検索

    【見本あり】ファンタズミック写真を綺麗に!一眼レフ設定や撮り方、おすすめレンズ

    • Tomo

      Tomo

    ディズニーシーの「ファンタズミック!」の写真を一眼レフできれいに撮影する設定や、撮影のポイントやコツを伝授!なかなかうまく撮れないナイトショーをきれいな写真に収めよう!

    【見本あり】ファンタズミック写真を綺麗に!一眼レフ設定や撮り方、おすすめレンズ

    こんにちは!ディズニーリゾートをこよなく愛するTomoです。

    今回は、ディズニーの写真撮影の中でも特に難しいナイトショー「ファンタズミック!」の写真の撮り方についてご紹介します!

    ディズニーの夜のショーやパレードは日中とは違い、撮り方や設定がわからないという方も多いと思います。
    とりあえず撮ってみたけど、暗い写真になってしまったり、ブレてしまったりした経験はありませんか?

    暗い写真になってしまったり、写真がブレてしまうのには原因があります。
    「ファンタズミック!」について、適切なカメラの設定を伝授します。

    ファンタズミック!の写真がうまく撮影できない原因

    暗くなってしまった例
    暗くなってしまった例

    オートモードで「ファンタズミック!」を撮影をしている場合、カメラが自動的に光量を確保しようとしてシャッタースピード(SS)かなり遅くしたり、ISO(感度)を無理に引き上げたりしている可能性があります

    シャッタースピードが遅いとブレが起きてしまい、ISOが高すぎる設定になっているとノイズがたくさんの写真になってしまいます。
    オートモードの場合は適切な設定ができていないので、ブレやノイズが発生します。

    シャッター優先モードで撮影していて暗い写真の場合はシャッタースピードが速すぎる、もしくはISOが低いのどちらかだと思います。
    マニュアルモードではシャッタースピード、絞り値(F値)、ISOのバランスを考える必要があります。
    これから、ファンタズミック!の一眼レフでの撮り方と、おすすめの設定を伝授していきますね。

    RAWモードでファンタズミックの写真を撮ってみよう

    RAW現像(Lightroom使用)
    RAW現像(Lightroom使用)

    今回、筆者の写真ではRAWモードで撮影しパソコンで現像処理を行っています。

    RAWモードとは、通常カメラ内で撮影時にRAW(生のデータ)からJPEGファイルというデータを圧縮したものを自動的に作り上げています
    RAWモードではカメラ内現像をキャンセルし、すべてのデータが残ったままのデータがSDカードに保存されています。

    このため、撮影後に編集や現像を行う際、画像データがすべてそろっている状態なので劣化が起こしにくい傾向にあります。
    ただし、データ圧縮がされていないので1つのファイルで25MB前後という巨大データファイルになってしまいます(機種によって異なります)

    現像を自分で行うことでよりきれいな写真が撮れるようになります。
    現像に使用するソフトは純正メーカー各社から無料で配布されているものと有料で購入するものがあります(個人的には有料ソフトAdobe Lightroomを利用しています。)

    ・ニコンの場合は「Capture NX-D」
    ・キャノンの場合は「Digital Photo Professional」

    という名称になっています。
    RAWモードが興味ある方は、ぜひRAWモードを使ってみてください。

    「ファンタズミック!」の写真撮影のおすすめ設定

    ファンタズミック! ミッキー(TDS・夜) 設定:250㎜ SS1/200 F6.3 ISO3200
    ファンタズミック! ミッキー(TDS・夜)
    設定:250㎜ SS1/200 F6.3 ISO3200

    ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーで開催されている「ファンタズミック!」は撮影が難しいと思う方がたくさんいると思います
    実は、筆者自身もその一人です。
    ファンタズミック!では被写体により撮影方法が異なります。

