検索

    【噂】ディズニーチケット値上げは2019年?値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

    • あやな

      あやな

    来年2019年に噂されている東京ディズニーリゾートパスポート料金の値上げについて調べてみました。詳しい値上げの時期や改定後の価格、これまでの値上げ推移、チケット価格改定の理由などについてご紹介していきます!

    【噂】ディズニーチケット値上げは2019年?値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

    こんにちは!ディズニー大好きあやなです。

    株式会社オリエンタルランドが、近々東京ディズニーリゾートのチケットの値上げを検討していることが噂されています。
    2014年~2016年の3年連続価格改定で以前よりもかなりチケットの価格が上がってしまったところに次回の値上げが噂されたので、「これ以上高くなるの?!」とショックを受けた方も多いと思います。
    特に1デーパスポートでパークに遊びに行っている方にとっては痛いですよね。

    いったい改定後の値段はいくらになるのでしょうか?
    また、なぜ値上げが検討されているのでしょうか?

    今回は来年2019年に値上げが噂されているディズニーチケットの値上げについて詳しくご紹介していきます!

    【噂】ディズニー値上げ:次はいつ?

    チケットの値上げはいつ?
    チケットの値上げはいつ?

    ネット上では、来年2019年10月からチケットの価格が改定されると噂になっています。
    しかし、株式会社オリエンタルランドの発表によると、現時点で価格引き上げの詳しい時期は確定していないとのこと。

    2019年にオープン予定の東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」をはじめとする、東京ディズニーリゾートの大規模拡張構想に合わせてのチケット料金引き上げを検討しているそうです。
    値上げのタイミングに関しては、ゲストの体験価値が上がってから判断するそうです。

    なので、値上げの時期について現在確定している情報はありません。
    ただ、ゲストにさらなる体験を提供する施設が続々オープンすることを考えると、近いうちにパスポートの値段が上がることはほぼ間違いなさそうですね…。

    ディズニー値上げ:理由は?

    値上げの理由は?
    値上げの理由は?

    そもそも、なぜチケットの値上げが検討されているのでしょうか?

    その理由の1つに、消費税率の引き上げがあると言われています。
    これまでにも、ディズニーは消費税率の上昇に伴う価格改定を行ってきました。

    2019年10月に消費税率の引き上げが予定されているので、それに合わせてチケットも値上げするということです。

    もう1つの理由に、ディズニーランドとディズニーシーの大規模拡張計画があります。
    東京ディズニーランドは約750億円を投じて、新たなエリアや新アトラクションをオープンする予定です。

    「美女と野獣エリア」(仮称)

    映画『美女と野獣』の世界を体感できるエリアが、ファンタジーランドにオープンします。
    このエリアには野獣の住む城やベルたちの住む村があり、映画の風景がそのまま再現されています。
    また、日本オリジナルの大型アトラクションやショップ、レストランもオープンする予定です。

    ライブエンターメントシアター(名称未定)

    ライブエンターテインメントが繰り広げられる東京ディズニーランド初の本格的屋内シアターが、ファンタジーランドの新エリアに開設されます。
    定員が約1500名となっていることから、かなり大きな施設になることが予想されますね!
    シアターでは、ディズニーキャラクターたちによる東京ディズニーランドオリジナルのプログラムが行われるそうですよ♪

    『ベイマックス』の新アトラクション(名称未定)

    映画『ベイマックス』をテーマとしたアトラクションがトゥモローランドにオープン予定です。
    また、アトラクション付近には、TDL・TDSを通じて初のポップコーン専門ショップが誕生するそうです!

