検索

    【シンデレラ原作】あらすじをご紹介!怖すぎるストーリー

    • 野良

      野良

    ディズニー映画「シンデレラ」の原作のあらすじや概要をご紹介!ガラスの靴、カボチャの馬車などロマンチックなモチーフと不幸な女性のサクセスストーリーが人気のディズニープリンセス「シンデレラ」。シンデレラの原作は一体どんなストーリーなのか、みなさんご存知でしょうか?恐ろしすぎるお話が待っていますよ。

    【シンデレラ原作】あらすじをご紹介!怖すぎるストーリー

    こんにちは!ガラスの靴って痛くないのかな…と思ってしまう野良です。

    ディズニープリンセスの象徴ともいえる「シンデレラ」。
    映画の実写化も行われ、たっぷりした青いドレスはその年の全身仮装でも人気になりましたよね。

    筆者も映画を観に行き、前売り特典もしっかり手に入れました♪

    女の子の夢であるシンデレラですが、ディズニー映画の基となった原作のお話はご存知でしょうか?
    「本当は怖い…」という文句付きで見たことがある人も多いかもしれませんね。

    今回は、そんな「もう大体知ってるよ」というかたにも新情報をお届けできるよう、「シンデレラの原作」について頑張ってまとめてみました。

    シンデレラの原作グリム童話の作者とは

    シンデレラ
    シンデレラ

    多くの方がご存知かと思いますが、「シンデレラ」は存知グリム童話のひとつです。
    イソップ童話と並んでメジャーな童話ですよね。

    「赤ずきん」「ブレーメンの音楽隊」「ヘンゼルとグレーテル」などなど、眠る前にお母さんに絵本を読んでもらった人も多いはず。
    ところが、「グリム童話」がそもそもどんな物語なのか?作者はどんな人なのか?を知っている方は少ないのではないでしょうか?

    グリム童話は、ヤーコブ・グリム、ウィルヘルム・グリムという兄弟によって編纂された昔話です。
    意外なことに、この2名は作家ではなく学者なんです。

    つまり、グリム童話というのはグリム兄弟が書いた話ではないんですね。

    録音機もなく、文字だって一部の人間しか知らなかった時代、物語というのは親から子へ口伝えにつたえていくものでした。
    脈々と、言葉で語ることによってその地方に伝えられてきたものなのです。

    グリム兄弟は人々から語り聞かせてもらった物語を書き留め、本にしました。
    それこそが「グリム童話」。

    ちなみに、グリム童話の初版は1812年ですが、日本語で訳されたのは明治20年(1887年)。
    思っていたより新しいですか?それとも古いですか?

    シンデレラの原作のあらすじ

    プリンスチャーミング
    プリンスチャーミング

    それでは、シンデレラの原作を見ていきましょう。
    聞いたことある方も多いかもしれませんね、タイトルは「灰かぶり」です。

    母親の死

    お金持ちの家に生まれた女の子は、幼いころにお母さんをなくしてしまいます。
    死に際の母は、幼い娘に

    「いつだって神様を信じるいい子でいてね。お母さんもずっとお前のそばにいますよ」

    と言い残します。
    女の子はその言葉を守り、神様を信じる気立ての良い子に育ちました。

    父の再婚

    母が死んだ次の春、女の子の父は再婚します。
    結婚相手は、美しい2人の娘を連れた女の人でした。

    その女の人は、先妻の子である女の子につらく当たります。

    部屋に座っているだけで生意気とそしられ、「食べたければ働け」と台所へ追いやられてしまいます。
    女の子のきれいな服をとりあげ、ボロボロになった灰色の服と木靴を渡しました。

    「それがお似合いだよ!」

    それから女の子は、朝から晩まで働き詰めの生活になります。
    仕事だけでなく、その合間に2人の姉たちのいじわるも待っています。
    エンドウ豆やひら豆を灰の中にぶちまけて、それを女の子にひろわせるのです。

    女の子は毎日くたくたでした。
    それでも、夜寝る場所はありません。
    ベッドは取り上げられています。

    彼女は寒さをしのぐため、暖炉の灰にくるまって寝るしかありませんでした。
    そのため、彼女はいつも灰だらけ、ほこりだらけの格好をしていました。

    継母たちは彼女を「灰かぶり(シンデレラ)」と呼んではやしました。

    母のもとへお墓参り

    ある日、シンデレラの父は遠くの市場に行くことになり、2人の娘にお土産は何がいいかたずねました。
    継母の娘たちは口々に宝石やドレスなど高価なものをねだりました。

    父親は、次にシンデレラにたずねました。

    「お前はなにがいいんだい?」

    シンデレラは答えました。

    「帰ってくる道で、お父さんの帽子にぶつかった小枝が欲しいです」

    父親は娘たちに言われたものを持ち帰りました。
    シンデレラには、彼女の願い通り帽子にぶつかったハシバミの小枝を渡しました。

    シンデレラはそれを、母親のお墓の上にさして泣きました。
    彼女の涙がかかり、小枝は大きな木となりました。

    日に三度、シンデレラはその木の下で泣きながらお祈りをしました。
    すると、木には白い鳥がやってくるようになりました。
    その鳥は、シンデレラが願ったものを投げ落としてくれるようになりました。

    国王主催のパーティーへ

    そんなある日のこと、王が国中の娘をまねいて3日間パーティを開くというお触れが出されました。
    なんとその娘たちの中から、王子の花嫁が選ばれるというのです。

    2人の姉はおおはしゃぎでシンデレラに手伝わせ、着飾る手伝いをさせました。

    シンデレラもパーティに行きたいと願いましたが、継母は「ドレスもないのにどうやって踊るの?」と相手にしてくれません。
    さらに頼み込むと、いつものように豆を灰の中にばらまき、「これが全部拾えたらね」といじわるを言います。

