【伏線】グリンデルバルドのハリーポッター登場シーンは?闇の魔法使い・ヴォルデモートとの比較

    • しーちゃん

      しーちゃん

    最強の闇の魔法使い、ゲラートグリンデルバルドについて解説!ファンタスティックビーストの敵役として登場するグリンデルバルドですが、実はハリーポッター第1作目『賢者の石』に登場していたのをご存知でしょうか?ハリーポッターの登場シーンをおさらい!グリンデルバルドを演じるキャストやダンブルドアとの重要エピソードを解説します。

    引用元:公式サイト

    みなさん、こんにちは。
    映画観賞が趣味のしーちゃんです♪

    J・K・ローリングが描く新しい魔法ワールド「ファンタスティックビースト」シリーズ。

    ファンタビは、ハリーポッターシリーズよりも昔の物語となっています。
    ハリーたちが生まれる前、ダンブルドア校長がまだ若かりし頃、あるひとりの闇の魔法使いが世間を騒がせていました。

    それがファンタビにおける最大の敵、ゲラートグリンデルバルドです。

    ハリポタファンの間では「魔法界史上、最も長い伏線」といわれるグリンデルバルド。
    なんと、ハリーポッター第1作目にもその名が登場していた、魔法界の超重要人物なんです!

    そこで今回は、グリンデルバルドを特集。

    ・グリンデルバルドとダンブルドアの関係
    ・グリンデルバルドを演じるキャスト
    ・グリンデルバルドとヴォルデモート卿

    など、ファンタビをより理解できる、グリンデルバルドに関するエピソードをご紹介します。

    【グリンデルバルド】ファンタビの主要人物/プロフィール

    ファンタスティックビースト
    出典:公式サイト
    ファンタスティックビースト

    グリンデルバルドは、ある伝説的事件を引き起こした闇の魔法使い。
    1920年代イギリスを中心に、当時における史上最強の闇の魔法使いと恐れられていました。

    ◆闇の魔術を教えるダームストラング専門学校

    グリンデルバルドが通っていた魔法学校は、おなじみのホグワーツ魔法魔術学校ではありません。

    闇の魔術を教えることで有名なダームストラング専門学校というところに通っていました。
    マグル生まれの魔法族は入学することができない魔法学校です。

    ここでグリンデルバルドは、類まれなる秀才ぶりを発揮しました。

    闇の魔術の魅力に取りつかれたグリンデルバルドは、ダームストラング専門学校でさえ許容しがたいほどの「歪んだ実験行為」を行うようになります。

    その結果、ダームストラング専門学校を放校処分になり退学しています。
    学生時代から闇の魔法使いに向かう道のりを歩んでいたことが感じられます。

    ◆目的は「魔法界と人間界を支配する」こと

    ファンタスティックビースト2から、仲間を集めるため演説を行ったり、グリンデルバルドは何やらひとつの企みを持っているようです。
    グリンデルバルドの目的は、より強く賢い魔法使いが魔法界と人間界両方を支配すること。

    当時の魔法界では人間界でその存在を隠すように、ノーマジ・マグル(人間)に怯えるようにしてひっそりと魔法使いたちは生きていました。

    しかし、魔法が使えないノーマジ・マグル(人間)を劣っていると考えるグリンデルバルドは、魔法使いがその力を誇示し、世界に君臨すべきという思想を抱きます。
    グリンデルバルドが掲げるスローガンは「より大きな善のために」。

    この野望こそ選ばれし魔法使いにおける真の自由であり、そのための犠牲や残虐性を正当化しようとしていました。

    【グリンデルバルド】ハリポタの登場シーン!魔法界史上最も長い伏線?

    ホグワーツ特急
    出典:公式サイト
    ホグワーツ特急

    ゲラートグリンデルバルドは、ハリーポッターシリーズにも登場する魔法界の伝説的人物ですが、登場シーンを覚えていますか?

    実はハリーポッターシリーズ第1作目『ハリーポッターと賢者の石』にも登場していたんです!
    グリンデルバルドの登場シーンをおさらいしてみましょう◎

    (1)最も長い伏線!『ハリーポッターと賢者の石』

    2001年に公開された記念すべき第1作目『ハリーポッターと賢者の石』。

    まだ何も知らないハリーが、9と4分の3番線から列車に乗ってホグワーツ魔法学校に向かう有名な場面がありますよね。

    ハリーと一緒に列車に乗ったロンが、車内でおかしを食べ始めます。
    ロンは、蛙チョコのおまけについてくる有名魔法使い(魔女)のカードをコレクションしているんでしたよね!

    実はこのとき、ハリーが手にしたアルバス・ダンブルドアのカードに、グリンデルバルドの名前が記載されていました。

    その内容は「1945年に(ダンブルドアは)グリンデルバルドを破った」というものでした。

    名前だけの登場ではありますが、まさかハリーポッター第1作目の序盤ですでにその存在が明かされていたとは、驚きです!

