【公開20周年】ディズニー映画『トレジャー・プラネット』徹底解説!あらすじ・キャラクターまとめ!

    • Melody

      Melody

    2022年で公開から20周年を迎えるディズニー映画『トレジャー・プラネット』。本記事では、隠れた名作としてコアなディズニーファンから愛されている本作のあらすじや見どころ、個性豊かなキャラクターたちをご紹介していきます!本作に関する情報をお探しの方は、必見ですよ♪

    こんにちは!ディズニー映画は欠かさずチェックしているMelodyです!

    今回は、2022年で公開から20周年を迎えるディズニー映画『トレジャー・プラネット』を大特集♪

    『トレジャー・プラネット』は、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『宝島』を原作とした冒険物語で、コアなディズニーファンから愛され続けている隠れた名作です。

    本記事では、そんな本作の気になる

    ・あらすじ
    ・見どころ
    ・キャラクター

    などをご紹介していきます。

    本作に関する情報をお探しの方は、必見ですよ!

    【ディズニー映画】『トレジャー・プラネット』とは?

    原題:Treasure Planet
    公開日:2002年11月27日(水)(日本:2003年7月12日(土))

    『トレジャー・プラネット』は、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『宝島』を原作に、その舞台設定を海から宇宙へ変えた物語。

    スチームパンクやレトロフューチャー的な世界観の中、主人公ジムの成長を描いた作品です。

    2022年で公開から20周年を迎えることもあり、コアなディズニーファンの間では再び注目を集めています。

    【ディズニー映画】『トレジャー・プラネット』:あらすじ

    『トレジャー・プラネット』あらすじ
    出典:公式サイト
    『トレジャー・プラネット』あらすじ

    とある惑星モンテッサには、ジム・ホーキンスという名の15歳になる青年が暮らしていました。

    聡明なジムは、幼い頃から物作りや謎解きなどに長け、将来を有望視されていましたが、幼少期に実の父親が家を出て行ってしまったことから心を閉ざし、非行ばかり繰り返すようになっていました。

    そんなジムを母親のサラは、ベンボウ亭という食堂をたった1人で切り盛りし、女手ひとつで育ててきたのです。

    ある日のこと、ベンボウ亭の目の前に1機の宇宙船が不時着し、中からビリー・ボーンズと名乗る瀕死の老人が降りてきます。

    ジムは必死にビリー・ボーンズの命を救おうとしますが、「サイボーグに気をつけろ」という言葉と金属で出来た金色の球体をジムに託し、息絶えてしまいます。

    そんな中、ベンボウ亭にビリー・ボーンズの追手と見られる男たちが大勢押し寄せてきます。
    命からがらベンボウ亭から脱出したジムやサラたちでしたが、ベンボウ亭は見るも無残に焼け落ちてしまいました。

    サラの旧友である宇宙物理学者のデルバート・ドップラー博士の家に身を寄せたジムとサラ。

    そこでビリー・ボーンズがジムに託した金色の球体が、実は伝説の大海賊が遺した宝が眠る惑星「トレジャー・プラネット」への地図であることを知ります。

    幼き日に夢中になって読んだ昔話に登場する大海賊が遺した宝の地図であることを知り、胸を躍らせるジムは、その宝を持ち帰ることでベンボウ亭の再建、そしてこれまでの親不孝の挽回を目指すとサラに約束し、ドップラー博士と共に旅に出ることに。

