カイトポジは?ディズニーシーのカイトと水上バイクまとめ☆写真撮影法も

    • Tomo

      Tomo

    ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーで行われているハーバーショーを彩るカイトと水上バイクについてごご紹介!カイトポジや、なかなか難しいカイトや水上バイクの写真撮影方法・カメラの設定についても詳しく説明していますよ☆

    こんにちは!ディズニーリゾートをこよなく愛するTomoです。
    東京ディズニーシーのハーバーショーでは、空にカイトが舞うのを知っていますか?
    水上バイクがカイトを飛ばすためにメディテレーニアンハーバーを疾走するんです!

    最近では、ファッショナブルイースターでもカイトが舞っていたんですよ♪
    今回は、ディズニーシーのカイトについて、筆者のお気に入りのディズニーシー15周年の写真と一緒にご紹介したいと思います!

    カイトはどこから飛ばしているの?

    リドアイル裏側 発射台<br /> 設定:16㎜ SS1/250 F7.1 ISO100

    ディズニーシー15周年のショー「クリスタルウィッシュジャーニー」では、カイトはリドアイルの裏側から飛ばしていました!
    もう少し引きの写真を撮っておけば見やすかったですね。
    カイトが空高く飛んでいく瞬間は本当にカッコ良かったです!

    水上バイク<br /> 設定:50㎜ SS1/250 F6.3 ISO100

    水上バイクに乗っているキャストも手を振ってくれ、新しいショーの楽しみ方だと思いました。
    リドアイル裏側はカイトポジ(カイトポジションの略)と呼ばれているそうですよ♪

    カイトが受ける風の影響は?

    4連カイトになってしまったとき<br /> 設定:16㎜ SS1/320 F8.0 ISO100

    想像できるように、カイトは少なからず風の影響を受けます。
    通常は5連カイトですが、風の強さにより4連になってしまったり、カットになってしまったりすることもあります。
    カットになってしまうと空に舞うカイトは見られませんが、水上バイクパフォーマンスを楽しむことができますよ。

    カイトの撮影方法

    空に舞うカイト<br /> 設定:22㎜ SS1/250 F7.1 ISO100(トリミングあり)

    カイトはメディテレーニアンハーバー全域で見ることができます。
    ミッキー広場はもちろん、発射台近くのリドアイル、ザンビーニなど、どこからでも見ることができますよ。

    飛び立つ瞬間は

    ・リドアイルの裏側
    ・ちょうど反対側にあたる「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」周辺

    からも見られるはずです。
    ザンビ側からでは遠くなってしまうので撮影するのであれば望遠レンズが必要になります。
    リドアイル裏側では目の前で飛び立つ瞬間が見られます!

    一眼レフカメラの設定は、天候にもよりますがキャラクターを撮影するのとほぼ同じで大丈夫でした。

    カイトと水上バイク流し撮りしてみよう

    流し撮り作例①<br /> 設定:300㎜ SS1/50 F18 ISO100

    カイトと、カイトを飛ばす水上バイクを流し撮りしてみました!

    流し撮りは、動いているものをより躍動感があるように撮影できる方法です。
    背景が流れているので、スピード感を表現できますよ。

    ◆カメラの撮影モード

    「マニュアルモード」もしくは「シャッタースピード優先モード」を使用します。

    ◆各設定

    ①シャッタースピード
    やや遅めに設定します(目安:SS1/50~1/100)。
    日中の撮影では白飛びを起こしやすいシャッタースピードなので、絞り値(F値)をかなり高めに設定しましょう(目安:F18~20・晴れの場合)。

    ②絞り値(F値)
    ・マニュアルモードの場合は手動設定
    ・シャッタースピード優先モードの場合は自動設定

    ③オートフォーカス(AF)
    AF追従モード(AIサーボまたはコンティニュアスAF)を使います。
    動体に合わせてフォーカスを合わせ続けてくれます。
    レンズは望遠をおすすめしますよ。

    カイトを撮影してみよう!

    流し撮り作例②<br /> 設定:300㎜ SS1/50 F20 ISO100

    一眼レフの設定ができたら、次は実際に撮影してみましょう。
    普通に撮影すると、シャッタースピードが遅い分、ブレた写真になってしまいます。

    水上バイクのスピードに合わせてカメラを少しだけ左右どちらかに移動するのがポイントです。
    筆者はファインダーを覗きながら、なんとなく水上バイクのスピードに合わせてカメラを動かしながら撮影しました。
    何度か試してみてください。

    最初は難しいと思いますが、だんだん慣れてくると思いますよ!

    通常撮り作例<br /> 設定:300㎜ SS1/320 F8.0 ISO100

    もちろん、通常撮影も楽しめます。
    流し撮りと比べるとスピード感はなくなりますが、水しぶきがしっかり止まってくれます。
    水しぶきの写真もカッコイイですよ!

    ミッキーとカイトが一緒に撮れる!?

    ミッキーとカイト(合成)

    写真はカイトを合成しているので、実際にはもう少し高いところを飛んでいますが、ミッキーやミッキーフレンズと一緒にカイトを撮ることもできます!
    キャラクターたちの上空を舞うカイトはカッコよく、写真映えもしますよ♪

    ミッキーとカイト 失敗例<br /> 設定:110㎜ SS1/400 F8.0 ISO100

    カイト本体が入らずやや失敗気味ですが、雰囲気としてはこのような感じです。

    ミッキーとカイト 成功例<br /> 設定:165㎜ SS1/250 F8.0 ISO100

    カイトがうまく入った時の例です。
    しかし、ミッキーが正面を向いていないですね(笑)
    キャラクターとカイトを一緒に撮影するには、運も必要です!!

    まとめ

    カイト着水!

    いかがだったでしょうか?
    ディズニーシーでのカイトはショーをカッコよくするのに不可欠な存在だと思います!
    天候により見ることができない場合もありますが、ハーバーショーを見る際はぜひチェックしてみてくださいね♪

    きれいな写真も撮れるので撮影もしてみてはいかがでしょうか?

    カイトポジは?ディズニーシーのカイトと水上バイクまとめ☆写真撮影法も キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Tomo

    Tomo

    シーの雰囲気が大好きでランドよりシーを訪れる回数が年々増えているTomoです! 写真撮影が大好きで一眼レフ片手にインしてたくさん写真を撮っています。 撮影の設定やオススメの撮り方の記事も書きたいと思っています!! 海外パークにも数回訪れているので海外パーク情報もお届けしたいです♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10/22更新】ディズニーが入場制限緩和!10月・11月・12月の予想まとめ!10/25から入場者数を段階的に引き上げ

      【10/22更新】ディズニーが入場制限緩和!10月・11月・12月の予想まとめ!10/25から入場者数を段階的に引き上げ

      めぐみ

    2. 【10/22更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【10/22更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    3. 【10月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      【10月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      ティガー

    4. 【10/21更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      【10/21更新】再販でディズニーチケットを購入する方法!購入しやすい日・時間帯とは!?

      Tomo

    5. 【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集