【ジブリ】映画『魔女の宅急便』に登場する”キキ”を徹底解説!声優は誰?魔法が使えなくなった理由は?

    • Rene

      Rene

    長編アニメーション映画『魔女の宅急便』の主人公・キキを解説!一人前の魔女になるため親元を離れて大きな町へ修行に出る彼女は何歳なのでしょうか。また、「赤いリボン」や「トンボ」を通して表現されるキキの思春期、ウルスラとの関係、密かに囁かれているウルスラ魔女説についても言及。そしてキキが突然魔法が使えなくなってしまう原因はなんだったのでしょう。たくさんの謎を考察を含めて解説していきます。

    こんにちは、Reneです。

    1989年公開のスタジオジブリ映画『魔女の宅急便』は、のどかな田舎町から魔女の修行のために、黒猫のジジと新しい街へ降り立ち、街の人たちの助けになるような仕事をするヒューマンドラマ映画。
    大きな街で風当たりの強かった中、キキは自分の特技を生かして生き抜こうと奮闘する姿は、心を揺さぶられますよね。

    一方で、キキが自分で作ったホウキを旅立ちの夜に使わせてもらえなかったり、突然空が飛べなくなったり、黒猫のジジの言葉が聞き取れなくなったり、詳しく言及されないままで終わってしまった謎も多くあります。

    この記事では、キキを通してより『魔女の宅急便』の理解が深まり、魅力が増すような解説をしていきます。
    それでは早速みていきましょう!

    魔女の宅急便:キキの基本情報

    天気予報を聞くキキ/魔女の宅急便
    出典:公式サイト
    天気予報を聞くキキ/魔女の宅急便

    映画『魔女の宅急便』に登場する主人公・キキ。
    魔女の母を持つキキは、「13歳になったら故郷を離れて魔女のいない街で1年間1人で暮らす」という魔女の世界の掟に乗っ取り、13歳になったばかりのタイミングで修行に出ることになります。

    13年間でキキが習得した魔術は「空を飛ぶこと」だけでした。
    海の見える街で暮らしたいと思っていたキキは、希望通り海が見渡せる丘の多い「コリコ街」に降り立ちます。

    しかし、生まれ育った田舎とは違う大きな街では、人々が忙しなく行き交い、魔女であるキキを歓迎するそぶりはありませんでした。
    修行が始まって早々に心が折れてしまいそうになりますが、偶然に出会ったコリコ街の丘の上のパン屋「グーチョキパン店」を営むおソノさんと出会い、屋根裏部屋を借りられることになります。

    家賃や生活費を稼ぐために、空を飛ぶ特技を生かして宅急便を始める事にしたキキ。
    宅急便の仕事、空を飛ぶことを夢見る青年・トンボとやおソノさんたちとの交流などを通して成長していくキキが描かれています。

    魔女の宅急便:キキの声優を担当したのは高山みなみさん

    宅配のお客を待つキキ/魔女の宅急便
    出典:公式サイト
    宅配のお客を待つキキ/魔女の宅急便

    『魔女の宅急便』のヒロイン・キキを演じたのは、1964年5日5日生まれの高山みなみさん。
    『名探偵コナン』の江戸川コナン役、『戦姫絶唱シンフォギア』の天羽奏役、『忍たま乱太郎』の猪名寺乱太郎役など有名アニメ作品のメインキャラクターとして大活躍しています。

    本作では、ヒロイン・キキ以外にもキキが宅配中に落としてしまった黒猫のぬいぐるみを探しに行った際に出会う絵描きの少女(ウルスラ)の声優も務めています。

    このウルトラは、山小屋で絵描きとして暮らしている謎に包まれているキャラクターであるのですが、そんなウルスラとキキの関係性に関する考察も後に言及していきます。

    【声優】魔女の宅急便の声優まとめ!キキやジジ、トンボの声を担当しているのはあの人?!

