検索

    お一人様で東京ディズニーランドを豊かに楽しむ9つの方法

    • 二ノ瀬

      二ノ瀬

    最近、一般的になりつつある「1人ディズニー」。初心者さんからベテランさんまで共通で楽しめる、1人で楽しむための9つの方法をご紹介。年間パスポートを持ち、1人で何回もパークで遊んだ経験のある筆者の実体験を交えて解説します。

    お一人様で東京ディズニーランドを豊かに楽しむ9つの方法

    こんにちは!ディズニーマニアの二ノ瀬です。
    最近、「1人ディズニー」という言葉をよく聞きますよね。
    友だちや恋人とディズニーへ行くのではなく、「ひとりで」ディズニーを楽しむ行動を指します。

    年間パスポートを持っている方や、ディズニーマニアにとっては一般的ですが、年に1度か2度遊びに行く方にとっては、驚くべき遊び方かもしれません。

    むしろ大人数で遊ぶよりも楽しい!?「1人ディズニー」に焦点をあててみました
    1人でも東京ディズニーランドを楽しむ方法を9つご紹介します!

    東京ディズニーランドに1人で初めて行く方は、ドキドキかもしれませんね。
    周りの目が気になる、という場合も大丈夫!
    ゲストはあまり他の人を気にしていません。

    それに、観察しているとわかりますが、1人でディズニーを楽しんでいる方はとっても多いですよ!
    仕事帰りらしきスーツ姿のお一人男性も、意外といるものです。

    つまり、仲間がたくさんいるということ!
    ぜんぜん「1人ぼっち」ではないんですよ!わーい!

    まずは「1人でディズニーに行くって変」という先入観を捨てて、筆者の実体験にもとづく楽しみ方を知って下されば幸いです。
    1人ディズニーをしたことがない方も、いちど体験したくなるかも。

    ①シングルライダーを使いこなす

    スプラッシュマウンテン
    スプラッシュマウンテン

    東京ディズニーランドでは、1名のみのゲストを優先的に案内するシステムがあります
    なぜかというと、グループを座席に案内すると、1名分の座席が余る場合があるからです。

    シングルライダー対象のアトラクションは「スプラッシュ・マウンテン」です。
    ぜひ覚えておきましょう!

    ②1人でも利用しやすいアトラクションは、シアタータイプ

    フィルハーマジック
    フィルハーマジック

    シングルライダー対象ではないアトラクションにも乗りたくなりますよね。
    しかし、乗るさいに周囲の目線が気になる方はいるかもしれません。

    そんな方におすすめしたいのは、お一人様でも気にならないアトラクション!
    筆者おすすめはシアタータイプのアトラクション!
    カントリーベア・シアター」や「ミッキーのフィルハーマジック」がそれにあたります。
    シアタータイプは、基本的に席をつめて案内されるので、1人だと分かりにくいようになっています。

    また、「ホーンテッドマンション」もおすすめ。
    施設内は暗いうえに、ゲスト全員がしかけに注目するので周囲の人々を気にしません。

    ③お一人様、に思い切って話しかけてみよう

    最初はどきどき!
    最初はどきどき!

    1人でディズニーを楽しんでいるゲストが意外といるもの。
    そんな方に、勇気を出して話しかけるのも良いでしょう。
    仲良くなって、友達になれるかも?

    1人で楽しみたい方も少なくはありませんから、見極めが必要で難易度は高いかもしれません
    男性が女性に話しかける、だと少し警戒されてしまうかもしれませんが「ディズニーが好き!」という想いが伝われば、どんな方でも心を開いてくれますよ。
    もちろん、紳士的なコミュニケーションを忘れずに!

    ④写真撮影に集中してみる

    素敵な風景と出会える
    素敵な風景と出会える

    1人なら重いカメラ機材を持っていても、気兼ねなくパーク内を散策できますよね。
    写真撮影が趣味の方は、アトラクションやショーを後回しにして園内の様子を撮影してみては?
    四季折々の植物や、意外な発見と出会えるかも。

    ⑤ショーやパレードを楽しむ

    ハピネス・イズ・ヒア
    ハピネス・イズ・ヒア

    ディズニーマニアは、長時間ショーやパレード待ちをする人を「地蔵」と呼びます。
    1人ディズニーの初心者さんも「地蔵」にチャレンジしてみてはいかがでしょう?
    1人なら同伴者を気にすることなく、自由に待つことができますよね♪

    それに、自分の中だけに素敵な思い出を残すことができるのも魅力です。

    ⑥キャラクターグリーティングを楽しもう

    ミート・ミッキー
    ミート・ミッキー

    アトラクションはグループ利用が多いですが、キャラクターグリーティングは非常にお一人様利用が多いです
    その安心感だけでなく、人気のディズニーキャラクターを独り占めできる贅沢感まで味わえますよ!

