【最新】ディズニーの入場者数を考察!現在の制限人数は?今後の予想も!

    • ぴょこ

      ぴょこ

    ディズニーの入場者数について考察してみました!再開直後(7月)の入場者数や新エリアオープン後(9月以降)の入場者数などを調査!また、4月以降は、入場制限が緩和され、1パーク1日あたり20,000人以下を目安とするとのことです◎

    【最新】ディズニーの入場者数を考察!現在の制限人数は?今後の予想も!

    こんにちは!ディズニーリゾートに行きたくてウズウズしている、ワーママのぴょこです。

    今回は、ディズニーの入場者数について考察してみようと思います!

    現在、東京ディズニーリゾートは入場制限が行われており、日付指定のパークチケットでなければ入園することができません。

    再開後はどのぐらいの入場制限を行ったのか、入場者数に変化はあったのか?今後はどうなっていくのかをまとめましたよ◎

    ディズニーの入場者数:緊急事態宣言解除後の入場者数<4月1日〜>

    2021年4月1日(木)以降は、入場制限の人数をさらに緩和し、1日あたり20,000人までとなります。

    なお、4月以降は、交通機関混雑緩和のため、閉園時間がパークによって異なる形となります。

    ディズニーの入場者数:緊急事態宣言解除後の入場者数<3月22日〜>

    緊急事態宣言が解除され、入場制限の人数が緩和されました。

    1日あたり、5,000人以下となっていましたが、2021年3月22日(月)以降は、1日10,000人以下になるそうです。

    ただし、2021年3月31日(水)まで営業時間の短縮が継続されます。

    短縮営業時間:10:00~19:00

    ディズニーの入場者数:緊急事態宣言期間の入場者数<1月〜3月21日>

    入場者数:5,000人程度

    緊急事態宣言発出期間の入場者数をかなり制限するのではないかと報道されています。
    1パークにつき、1日5,000人に絞って営業を予定しているそうです。

    期間中は、同様に原則5,000人での運営になるのではないでしょうか。

    ちなみに2018年度と2019年度の両パークの1日平均入場者数は、90,000人弱となっています。

    2018年度:1日平均89,200人
    2019年度:1日平均87,111人

    そのため、1パークあたり5,000人はかなり空いている状態で営業していることになりますよ。

    また、営業時間も短縮し、チケットやホテルについてもかなり変更があります。

    営業短縮などについての詳細はこちらの記事をチェックしてみてください。

    【ディズニーランド&シー】4月18日(日)までの営業時間が変更に!

    緊急事態宣言解除後の変更
    【営業時間短縮】
    <2021年4月1日(木)〜4月18日(日)>
    4月以降は、交通機関混雑緩和のため、閉園時間がパークによって異なる形となります。

    東京ディズニーランド:9:00~20:00
    東京ディズニーシー:9:00~21:00

    ▼まん延防止等重点措置(まん防)についてはこちら
    【ディズニー】まん防で営業時間や入場制限はどうなる?浦安市がまん延防止等重点措置の対象へ!

    【チケット新規販売再開】
    ディズニーチケットは、2021年1月14日(木)14:00より販売を再開しました。

    現在、2021年5月21日(金)まで購入可能です。

    入園時間指定パスポート(午前10時30分~)、入園時間指定パスポート(正午12時~)は、2021年4月1日(木)以降入園分より販売再開となっています。

    【ホテル&バケーションパッケージ予約再開】
    <ホテル新規予約>
    ディズニーホテルは、2021年1月15日(金)11:00より新規予約を再開しました。

    現在、チェックイン日の2ヶ月前同日11:00より予約を受け付けています。

    <バケーションパッケージ新規予約>
    バケーションパッケージは、2021年1月15日(金)15:00より新規予約を再開しました。

    予約可能期間:〜2021年5月30日(日)来訪分(チェックイン分)

    なお、既にホテルやバケーションパッケージを予約している場合は、通常通り来訪可能です。

    【ディズニーランド&シー】4月18日(日)までの営業時間が変更に!

    ディズニーの入場者数:新エリアオープン後の入場者数<9月以降>

    新エリアオープン後の入場者数
    新エリアオープン後の入場者数

    入場者数:30,000人〜40,000人

    東京ディズニーランドでは2020年9月28日(月)にニューファンタジーランドがグランドオープンしました。

    【最新】ディズニー新アトラクション&新エリアまとめ!美女と野獣エリア&アナ雪エリアについて!

    再開直後から比べて、入場者数は増加し、1日平均3万~4万人ほどの入園者数に増加したようです。

    しかし、ニューファンタジーランドのオープン後も3万~4万人ほどの入園者数をキープしているのではないかと思われます。

    再開後に比べて、スタンバイの列が長くなり以前のようなガラガラという雰囲気は減ってきました。

    しかし、スタンバイパスエントリー受付(抽選)といった新しいアトラクション、グリーティング施設への入場方法により、再開前のようなスタンバイ列の混雑は見られなくなりました♪

    再開後に長蛇の列を作っていたソアリンもスタンバイパスが導入されたことにより混雑緩和されたようです。
    その代わりに人が分散し、他のアトラクションの待ち時間が少し伸びる形となりました。

    人数は変わらずに、待ち時間の緩和や分散が実施されているところがさすがディズニーといったところではないでしょうか♡

    ディズニーの入場者数:再開直後の入場者数<7月>

    再開直後の入場者数
    再開直後の入場者数

    入場者数:15,000人程度

    東京ディズニーリゾートは新型コロナウイルス感染症対策により、2020年2月29日(土)から休業していましたが2020年7月1日(水)に再開することとなりました。

    パークチケットを事前に日付指定で購入するシステムに変更になったり、入場者数を通常時の半分以下にすることを発表しました。

    【4/14更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

    実際には当時の感染症対策ガイドラインにより、両パークでそれぞれ2万人程度の入園しか認められなくなりました。

    再開後は1日15,000人程度と、通常時の平均(85,000人程度)の2割弱ほどしか入場しなかったことがわかります。

    筆者的にも当時はアトラクションやグリーティング、レストランの制限も多く試験運転のような意味合いが強かったように感じます!