    ①ショー全体やパイロ(花火)を撮影する場合

    ファンタズミック! バージ全体(TDS・夜) 設定:50㎜ SS1/100 F4.8 ISO3200
    ファンタズミック! バージ全体(TDS・夜)
    設定:50㎜ SS1/100 F4.8 ISO3200

    ファンタズミック!でショー全体やパイロ(花火)をきれいに撮影するためのポイントは次のとおりです。

    全体を撮影する場合は開放でも大丈夫ですが、長めのSSにしている場合白飛びしてしまう可能性があるので、少し上げて設定してみてください(目安:F5.6~F8.0)。
    もしくはISOオートに設定し上限とISO 6400に設定します。

    バージ(船)や全体を撮影する場合は、ISO 3200を目安に設定してみてください。
    パイロを撮るときに長時間露光をするのであれば、ISO100に設定した方が良いです。

    ファンタズミック! キャラクター&パイロ(TDS・夜) 設定:35㎜ SS1/40 F4.5 ISO500
    ファンタズミック! キャラクター&パイロ(TDS・夜)
    設定:35㎜ SS1/40 F4.5 ISO500

    ②キャラクターやダンサーを撮影する場合

    ファンタズミック! キャラクターバージ上(TDS・夜) 設定:300㎜ SS1/160 F6.3 ISO2000 (トリミングあり)
    ファンタズミック! キャラクターバージ上(TDS・夜)
    設定:300㎜ SS1/160 F6.3 ISO2000 (トリミングあり)

    ファンタズミック!でキャラクターやダンサーをきれいに撮影するためのポイントは次のとおりです。

    できればSS1/160くらい確保できていると良いですね。
    全体を撮影する場合を同様にオート設定もアリです。

    キャラクターやダンサーの設定は、エレクトリカルパレードの場合とほぼ同じです
    タイミングによってはシャッタースピードの幅をもう少し広くとっても良いかもしれません。

    ファンタズミック!(TDS・夜) 設定:100㎜ SS1/160 F5.6 ISO3200
    ファンタズミック!(TDS・夜)
    設定:100㎜ SS1/160 F5.6 ISO3200

    ファンタズミック!は個人的にすごく大好きなショーで、ディズニーシーに行くとほぼ毎回見ています。
    現在はパイロをどうやってきれいに撮影するかを研究しているところです。

    「ファンタズミック!」パイロの写真撮影方法

    ファンタズミック!
    ファンタズミック!

    ファンタズミック!を撮影するときに最近よく行く場所が「フォートレス・エクスプロレーション」です。
    フォートレス・エクスプロレーションは上の方までの登ることができ、石垣にカメラを置いて撮影できます。
    固定しやすいので、長時間露光にも最適です♪

    長時間露光をする場合、レリーズというシャッターボタンに触れなくてもシャッターが切れるリモコンがあると便利です。
    シャッターボタンに触れているだけでブレてしまう場合があるので、ブレを心配せずに撮影できます。
    もちろんディズニー以外の夜景撮影時などに活躍します。

    ファンタズミック! パイロ撮影② 設定:22㎜ SS8.2 F10 ISO100
    ファンタズミック! パイロ撮影② 
    設定:22㎜ SS8.2 F10 ISO100

    筆者が長時間露光で撮影する際は、バブルモードで撮影しています。
    バルブモードというのは、シャッターボタンを押している分だけ露光するモードです。
    シャッタースピードを決めないで撮影できるのが利点で、好きな分だけ露光することが可能ということになります。

    パイロはかなり明るいので、シャッタースピードは数秒~10秒ほどが目安です。
    最初はiPhoneのストップウォッチを使いながら、撮影していましたが面倒になってきて感覚のみで撮影しています(笑)

    絞り値は上げてパンフォーカス(全体にピントが合うこと)と画質の向上を図りましょう。
    AF(オートフォーカス)を使用すると合焦しなかったり、合焦までに時間がかかったりします。
    MF(マニュアルフォーカス)を使用して無限遠(無限マーク)の位置に合わせて撮影するとスムーズに撮影することができます。