    筆者おすすめのキャラクターグリーティング施設は「ミッキーの家とミート・ミッキー」。
    キャストもお一人様に慣れているので、問題なくミッキーと交流することができます。

    別の記事では、東京ディズニーランドのキャラクターグリーティングについて解説しています。
    そちらと合わせてご覧下さい。

    ⑦気ままにお散歩を

    発見があるかも
    発見があるかも

    同伴者がいると、自由気ままにパーク内を散策するにも気を使いますよね。
    ショッピングをするにもなかなか思うようにいかなかったりします。
    しかし、1人ディズニーならそんな心配はゼロ!

    思うがままに満足するまで、東京ディズニーランドの世界を味わいつくしましょう

    ⑧お一人様でも食事しやすいレストランを覚える

    ハングリーベア・カレー
    ハングリーベア・カレー

    一日遊ぶとなると、お腹がすきますよね。
    アトラクション同様に、1人だと食事をするにも難しく感じてしまうかもしれません。
    ワゴンで軽食を買い、歩きながら食べるのもいいですが、席についてゆったりと食事をしてみませんか?
    1人でもおすすめのレストランは以下の通り。

    スウィートハート・カフェ
    グレートアメリカン・ワッフルカンパニー
    ハングリーベア・レストラン
    ・プラズマ・レイズ・ダイナー

    これらの店舗に共通するのは、テラス席が多めでカジュアルなメニューがそろっている、という点。
    とくに、プラズマ・レイズ・ダイナーはお一人様に嬉しいカウンター席があります。

    1人でも堂々と食事すれば、周囲の方は気にしませんよ。

    ⑨思い切ってディズニーホテルに泊まろう

    ランドホテル
    ランドホテル

    1日のシメに、憧れのディズニーホテルに宿泊してみては?
    ディズニーホテルの料金は、1人あたりでなく、一部屋につき設定されています。
    そのため、1人で宿泊すると割高ではありますが、楽しさは料金以上!

    洗い場つきの大きなお風呂と、広い室内を独り占め!
    優雅なディズニーの世界観に包まれたまま眠りにつきましょう。
    素敵な夢が見られるはずですよ。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    1人の楽しみ方をたくさん紹介しました。
    まずは、自分で体験してみること!
    自分なりの楽しみかたが発見できるはずです。

    お一人様で東京ディズニーランドを豊かに楽しむ9つの方法 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    二ノ瀬

    二ノ瀬

    東京ディズニーリゾートの近くで生まれ、現在は都内在住。舞浜での趣味はお酒を飲むこと。 成人してもなお、ホーンテッドマンションに本気で怯えることができる。 ディズニーリゾートはもちろん、ディズニーの映画作品も愛しているが、とくに好きなのは『眠れる森の美女』。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーシー人気アトラクションランキングTOP20!

      【2019】ディズニーシー人気アトラクションランキングTOP20!

      みーこ

    2. ディズニーシーの食事はどこで?コスパ・安さ・予約有り無し別おすすめレストラン!

      ディズニーシーの食事はどこで?コスパ・安さ・予約有り無し別おすすめレストラン!

      みーこ

    3. 【2019】ディズニーシーのおすすめの食べ物21選!人気・かわいい食事の値段と場所一覧

      【2019】ディズニーシーのおすすめの食べ物21選!人気・かわいい食事の値段と場所一覧

      たけのこ

    4. 【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

      【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

      みーこ

    5. 【2019】ディズニーシー攻略方法35選!混雑&待ち時間対策まとめ!チケット&アトラクション情報!

      【2019】ディズニーシー攻略方法35選!混雑&待ち時間対策まとめ!チケット&アトラクション情報!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集