隠しますが、同じく心臓を狙っていたノリントンによって奪われてしまいます。

    奪われたことに気づかないジャックは瓶を持ったまま船の中で逃げまわるが、デイヴィの手先である巨大タコのクラーケンに襲われてしまいます。
    なんとエリザベスはジャックを船に手錠で繋いで逃げてしまったのでした。

    身動きの取れなくなったジャックは船と一緒に沈み、クラーケンの餌食となり、心臓を手に入れたノリントはン東インド貿易会社に渡してしまうのでした。
    他の船員たちは、死んでしまったジャックを救う方法をティアに相談しに行くことに。

    すると、前作で死んだはずのバルボッサが登場します。
    ティアから「死んだ者を生き返らせる方法がある」ことを聞き、ウィルとエリザベスたちはジャックを救うため旅立ち、第3作の『ワールド・エンド』へと続きます。

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのトリビア

    ここからは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」の撮影裏や製作場面に迫ります。
    知っていると映画が2倍楽しくなる「5つのトリビア」をご紹介しますよ◎
    ぜひ最後までご覧ください♪

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのトリビア①:フライング・ダッチマン号の秘密

    伝説の幽霊船がモデル?
    伝説の幽霊船がモデル?

    本作「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」から登場する幽霊船フライング・ダッチマン号は、とても重要なキーパーソンとなってきます。

    実は、このフライング・ダッチマン号には実際にモデルがあると言われています。

    フライング・ダッチマン号の名前の由来はイギリスで伝わる、さまよう幽霊船でオランダ船のフライング・ダッチマン号からきています。
    オランダ人の船長が神を馬鹿にしたことにより呪われてしまいます。

    それから船は幽霊船となり永遠に船長は1人で海をさまよう幽霊となってしまったのです。
    普段は人前に姿を現しませんが、幽霊となった船長は悪天候の時だけ現れるという伝説が残っているのです。

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのトリビア②:出演者の素のリアクションが見られる場面

    役者の本気のリアクションが見られるシーンとは
    役者の本気のリアクションが見られるシーンとは

    本作「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」のラストシーンでは、意味ありげにバルボッサが登場します。
    実はこの時、出演者全員その場にバルボッサが出てくることは知りませんでした。
    ラストシーンに登場する人物は別の人物だと聞かされていた出演者。

    そんな中、思いもよらない人物が登場したことにより、役者の素の驚きの表情をそのまま映画に使われたそうです。
    制作陣はありのままの役者の顔を撮りたかったようです。

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのトリビア③:本当は出演するはずだった大物ゲスト

    世界的なミュージシャン
    世界的なミュージシャン

    ジョニー・デップがリスペクトしているローリング・ストーンズのメンバーであるキース・リチャーズ。
    彼をジャック・スパロウのキャラクターモデルにしたという話は有名です。

    ジョニー・デップの強い想いから、キース・リチャーズは次回作の「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」にジャック・スパロウの父親役、ティーグ船長として登場することが決まります。

    実は、その前にキース・リチャーズは本作「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」にカメオ出演することが決定していました。

    しかし、残念なことにローリング・ストーンズのワールド・ツアーと重なってしまったことから映画への出演は見送られてしまったのです。

    ですが、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」にて、ジョニー・デップとキース・リチャーズは夢の共演を果たしています。
    キース・リチャーズを心から慕うジョニー・デップは、「自分のギャラを削ってでもキースと共演したい!」と強く共演を熱望していたそうです。

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのトリビア④:ティア・ダルマの家はトリビアの宝庫!

    ジャングルクルーズ
    ジャングルクルーズ

    作中で強烈な印象を残すジャックの元恋人のティア・ダルマ!
    彼女の初登場は、怪しげな森の中にあるツリーハウスでした。

    実はこのツリーハウス、ディズニーのアトラクションをモデルにしています。
    ツリーハウスのモデルになったのは、フロリダのマジック・キングダムにある「ジャングルクルーズ」!
    アトラクション中にみえる川沿いの小屋をモデルにして作っているそうなんです!

    そんなティア・ダルマの家のトリビアは他にもあります。
    実は物語の展開をほのめかす興味深い伏線が隠れています。

    まずは、ティア・ダルマの家を訪れたジャックが手に取った帽子。
    特徴は「大きな黒い羽」がついていることです。
    実はこの帽子、『呪われた海賊たち』でバルボッサが所有していました。
    さりげないシーンですが、後のバルボッサの登場を示唆しています☆

    また、家の中でジャックがティアの指輪を盗む場面があります。
    この時に映るテーブルの上のネックレスは、デイヴィ・ジョーンズのパイプオルガンに置かれている絵に描かれたネックレスと同一です。
    ティア・ダルマとデイヴィ・ジョーンズに深い関係がある伏線ですね!
    どのような関係があるのかは次回作『ワールド・エンド』で明かされますよ◎

    パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストのトリビア⑤:あのティム・バートンも作品に関わっている!

    ジャック・スケリントン
    ジャック・スケリントン

    幽霊船フライング・ダッチマン号の乗組員の姿を覚えていますか?
    そう、フジツボや魚の姿で覆われたあの恐ろしい姿です。

    実は乗組員の上下関係は見た目だけですぐ分かるんです。
    見た目が人間に近い乗組員は歴が浅く下っ端で、見た目が海の生き物そのものに変貌してしまった乗組員は歴の長い上司です。

    随分と乗組員の容姿にこだわりを感じますが、それもそのはず!
    手掛けたのは、鬼才と称される映画監督ティム・バートンなんです◎

    ティム・バートンといえば、
    ・「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」
    ・「アリス・イン・ワンダーランド」

    が有名ですね。
    特に「アリス・イン・ワンダーランド」では、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップが「マッドハッター」役で出演していますよ!
    さらにいえば、映画『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』でもジョニー・デップとタッグを組んでいるティム・バートン監督。
    プライベートでも2人はとても仲が良いそうなんですよ!

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」に続き第2作目となる「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト」のあらすじをご紹介しました。

    回を追うごとにますます謎が深まっていくパイレーツシリーズ。
    奥深いストーリーと細かな設定をおさらいすることで、さらに本編を楽しむことができると思います。

    パイレーツシリーズがモデルとなった、ディズニーランドの人気アトラクション「カリブの海賊」もまた違った視点から楽しめるはず!

    世界中で爆発的に人気となった「パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズチェスト」をまだ観ていないという方は、ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

    【パイレーツ・オブ・カリビアン呪われた海賊たち】第1作のあらすじ&登場人物
    【パイレーツ・オブ・カリビアンワールドエンド】第3作のあらすじ&登場人物
    【パイレーツ・オブ・カリビアン生命の泉】第4作のあらすじ&登場人物
    パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊】第5作のあらすじ&登場人物

    【パイレーツ・オブ・カリビアンデッドマンズチェスト】第2作のあらすじ&登場人物 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    みーこ

    みーこ

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。
    カメラを片手にパークを散策したり、パレードや景色を眺めてまったり過ごすのが1番の楽しみです❣
    ディズニーを愛するすべての皆さまに楽しんでいただけるようなお役立ち情報をお届けします。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10/13更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【10/13更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    2. 【最新】ディズニーチケットの予約方法&取り方!公式サイトだけじゃないチケット販売場所まとめ!

      【最新】ディズニーチケットの予約方法&取り方!公式サイトだけじゃないチケット販売場所まとめ!

      てんてん

    3. 【10/19更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      【10/19更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      Tomo

    4. 【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      Tomo

    5. 【10月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      【10月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      ティガー

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集