【2022年】ディズニーに安く行く方法は?費用を抑えるポイント別まとめ!

    • るんにゃん

      るんにゃん

    「ディズニーに少しでも安く行きたい!でも節約できるポイントが分からない…。」そんな方に向けて、今回はディズニーに安く行く方法を、費用を抑えるポイント別にまとめました♪パークに行くまでの旅費から、パーク内での節約ポイントまで、幅広くご紹介します!筆者も実践しているポイントも合わせてご紹介しますよ。

    こんにちは!
    アンダー・ザ・シーに住むのが夢、るんにゃんです。

    今回は、ディズニーに安く行く方法をご紹介します!
    費用を抑えるポイント別にまとめましたので、やりやすいポイントから実践してみてくださいね♪

    ディズニーに安く行く方法(1):交通費を節約する!

    交通費を節約する方法
    交通費を節約する方法

    まずは交通費を節約しましょう◎
    遠方からディズニーに向かう方もいらっしゃると思いますので、飛行機や新幹線の節約方法についてもご紹介します!

    ◆首都圏からディズニーへ向かう場合

    飛行機を使わずにディズニーへ向かうことができる方は、電車やバス、自家用車を利用する場合が多いと思います。
    では、どの方法が1番費用を抑えることができるのでしょうか?

    新幹線や高速バス、深夜バスを利用した方も、主要駅からこの方法で移動することが可能です◎

    駅名 電車 バス 自家用車
    新宿駅 約400円~ 1,000円 1,950円(ETC:960円)
    東京駅 約220円 730円 1,950円(ETC:790円)
    横浜駅 約620円~ 1,350円 1,950円(ETC:1,680円)
    高崎駅 約1,980円~ 約2,680円~ 4,680円~(ETC:3,490円~)
    水戸駅 約2,310円~ 2,250円 4,500円~(ETC:3,080円~)
    甲府駅 約2,290円~ 3,300円 4,480円~(ETC:3,570円~)

    ※自家用車の場合、プラス駐車料金が必要となります。
    ディズニーの駐車料金は、普通乗用車で、平日2,500円/土日祝日3,000円です。

    料金だけで見ると、電車かバスを選択した方が、費用を抑えることができます。

    ただし、家族で来園する場合、大人数のグループで移動する場合は、自家用車で移動した方が安く済む場合もあるので、人数も考慮して交通手段を決めると良いですよ◎

    ◆空港からディズニーに向かう場合

    飛行機を利用する方は、空港から直接ディズニーへ移動する方も多いかと思います。
    空港からの移動には、電車かバスを利用することになりますが、どちらの方が費用を抑えることができるのでしょうか?

    空港名 電車 バス
    羽田空港 約610円 1,000円
    成田空港 約970円~ 1,900円

    どちらの空港からディズニーに向かう場合も、電車の方が費用を抑えることができます。
    しかし、乗り換えが必須となるため、キャリーバッグなどの大きな荷物を持っている方は、バスの方が楽です!

    また、成田空港から舞浜駅まで電車で移動するとなると、とっても大変です。
    筆者も、コロナ禍でバスの便数が減ってしった関係で電車で移動したことがあるのですが、「こんなに大変なんだ!」と驚きました。

    費用を抑える分には電車がベストですが、体力や手間を考慮すると、バスでの移動がオススメです。

    ◆飛行機や新幹線の費用を抑えることはできる?

    飛行機や新幹線を使う場合も、費用を抑えることは可能です。

    飛行機や新幹線を利用する方は、なるべく早い段階で予約するのがオススメ!
    「早割」のような割引を利用できる可能性があります。

    また、飛行機の場合は、早朝便や夕方以降の便の方が価格が抑えられる可能性が高いです。
    LCCも含め、複数社の価格を比較するようにしましょう。

    もっとコスパを重視したい!という方は、高速バスでの移動も検討してみてくださいね◎

    地方遠征の旅費や、費用を抑える方法について、詳しくはこちらの記事でも解説していますので、参考にしてください!

    【地方遠征】ディズニー旅行の予算はどれくらい?旅費を抑えるワザもご紹介!

    ディズニーに安く行く方法(2):宿泊費を節約する!

    宿泊費を節約する方法
    宿泊費を節約する方法

    遠方から来園する方は、宿泊費も節約できないか、検討してみましょう!

    ◆東京ディズニーリゾートの近くに宿泊したい方

    連日パークに来園する方、ディズニー以外の観光をしない方は、東京ディズニーリゾートの近くに宿泊したいな、と考える方も多いのではないでしょうか?

