アリエルのプレイグラウンドを徹底解説!9つのエリアを地図付きで紹介!子どもが楽しめる&怖いポイントは?

    • monpy

      monpy

    東京ディズニーシーのマーメイドラグーンにある体験型のアトラクション「アリエルのプレイグラウンド」をご紹介♪ネットでできたつり橋のアスレチックや、ちょっぴり怖い洞窟探検、アリエルのコレクション、沈没船や水の吹き出すスポットなど、ディズニー映画「リトル・マーメイド」の世界観を体験できる9つのエリアを、アトラクションの地図を元に1つずつ解説。子どもと一緒に楽しむ際のポイントや注意点もくわしくまとめました♪

    こんにちは! ディズニー大好きアラサー主婦のmonpyです。

    今回は、ディズニーシーのマーメイドラグーンにあるアトラクション「アリエルのプレイグラウンド」をご紹介!

    子どもに人気のある「アリエルのプレイグラウンド」。
    子どもと楽しむポイントや、アトラクション全体を地図で確認しながら9つのエリアごとの紹介もしていきます♪

    アリエルのプレイグラウンド:アトラクション概要

    アリエルのプレイグラウンドの外観
    アリエルのプレイグラウンドの外観

    「アリエルのプレイグラウンド」は、ディズニーシーのマーメイドラグーンにある体験型アトラクション。

    ディズニー映画「リトル・マーメイド」のアリエルや海の仲間たちが住む海底の世界を再現した、子どもから大人まで楽しめる人気のプレイスポットです♪

    アリエルのプレイグラウンドは、乗り物やショーなどのアトラクションとは違い、広いエリア内を自由に歩いて回ります。

    床はふかふかした素材なので、小さなお子さまにも安心♪
    それぞれのペースで自由に体験できるので、色々な年齢の子どもが楽しめます。

    また、マーメイドラグーンの屋内エリアにあるので、雨の日や、暑さ寒さの厳しい季節にも快適に過ごすことができます♪

    ベビーカーのまま利用もできるので、小さな赤ちゃんも一緒に利用できますよ!

    アリエルのプレイグラウンド:子どもと楽しむときの注意点

    アリエルのプレイグラウンドのアースラ
    アリエルのプレイグラウンドのアースラ

    まず、「アリエルのプレイグラウンド」で子どもと楽しむときの注意点をご紹介します。

    注意点①暗い場所・怖い場所がある

    「アリエルのプレイグラウンド」は、基本的に子どもでも楽しめるアトラクションですが、中には暗い場所・大きな音がする場所・アースラなどの怖いキャラクターが登場する場所もあります。

    中には、子どもが苦手だと感じるようなエリアもあるので、事前にチェックしておくと良いですよ。

    注意点②迷路のように入り組んでいる

    「アリエルのプレイグラウンド」の中は、迷路のように入り組んでいて大人でも迷ってしまうほど。
    子どもと利用する場合は、別行動にはせず、大人の方の目の届く範囲で遊ばせるようにしましょう。

    注意点③意外と体力を消耗する

    「アリエルのプレイグラウンド」は、中に入ると魅力的な遊び場がたくさんあるので、夢中になって遊んでいると、子どもも大人も意外と体力を消耗してしまいます。

    子どもの年齢によっては、そのあとの計画なども考慮して遊ぶようにすると良いかもしれません!

    アリエルのプレイグラウンド:9つのエリアを紹介

    アリエルのプレイグラウンドの地図
    アリエルのプレイグラウンドの地図

    アリエルのプレイグラウンドの全体の地図をもとに、アトラクションのエリア内について、子どもが楽しめるポイントも合わせてご紹介していきます♪

    アリエルのプレイグラウンドの中には、以下の9つのエリアに分かれています。

    ①フィッシャーマンズ・ネット

    フィッシャーマンズ・ネット(アリエルのプレイグラウンド)
    フィッシャーマンズ・ネット(アリエルのプレイグラウンド)

    アリエルのプレイグラウンドに入ってすぐのエリアは、「フィッシャーマンズ・ネット」。

    日本語訳すると「漁師の網」という名前のとおり、海面から仕掛けられたネットの中を探検するアスレチックになっています。

    頭上にネットが吊り橋のように張り巡らされていて、上に登って遊ぶことができます♪
    ネットの橋は全部で5本あり、ぐるっと一周渡ってくるだけでも遊びごたえがありますよ。

    ネットの上の天井部分には海面が表現されていたり、すぐ横を魚たちが泳いでいたり、魚になった気分が味わえます♪

    大人も一緒に登ることができるので、子どもと大人が一緒にアスレチック体験できます◎

    【子どもと楽しむポイント】

    ネットの上は歩きにくいので、歩けるようになったばかりの子どもや、まだ1人で歩けない小さな子どもには、少し難しいかもしれません。

    自分で歩ける子どもでも、ネットに足が引っかかってしまったりすることがあるので、大人の方が目を離さないようにしましょう!

