2021年以降のアベンジャーズ/マーベル映画と今後の展望!2023年までの予定作品まとめ

    • みーこ

      みーこ

    2021年以降のマーベル映画の展望まとめ!2021年~2022年まで明らかになっているマーベル関連映画のタイトル、あらすじ、公開日を紹介します。2019年公開の『アベンジャーズ:エンドゲーム』で一つの区切りを迎えたMCUですが、2020年以降も新作を大量投下!各ヒーローの単独映画や続編だけでなく、名作のリブートなど予定が目白押しです。2023年までの公開作品と概要、複雑な権利問題についてまとめました。

    引用元:公式サイト

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。

    近年、アメコミ好きにはたまらないヒーローたちの活躍を描いた、マーベルコミックの映画が人気を集めていますよね!
    2019年には『アベンジャーズ/エンドゲーム』が『アバター』の持っていた世界興行収入記録を抜き、歴代1位=ギネス記録の大ヒット作品となりました。

    この記事では、ますます注目が高まるマーベル映画の今後を総まとめ!
    これから公開・制作が予定されているマーベル映画のラインナップをご紹介します。

    2019年7月には2020年以降のマーベル映画のラインナップが正式発表され世界中のファンが胸を躍らせたものの、新型コロナウイルス流行の影響で映画の公開スケジュールも続々変更に。
    ここではできる限り最新の映画公開日をご紹介していきますよ!

    ▼ディズニープラス独占配信ドラマを含めた公開予定リストはこちらから
    【2021年〜】公開予定のアベンジャーズ/マーベル映画とドラマまとめ!公開日や作品同士のつながりも紹介

    2021年以降のアベンジャーズ&マーベル作品:2021年のラインナップ

    新型コロナの影響で2020年の公開予定からずれこんだ作品が多くあります。
    特に延期が繰り返されている『ブラック・ウィドウ』は待ち遠しいですね!

    【劇場公開なし】『X-MEN:ニュー・ミュータント』(2021年2月3日配信)

    『X-MEN:ニュー・ミュータンツ』
    『X-MEN:ニュー・ミュータンツ』

    『X-MEN:The New Mutans』は『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品で、シリーズ初となるホラー映画として描かれています。
    2020年8月28日全米公開されましたが、日本は劇場公開なしで2021年2月3日より先行デジタル配信、2021年3月31日(水)よりブルーレイ発売&レンタル開始となりました。

    予告編によると、病院のような場所に監禁された若いミュータントたちが、得体のしれない何者かに迫られ恐怖と戦うという内容となっているようです。
    Netflixオリジナルドラマ『クイーンズ・ギャンビット』で注目を浴びたアニャ・テイラー=ジョイも出演しています!

    『ブラック・ウィドウ』(2021年7月9日日米同時公開)

    映画『ブラック・ウィドウ』
    出典:公式サイト
    映画『ブラック・ウィドウ』

    初期アベンジャーズから活躍するブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフを主人公とした単独映画です。
    これまでのシリーズと同じくスカーレット・ヨハンソンが演じます。
    凄腕のスパイであるブラック・ウィドウの知られざる過去と、新たな活躍をたっぷりと観ることができそうです!

    ▼映画『ブラック・ウィドウ』の最新情報はこちらから!
    【2021年7月公開】映画『ブラック・ウィドウ』最新情報!公開日、キャスト、ストーリー、見どころまとめ

    『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021年9月3日日本公開予定)

    マーベル映画『シャン・チー』
    出典:公式サイト
    マーベル映画『シャン・チー』

    『Shang-Chi and the Lenegd of the Ten Rings』(シャン・チー)はマーベル初となるアジア系ヒーローを主人公とした映画です。
    原作コミックではカンフー・マスターとして描かれているシャン・チーですが、映画ではステレオタイプなアジア人ヒーローの型にはまらないキャラクターになるとのこと。

    監督はデスティン・ダニエル・クレットン。
    主人公シャン・チーを中国系カナダ人俳優のシム・リウが、ヴィランのマンダリアンをトニー・レオンが演じることが明らかになっています。
    また『ラーヤと龍の王国』で龍・シス―を演じたオークワフィナも出演していますよ♪

    ▼映画『シャン・チー』の最新情報はこちらから!
    【マーベル】映画『シャン・チー』最新情報!公開日、キャスト、あらすじ、初のアジア人ヒーローが主人公!

