検索

    【必見】ディズニーカメラ設定まとめ!キャラクターグリーティング&ダイニング編!ストロボの使い方も!

    • さくらもち

      さくらもち

    カメラユーザー必見!ディズニーのキャラクターグリーティング&キャラクターダイニングの時におすすめのカメラ設定をご紹介します。撮影が難しい室内での撮影についても触れますよ。暗い場所でも大活躍のストロボについてもご紹介していきます!

    【必見】ディズニーカメラ設定まとめ!キャラクターグリーティング&ダイニング編!ストロボの使い方も!

    こんにちは!曇りでも、室内でも、ミッキーのお顔をキレイに写真に収めたいさくらもちです。

    いいカメラを買うと、晴れの日の室外なんかは、なんとなくでもキレイに撮ることはできます。
    しかし、室内でシェフミッキーにお会いするときなんかはがっかりなお写真になることもあります。

    カメラを始めたばかりの人でもわかりやすい、キレイな写真の撮り方をお伝えしたいと思います!
    ディズニーのキャラクターグリーティング(キャラグリ)やキャラクターダイニング(キャラダイ)向けのカメラ設定をご紹介していきます。

    ディズニーカメラ設定:カメラ用語

    去り際のゼペットじいさん
    去り際のゼペットじいさん

    まず初めにカメラ設定に関わる用語の説明をします。
    ディズニーのカメラ設定をしていく中で知っておくべき3つの項目があります。

    ①F値(絞り)
    ②シャッタースピード
    ③ISO感度

    ①から順番に説明していきますね。

    ①F値(絞り)

    F値(絞り)は、カメラの中に光を通す穴の大きさのこと。
    穴が大きければ光はたくさん入ってきますし、小さければ光は少ししか入りません。

    F値が小さいと、光を通す穴は大きく、F値が大きければ、光を通す穴は小さくなります。

    ②シャッタースピード

    シャッタースピードは、光の通る穴を開け閉めする時間の長さを表します。
    シャッタースピードを速くすると、切り取る時間が短いため、動きのあるキャラクターでもブレずに撮影することができます。
    また、手ブレも少ないです。

    ③ISO感度

    ISO感度は、光に対する感度のことで、カメラに取り込んだ光に対して、どれだけ敏感かを数値化したものです。
    値が大きければ大きいほど少ない光でも明るくすることができますが、ISO感度を上げすぎると、写真にノイズが出て、画質が荒くなってしまうため注意が必要です。

    ディズニーカメラ設定:【室外】キャラクターグリーティング撮影

    東京ディズニーランドのエントランスグリーティング◎
    東京ディズニーランドのエントランスグリーティング◎

    待ちに待った大好きなキャラとの逢瀬の時間。
    思い出はキレイに残したい!そんなあなたに、天候に負けない撮影方法をお伝えしていきます。

    晴れでも曇りでも、それぞれの天候に応じたカメラ設定があるんです。

    天気が「晴れ」の場合のカメラ設定

    まだカメラを買ったばかり!という方は、基本的には何もしなくてもキレイに撮れる天気×ロケーションなので、カメラに任せてみましょう。
    モードの、P(プログラムオート)や、シーンモードの「ポートレート」などを選んで撮影してみてくださいね。

    自分で設定してみたい……という方は、もう少しステップアップ。
    晴れの日は光量に余裕があるため、基本的に露出(明るさ)の調整をはしなくてもキレイな写真を撮ることができます。
    また、シャッタースピードも極端に早くする必要はないですし、ISO感度も上げなくて問題ありません。

    ホワイトバランスは、もっと赤みを強くしたいと思ったら「曇天」、青みを強くしたいと思ったら「蛍光灯」モードに変えてみてもOK。

    筆者は自然な太陽の光を楽しむほうが多いです。
    夕方など、オレンジっぽさが強くなりますが、それはそれでまたよいと思います。

    また、逆光が強くキャラクターの顔に深く影がかかってしまう場合には、「露出」を+にして少し明るさを足してあげてもいいですね。

    天気が「曇り」の場合のカメラ設定

    曇りの場合は、光量が足りない可能性があります。
    キャラグリは、キャラクターがポーズをとって止まってくれるので必要以上にシャッタースピードを上げる必要はありません。

    しかし、F値やISO感度は晴れの日よりも少々高めに設定しないと、光量がたりず、全体的に暗い写真となってしまうリスクがあるので注意が必要です。

    ディズニーカメラ設定:【室内】キャラクターグリーティング&ダイニング撮影

    ホライズンベイ・レストランのミニーちゃん
    ホライズンベイ・レストランのミニーちゃん

    ミートミッキー、トレイル、シェフミッキー、ホライズンベイ・レストランなどなど、室内でキャラクターに会える施設はたくさんあります。
    しかし、これが暗い。

    キャラクターが少しでも動こうものならすぐにブレます。
    また、シェフミッキーなどは照明がオレンジ寄りのために思ったような色が出せません。

    難易度の高い室内でも、極力キレイに撮影できるカメラ設定をご紹介したいと思います!