    ②ケルプ・フォレスト

    ケルプ・フォレスト(アリエルのプレイグラウンド)
    ケルプ・フォレスト(アリエルのプレイグラウンド)

    続いて紹介するのは、「ケルプ・フォレスト」というゾーン。
    「海藻の森」という意味のケルプ・フォレストは、大きな海藻が迷路のようになっています。

    海藻に隠れる魚になった気分で、かくれんぼをしてみましょう♪

    【子どもと楽しむポイント】

    小さな子どもでも楽しめるスポットです。
    写真撮影を楽しんだり、隠れミッキーもあるので、一緒に探してみたりするのも楽しいですよ♪

    ③ガリオン・グレイヴヤード

    ガリオン・グレイヴヤードシードラゴン(アリエルのプレイグラウンド)
    ガリオン・グレイヴヤードシードラゴン(アリエルのプレイグラウンド)

    「ガリオン・グレイヴヤード」は、沈没船の中を探検できるエリア。

    ちょっと薄暗くて不気味な沈没船は、映画「リトル・マーメイド」でアリエルがフランダーと一緒に探検した沈没船のシーンを再現しています。

    【子どもと楽しむポイント】

    沈没船の中は、嵐の中の音がしたり、ちょっと薄暗い雰囲気なので、小さなお子さまの中には怖いと感じる子もいるかもしれません。

    好奇心旺盛で探検好きな子どもなら、宝箱や火薬、海賊の絵画など、いろんな仕掛けがあって楽しめること間違いなしです!

    でも、船の周りには、大きなサメが泳いでいるので、突然サメが現れてびっくりするかも!

    ④ケーブ・オブ・シャドー

    「ケーブ・オブ・シャドー」は、暗くて不思議な洞窟のエリア。

    イナズマが光るタイミングで岩に身体の一部が触れていると、シルエットが残ります!
    アリエルやフランダー、セバスチャンのシルエットも見つけられるかも♪

    【子どもと楽しむポイント】

    真っ暗な洞窟を進むので、暗いところが苦手なお子さまにはあまりおすすめできません。

    不思議な体験ができるスポットなので、どんな場所か説明してあげながらゆっくり進んでみれば、楽しめるかもしれませんね!

    ⑤アリエルのグロット

    アリエルのグロット(アリエルのプレイグラウンド)
    アリエルのグロット(アリエルのプレイグラウンド)

    「アリエルのグロット」は、映画「リトル・マーメイド」に登場するアリエルの秘密のコレクションがあるエリアです。
    アリエルのプレイグラウンドに来たら、ぜひ行ってほしいスポットですよ!

    エリック王子の銅像や、アリエルが大切にしている人間の世界の宝物が、たくさん飾ってあります♪

    よーく見ると、映画に登場したアイテムや、キャラクターがたくさん見つかります。
    隠れキャラクターを見つけることができるかもしれませんよ!

    【子どもと楽しむポイント】

    アリエルのグロットのエリアには、たくさんの仕掛けがあるので、1つずつじっくり遊びながら回るのがおすすめです。

    また、お子さまとの記念撮影にもピッタリの場所。
    アリエルになった気分で、たくさん撮影してみてください♪

    ⑥シードラゴン

    シードラゴン(アリエルのプレイグラウンド)
    シードラゴン(アリエルのプレイグラウンド)

    アリエルのグロットのすぐ近くには、アースラの元へ続いている「シードラゴン」の骸骨でできたトンネルがあります!
    薄暗く怪しく光るトンネルは、見るからに不気味な雰囲気!

    【子どもと楽しむポイント】

    「シードラゴン」から先は「アースラのダンジョン」へ続いていて、流れる音や照明の雰囲気などが小さな子どもには少し怖いエリアかもしれません。

    勇気のあるお子さまは、先に進んでみましょう!