    新キャラクターグリーティング施設(名称未定)

    トゥーンタウンには、ミニーちゃんと一緒に写真を撮影できるグリーティング施設がオープンします。
    いままでディズニーランドのグリーティング施設はミートミッキーしかなかったので、オープンが楽しみですね♪

    また、東京ディズニーシーは2500億円を投じて大規模拡張が行われます。

    なんと、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマにした8番目のテーマポートが誕生!
    『アナと雪の女王』、『塔の上のラプンツェル』、『ピーター・パン』のエリアに分かれており、4つの新アトラクションや最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成されるそうです。
    ディズニーシー開業以来最大の拡張工事で、2022年度中にオープンする予定ですよ♪

    【最新】ディズニー新アトラクション&新エリア予定まとめ!美女と野獣エリアが2020年春オープン

    【速報】ディズニーシー大規模拡張!2022年に新エリア「アナ雪」「ラプンツェル」「ピーターパン」&ホテル

    ディズニー値上げ:値段の推移は?

    チケットの値段推移
    チケットの値段推移

    東京ディズニーランドがオープンした1983年から、たびたびチケット料金の値段が改定されてきました。
    これまでチケットの価格がどのように推移してきたのか、その歴史を見てみましょう!

    チケット料金の歴史を振り返って、「昔はこんなに安かったのか…」と改めてびっくりした方も多いのでは?

    この価格改定の推移を見ると、開園以来約3~4年ごとに値上げがされていますね。
    また、消費税増税や新アトラクションのオープンなどがあった年も値上げがされています。

    そして2014年から2016年の3年間で、一気に1000円も上昇しています。
    この3年連続の値上げには多くのディズニーファンから悲鳴が上がりましたね。

    次回の価格改定後の値段はまだ発表されていません。
    いったいいくら値上げされるのでしょうか?

    ディズニー値上げ:値上げ後の価格は?

    値上げ後の価格引用元:公式サイト
    値上げ後の価格

    それでは、チケット値上げ後の値段はいったいいくらになるのでしょうか?

    ネット上の予想を見てみると、7,900円まで引き上げられるのではないかと考えている人が多いようです。
    500円の値上げはキリが良いですし、7,900円という価格はライバルテーマパークであるUSJの1dayパスの価格と一緒になるんです。

    しかも、これまでのディズニーとUSJのチケットの値段を比較してみると、常にUSJのチケットの方がディズニーよりも高い値段になっているんです。
    このことから、現在のUSJの1dayパスを上回る価格まで引き上げることは考えにくいと思います。

    まだ価格改定後の値段は正式に発表されていませんが、7,900円という説はかなり説得力がありますね!

    ディズニー値上げ:日本のディズニーチケットは海外のパークより安い?高い?

    日本のディズニーは世界と比べてどう?
    日本のディズニーは世界と比べてどう?

    度重なる価格改定によってどんどん値段が上がっている東京ディズニーリゾートのチケットですが、海外のパークと比べないことには、高いのか安いのかわかりませんね。
    こちらでは、海外のディズニーパークの入園料をまとめてみました!

    はたして、日本のディズニーは海外パークと比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?

    ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ)

    アメリカのディズニーは東京ディズニーリゾートととは違い、チケットにランクがつけられています。

    1dayパスは、混雑日のPeak・平常のRegular・閑散日のValueの3段階。
    年パスは、一番高額なチケットがいつでも入園出来るものになっていて、値段が下がるごとに利用不可日が増えていく仕組みになっています。

    マジックキングダム1dayパス

    Peak:$124/13,328円(米ドル:1ドル=112円として計算)
    Regular:$115/12,880円
    Value:$107/11,984円

    マジックキングダム以外1dayパス

    Peak:$119/13,328円
    Regular:$107/11,984円
    Value:$99/11,088円

    年パス

    Platinum+:$1049/117,488円
    Platinum:$779/87,248円
    Water parks:$125/14,000円
    フロリダ・カリフォルニア共通:$1439/161,168円

    ディズニーランド・リゾート(カリフォルニア)