    鳥たちの手伝いを得て豆を拾ったシンデレラですが、結局「ドレスがないでしょう」と連れて行ってもらえません。

    シンデレラは、母のお墓のハシバミの木に行って祈ると、あの白い鳥が金銀で織り上げた服を投げ落としました。
    彼女はそれを着て、お城へむかいました。

    いつも灰だらけの彼女とは思えない別人の美しさに、継母たちも気づきません。

    パーティー3日目

    王子はシンデレラを見つけると、彼女以外と踊ることはありませんでした。
    他の男性が彼女を誘おうとすると、「だめだ、この方は私とだけ踊る」と言うほどでした。

    しかし、しばらくするとシンデレラは走って逃げていってしまいます。
    そしてふっと姿を消してしまうのでした。

    王子はシンデレラを追いかけ、彼女の姿が途絶えたあたりを探しますが、見つけることはできません。

    そんなことがパーティの2日間、続きました。

    3日目、パーティ最後の日。
    いつものようにすばらし出で立ちで現れたシンデレラと踊った王子。

    しかし、2度あざむかれた王子は今回、罠を用意していました。
    シンデレラが逃げる先、城の階段いちめんにピッチ(とりもちみたいなもの)を塗り付けておいたのです。

    気付かず走り抜けたシンデレラの黄金の靴が、ピッチにくっついて城の階段に残されていました。
    王子は小さな黄金の靴を持って言いました。

    「私の妃になるひとは、この靴がぴったり合うはずだ」

    黄金の靴への挑戦

    シンデレラを探す使者は、彼女のお屋敷にもやってきました。

    継母の娘たちのうち、姉が最初に靴に挑戦しました。
    足はきれいでしたが、つま先がつかえて靴が入りません。

    継母はナイフを渡しました。

    「切り落としておしまい。后になれば歩かずにすむ」

    娘はつま先を切り落とし、痛みをこらえて王子の前に出ました。
    王子は娘を馬にのせ、城へ向かいました。

    しかし、馬の上であの白い鳥が「その女の足は血まみれ、本当の花嫁は家にいる」と歌いました。
    王子は靴に滲む血を見て屋敷へ引き返します。

    次に挑戦したのは妹でした。
    彼女はつま先は靴に入りましたが、かかとが入りません。

    継母は…もうわかりますね。

    「切り落としておしまい!」

    王子は妹を馬にのせて城へ向かいましたが、またもや白い鳥が歌いました。

    「その女の足は血まみれ、本当の花嫁は家にいる」

    王子は流れる血に気づいて屋敷へ引き返します。

    シンデレラが黄金の靴に挑戦

    「他に娘はいないのか?」

    問われて最後にシンデレラが進み出ました。

    彼女は王子の目の前で靴を履き、彼をじっと見つめました。
    みすぼらしいなりをしていましたが、王子は彼女こそダンスをともにした相手だとはっきりわかりました。

    王子とシンデレラがハシバミの木の下に来た時、2羽の白い鳥が歌いました。

    「ごらん、王子様が本当の花嫁を連れていく」

    シンデレラ原作での継母と2人のその後

    シンデレラ城
    シンデレラ城

    昔話では大抵、悪者がむくいを受けて終わるものですが、シンデレラを迫害した2人の姉と継母は、シンデレラ原作ではどうなったのでしょうか?

    王子とシンデレラの結婚式の日、継母の娘たちは、おべっかを使ってシンデレラに取り入ろうとします。
    式場へ向かうシンデレラの左右によりそった姉と妹。

    しかし、シンデレラの両肩には、あの白い鳥たちが一羽ずつとまっていたのです。
    白い鳥は継母の娘たちの目をえぐりだしました。

    足の一部を切り落としただけでなく、彼女たちは生涯目が見えなくなってしまったのです。

    まとめ

    あの白い鳥は神様? それともシンデレラのお母さん?
    あの白い鳥は神様? それともシンデレラのお母さん?

    シンデレラの原作のあらすじをご紹介しましたが、いかがでしたか?
    ディズニー映画版シンデレラと同じところや、異なるところ両方あったと思います。

    ディズニー映画のシンデレラでは、シンデレラ原作の残酷な部分がすべてこそぎ落とされています。

    しかし、シンデレラ原作も、実は版を重ねるごとに手が加えられているんですよ。
    その理由として、「物語はそのまま伝えることではなく、聞き手が楽しめるように伝えるのが良い」というグリムの思いがあったからだ、と言われています。

    そういう意味では、ディズニー版シンデレラもグリムの系譜を立派に継ぐ物語といえますね。

    【シンデレラ原作】あらすじをご紹介!怖すぎるストーリー キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    野良

    野良

    関西在住ゆえ、年に数回のディズニー来園を毎回新鮮に楽しんでいる野良です。 最近海外ディズニーという遊び方を覚え始めた社会人。 特にキャラクターグリーティングが好きです。 体験談を中心に、現地での楽しみ方をお伝えできればいいなと思います!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【9/3更新】2019秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【9/3更新】2019秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    3. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    4. 【確定】ディズニーチケット値上げは2019年10月!値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

      【確定】ディズニーチケット値上げは2019年10月!値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

      あやな

    5. 【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ハロウィーン・パーカー・ファンキャップ・お菓子など!

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ハロウィーン・パーカー・ファンキャップ・お菓子など!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集