【ディズニー映画って何?】制作スタジオの歴史を紐解きながらディズニー映画の定義を深掘り!

    • きーもも

      きーもも

    一口に「ディズニー映画」といっても、「どの作品がディズニー映画なの?」と疑問に思ったことはありませんか?実は「ディズニー映画」の定義はとても複雑で、その経緯や歴史など様々なストーリーがあるんです♡今回は、ディズニー映画の誕生から今日に至るまでの歴史を解説しならが、「ディズニー映画」の定義を深掘りします。これを読めばディズニー映画がもっと好きになること間違いなしです♡

    皆さん、こんにちは!
    ディズニー大好き、映画オタクのきーももです♡

    今回は、「ディズニー映画って何?」という疑問にスポットを当て、皆さんがまだ知らないディズニー映画をめぐる制作スタジオの歴史をご紹介したいと思います。
    お気に入りの作品が実は「ディズニー映画」だった!なんて発見もあるかもしれません♡

    ディズニーがもっと好きになる、コアなファン向けの内容になってあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

    「ディズニー映画」とは?

    「ディズニー映画」とは?
    「ディズニー映画」とは?

    「ディズニー映画」と言われて、皆さんはどんな作品を思い浮かべますか?
    不朽の名作アニメーション『白雪姫』や『シンデレラ』はもちろん、『トイストーリー』などのピクサー作品を思い浮かべる人も多いかもしれません。

    「ディズニープラス」を利用している方は、「ディズニープラスで配信中の映画は全てディズニー映画なんじゃない?」と思っているのではないでしょうか?

    実は「ディズニー映画」には様々な種類があり、その定義もとても複雑なんです。

    一般的にはウォルト・ディズニー・カンパニーで制作された映画を「ディズニー映画」と呼ぶことが多いです。
    しかし、ウォルト・ディズニー・カンパニーは複数の事業を行っていて、所有する子会社が昔よりも増えたため、「ディズニー映画」の概念が複雑になっているんです。

    ウォルト・ディズニー・カンパニーの映画事業部門=ウォルト・ディズニー・スタジオ

    ウォルト・ディズニー・カンパニーの構造
    ウォルト・ディズニー・カンパニーの構造

    ディズニー映画とは何かを知るために、まず、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の構造を理解してきましょう。
    「ウォルト・ディズニー・カンパニー」は、皆さんご存知ウォルト・ディズニーと兄のロイ・ディズニーによって1923年に設立された会社です。

    当初は「ディズニー・ブラザーズ・カートゥーン・スタジオ」や「ウォルト・ディズニー・プロダクション」という名称で運営されていましたが、1986年に正式に「ウォルト・ディズニー・カンパニー」の名がつけられました。

    ウォルト・ディズニー・カンパニーには、主に4つの事業部門があります。

    以上の4つの部門が、ウォルト・ディズニー・カンパニーのメインの事業となります。

    その中の映画事業部門は「ウォルト・ディズニー・スタジオ」と呼ばれており、ウォルト・ディズニー・スタジオで制作される映画こそが「ディズニー映画」と呼ばれる映画なんです。

    ウォルト・ディズニー・スタジオに属する7つの映画スタジオ

    ウォルト・ディズニー・スタジオのロゴ
    出典:公式サイト
    ウォルト・ディズニー・スタジオのロゴ

    ウォルト・ディズニー・カンパニーの映画事業部門であるウォルト・ディズニー・スタジオ(略称:WDS)は、ハリウッド5大映画スタジオ「ビッグ5」のうちの1つ。

    そして、ウォルト・ディズニー・スタジオは、様々な映画スタジオを、子会社として所有しています。
    よく目にすることの多い、ウォルト・ディズニー・スタジオ所属の映画スタジオは以下の7つです。

    ウォルト・ディズニー・スタジオが持つ子会社の数は膨大で、全てご紹介するのは難しいので、皆さんがよく目にするメインの子会社7つをご紹介します。

    ①ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

    ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
    出典:公式サイト
    ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