    (2)若かりし頃の姿『死の秘宝 PART1』

    グリンデルバルドの名前が登場してから、およそ9年後。
    第7作目『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』でようやくその姿を現しました。

    ヴォルデモートが死の秘宝を集めていることに気が付いたハリーは、阻止するために先に手に入れようと行動します。

    ニワトコの杖のありかを知るダンブルドアの昔の記憶をみることに。

    そこには若かりし頃のダンブルドアと、グリンデルバルドの姿がありました。
    死の秘宝に魅了されていた若き秀才2人は、互いを"兄弟以上の仲"とし、行動を共にしていた時期がありました。

    グリンデルバルドは、杖職人のグレゴロビッチを気絶させ、ニワトコの杖を盗み出すことに成功していました。

    ハリー・ポッターの蛙チョコ
    ハリー・ポッターの蛙チョコ

    (3)投獄された老年期『死の秘宝 PART1』

    その後、ニワトコの杖を探すヴォルデモートがグリンデルバルドの元を訪れます。

    彼がいたのは、自身がかつて建てた要塞・ヌルメンガード。
    1945年にダンブルドアに敗れたグリンデルバルドは、皮肉にもヌルメンガードの最上階に投獄されていました。

    『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』に再登場したグリンデルバルドは、すっかり衰えた老人の姿に。

    ヴォルデモートにニワトコの杖のありかを聞かれますが、答えなかったグリンデルバルドは殺害されてしまいます。

    戦いののち、ニワトコの杖の所有権はダンブルドアに移っていたのでした。

    原作では、映画よりもはっきりとヴォルデモートの要求を拒絶。
    ハリーの推測ではニワトコの杖のありかを明かさなかったことで、旧友であるダンブルドアをヴォルデモートの身から守ろうとしたのでは、とされていました。

    【グリンデルバルド】キャスト(青年期・中年期・老年期)

    グリンデルバルド
    出典:公式サイト
    グリンデルバルド

    グリンデルバルドは、最強の闇の魔法使いとして恐れられる反面、人の心を操るカリスマ性を兼ね備えていました。

    巧みな話術によるところが大きかったのはもちろん、魔法使いの中でも屈指のイケメンであったことも影響しているでしょう。

    淡いブロンドに青い瞳、ハンサムな顔立ちをしていることでも知られていたんです。
    もちろん、映画の中でもグリンデルバルドのイケメンさは、しっかりと描かれています。

    ハリーポッター、ファンタスティックビーストと、グリンデルバルドは登場する年齢ごとに演じる俳優が変わっています。
    3人のイケメン俳優が演じているのが、ファンタスティックビーストの重要キャラクター・グリンデルバルドなんですね!

    ①ジェイミー・キャンベル・バウアー

    『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』と、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にて、グリンデルバルドの青年期を演じている彼。

    ジェイミー・キャンベル・バウアーは、ティーンエイジャーを中心に大ヒットした映画『トワイライト・サーガ』シリーズでヴァンパイアの王族を演じたことでも有名です。

    作中ではちょっとしか登場しませんが、グリンデルバルドの青年期がいかにイケメンだったか、多くの人を惹きつけたであろう魅力がよくわかります。

    ②マイケル・バーン

    『ハリーポッターと死の秘宝 PART1』でヴォルデモートと対峙した老年期のグリンデルバルド。
    マイケル・バーンの力強いまなざしが、年老いた姿でもなお、かつて闇の魔法使い王座に君臨したその貫録を感じさせました。

    ③ジョニー・デップ/マッツ・ミケルセン

    そして40代の姿が描かれるファンタスティックビーストシリーズでは、日本でも大人気の俳優・ジョニーデップがグリンデルバルドを演じました。
    妖しげな魅力に、ついつい誘惑されてしまいそうになりますよね!

    しかし残念ながらジョニー・デップはファンタビ2で降板。
    ファンタビ3以降はマッツ・ミケルセンがグリンデルバルドを演じます。

    【グリンデルバルド】ダンブルドアとは恋愛関係にあった?

    グリンデルバルド
    出典:公式サイト
    グリンデルバルド

    イケメンで知られるグリンデルバルドは、女性のみならず、ひとりの偉大な魔法使いさえも虜にしていました。

    そう、ホグワーツ魔法学校の校長、アルバス・ダンブルドアです。
    原作者のJ・K・ローリングは、ハリーポッター完結後に、ダンブルドアの秘密を明かしています。

    「私はダンブルドアがゲイだと思っています。彼はグリンデルバルドに恋していました。」

    同性愛者であったダンブルドアは、若き日のグリンデルバルドに恋をしていたのです。

    ふたりは思想・野望を分かち合い"兄弟以上の仲"として過ごしていました。

    ▼グリンデルバルドとダンブルドアの出会い・恋愛関係・決裂については、こちらの記事をCHECK★
    【ファンタビ】ダンブルドアは同性愛者!?グリンデルバルドとの関係、謎に包まれた2人目の弟も

    ◆2人の関係がわかるエピソード

    グリンデルバルドの気持ちはわかりませんが、彼にとってもまた、ダンブルドアは特別な存在であったことがわかるエピソードがあります。
    2人の関係がわかるエピソードをご紹介します。