    ドップラー博士が手配した宇宙船レガシー号に乗り込んだジムは、そこから未知なる冒険の旅に出発することとなるのです。

    【ディズニー映画】『トレジャー・プラネット』:キャラクター紹介

    続いては、『トレジャー・プラネット』に登場する主なキャラクターたちをご紹介していきます。

    ◆ジム・ホーキンス

    ジム・ホーキンス
    出典:公式サイト
    ジム・ホーキンス

    ジム・ホーキンスは、本作の主人公。
    フルネームは、ジェームス・プレアデス・ホーキンス。

    幼くしてソーラーボードを作ったり、“トレジャー・プラネット”への地図をいとも簡単に解読してしまったりと、大人顔負けの天才的な頭脳を持っています。

    しかし、幼少期に実の父親が家を出て行ってしまったことから心を閉ざし、非行ばかり繰り返すように。

    成長してもなお、幼い頃、夢中になって読んだ昔話に登場する宝の惑星“トレジャー・プラネット”の存在を強く信じており、その発見を目指し、旅に出ることとなります。

    ◆ジョン・シルバー

    ジョン・シルバー
    出典:公式サイト
    ジョン・シルバー

    ジョン・シルバーは、今回の旅でドップラー博士が雇った船員の一人で船のコック。

    しかし、実際は“トレジャー・プラネット”に眠る財宝を狙う海賊の船長で、宝の地図を持っていたビリー・ビーンズを追い、ベンボウ亭に乗り込んできた張本人です。

    過去に大怪我を負ったことが原因で、体の右半身の大部分がサイボーグになっています。

    情け容赦のない海賊であったシルバーですが、ジムと接していく中で、彼に対する愛情が芽生え、2人の間には父と子のような強い絆が生まれていきます。

    ◆デルバート・ドップラー博士

    デルバート・ドップラー博士(左端)
    出典:公式サイト
    デルバート・ドップラー博士(左端)

    デルバート・ドップラー博士は、ジムの母親であるサラの旧友で、ベンボウ亭の常連客。

    聡明な宇宙物理学者であるものの、どこか抜けている性格で、ジムには呆れられてばかりいます。

    “トレジャー・プラネット”へ向かうための船や船員などをすべて手配し、ジムの保護者として旅に同行することとなります。

    犬をモチーフとしたキャラクターのため、猫をイメージしたアメリア船長とはぶつかることもしばしば。

    ◆アメリア船長

    アメリア船長
    出典:公式サイト
    アメリア船長

    アメリア船長は、ジムたちが乗るR.L.S.レガシー号の船長。
    猫をモチーフとしたキャラクターであることから、しなやかで洗練された身のこなしが特徴!

    勇敢で正義感に溢れ、洞察力に優れたアメリア船長は、旅の経験も豊富で、とても頼りになる存在です。
    実は海賊であった船員たちの不審さにいち早く気づき、ジムに彼らにはよく注意するよう伝えたのも彼女でした。

    ◆B.E.N.

    B.E.N.
    出典:公式サイト
    B.E.N.

    B.E.N.はその昔、“トレジャー・プラネット”に財宝を隠した伝説の海賊、ナサニエル・フリントに仕えていたロボット。

    B.E.N.とは「Bio Electric Navigator(生体電気航海士」の頭文字を取ったものです。

    “トレジャー・プラネット”に眠る財宝の在処や惑星の重大な秘密を外部に漏らさないよう、フリントに記憶回路を抜き取られてしまい、記憶喪失の状態でジムと出会います。

    おしゃべりでお調子者な性格ですが、忠誠心が強く、計算能力などにも優れています。

    ◆サラ・ホーキンス

    サラ・ホーキンス
    出典:公式サイト
    サラ・ホーキンス

    サラ・ホーキンスはジムの母親であり、ベンボウ亭をたった一人で切り盛りしています。

    ジムにとっては父親に当たる自身の夫が家を出ていってしまった後は、女手ひとつでジムを育ててきました。

    天才少年であったにも関わらず、成長するにつれ、非行を繰り返すようになってしまったジムの将来を常に案じています。

    ◆モーフ

    モーフ
    出典:公式サイト
    モーフ

    モーフは、スライムのような姿をしたシルバーのペット。
    ある惑星でシルバーと出会い、それ以来彼に懐き、行動を共にするようになったのだとか♡

    自分の思い通りに姿を変えられる能力を持っており、人間をはじめ、パイといった食べ物やスプーンなどの道具にも変身することができます。

    【ディズニー映画】『トレジャー・プラネット』:見どころ

    ここからは、『トレジャー・プラネット』の見どころをご紹介していきます。

    ◆ジムとシルバーの親子のような関係性に泣ける!