    キットレンズ以外のおすすめレンズ

    ファンタズミック! バルーンスクリーン 設定:22mm SS21.0 F10 ISO100
    ファンタズミック! バルーンスクリーン 
    設定:22mm SS21.0 F10 ISO100

    ファンタズミック!やエレクトリカルパレードの写真撮影は、キットレンズでは暗くて撮影が困難な場合が多々あります。
    予算に余裕がある方は明るい(絞り値の低い)レンズを導入することをおすすめします。

    明るいレンズになるほど基本的には値段が上がってしまう傾向にあります。
    明るいレンズを購入したからと言って、いきなり写真がうまくなるというものでもありませんが、明るいレンズの特性を理解するとキットレンズよりきれいな写真が撮れるようになると思います。

    エレクトリカルパレードであれば、「単焦点レンズの中望遠(100㎜程度)」で対応できるはずですが、ファンタズミック!はバージまでの距離がかなりあるため100㎜では届かないでしょう。
    出来たら70-300mmや100-400mmといった望遠ズームレンズが良いかと思います。

    純正ももちろんありますが、他社のシグマ、タムロンからも望遠ズームまたは単焦点レンズが発売されています。
    他社製は基本的に純正に比べて手に入りやすい価格です。
    それでも予算がそれなりにないと厳しいですが(笑)

    ズームレンズだと純正や他社製品からF2.8通しやF4.0通しのものが発売されています。
    望遠ズームレンズのF2.8やF4.0は基本的に高価なものですので、簡単には導入できないですが気になる存在です。

    まとめ

    ファンタズミック!の写真撮影方法について説明しましたが、いかがだったでしょうか?
    RAW現像を覚えて、新たな撮影方法を身につけてみませんか?

    新しい撮影方法(RAWモードやバルブモード)を覚えるとファンタズミック!の撮影の仕方がまた変わってきますよ!
    パイロ撮影に魅了された筆者がまさにそんな状況です(笑)

    ファンタズミック!のおすすめのスポットはこちらの記事をぜひ読んでくださいね!

    見やすい場所は?ファンタズミック!おすすめ穴場スポット

    そして、これからも綺麗なディズニー写真を撮り続けていきたいですね♪

    【見本あり】エレクトリカルパレード写真を綺麗に!一眼レフの設定やダンサーのおすすめの撮り方

    【見本あり】ファンタズミック写真を綺麗に!一眼レフ設定や撮り方、おすすめレンズ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Tomo

    Tomo

    シーの雰囲気が大好きでランドよりシーを訪れる回数が年々増えているTomoです! 写真撮影が大好きで一眼レフ片手にインしてたくさん写真を撮っています。 撮影の設定やオススメの撮り方の記事も書きたいと思っています!! 海外パークにも数回訪れているので海外パーク情報もお届けしたいです♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーシー人気アトラクションランキングTOP20!

      【2019】ディズニーシー人気アトラクションランキングTOP20!

      みーこ

    2. 【2019】ディズニーシーのおすすめの食べ物21選!人気・かわいい食事の値段と場所一覧

      【2019】ディズニーシーのおすすめの食べ物21選!人気・かわいい食事の値段と場所一覧

      たけのこ

    3. ディズニーシーの食事はどこで?コスパ・安さ・予約有り無し別おすすめレストラン!

      ディズニーシーの食事はどこで?コスパ・安さ・予約有り無し別おすすめレストラン!

      みーこ

    4. 【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

      【2019】ディズニーシーのお酒全種類!レストラン・メニュー・値段!季節のカクテルも!

      みーこ

    5. 【2019】ディズニーシーの食べ歩きおすすめ21選!人気のお肉・チキン・スイーツとお値段

      【2019】ディズニーシーの食べ歩きおすすめ21選!人気のお肉・チキン・スイーツとお値段

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集