検索

    ディズニーとのギャップがすごい…本当は非常に怖い原作童話

    • わさお

      わさお

    シンデレラや白雪姫など、ご存知のディズニー作品の原作についてご紹介。夢や魔法が描かれているディズニーアニメ作品。その原作となるものには、ときに子どもには到底聞かせられない残酷かつ性的なものも混じっています。

    ディズニーとのギャップがすごい…本当は非常に怖い原作童話

    こんにちは、グリム童話を原文で読めるようになりたい、わさおです!
    私たちがよく聞くメルヘンは、グリム童話やシャルル・ペローが編集したものが多いのはご存知の通り
    それらのメルヘンをディズニーがアニメーション映画の題材として取り扱うことも多いですよね。

    実はその元のストーリーが残酷で怖いんです…
    今回は、タイトル別に原作の恐ろしさをみてみましょう。

    そもそもメルヘンとは?

    ヨーロッパにはメルヘン童話に登場するような家がたくさん!
    ヨーロッパにはメルヘン童話に登場するような家がたくさん!

    日本のものはおとぎ話、外国のものはメルヘン童話という認識を持っている方が多いのではないでしょうか?
    そもそもメルヘンとは、ドイツ語のMärchen(メルヒェン)から派生した言葉で、ヨーロッパ各地で発生した空想上の物語を言います。

    そのルーツは、民話や口承文学およびそれらを基にした創作童話にあります
    これらをまとめて人々に書物として伝えたのが、先のドイツのグリム兄弟やフランスのシャルル・ペローなどの編集著者たちです。

    彼らはヨーロッパ各地に残る口承文学を文字に起こし、一般の人々に広めていきました。
    その過程で、子どもに聞かせにくい個所を削除したり曖昧にしたりという手も加えられました。

    メルヘンの特徴は、人語を解する動物が登場する点、妖精や魔法使い、巨人など人間以外の種族が存在する点

    ドイツにおいては、メルヘンの概念はグリム童話のグリム兄弟によりつくられたとされています。
    日本でも、明治期にドイツなどヨーロッパ諸国から主なヨーロッパの童話が渡って人々に広まっていきました。

    本当はグロテスクな「白雪姫」

    ナイトパレードの白雪姫
    ナイトパレードの白雪姫

    継母に命を狙われながらも森で七人の小人と出会い、毒りんごがきっかけで王子と結ばれた白雪姫
    グリム童話を原作にした初の長編ディズニーアニメーション作品。
    その原作は、よりグロテスクな内容です

    まず、白雪姫の母は継母ではなく実の母。
    その母親が彼女を殺すように命じた際、肝臓を取ってくるように言います
    狩人が差し出した肝臓を塩茹でにして食べ、白雪姫の美しさを得ようとしました。

    そんな母親は、白雪姫とプリンスの結婚式で公開処刑されています。
    その処刑方法は「焼けた靴を履かせて死ぬまで躍らせる」というもの
    忘れられない結婚式になりそうですね…。

    本当は血生臭い「シンデレラ」

    輝くドレスが美しいシンデレラ
    輝くドレスが美しいシンデレラ

    ガラスの靴とかぼちゃの馬車といえば「シンデレラ」
    ディズニー作品では、シャルル・ペローの「シンデレラ」を原作に、継母や義姉たちに虐げられていたシンデレラが王子に見初められプリンセスとなる姿が描かれています。

    原作の「シンデレラ」は、血の気が多いようです。
    靴にぴったりの足を探す王子と結婚するため、シンデレラの義姉たちは足のかかとや指をそぎ落としています

    さらに、ラストのシンデレラの結婚式に参加した義姉たちは飛んできた鳥に目玉をくり抜かれてしまいました
    履いていた靴が血に染まり、目玉が飛び出る結婚式…恐ろしいですね。

    本当はおぞましい「眠れる森の美女」

    「いばら姫」とも呼ばれる「眠れる森の美女」
    「いばら姫」とも呼ばれる「眠れる森の美女」

    悪い魔女の呪いにより眠ったオーロラ姫。
    姫を助けるために身を呈して戦うプリンス。
    まさにメルヘンの王道のお話は、シャルル・ペローを原作にアニメ化したもの

    その原作はハッピーエンドの後が恐ろしいもの。
    なんと、フィリップ王子の基となる王子の母親が食人主義
    フローラの基となる王女とその子ども、つまり息子の妻と孫を食らおうとする描写がみられます。

    ちなみに、グリム童話にも「眠れる森の美女」が登場しますが、この人喰い描写については削除されています

    本当はハッピーじゃない「人魚姫」

    デンマークの人魚姫像
    デンマークの人魚姫像

    海の外に憧れて王子と結ばれることになる「リトル・マーメイド」。
    原作はデンマークの童話作家、詩人、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」。

    ハッピーエンドで締めくくられたディズニー作品とは異なり、原作では悲恋が描かれています
    魔女と契約した人魚姫は、王子に愛されるか王子を殺さなければ泡になって消えてしまいます。

    彼女は、愛する男を殺すことも、共に生きることもできず、そのまま泡となって消えてしまうのです
    ディズニーのハッピーエンドを知っているだけに、原作を読むと悲しい気持ちになってしまいますね…。

    まとめ

    いかがでしたか?
    日本の昔話もそうですが、童話というのは、原文は恐ろしい要素が隠れているものです。

    ディズニー作品の原作となったものもまた、意外なストーリーが隠れています。
    ディズニーとの違いを見ていくのもおもしろそうですね。

    ディズニーとのギャップがすごい…本当は非常に怖い原作童話 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    2. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    3. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    4. ランキング画像

      【最新】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪...

      Tomo

    5. ランキング画像

      【2019春夏】ディズニーのTシャツ140選!総柄などコーデのポイントに!売り場&...

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集