美女と野獣のあらすじが原作と違う!ボーモン婦人版とディズニー版のストーリーを比較!

    • 野良

      野良

    ディズニーの長編アニメーションで有名な『美女と野獣』の原作について紹介します。ディズニーアニメの『美女と野獣(1991)』と、エマワトソン主演の実写版『美女と野獣(2017)』は、いまや世界中で有名な名作です。しかし、実は1740年のオリジナル版はフランスで生まれていたのです。今回は、美女と野獣の原作といわれるボーモン婦人版(短縮版)と、ディズニー版のあらすじの違いを紹介します!

    こんにちは!読書が趣味の野良です。

    今回は、ディズニーの名作『美女と野獣』の原作を紹介します。

    ディズニーによって映画化された美女と野獣は、いまや世界的に有名な名作ですよね。
    1991年の長編アニメーション版はもちろん、2017年にはエマワトソン主演で実写化され話題になりました。

    本記事では、ディズニー版とは少し違う、原作のあらすじについてまとめました!

    「美女と野獣」の原作:2つある?

    WDWにあるベルの家
    WDWにあるベルの家

    美女と野獣の原作は、18世紀にフランスで生まれました。

    主人公のベルが住む、作品の舞台もフランスです。
    ディズニー映画の作中で流れる「朝の風景」という歌では、"ボンジュール"や"フランスパン"など国を意識させる単語が出てきますよね。

    美女と野獣のオリジナル版は、1740年にフランス人作家ガブリエル・スザンヌ・ド・ビルヌーヴ(ビルヌーヴ婦人)によって書かれました。

    1740年というと日本の江戸時代にあたります。
    フランスだと、マリー・アントワネットが生まれる少し前。

    その後、1756年、同じくフランス人の女性ジャンヌ・マリー・ルプランス・ド・ボーモン(ボーモン婦人)によって短縮版が出版されます。

    現在知られている美女と野獣の原作は、こちらの短縮版(ボーモン婦人版)が主流。
    ビルヌーヴ夫人の書いたものは「オリジナル版」とタイトルにつけて出版されています。

    「美女と野獣」の原作:ディズニー版の2作品

    美女と野獣
    出典:公式サイト
    美女と野獣

    この作品をさらに有名にしたのがディズニー映画「美女と野獣」でした。

    それまで「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」「リトル・マーメイド」と、「王子に選ばれ、恋に落ち幸せになる」女性を描いてきたディズニー。
    どれも今でも根強い人気を誇るプリンセスたちですが、女性が男性に守られ、結婚によって幸せになる展開に批判の声もありました。

    その声に応じて制作されたのが「美女と野獣」です。

    主人公のベルは読書好きの聡明な女性。
    そして、これまでの作品と一番違う点は、王子さまが美男子でもなく、性格が良いわけでもないこと。

    展開も、一目見た瞬間に恋に落ちる今までの展開とは全く違うものです。

    野獣と比較して、見た目は美男子のガストンも登場しましたが、聡明なベルは外見に惑わされず、内面を見極めて恋に落ちます。
    (最終的に王子と結婚して幸せになるという結末は変化しなかったために批判は残り、ディズニーの模索は次回作「アラジン」へと持ち越されるわけですが……それはまた別のお話。)

    美女と野獣
    出典:公式サイト
    美女と野獣

    そして2014年、原作の舞台であるフランスから実写映画が公開され、続いて2017年にディズニーも実写版『美女と野獣』を公開しました。
    「ハリー・ポッター」シリーズでハーマイオニー役を務めた女優エマ・ワトソンを主役に据え、名作アニメ―ションの実写化を成功させました。

    東京ディズニーランドでは2020年までの開発計画でファンタジーランドに「美女と野獣エリア」をオープンすることを発表しています。
    まさに、長年人気を維持し続け、さらにファンを増やし続ける作品といえますよね。

    【最新】美女と野獣エリア徹底解説!アトラクション体験レポまとめ!ショップ&レストランについても!