    (1)血の誓いをたてる

    グリンデルバルドとダンブルドアは、ある誓いを立てていました。
    それは決してお互いに戦い合わないこと。

    互いの血をペンダントに入れ、決して破ることのない"血の誓い"として守られてきました。

    後に、グリンデルバルドの戦闘における力は、ダンブルドアに劣っていたことが判明します。
    ダンブルドアはもしかしたらそれを承知の上で、彼を傷つけることはしまいと誓ったのかもしれません。

    対してグリンデルバルドは、戦闘力こそ劣るものの、その残虐性は恐るべきものでした。
    容赦なく闇の魔術を使う彼がダンブルドアだけは戦わないと誓うのは、少なくとも大きな信頼関係があったのではないでしょうか。

    (2)イギリスを避ける

    ヨーロッパを中心に、闇の魔法使いとして活躍していたグリンデルバルド。
    しかし、イギリスには近づくことをしませんでした。

    イギリスといえばホグワーツ魔法学校があるところ。

    ダンブルドアがいるから、グリンデルバルドはイギリスを避けていたのではないかといわれています。
    血の誓いがあったためとも考えられますが、ダンブルドアの住むイギリスで猛威を振るわなかったのは、他にも原因がありそうですよね。

    【グリンデルバルド】闇の魔法使い・ヴォルデモートとの違い

    ヴォルデモート
    出典:公式サイト
    ヴォルデモート

    ヴォルデモートが現れるまで、闇の魔法使いの王座に君臨していたのはグリンデルバルドでした。

    魔法界の支配や、大量虐殺など、多くの人を恐怖に陥れたグリンデルバルドとヴォルデモート。
    しかし、ふたりは似ているようで、また違う性質を持っています。

    ◆恐怖で支配するか、人の心を操って支配するか

    ヴォルデモートは、ダンブルドアをも超える魔力を持ち、闇の魔術に対する恐怖によって人々を支配していました。

    仲間である死喰い人も、ヴォルデモートに対する恐怖心を常に持っていたように思われます。
    なんといっても名前を口にすることも憚れるほどの恐怖とは、並大抵のものじゃありませんよね。

    その反面、グリンデルバルドは人の心を操る才能があると言われていました。

    ファンタスティックビースト2でも、ニュートの仲間だったクイニ―が、グリンデルバルドの演説をきいて寝返ってしまいます。

    対象を自らの意思で自分の仲間になるように、人に信頼される術を身に付けているのがグリンデルバルドなんですよね。

    恐怖による支配力と、人の心・行動を操る支配力。

    魔力の強さではヴォルデモートに負けていたかもしれませんが、魔法界を支配するうえでより恐ろしいのは、グリンデルバルドの力の方だったのではないでしょうか。

    まとめ

    いかがでしたか?
    ハリーポッターシリーズ第1作目『ハリーポッターと賢者の石』から登場していた、魔法界の伝説的存在・ゲラートグリンデルバルドを紹介しました。

    ファンタスティックビーストで描かれるグリンデルバルドの全盛期。
    一体どんな事件を起こし、1945年のダンブルドアとの戦いにまで発展したのか、これからも注目の存在です!

    【伏線】グリンデルバルドのハリーポッター登場シーンは?闇の魔法使い・ヴォルデモートとの比較 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    しーちゃん

    しーちゃん

    生まれも育ちも千葉県!ディズニー大好きなしーちゃんです。パークはもちろん、キャラクター、映画がだいすき❤︎可愛い&楽しいは正義❤︎

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2021年6月最新】ユニバのマリオグッズ343選!カチューシャ、被り物、ぬいぐるみ、Tシャツ、パーカー

      【2021年6月最新】ユニバのマリオグッズ343選!カチューシャ、被り物、ぬいぐるみ、Tシャツ、パーカー

      めっち

    2. 【2021夏】ユニバのカチューシャ全種類まとめ!マリオ新作登場!USJで買える期間限定&レギュラー商品♪

      【2021夏】ユニバのカチューシャ全種類まとめ!マリオ新作登場!USJで買える期間限定&レギュラー商品♪

      めっち

    3. 【2021年6月最新】USJチケットの値段&購入方法!2ヶ月先の入場分まで販売中!券種と買い方は?

      【2021年6月最新】USJチケットの値段&購入方法!2ヶ月先の入場分まで販売中!券種と買い方は?

      まっきー

    4. 【2021年6月版】ユニバの混雑状況と現地レポ!緊急事態宣言中、平日限定営業の待ち時間、新エリアはどうなってる?

      【2021年6月版】ユニバの混雑状況と現地レポ!緊急事態宣言中、平日限定営業の待ち時間、新エリアはどうなってる?

      めっち

    5. 【6月最新】ユニバ・マリオエリア整理券完全ガイド!入場確約券や当日の整理券、抽選券をゲットする方法

      【6月最新】ユニバ・マリオエリア整理券完全ガイド!入場確約券や当日の整理券、抽選券をゲットする方法

      MEGU

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集