    『エターナルズ』(2021年11月5日日本公開予定)

    エターナルズ
    出典:公式サイト
    エターナルズ

    『エターナルズ』(エターナルズ)は『キャプテン・アメリカ』の作者、ジャック・カービーによる原作コミックを映画化する作品です。
    監督を務めるのは、『ノマドランド』で第93回アカデミー賞監督賞&作品賞を獲得したクロエ・ジャオ!
    中国出身、アジア系女性として初のアカデミー監督賞に輝いた気鋭の監督による映像に期待が高まります♪

    『マレフィセント』でマレフィセントを演じたアンジェリーナ・ジョリーや実写版『シンデレラ』で王子役を演じたリチャード・マッデン、韓国の人気スターであるマ・ドンソクが出演することがわかっています。

    ▼映画『エターナルズ』の最新情報はこちらから!
    【マーベル】映画『エターナルズ』最新情報!公開日・あらすじ・登場人物&キャストまとめ!

    『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年12月17日全米公開予定)

    3代目スパイダーマン、トム・ホランドが演じるスパイダーマン・シリーズの3作目が2021年末に公開決定!
    新作では過去のスパイダーマン・シリーズで主役を務めたトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドも合流するという噂もありますが、まだ真相は謎のままです。

    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では今までにない難しい戦いを強いられた主人公ピーター・パーカーですが、次作ではどのような展開が待っているのでしょうか!?

    ▼『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』についてもっと詳しくはこちら!
    映画『スパイダーマン:ファーフロムホーム』情報!公開日、あらすじ、登場人物、予告編、グッズ情報

    『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(2021年公開予定)

    『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』はディズニーではなく、ソニー・ピクチャーズ制作のマーベルコミック原作映画です。
    2018年に公開された第1作『ヴェノム』の続編にあたります。

    主人公は地球外生命体=シンビオートに寄生されてしまったジャーナリストのエディ。
    シンビオートと一つになったエディは、「ヴェノム」として地球侵略を目論む他のシンビオートたちと戦う異形のダークヒーローとなります。

    『ヴェノム』はマーベルコミック原作ですが、第1作はMCUとは直接関連のないストーリーでした。
    しかし2021年5月に公開された続編の予告編では、エディが見ている新聞やウェブサイトに「デイリー・ビューグル」の文字が。

    「デイリー・ビューグル」は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のラストにも出てきたメディアの名前です。
    つまり、『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』と『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は同じ世界線の話で、ヴェノムがMCUに合流する可能性が出てきたのです!

    さらに2022年公開予定のソニー・ピクチャーズによるマーベル映画『モービウス』の予告にもスパイダーマンのポスターが写っており、こちらもMCUとの合流が噂されています。
    『モービウス』についてはこの後詳しく紹介しますね!

    2021年以降のアベンジャーズ&マーベル作品:2022年以降のラインナップ

    続いて2022年以降のラインナップです。
    新型コロナの影響で制作が遅れているため、公開日は随時変更になる可能性があります。

    『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』(2022年3月25日全米公開予定)

    『ドクター・ストレンジ2』の監督は続投へ
    出典:公式サイト
    『ドクター・ストレンジ2』の監督は続投へ

    2016年に公開された『ドクター・ストレンジ』の続編です。
    すでにアベンジャーズ・シリーズや『マイティ・ソー バトルロイヤル』に登場したドクター・ストレンジですが、待望の単独2作目です!

    途中降板したスコット・デリクソンに代わって監督に就任したのは、スパイダーマン・シリーズで知られるサム・ライミ!
    ディズニープラスで独占配信されたドラマ『ワンダビジョン』とストーリーに関連性があり、ワンダ=スカーレット・ウィッチが登場することがわかっています。

    なお、ドクター・ストレンジの続編はマーベル映画初のホラー風味な作品になるようです……!
    また、「今までに死んだマーベル・キャラクターのうち2人がこの作品で復活する」と言われており、誰が生き返ることになるのかも気になります!

    ▼映画『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』の詳細はこちらから!
    【2021年公開】映画『ドクター・ストレンジ』続編が決定!内容はホラー?キャスト、公開日まとめ

    『Thor: Love and Thunder』(2022年5月6日全米公開予定)

    『マイティ・ソー』シリーズの4作目で、監督は前作に続きタイカ・ワイティティが務めます。
    本作ではなんと『2』の後別れてしまったソー(クリス・ヘムズワース)の元彼女、ジェーン(ナタリー・ポートマン)が復帰。
    しかもジェーンが女版ソーになるというストーリーです。

    さらに、テッサ・トンプソン演じるヴァルキリーはマーベル初のLGBTQヒーローとして描かれるのだとか。
    何かと注目度の高い作品になりそうです。

    ▼映画『マイティ・ソー4』の最新情報はこちらから!
    【マーベル映画】『マイティ・ソー4』最新情報!女性版ソーが登場!あらすじ・キャスト・公開日はいつ?