    そんな筆者ですが、残念ながら再開後すぐには入園することはできなかったのですが、調べてみると入園した人達ががら空きで混雑とは無縁だったとSNSなどに投稿している姿が見られました。

    アトラクション乗り放題で待ち時間はほとんどなかったそうなので、入園できた方達が本当にうらやましい限りです♪

    ただ、東京ディズニーシーのソアリンなどの人気アトラクションは100分待ちを超えるときもあったようで、パーク側のソーシャルディスタンスの徹底を以てしても一部のアトラクションでは非常に混雑してしまったということもありました。

    ディズニーの入場者数:今後の考察

    今後はどうなる?
    今後はどうなる?

    入場者数:30,000人〜40,000人(予想)

    今後も2021年の3月まで大規模なイベントやショーの中止が決っており、コロナウイルスの勢いが衰えないどころか、終息する気配すら見せない状況です。

    現状が変わらないのであれば、東京ディズニーリゾートの入場者数に動きがあるとは考えにくいのではないでしょうか。

    ニュースでも大きく取り扱われていますが、残念ながらオリエンタルランドはコロナウイルスの影響により今期に大幅の赤字を抱えることとなりました。

    先日オリエンタルランドは第二四半期決算説明会を行い、大幅な売上ダウンを記録したことを発表しています。

    オリエンタルランドの主な売上はパーク運営にあたりますので、入場者数が大幅ダウンしているという状況はパーク運営だけでなく、オリエンタルランドの経営に大きく影響してしまいます。

    ディズニーファンとしては心配な情報ですよね。

    では実際、オリエンタルランドはどういった発表をしたのでしょうか。
    2020年10月29日(木)に2021年3期第二四半期決算説明会が開催されましたが、内容は大きく分けて以下になります。

    ・決算概要
    ・2021年3月期 業績予想
    ・2020中期経営計画の目標と進捗
    ・資金調達の状況
    ・足もとの運営状況
    ・2021年度以降の中長期的な成長に向けて

    この中から入場者に関係する内容が記載されている部分を抜粋してみたいと思います♪

    ◆決算概要

    決算概要
    出典:公式サイト
    決算概要

    業績予想の部分で入場者数に触れていますが、前期実績では入園者数が前期同期で1,574万人であるのに対して実績は269万人と増減率△82.9%とかなり落ち込んでいることが分かります。

    結果的に売上高も前期同期で2053億円が478億と大幅に減少しています。
    休園の影響が大きく出た結果でしたね。

    ◆業績予想について

    業績予想について
    出典:公式サイト
    業績予想について

    下半期予想では、前年同期が1,327万人に対して、682万人と増減率は△48.7%と半分ほど。

    1日あたりで計算すると

    約73,722人→約37,889人

    になります。

    そのため、今後も入場者数は、3万人〜4万人となるではないでしょうか。

    ◆2021年度以降の中長期的な成長に向けて

    2021年度以降の中長期的な成長に向けて
    出典:公式サイト
    2021年度以降の中長期的な成長に向けて

    2021年度以降の中長期的な成長に向けてという部分で、今後検討しているプランを発表しています。

    ・新たなチケット戦略の導入(ダイナミックプライシング)
    ・ゲストの「体験」を新たな収益源にする施策の導入(有料ファストパスの導入)

    もしかしたらUSJのように有料で優先アトラクションチケットを販売したりして入園者数入場制限していても収益が見込めるシステムに移行していく計画があるのかもしれません。

    成長投資としては次の2つが目玉になっていくようです。

    ファンタジースプリングス(東京ディズニーシーの新エリア)
    「トイ・ストーリー」シリーズをテーマとした新ホテル

    特に東京ディズニーシーに2022年オープンする予定のファンタジースプリングスは大規模な新エリアになるそう。
    現在の東京ディズニーランドのニューファンタジーランドのように賑わいを見せるのではないでしょうか♪

    そして、「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにした新ホテルも楽しみですね。
    作品がテーマとなったホテルは日本にはまだなかったので、どんなホテルになるのか待ち遠しいです♡

    まとめ

    いかがでしたか?

    現在のディズニーの入場者数について考察してみました。

    混雑緩和の為に入場制限が行われていますが、今後のオリエンタルランドは様々な施策を打ち出してくる予定なので、今後は制限が解消されていくのか、新たな運営スタイルに変化していくのかなどこれからが楽しみですね♪

    【最新】ディズニーが入場制限中!4月から1日20,000人以下に緩和!

    【最新】ディズニーの入場者数を考察!現在の制限人数は?今後の予想も! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ぴょこ

    ぴょこ

    はじめまして、ディズニーが大好きなぴょこです。
    一人娘と毎日ジャンボリーミッキーを踊っているワーママです♡
    楽しく面白く、ディズニーの魅力をお伝えしていけるような記事を書いていけるようにがんばっていきます!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【最新】ディズニーが入場制限中!4月から1日20,000人以下に緩和!

      【最新】ディズニーが入場制限中!4月から1日20,000人以下に緩和!

      めぐみ

    3. 【4/14更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      【4/14更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    4. 【2021春】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      【2021春】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      てんてん

    5. 【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集