    ホテルとパークの移動時間も短縮できますし、開園前に並ぶことも可能ですよ。

    筆者のオススメは、舞浜駅の1つ隣「新浦安駅」周辺のホテルです◎
    舞浜周辺よりも値段が安いのはもちろん、ディズニー提携外ホテルもディズニー提携ホテルもありますので、ホテル選びに幅が出ますよ!

    ディズニー周辺ホテルの種類
    ディズニー周辺ホテルの種類

    その場合、新浦安駅から舞浜駅まで、徒歩で移動することは難しいため、公共交通機関を利用することになります。
    電車や路線バスの利用も可能ですが、無料シャトルバスを運行しているホテルもあるため、シャトルバスの有無でホテルを選ぶのも◎

    ▼安く宿泊する方法まとめ
    【必見】ディズニー周辺ホテルに格安で泊まる方法8選!3000円台泊まる方法とは?

    ◆東京ディズニーリゾート近くのホテルでなくてもOKな方

    「東京ディズニーリゾートの近くのホテルじゃなくても大丈夫!」という方は、よりホテル選びの幅が広がります。
    ただし、ホテルを選ぶ際はパークまでのアクセスもしっかりチェックしましょう!

    せっかく宿泊費用を節約しても、パークからの距離が遠すぎたり、交通の便が悪くなって、交通費が高くなってしまっては元も子もありません。

    また、ディズニー提携ホテルの無料シャトルバスを利用する場合も、所要時間はどれくらいなのか、帰りのバスはあるのか、などもチェックしておきましょう!

    電車移動をする方は「東京駅」「有楽町駅」「新木場駅」へのアクセスを重視すると、京葉線へのアクセスが楽ですよ。

    ◆価格比較サイトなどで最安値を探す

    どのサイトから予約するのが1番おトクなのか、価格比較サイトなどを活用して探してみましょう!

    また、見た目の価格だけでなく、ポイントを利用できるのか、還元されるのか、という点にも注目してくださいね◎

    ディズニーに安く行く方法(3):チケットを安く購入することはできる?

    ディズニーチケットを安く買う方法
    ディズニーチケットを安く買う方法

    近年、ディズニーチケットは値上がりが続いています。
    そんなディズニーチケットですが、安く買う方法はあるのでしょうか?

    安く買う方法①チケットが安い時期に行く

    現在、ディズニーチケットは「価格変動制」になっています。
    USJのチケットと同様、繁忙期は値段が高く、閑散期は値段が低く設定されるようになりました。

    1デーパスポートで値段を比較してみましょう。

    チケットの種類 料金ランク 大人料金 中人料金 小人料金
    1デーパスポート 1 9,400円 7,800円 5,600円
    2 8,900円 7,400円 5,300円
    3 8,400円 7,000円 5,000円
    4 7,900円 6,600円 4,700円

    ※大人:18歳以上、中人:高校生・中学生、小人:小学生・幼児
    ※3歳以下は無料

    大人料金で比較すると、最大1,500円の差があります。

    土日祝日や、夏休みや冬休みなどの長期休暇期間は、高い値段が設定されています。
    なるべく高価格帯の時期を避け、平日や閑散期に来園すると、費用を抑えることができますよ!

    安く買う方法②1デーパスポートを使わない

    現在のディズニーチケットには、1デーパスポート以外のチケットも発売されています。
    同じく価格変動制ではありますが、1デーパスポートよりも安いです!

    チケットの種類 高/安 大人 中人 小人
    1デーパスポート
    (開園時間から入園可)
    9,400円 7,800円 5,600円
    やや高 8,900円 7,400円 5,300円
    やや安 8,400円 7,000円 5,000円
    7,900円 6,600円 4,700円
    入園時間指定パスポート
    (午前10時30分から入園可)
    8,900円 7,400円 5,300円
    やや高 8,400円 7,000円 5,000円
    やや安 7,900円 6,600円 4,700円
    7,400円 6,200円 4,400円
    ウィークナイト
    パスポート
    (平日17時から入園可)
    5,400円 5,400円 5,400円
    やや高 5,100円 5,100円 5,100円
    やや安 4,800円 4,800円 4,800円
    4,500円 4,500円 4,500円
    アーリーイブニング
    パスポート
    (休日15時から入園可)
    7,400円 6,200円 4,400円
    やや高 7,100円 5,900円 4,200円
    やや安 6,800円 5,600円 4,000円
    6,500円 5,300円 3,800円

    ※大人:18歳以上、中人:高校生・中学生、小人:幼児・小学生
    ※3歳以下は無料

    ただし、デメリットとして1デーパスポートよりもパークでの滞在時間が短くなりますし、早い者勝ちのスタンバイパスを取得できる可能性が低くなってしまいます。
    パークで何をしたいのか、何を重視したいのか、事前に計画を立ててから検討してくださいね。

    ▼そのほか、ディズニーチケットを安く入手する方法は?
    【2022年12月】ディズニーランドの割引方法16選!イベント割チケットも!チケットの値段を安くする方法は?