    『Black Panther: Wakanda Forever』(2022年7月6日全米公開予定)

    2018年に公開され大ヒットを記録した『ブラックパンサー』も続編が決定。
    監督・脚本は前作に引き続きライアン・クーグラーが担当します。

    しかし主人公のティチャラ/ブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンが2020年8月にがんのため死去。
    マーベル代表のケヴィン・ファイギは『Black Panther: Wakanda Forever』ではティチャラの代役やCGによる出演は一切ないと断言しており、既存のキャラクターやワカンダについてのストーリーが展開されるとのことです。

    撮影は2021年7月より米アトランタにてスタート予定。
    前作にも出演したマーティン・フリーマン(エヴェレット・ロス役)やルピタ・ニョンゴ(ナキア役)が引き続き登場するようです。

    『Spider-Man: Into the Spider-Verse 2(仮)』(2022年10月7日全米公開予定)

    2019年、アカデミー賞の長編アニメ部門を受賞した『スパイダーマン:スパイダーバース』。
    いくつもの世界線にいる複数のスパイダーマンが一堂に介し、共に戦うアニメ映画の続編が2022年に公開決定です。
    実写版スパイダーマンとはまた違った、アニメならではの驚きに満ちた世界に期待が高まります!

    『The Marvels』(キャプテン・マーベル続編、2022年11月11日全米公開予定)

    マーベル初の女性単独ヒーロー映画となった『キャプテン・マーベル』も続編が登場!
    女性をエンパワーメントする最強ヒーロー、キャロル・ダンバースの次なる活躍に期待が高まります。

    さらに本作には、前作『キャプテン・マーベル』とディズニープラス独占配信ドラマ『ワンダビジョン』に登場したモニカ・ランボーと、2021年後半に配信予定の新ドラマシリーズ『Ms.Marvel』の主人公カマラ・カーンが合流することがわかっています。
    白人のキャロル、黒人のモニカ、アジア系のカマラという3人の女性ヒーローが集合する注目作になりそうです!

    『モービウス』(2022年全米公開予定)

    『モービウス』はソニー・ピクチャーズ制作のマーベル・コミックを原作とした映画です。
    スパイダーマン・シリーズのヴィランとして登場する、吸血コウモリの力を持つキャラクターで、初の映画化となります。
    主役のモービウスを、『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を務めたジャレッド・レトが演じます。

    現在解禁されている予告編では壁にスパイダーマンのポスターが映っていること、また映画『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィランであるヴァルチャーが映っていることから、スパイダーマン・シリーズと世界線を共有するのではないかと見られています。
    物語の展開次第では、2021年公開予定の『スパイダーマン3』のストーリーにも大きく影響してきそうですね!

    なお『モービウス』は2021年から公開が延期となり、現在は2022年予定となっています。
    具体的な日付は未定です。

    『Ant-man And The Wasp: Quantumania』(2023年2月17日全米公開予定)

    大人気シリーズ『アントマン』の3作目が制作決定!
    すでにペイトン・リードが監督契約を結んだと海外映画メディアが報じています。

    主演はもちろん過去2作に続きポール・ラッド!
    『エンドゲーム』でキーパーソンの1人となったアントマンの新たな活躍に期待です!

    『Guardians Of The Galaxy Vol.3』(2023年5月5日全米公開予定)

    大ヒットシリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の新作も詳細が決定。
    前2作同様、ジェームズ・ガンが監督・脚本を担当します。

    『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム』でアベンジャーズと合流したガーディアンズの物語がどう展開するのか、期待が高まりまね!

    『ブレイド』(公開未定)

    1998年にウェズリー・スナイプス主演で映画化された『ブレイド』が、マハーシャラ・アリ主演で再映画化!
    人間と吸血鬼の血を引く吸血鬼ハンター、ブレイドの暗躍を描き、今なおカルト的人気を誇る映画です。
    二度のアカデミー賞受賞歴を持つ演技派、マハーシャラ・アリによる熱演に期待が高まります!

    『ファンタスティックフォー』(公開未定)

    こちらもマーベルコミックの人気作品を再び映画化。
    『ファンタスティックフォー』の映画はオリジナル版とリブート版が存在しますが、三度目の映画化挑戦となるようです。
    キャスト・監督などはまだ明らかになっていません。

    2021年以降のアベンジャーズ&マーベル作品:複雑な権利関係

    『X-MEN』『デッドプール』がアベンジャーズに登場する?
    『X-MEN』『デッドプール』がアベンジャーズに登場する?