    1923年の「ウォルト・ディズニー・カンパニー」設立時は、アニメーション作品と実写作品を「ウォルト・ディズニー・プロダクション」としてまとめて制作していました。

    しかし、1983年にスタジオ部門を再編成した際、アニメーション作品は「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」、実写作品は「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」と、制作スタジオが分けられることになりました。

    ②ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

    アニメーション・スタジオ
    出典:公式サイト
    アニメーション・スタジオ

    ディズニー映画を語る上で欠かせない「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(略称:WDAS)」は、主に長編アニメーション作品を担当しています。

    世界初の「カラー長編アニメーション作品」となった『白雪姫』を制作したのが、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオです。

    ③ピクサー・アニメーション・スタジオ

    ピクサー
    出典:公式サイト
    ピクサー

    『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など数々のヒット作を生み出している「ピクサー」。

    もともとは、ルーカスフィルムの1部門として稼働していましたが、1986年にAppleを退社したスティーブ・ジョブズが株を売り払った資金でルーカスフィルムの1部門を買収し、「ピクサー」と名付けたことで「ピクサー」スタジオが誕生しました。

    その後、ピクサーのスタッフだったジョン・ラセターの提案で、コンピュータやソフトウェアの販売を始めますが失敗。
    赤字続きだったピクサーは、1990年にビゴム・システムという会社に売却され、アニメーション制作会社となりました。

    その時に社名も現在の「ピクサー・アニメーション・スタジオ」となります。
    1995年には、ディズニーとの共同制作で『トイ・ストーリー』を発表し、2006年にピクサーはディズニーの完全子会社となりました。

    ④マーベル・スタジオ

    マーベル
    出典:公式サイト
    マーベル

    化粧品メーカー「レブロン」のCEOが親会社である「マーベル・エンターテイメント」を獲得し、1993年に設立された「マーベル・スタジオ」。
    それまでコミック作品をメインに展開していたマーベルが、映画・テレビ業界へ参入するきっかけとなりました。

    2015年にウォルト・ディズニー・スタジオの子会社となり、映画のみならず数多くのドラマ作品も制作しています。

    マーベル・スタジオは、自社制作映画はもちろん、外部の映画会社と共同制作した作品も多いのが特徴。
    特に、ディズニーの子会社になる前に制作された映画や、外部の映画会社と共同制作した作品が、今後MCUに参入することになるのか注目されています。

    ⑤ルーカス・フィルム

    スターウォーズ
    出典:公式サイト
    スターウォーズ

    1971年にジョージ・ルーカスが設立した「ルーカス・フィルム」。
    ディズニーのアトラクション「キャプテンEO」の映像制作をルーカスフィルムが務めたことで、ディズニーとの繋がりが生まれました。

    1987年には「スターツアーズ」、1995年に「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」がディズニーパークにオープン。
    2012年、ルーカス・フィルムはウォルト・ディズニー・スタジオの子会社となりました。

    ⑥20世紀スタジオ

    20世紀スタジオ
    出典:公式サイト
    20世紀スタジオ

    1935年に設立された「20世紀スタジオ」。
    旧社名「20世紀フォックス映画」として数多くのヒット作を生み出してきた名門スタジオです。

    2019年にウォルト・ディズニー・カンパニーの子会社となり、2020年に社名を「20世紀スタジオ」に変更しました。

    ⑦サーチライト・ピクチャーズ

    サーチライトピクチャーズ
    出典:公式サイト
    サーチライトピクチャーズ

    1994年に20世紀フォックス(現在の20世紀スタジオ)の子会社として誕生した「フォックス・サーチライト・ピクチャーズ」。
    主にインディーズ映画やアート映画の制作・配給・販売を行っています。

    2019年にウォルト・ディズニー・カンパニーの子会社となり、2020年に社名が「サーチライト・ピクチャーズ」へと変更されました。

    結局ディズニー映画って何?