    魔女の宅急便:キキと先輩魔女との出会い

    両親の元を離れた日に出会う先輩魔女と先輩黒猫/魔女の宅急便
    出典:公式サイト
    両親の元を離れた日に出会う先輩魔女と先輩黒猫/魔女の宅急便

    両親や友達と別れてから松任谷由美(旧名:荒井由美)が歌う「ルージュの伝言」が流れる中、キキは二つ結びをした先輩魔女と遭遇します。
    その時、先輩魔女は、修行の中で「占い」を自分の特技として仕事をしている話をキキにするのです。

    その後、先輩魔女と再会することはないのですが、ここでキキは漠然と「自分にとっての特技とは何か」「他の人にはできなくて自分だけができる特別なものは何か」ということを考えるきっかけになります。

    先輩魔女にとっての「占い」がキキにとっての「宅急便」になるということですね。

    魔女の宅急便:キキと思春期

    トンボの友達と遭遇するキキ/魔女の宅急便
    出典:公式サイト
    トンボの友達と遭遇するキキ/魔女の宅急便

    宮崎駿は、『魔女の宅急便』のヒロイン・キキを描く中で、「思春期の女の子」という設定を大切にし物語の節々で思春期を感じられる描写が見られます。
    それらを象徴するものを挙げてみましょう。

    ◆赤いリボン

    「赤いリボン」といえば、キキのトレードマークですよね。

    喫茶店でキャラクター構想を練る段階で、宮崎駿に「思春期を扱ったことないですよね?」と問いかけた鈴木敏夫。
    すると、おもむろに宮崎駿はポケットからマジックペンを取り出し、紙ナプキンに大きなリボンをひとつ描いたそう。

    「この大きなリボンがこの娘を守っている。それが思春期だ。」と表現します。
    宮崎駿は、抽象的ではなく、常に具体的で現実的な表現をするクリエーターであり、『魔女の宅急便』では、「大きな赤いリボンと黒猫ジジに守られている少女」というヒロイン像を即座に誕生させたのでした。

    ◆早朝のトイレ

    キキは、魔女のいない大きな街”コリコ”にある「グーチョキパン店」で働くおソノさんと出会い、使われていない空き部屋を借りることになります。
    誰もが寝静まっている早朝、キキは自分の部屋のドアを開けて、キョロキョロと周りを見渡してから急ぎ足でトイレへ駆け込む場面を覚えていますか?

    このシーンからは、「トイレに行くところを見られたくない」という羞恥心を表しており、思春期の女の子らしさが感じられます。

    ◆トンボへの思い

    のどかな田舎から飛び出したキキは、コリコ街にたどり着いてすぐに空を飛ぶことを夢見る青年・トンボから話しかけられます。
    名前も聞かずに、空を飛んでいたことについてだけを質問攻めするトンボにキキは不快感を示します。

    しかし、コリコの街で過ごすうちに次第にトンボに心を開いていくように。
    それと同時に、キキの内に芽生え始めたのが「嫉妬心」。
    紺色のワンピースを着ているキキに対して、コリコ街で暮らす同世代の女の子たちは、短パンやカラフルなデザインのトップスなど目を引くお洒落さがあります。

    初対面から徐々に距離が縮まるキキとトンボですが、トンボが異性の子たちと一緒に遊んでいるところを見て、不機嫌になったり、そっぽを向いたりしてしまうキキは、年相応の女の子ですよね。

    魔女の宅急便:キキはどうして魔法を使えなくなった?

    風邪をひいたキキ/魔女の宅急便
    出典:公式サイト
    風邪をひいたキキ/魔女の宅急便

    本編中、キキは魔法の力を失ってそれまでできていたことができなくなってしまいます。
    その出来事と原因について、考察してみました。

    ◆なぜキキは空を飛べなくなった?