    ジムとシルバーの親子のような関係性に泣ける!
    出典:公式サイト
    ジムとシルバーの親子のような関係性に泣ける!

    ジムは大人顔負けの頭脳を持つ青年ですが、幼少期に父親を知らずに育ったことで、心に深い傷を負っています。
    そんなジムの前に現れたのが、シルバーというサイボーグの男性でした。

    ビリー・ジョーンズから「サイボーグに気をつけろ」と言われたことから、出会った当初はシルバーに対し、不信感を持っていたジムでしたが、時に厳しく、そして何かと親身になってくれるシルバーを、まるで実の父親のように慕うようになっていきます。

    ジムの未知なる可能性を信じてくれるシルバーに出会ったことで、それまでの自らの行いを見直していくジム。

    血は繋がっていなくとも、親子のように固く結ばれていく2人の絆に、きっとあなたも涙がこみ上げてくるはずです!

    ◆レトロフューチャーな世界観がかっこいい!

    レトロフューチャーな世界観がかっこいい!
    出典:公式サイト
    レトロフューチャーな世界観がかっこいい!

    レトロフューチャーとは、懐古趣味(レトロ)的な未来(フューチャー)像のこと。

    具体的に言うと、19世紀初頭から20世紀半ばまでの時代を生きていた人々が描いた未来の世界像を指します。

    本作の世界観はまさに、そんなレトロフューチャーの世界!
    人間の他に、宇宙人やロボットなどが暮らしていたり、宇宙を自由自在に船が飛び回っていたり、そのユニークで変わった世界観が逆にとてもかっこいいのです。

    ちなみに、東京ディズニーシーのテーマポートである「ミステリアスアイランド」と「ポートディスカバリー」もレトロフューチャーをテーマにしたエリアとなっているので、「あの世界観が好き!」という方は本作のこともきっと気に入るはずですよ♪

    まとめ

    『トレジャー・プラネット』
    出典:公式サイト
    『トレジャー・プラネット』

    いかがでしたか?

    「まだ『トレジャー・プラネット』を見たことがない!」という方はぜひこの機会に、ご覧になってみてくださいね♪

    ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」

    Disney+(ディズニープラス)
    Disney+(ディズニープラス)

    Disney+(ディズニープラス)なら、月額990円(税込)でディズニー映画が見放題!

    Disney+(ディズニープラス)

    Disney+(ディズニープラス)年間プランはこちら (15%オフ)

    Disney+(ディズニープラス)ドコモユーザの方

    ディズニーの歴代映画はもちろん、「ピクサー作品」や「スターウォーズシリーズ」、「マーベルシリーズ」まで16,000作品以上が見放題!

    ▼配信作品や利用可能なデバイスなどまとめ!
    【決定版】Disney+(ディズニープラス)まとめ!こんな人におすすめ!配信作品・入会方法も

    ▼気になる支払い方法は?
    ディズニープラス支払い方法まとめ!支払方法変更についても!

    ▼ドコモユーザなら更にお得に!?特典まとめ
    【ディズニープラス】ドコモから入会する方法やメリットを徹底解説!お得な無料期間やディズニーDXのキャンペーンも!

    【公開20周年】ディズニー映画『トレジャー・プラネット』徹底解説!あらすじ・キャラクターまとめ!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Melody

    Melody

    ディズニープリンセスが大好きなMelodyです♡ 大学でもディズニー研究をしていたほどの自他共に認めるディズニーファンです!LAに住んでいたことがあり、アナハイムディズニーの年パスを持っていた経験もあるので、東京ディズニーだけではなく、アナハイムディズニーについての情報も積極的に発信していけたらと思います!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【毎日更新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年11月・12月、2023年1月の予想まとめ!

      【毎日更新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年11月・12月、2023年1月の予想まとめ!

      めぐみ

    3. 【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    4. 【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    5. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集