    カリフォルニアもフロリダ同様の形式となっています。

    1dayパス

    Peak:$124/13,888円
    Regular:$110/12,320円
    Value:$97/10,864円

    年パス

    Signature+:$1049/117,488円
    Signature:$849/95,088円
    Deluxe:$619/69,328円

    上海ディズニーランド

    上海ディズニーランドも、アメリカのディズニーリゾートと同じくチケットがクラス分けされています。
    上海の年パスは入園できる曜日によって値段が違うのでわかりやすいですね。

    1dayパス

    Peak:499元/7,984円(1元=160円)
    Regular:370元/5,920円

    年パス

    Seasonal Pass(全日):1,390元/22,240円
    Seasonal Pass(平日):1,030元/16,480円
    Seasonal Pass(曜日):915元/14,640円

    ディズニーランドパリ

    ディズニーランドパリの1dayパスは1種類、年パスは4種類あります。
    年パスは来園頻度に応じて種類が分かれていますよ。

    1dayパス

    €72/8,246円(€1=140円)

    年パス

    Infinity:€399/51,072円
    Magic+:€249/31,872円
    Magic Flex:€189/24,192円
    Discovery:€139/17,792円

    香港ディズニーランド

    香港も、1dayパスは1種類、年パスは3種類あります。
    日本から近いので、日本在住で年パスを持っている方もいるみたいですよ!

    1dayパス

    HK$589/8,246円

    年パス

    Platinum:HK$3,348/46,872円
    Gold:HK$1,888/26,432円
    Silver:HK$1,178/16,492円

    チケット値段比較まとめ

    世界のディズニーパークと比較してみると、日本のディズニーの1デーパスポートは安めの値段設定だということがわかりますね!
    そう考えると、現在のチケットの価格も一概に高いとは言えないのかも…?

    ディズニー値上げ:混雑が緩和される?

    チケット値上げは混雑対策に?
    チケット値上げは混雑対策に?

    チケットの値上げに対して不満の声が上がる一方、値上げすることで来場者数が限定され、混雑が緩和されるなら賛成という意見もあります。
    はたして、チケットの値上げは混雑緩和に対してどのくらいの効果を発揮するのでしょうか?

    確かに、値上げすることで来場者が減り、混雑が緩和する可能性はあります。
    しかし、「値上げによって来場者数が減る」という噂が流れると、「今なら空いているかも」と思ったゲストが押し寄せ、逆に混雑を招いてしまう可能性もあるんです。
    というのも、ディズニーリゾートには、悪天候などの空いていそうな日にあえて来園するゲストがおり、結果的に混雑してしまうという傾向があるそうなんです。

    また、2020年春にはディズニーランドに新しいエリアがオープンします。
    それにより、さらにゲストが押し寄せて混雑してしまうことも考えられます。

    ただ、東京ディズニーリゾートは混雑緩和のため、パーク内でおみやげやグッズを検索・購入・自宅へ配送したり、アトラクションの待ち時間を確認したりできるスマートフォン用のアプリを導入しました。
    このアプリによって、待ち時間などを使っておみやげやグッズなどを購入し、帰り際にショップに立ち寄って商品を受け取ることができるようになったんですよ。

    チケットの値上げによる混雑緩和効果は定かではありませんが、他の対策によって混雑が緩和される可能性は十分にありますね!

    【ディズニーランドアプリ】チケット購入&入園・待ち時間検索可能!抽選やレストラン予約、買い物もアプリで

    まとめ

    まとめ
    まとめ

    いかがでしたか?
    近頃話題になっているディズニーチケットの値上げについてご紹介しました。

    チケットの値上げは痛いですが、ゲストに新たな体験を提供するための値上げと考えれば仕方ない部分もあるかもしれません。
    みなさんは、今後の値上げについてどう思いますか?

    【噂】ディズニーチケット値上げは2019年?値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も? キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【2018】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    2. ランキング画像

      【2018】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!クリスマスや35周年グランド...

      てんてん

    3. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2018-2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つ...

      みーこ

    5. ランキング画像

      【2018】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100...

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集