    「美女と野獣」の原作:ボーモン婦人版の原作あらすじ

    『美女と野獣』
    出典:公式サイト
    『美女と野獣』

    では、原作として主流のボーモン婦人の「美女の野獣」を見ていきましょう。

    まず、ひとつめの違いはベルの家族構成。
    父親は商人で、ベルには兄3人と姉が2人います。

    2人の姉は贅沢と権力が大好きで、結婚相手は貴族でないと!と息巻き、自分たちより美しいベルにいつも嫉妬しています。

    一家は父親のおかげで裕福でしたが、ある日父が商売に失敗してその財産を失ってしまい、田舎へ引っ越すことに。
    この辺はフランス版実写映画が忠実ですね。

    三人の兄と父親、そしてベルは田舎で必死に働きますが、姉はちっとも働かず贅沢三昧。
    「昔は良かった…」とぼやいてばかり。

    良いですね~この安定のヴィランズ感(笑)
    筆者、なんだかこういう古典的な悪役が出てくるとちょっとホッとしてしまいます。

    さて、そんなことはさておいて。

    そんな日々を過ごすうち、ベルたちの家に、なんと父親の商品を積んだ船が港についた知らせがもたらされます。
    受け取るために街へ出かける父親に、豪華な買い物をいっぱいに頼む姉たち。

    何も言わないベルに、父親は「お前はなにもいらないのか」と尋ねます。

    …言えないよねー。
    貧乏暮らしも板についてきたのに、「豪華なものが欲しい」なんて。

    そこでベルは空気を読んで「薔薇の花が一輪欲しい」と答えます。
    この田舎では咲かないから、と。

    請け負った父親は遺産で街まで出かけて行き、そして商品を受け取るどころかそれが原因で訴えられていることを知ります。
    結局無一文に拍車がかかったお父さんは失意の中帰路につき、しかも帰り道の森の中で迷ってしまいます…。
    も、泣きっ面に蜂状態。

    以上の記述は、ディズニーアニメーションから削られた部分。

    フランス版実写映画ではここまでは忠実に描かれています。
    さすが、原作の国!

    あとのことはご存知の通り。
    見知らぬ屋敷に迷い込んだ父親は無人の屋敷でもてなされ、おいしいごはんや寝床を与えてもらったあと、目覚めてからは新品の洋服まで用意されていて、起き抜けのココアまでごちそうになり、そして…

    …ベルとの約束を思い出し、屋敷で咲いていた薔薇の花を折ってしまうのです。

    その瞬間野獣が「恩知らずめ!」と襲ってくる。
    このくだりは、どの「美女と野獣」でも描かれている、代表的なシーンですよね。

    「美女と野獣」の原作:薔薇の花

    魔法のバラが咲き続けるのは、野獣の何歳の誕生日まで?
    出典:公式サイト
    魔法のバラが咲き続けるのは、野獣の何歳の誕生日まで?

    フランス映画では、ベルの父親は間違っても上品とは言えないふるまいで野獣からのディナーを食い散らかしました。
    原作でも同様、やっていることは無断侵入と無銭飲食です。

    屋敷の主人の姿が見えないのを良いことに、好き勝手!
    最後には野獣から大量の財宝までせしめて帰るお父さん。
    商人だけあってちゃっかりしてますねー。

    しかし、野獣はそのふるまいをすべて許容し、迷い弱ったベルの父親に食事を与え、世話をし、おみやげまで与えてもてなすのです。
    正直、ここまで色々与えてくれていて、「なんで薔薇の花一輪ごときでそこまで怒るわけ?」と思った人も多いのではないでしょうか?

    ボーモン婦人版では「この世でなによりも大切にしているバラをとるなんて恩知らずめ!」という趣旨の野獣のセリフがあります。

    誰が何を大切に思うかは人それぞれですので、もちろん野獣がそう言っているならそうなんでしょうが、物語的には不自然さがぬぐえません。

    「一輪一輪、毎日欠かさずベストポジションで咲くように調整しているのだ!」とか、彼のバラに対する思い入れを描いてくれれば読者も納得するんですけれどね。
    結局、短縮版では野獣とバラの花のストーリーは曖昧なままです。

    ということで、そこらへんの事情を「任せとけ!」とばかりに妄想を膨らませ、脚色したのが2つの映画「美女と野獣」。

    フランス映画では、この薔薇はかつて野獣が人間だったころ、愛した相手が死んだときに発生したもの、という風に描かれています。
    愛した女性の化身のような存在なのかもしれません。

    だから野獣は魔力を秘めた花を勝手に持ち去られることに激怒した、と。
    そう考えると、「私の愛するものを奪うのだから、お前の愛するもの(娘)を差し出せ」というのは等価交換っぽくて納得できる気がします。

    対するディズニーではご存知の通り、薔薇は魔女の呪いの化身。
    美しさを愛でるためのものではなく、一枚、一枚…と落ちる花びらが焦りを掻き立てる、野獣のタイムリミットを示します。