    世界中にファンを持つマーベル・コミックスのヒーローたちですが、その映画化の権利は少し複雑です。
    2021年4月の時点で、マーベルヒーローたちの映画化の権利は次のようになっています。

    ●『X-MEN』と『ファンタスティック・フォー』がMCU入り

    2019年3月にディズニーが20世紀フォックスを買収したことにより、これまで20世紀フォックスで映画化されてきた4シリーズがディズニー傘下のものとなりました。
    これによりマーベル社長のケヴィン・ファイギは2019年7月、X-MENとファンタスティック・フォーのメンバーをMCU入りさせる計画があることを明らかにしています。
    ただしMCU入りに当たっては、従来のキャスティングを一新する可能性が高いようです。

    ●『デッドプール』もMCU入り

    ディズニーの20世紀フォックス買収により、破天荒ヒーローとして人気の『デッドプール』もMCU入りが確実となりました。
    マーベル代表のケヴィン・ファイギは、『デッドプール3』をMCU作品として制作することを明言しています。

    ただし口の悪さと戦い方のえげつなさに定評のあるデッドプールは、引き続きR指定あり作品として制作されるそう。
    アベンジャーズに合流する時だけはお行儀のいいデッドプールが見られるかもしれません(笑)。

    ●スパイダーマンのMCU離脱騒動→残留決定

    スパイダーマンの映画化の権利は引き続きコロムビア/ソニー・ピクチャーズが持っていますが、ディズニーとコロムビアはスパイダーマンの権利について提携を結んでいます。
    これによりスパイダーマンはディズニー制作のMCU作品に参加。
    コロムビアのスパイダーマン単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』と『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』も、MCU映画とストーリーを共有していました。

    ところが2019年9月、「コロムビアとディズニーが提携を解消し、スパイダーマンはMCU離脱へ」というニュースが。
    アベンジャーズの一員として活躍するスパイダーマンの離脱にファンは騒然となりました。

    しかし、スパイダーマンを演じている俳優のトム・ホランドが自らディズニーのCEOとソニー・ピクチャーズの会長にスパイダーマンのMCU残留を嘆願。
    その結果、スパイダーマンは引き続きMCUの一員として物語が続くことが正式決定し、2021年12月には新作映画の公開も決定しています。
    アイアンマンの愛弟子であるスパイダーマンが、今後もアベンジャーズの一員として活躍できるとあってファンは一安心ですね!

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    世界のスーパーヒーローたちが活躍するアベンジャーズ/マーベル作品の新作情報をご紹介しました。
    人気作品の待望の新作が続々と登場する2021年以降もマーベル映画から目が離せません!

    ▼アベンジャーズ関連作品についてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!
    【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

    ▼2021年公開のディズニー新作映画についてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!
    【最新】2021年公開のディズニー映画23選!新作の実写&アニメ作品の公開日とあらすじまとめ!

    ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」

    ディズニープラス
    出典:公式サイト
    ディズニープラス

    Disney+(ディズニープラス)なら、月額770円(税込)でディズニー映画が見放題!
    今なら、1ヶ月間の無料体験キャンペーンを実施中♪

    Disney+(ディズニープラス)

    ディズニーの歴代映画はもちろん、「ピクサー作品」や「スターウォーズシリーズ」、「マーベルシリーズ」まで6,000作品以上が見放題!

    2021年以降のアベンジャーズ/マーベル映画と今後の展望!2023年までの予定作品まとめ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    みーこ

    みーこ

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。
    カメラを片手にパークを散策したり、パレードや景色を眺めてまったり過ごすのが1番の楽しみです❣
    ディズニーを愛するすべての皆さまに楽しんでいただけるようなお役立ち情報をお届けします。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【9/22更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【9/22更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    2. 【9月21日更新】ディズニーが入場制限中!9月・10月・11月の予想まとめ!緊急事態宣言が9月30日まで適用!

      【9月21日更新】ディズニーが入場制限中!9月・10月・11月の予想まとめ!緊急事態宣言が9月30日まで適用!

      めぐみ

    3. 【9月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      【9月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      ティガー

    4. 【9/22最新】ディズニーチケット販売スケジュール!10月29日まで発売中!

      【9/22最新】ディズニーチケット販売スケジュール!10月29日まで発売中!

      Tomo

    5. 【最新】2021秋!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021秋!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集