    レンズは「明るい」レンズが必須

    カメラ設定の話からは少しずれてしまいますが、室内撮影の場合、明るいレンズ(F値が2.8以下の小さいレンズ)がないとかなり厳しい戦いになってきます。

    例えば、「ホライズンベイ・レストラン」や「クリスタルパレス・レストラン」のように、外の光を取り込みやすい構造をしたレストランであれば、明るいレンズでなくてもOK!
    曇りのときと同じような設定で、ISO感度や露出を+して明るく撮ればある程度様になります。

    ご存知の方も多いかと思いますが、シェフミッキーは室内の照明がかなりオレンジに寄っているため、ホワイトバランスを「オート」にして撮影すると、全体的に赤みがかって撮れてしまいます。
    (それでもミッキーは非常にかっこいいですが。)

    そのため、ホワイトバランスは青みのかかる電球モードをチョイス。
    さらに室内なので、ISO感度を引き上げて、光量を調整しましょう。

    ディズニーカメラ設定:光量をサポートする「ストロボ」

    イケメンなシェフミッキー★
    イケメンなシェフミッキー★

    「クリップオンストロボ」とは、撮影時に用いる光源の1つ。
    カメラの上に取り付ける、いわゆる外付けフラッシュのことです。

    室内や逆光時など、強い光を当ててキャラクターをキレイに撮影したいときに大活躍するアイテム。

    まだこのストロボを持っていないという人は、フラッシュ部分が

    「上下左右に首振りできるかどうか」
    「チャージ時間(発光間隔)がどのくらいか、速いか」

    などに注意をしながら選ぶといいでしょう。

    取り付けると、カメラの重量や全体的な大きさがアップしてしまいますが、室内撮影を極めたい方には必需品といえます。
    ※ショーやパレードに使用するゲストさんも多くいらっしゃいますが、自分の発光が他の方のカメラ撮影の妨げになる可能性があるため、一般的にはあまりおすすめされていないそうです。

    ストロボの使い方

    では、実際に使い方について、「ミートミッキー」を例に見ていきましょう。
    キャラクターのワンショ(キャラ単体の写真)を撮影するときは、ストロボで光を「バウンス」させることが重要です。

    バウンスとは、ストロボの光を直接被写体に当てるのではなく、天井や壁面などに向けて発光し、一度反射した光を被写体に当てること。
    直接当てると、いわゆる「フラッシュたきました!!」なイメージの写真になってしまいますが、バウンスを使うと自然な光になります。

    やわらかい印象の写真に仕上がりますし、濃い影が出てしまうことを防げますよ。

    おすすめのバウンス方法

    斜め後方にバウンスさせるのがおすすめです。カメラの上に取り付けたストロボを、斜め後ろに傾けましょう。
    また、注意点としては、ストロボの光のピーク。

    一番明るいタイミングは、発光した直後ではなく、1/250秒が光量のピークだといわれています。
    つまり、シャッタースピードをそれより速くしてしまうと(分母を大きくしてしまうと)、全体に十分な光を当てられません。

    一部明るく、一部暗い……なんて写真になってしまうので、ご注意ください!

    まとめ

    ホライズンベイ・レストランのミッキー!
    ホライズンベイ・レストランのミッキー!

    キャラグリ&キャラダイで活かせるディズニーカメラ設定についてご紹介しました!

    晴れの日の室外で撮影できればいいですが、グリーティング施設は、多くの場合室内であることが多いです。
    大好きなキャラクターとのせっかくの時間をキレイに撮っておくために、普段からカメラに触れて、設定を練習しておきましょう。

    基礎を固めたうえで、明るさや色合いなど、自分好みのカメラ設定に変えてみてくださいね☆

    ▼ディズニーカメラ設定夜のショーパレ―ド編
    【必見】ディズニーカメラ設定まとめ!夜のショーパレード編!エレクトリカルパレード&ファンタズミック!

    ▼ディズニー向けカメラまとめ
    【2020】ディズニー向けおすすめ一眼レフ&ミラーレスカメラとレンズの選び方!

    【必見】ディズニーカメラ設定まとめ!キャラクターグリーティング&ダイニング編!ストロボの使い方も! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    さくらもち

    さくらもち

    小さい頃からディズニーに「好き!」という感情はありましたが、この世界にどハマりしたきっかけは"アナと雪の女王"です。2016年、アナとエルサのフローズンファンタジーイベントで、最前列でオラフに出会ったときに"ショーパレ好き"の自分が覚醒しました。一眼レフ勉強中で、ショーはもっぱらミッキーを追いかけます。音楽、グルメ、ファッションを中心にアンテナを張っています。みなさまに、夢と冒険とワクワクの世界を、少しでもわかりやすく、楽しくお伝えできるようにがんばります!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】ディズニーチケット値上げは2020年4月!値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

      【最新】ディズニーチケット値上げは2020年4月!値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

      あやな

    2. トイ・ストーリーのキャラクター一覧!名前と画像で一挙ご紹介

      トイ・ストーリーのキャラクター一覧!名前と画像で一挙ご紹介

      わさお

    3. 【2020年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      【2020年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      しーちゃん

    4. 【ディズニー再開】4月20日以降!新エリアオープンが5月に延期!新型コロナで休園中!現在のパークの様子は?

      【ディズニー再開】4月20日以降!新エリアオープンが5月に延期!新型コロナで休園中!現在のパークの様子は?

      Tomo

    5. 【2020年5月中旬以降】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      【2020年5月中旬以降】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪エリアまとめ!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集