    ⑦アースラのダンジョン

    アースラのダンジョン(アリエルのプレイグラウンド)
    アースラのダンジョン(アリエルのプレイグラウンド)

    シードラゴンのトンネルを抜けると、「アースラのダンジョン」へ。
    「アースラのダンジョン」は不気味な海の魔女アースラの棲む洞窟です。

    鏡のついた怪しげなアースラのドレッサーがあり、タイミングが良ければ(悪ければ?)鏡の中からアースラが現れるかもしれません!

    さらに奥へ進むとクラゲのいる暗い洞窟があります。
    アースラの手下のウツボ、ジェットサム・フロットサムにも会えますよ!

    【子どもと楽しむポイント】

    「アースラのダンジョン」は、アリエルのプレイグラウンドの中でも、1番スリルのあるちょっと怖いエリアなので、無理せず、お子さまの成長に合わせて、体験してみるのがおすすめです。

    ハラハラどきどきの探検を終えた後は、達成感を感じるはずです!

    ⑧マーメイド・シースプレー

    マーメイド・シースプレー(アリエルのプレイグラウンド)
    マーメイド・シースプレー(アリエルのプレイグラウンド)

    「マーメイド・シースプレー」は、入り口から見て右側のエリアにある水が吹き出すエリア。

    公園のような開けた空間なので、解放感もあって、子どもたちがはしゃいでしまうこと間違いなし!
    イルカやカメの像から水が飛び出るので、濡れないように気をつけてくださいね。

    【子どもと楽しむポイント】

    水の下をくぐって遊んだり、写真撮影を楽しんだりと、遊び方次第ではかなり長い時間楽しめます♪

    びしょ濡れになるという心配はあまりないですが、万が一に備えてタオルは準備しておくと良いかも。

    ⑨スターフィッシュ・プレイペン

    「スターフィッシュ・プレイペン」は、ヒトデ型に囲まれた小さな子ども専用のプレイエリア。
    やわらかい積み木などで、7歳未満の子どもが遊ぶことができます。

    靴を脱いで、ふかふかの床の上で遊ぶことができるので、まだ歩き始めたばかりの小さなお子さまでも安心です。

    【子どもと楽しむポイント】

    アリエルのプレイグラウンドは、歩き始めたばかりの子どもには、少し体験が難しいエリアもあるので、そんなお子さまには「スターフィッシュ・プレイペン」がおすすめです。

    保護者の方も座って見守れるのが助かります♪

    まとめ

    アリエルのプレイグラウンド
    アリエルのプレイグラウンド

    以上、アリエルのプレイグラウンドをご紹介しました!

    子どもと一緒にパークへ行く際は、ぜひ参考にしてみてください♪

    2歳・3歳児とディズニーランドに行こう!持ち物や乗れるアトラクションは?

    子供と攻略!ディズニーランド子連れおすすめモデルコース!プランを立てよう

    アリエルのプレイグラウンドを徹底解説!9つのエリアを地図付きで紹介!子どもが楽しめる&怖いポイントは?

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    monpy

    monpy

    旅行大好き・ディズニーをこよなく愛するアラサー主婦のmonpyです。
    現在の夢は、海外ディズニーパークの全制覇!!

    ディズニーの魅力が、もっともっと多くの方に伝わるよう、日々研究に努めています。この熱い想いが届きますように!!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2022年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2022年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【8/15最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年8月・9月・10月の予想まとめ!

      【8/15最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年8月・9月・10月の予想まとめ!

      めぐみ

    3. 【2022夏】ディズニーカチューシャまとめ!スイスイサマーカチューシャ販売中!売り切れ状況も!

      【2022夏】ディズニーカチューシャまとめ!スイスイサマーカチューシャ販売中!売り切れ状況も!

      Tomo

    4. 【8月更新】ディズニーのスタンバイパス最新情報!発券状況や取り方&使い方まとめ!

      【8月更新】ディズニーのスタンバイパス最新情報!発券状況や取り方&使い方まとめ!

      Tomo

    5. 【8/9更新】トイストーリーホテルを実際に予約できた攻略法!料金&客室情報まとめ!2022年4月オープンの新ホテル!

      【8/9更新】トイストーリーホテルを実際に予約できた攻略法!料金&客室情報まとめ!2022年4月オープンの新ホテル!

      えびまよ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集