    ディズニーに安く行く方法(4):パーク内で節約できるポイントは?

    パーク内での節約ポイント
    パーク内での節約ポイント

    パーク内でも節約することは可能ですよ!
    筆者が実践している節約方法をご紹介します♪

    節約方法①レストランを利用する回数を減らす

    ディズニーでは、食べ歩きフードが豊富に販売されていますよね。
    そのため、筆者は食事の回数を減らして、その分を食べ歩きで済ませちゃいます!

    夜ご飯はレストランで食べるのですが、朝食と昼食は軽食程度で済ませることがほとんどです。
    ポップコーンなどを食べながらパークを回っていると、意外とお腹が空かないんですよね…。

    筆者の場合、出発前にホテルで軽食を食べて、パーク入園後にパンを食べることが多いです!
    東京ディズニーランドは「スウィートハート・カフェ」、東京ディズニーシーは「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」をよく利用していますよ♪

    もしくは、再入場を利用して「イクスピアリ」で食事をするのも◎
    コンビニやフードコートもありますので、パーク内よりも食費を抑えることができます!

    節約方法②クレジットカードを使わない

    筆者は、パーク内で使う予算を事前に決めておいて、パーク内ではクレジットカードは使わないようにしています。
    現金での支払いは面倒なので、筆者はiDで利用できるプリペイドカードを利用していますよ!

    お土産は可愛いし、ご飯は美味しいし…パーク内では際限なくお金を使ってしまいそうなので、制限をかけるという意味で、クレジットカードを封印しています。

    節約方法③お土産は事前にリストアップしておく

    東京ディズニーリゾート公式アプリの「ショッピング」機能を利用して、事前にお土産など買いたいものをリストアップするようにしています!

    予算を決めるためにも、どんなグッズがあるのか、どのグッズが欲しいのか、事前にチェックしておくのは重要ですよ◎

    ディズニーに安く行く方法(5):パーク外で節約できるポイントは?

    パーク外での節約ポイント
    パーク外での節約ポイント

    ここまでで交通費や宿泊費の節約ポイントをご紹介しましたが、他にも節約するポイントがあります!

    まずは「食費」を抑えられないか、検討してみましょう!
    到着日など、パークに入園しない日の食事を、スーパーやコンビニで調達したり、ファストフード店やファミリーレストランを利用すると、食費を安く抑えられます。

    ホテル選びの際に、近くにスーパーやコンビニ、ファストフード店、ファミリーレストランがあるかどうか、チェックしてみてくださいね!

    次に、都内近郊の観光を控えて「イクスピアリ」で過ごす、という方法です。
    ディズニーを主軸とした旅行で、特に観光したいところがない!という方は、交通費節約のためにも、ぜひイクスピアリで楽しんでみてはいかがでしょうか?

    舞浜駅、東京ディズニーランドからは徒歩で移動することができますので、無料シャトルバスを利用できるホテルに宿泊すれば、交通費はかかりません◎
    イクスピアリも「東京ディズニーリゾート」の1つで、映画館やディズニーストア、飲食店やショップなど、たくさんの施設が入っていますので、1日楽しめる施設となっていますよ!

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    今回は、ディズニーに安く行く方法を、費用を抑えるポイント別にご紹介しました!

    節約を中心に旅程を組んでしまうと、窮屈な旅になってしまいます。
    無理に節約をするのではなく、できるところから少しずつ、節約してみてはいかがでしょうか?

    【2022年】ディズニーに安く行く方法は?費用を抑えるポイント別まとめ!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    るんにゃん

    るんにゃん

    ディズニー大好き、るんにゃんです!
    パークだけでなく映画や音楽なども含めたディズニーが大好きです。頻繁に来園することは叶いませんが、夢の国での時間が日々を頑張る力の源♡

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    3. 【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    4. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      てんてん

    5. 冬のディズニーコーデ!12月・1月・2月の服装のポイントと持ち物!カップルや友達とおそろいで

      冬のディズニーコーデ!12月・1月・2月の服装のポイントと持ち物!カップルや友達とおそろいで

      あやな

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集