    ディズニー映画とは?(狭義)
    ディズニー映画とは?(狭義)

    最後に、「結局ディズニー映画って何?」という疑問にお答えします。

    ディズニー映画の範囲は、人によって様々ですが、最も狭い定義は、「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」と「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」が制作した映画がディズニー映画であるという定義です。

    個人的には「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」、「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」「ピクサー・スタジオ」制作の映画をディズニー映画として認識しています。

    ディズニー映画とは?(広義)
    ディズニー映画とは?(広義)

    最も広い定義だと、「ディズニー映画=ウォルト・ディズニー・スタジオ制作の映画全て」ということになるでしょう。
    この定義は広すぎる気もしますが、「マーベルスタジオ」や「ルーカスフィルム」制作の映画もディズニー映画、という捉え方が感覚に合うという方もいると思います。

    このように、ディズニー映画の定義は様々。
    いくつものスタジオがディズニーの子会社として存在するため、「ディズニー映画」と言っても様々なジャンルのものがあるということが、分かっていただけたかと思います。

    まとめ

    まとめ
    出典:公式サイト
    まとめ

    ディズニー映画の歴史についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
    ディズニープラスでは多くの「ディズニー映画」が配信されています。
    ジャンルを問わず様々な作品を楽しむことができるので、お気に入りを見つけてみて下さいね♡

    ◎歴代ディズニー映画一覧
    歴代ディズニー映画一覧!全115作品を年表形式で一挙紹介!実写もアニメも最新作も!

    ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」

    Disney+(ディズニープラス)
    Disney+(ディズニープラス)

    Disney+(ディズニープラス)なら、月額990円(税込)でディズニー映画が見放題!

    Disney+(ディズニープラス)

    Disney+(ディズニープラス)年間プランはこちら (15%オフ)

    Disney+(ディズニープラス)ドコモユーザの方

    ディズニーの歴代映画はもちろん、「ピクサー作品」や「スターウォーズシリーズ」、「マーベルシリーズ」まで16,000作品以上が見放題!

    ▼配信作品や利用可能なデバイスなどまとめ!
    【決定版】Disney+(ディズニープラス)まとめ!こんな人におすすめ!配信作品・入会方法も

    ▼気になる支払い方法は?
    ディズニープラス支払い方法まとめ!支払方法変更についても!

    ▼ドコモユーザなら更にお得に!?特典まとめ
    【ディズニープラス】ドコモから入会する方法やメリットを徹底解説!お得な無料期間やディズニーDXのキャンペーンも!

    【ディズニー映画って何?】制作スタジオの歴史を紐解きながらディズニー映画の定義を深掘り!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    きーもも

    きーもも

    ディズニーと映画が大好きなきーももです。
    パークには年間20回ほど通っています!
    イクスピアリも大好きです。
    年間300本以上の作品を見ている
    映画オタクでもあります♡
    映画のことならジャンルを
    問わず任せてください!
    パークのことだけでなく
    ディズニー映画や
    ディズニーチャンネルの作品
    についても書いていきたいなと
    思っています♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】ファンタジースプリングスホテル 空室情報・予約状況

      【最新】ファンタジースプリングスホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【ディズニー混雑予想】2024年のTDL・TDSの混み具合は?梅雨の6月&夏休みの7月8月は混む?リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2024年のTDL・TDSの混み具合は?梅雨の6月&夏休みの7月8月は混む?リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    3. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    4. 【最新】ディズニー開園待ち徹底ガイド!早まる開園時間!何時から並ぶべき?混雑状況や入園の流れを解説!

      【最新】ディズニー開園待ち徹底ガイド!早まる開園時間!何時から並ぶべき?混雑状況や入園の流れを解説!

      みーこ

    5. 【2024年6月最新】ディズニーガチャガチャ全種類の販売場所を地図付き解説!新作おもちゃやキーチェーン販売中

      【2024年6月最新】ディズニーガチャガチャ全種類の販売場所を地図付き解説!新作おもちゃやキーチェーン販売中

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集