    薔薇の花に触れようとするベルを野獣が激しく威嚇した理由も、これで納得がいきます。
    事情を知らないベルが万が一、花びらを落としてしまえば一巻の終わりですから。

    このように、同じストーリーをモチーフにしていても作品ごとに大きな差がある「美女と野獣」。

    その理由の1つに、「薔薇の花」というキーアイテムをどう使うかという違いがあるんですね。

    「美女と野獣」の原作:結末

    ベルと野獣
    ベルと野獣

    さて、結局父親は薔薇を手に家へ帰り、そのかわりベルがお屋敷へ出向くことになります。
    映画と違い、原作では最初から野獣は紳士的かつ人間的です。

    ベルは見た目と違って彼が思いやりのある人物であることをすぐに見抜き、意地悪な姉の妨害にも負けず、野獣に愛を誓います。

    その瞬間、野獣は王子に変化し、2人は結婚して幸せになりました、というのが小説のストーリー。

    「あら映画と同じ」

    その通り。
    違うのは、「王子が野獣になる呪いをかけられた理由がはっきりしない」ということ。

    ディズニーアニメでは醜い老女を城に泊めることを拒否した王子が、見た目で人を判断することへの報いとして野獣にされてしまった、というくだりがあります。
    同じくフランス実写版でも、愛する妻を自らの手で殺してしまった罪への報いという理由が存在します。

    いずれにせよ、野獣の姿というのは王子の心の醜さのあらわれとして描かれているのです。

    しかし、原作では「意地悪な仙女にむりやり姿を変えられていたんです」と片付けられており…

    えっ!? そんな理不尽な!?

    ……ま、ここが曖昧だからこそ、自由なアレンジで作品が世に出ているわけで。
    アレンジする余地がある作品だからこそ、ここまで人気が出たのかもしれません。

    「美女と野獣」の原作:ガストンは生きていた!?

    ガストン
    ガストン

    さて、ここまでで分かる通り、ボーモン婦人版ではガストンの立ち位置にあたるキャラクターは存在しません。
    悪役はベルの2人の姉ですから、それ以上登場させる必要がないのです。

    さて、ディズニーオリジナルキャラクターであるガストンですが、映画の最後に落下して姿を消してしまいます。
    その後登場しなかったため、「死んだんだ」というのが常識として語られてきたのですが…

    なんとそのガストンが実はビーストの幼馴染かつ親友で、しかもあの結末の後生きていたという衝撃の事実が一冊の本にて発表されました。

    「みんなが知らない美女と野獣」著:セレナ・ヴァレンティーノ 訳:岡田良惠 講談社

    アニメーション映画を新視点から描いており、原作ファンにとっては「!?」の連続。
    アナザーストーリーくらいの気持ちで読むと楽しめる本です。

    なんと、他のディズニー作品とのリンクも分かって「おお…!」と目を瞠るシーンもちらほらあります。
    「アナと雪の女王」でもラプンツェルとフリンがこっそり登場しているシーンがありましたよね。
    あんな感覚です。

    まとめ

    「美女と野獣」の原作について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

    様々なアレンジで世に出ている「美女と野獣」。
    ここで紹介した筆者の考えとはまた別の解釈も、見た人の数だけあるでしょう。
    そうして色々な楽しみ方ができる余地がある原作だからこそ、ここまで成長したのかなと感じます。

    ぜひ、みなさんが自分の手で本を開き、「美女と野獣」の原作を読むきっかけになれば幸いです。

    美女と野獣のあらすじが原作と違う!ボーモン婦人版とディズニー版のストーリーを比較! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    野良

    野良

    関西在住ゆえ、年に数回のディズニー来園を毎回新鮮に楽しんでいる野良です。 最近海外ディズニーという遊び方を覚え始めた社会人。 特にキャラクターグリーティングが好きです。 体験談を中心に、現地での楽しみ方をお伝えできればいいなと思います!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10/13更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【10/13更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    2. 【10/19更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      【10/19更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      Tomo

    3. 【10/13更新】ディズニーが入場制限緩和!10月・11月・12月の予想まとめ!10/1から緊急事態宣言解除!

      【10/13更新】ディズニーが入場制限緩和!10月・11月・12月の予想まとめ!10/1から緊急事態宣言解除!

      めぐみ

    4. 東京ディズニーリゾートの時短営業まとめ!現在の営業時間や今後の解除予想も!

      東京ディズニーリゾートの時短営業まとめ!現在の営業時間や今後の解除予想も!

      monpy

    5. 【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集