    キキが空を飛べなくなる直前に、優しいお婆さんが孫の誕生日のために作ったニシンのパイを届けます。
    しかし、孫は、迷惑そうにニシンのパイを受け取るのです。
    それを見たキキは、「孫から嫌がられているということを伝えるべきなのか」「自分の仕事は正しいのだろうか」という葛藤に苛まれてしまいます。

    自分の仕事と真摯に向き合う瞬間でした。
    スポーツでいう「スランプ」のようなものに近いと考えられます。
    しかし、キキに仕事を頼んだお婆さんからお礼の品を受け取った時、自分のやっている事に意味があることを再確認し、スランプから脱却するのです。

    ◆なぜキキはジジの言葉が分からなくなった?

    キキが空を飛べなくなったタイミングでジジの言葉すら分からなくなってしまうのは、見ていて心が痛いですよね。
    しかし、キキが空を飛ぶ魔法が使えるようになってからもジジの言葉は理解できないままで物語が終わります。

    この理由についての説は複数あるのですが、特に有力なのが成長説です。
    そもそもジジの言葉というのは、キキの思いや、その時にキキがかけて欲しいと思っている言葉であると言われています。

    また、「なぜジジの言葉をキキは分からなくなってしまったのか」という問いに対して、宮崎駿は、「ジジが話さなくなったのではなく、変わったのはキキ自身だったというわけです。」と回答しています。

    13歳でジジだけを連れて修行に出る事になったキキでしたが、様々な出会いを通して、今まで1人で抱えていた悩みや喜びを共有する相手ができたという事ですよね。
    苦しい時に頼れる人がいて、嬉しい時に真っ先に伝えたい人ができた事によって、ジジの言葉が分からなくなったのです。

    初めは困惑しますが、キキとジジの絆が薄まったというわけではない事にキキはきっと気づくでしょう。

    魔女の宅急便:キキとウルトラの関係性

    キキとウルスラの出会い/魔女の宅急便
    出典:公式サイト
    キキとウルスラの出会い/魔女の宅急便

    キキが宅配中にうっかり落としてしまった黒猫のぬいぐるみを探すためにやってきた山の中で出会う少女・ウルスラ。
    18歳のウルトラは、カラスと仲がよく、絵を描いて過ごしています。

    キキのことを第一印象から気に入り、気にかけてあげる姉御肌な一面も見せているのですが、実はウルスラは「魔女」なのではないかと言われているのです。

    それは、キキがウルスラの家に泊まった晩の会話にあります。
    この時キキは、突然空が飛べなくなってしまい仕事もままならず、悩んでいる時でした。

    この一連の会話から、キキは悩みで押しつぶされそうになっていた重荷をスッと降ろせたような安堵の表情を見せています。
    その後、続く会話がこちら。

    「キキと同じ歳くらいの時=13歳」「1人で暮らしている」というポイントから、ウルスラが13歳の時にコリコ街へやってきて自分の特技である絵描きで暮らすことを決意したと読み取ることができます。

    また、魔女のいない街で修行しなくてはいけないという魔女の掟を知っているウルスラは、魔女の血の話を聞いた時に、知らないふりをして「好きだ」と肯定していたとすると、素敵です。

    まとめ

    この記事では、『魔女の宅急便』に登場するキキについてまとめました。
    スタジオジブリのアニメーションは、本編では語られない細かなキャラクター設定があるので興味深いですよね。

    これらを知って改めて『魔女の宅急便』を見るとより魅力に気付けるかもしれません。

    ▼魔女の宅急便のあらすじはこちら
    【魔女宅】魔女の宅急便のあらすじ&ネタバレまとめ!キキとトンボにまつわるトリビアも!

    ▼魔女の宅急便の声優情報はこちら
    【声優】魔女の宅急便の声優まとめ!キキやジジ、トンボの声を担当しているのはあの人?!

    ▼ジブリのキャラクター
    【一覧】ジブリのキャラクター総まとめ!ヒロイン、カップル、悪役など、 主要キャラをおさらい!

    【ジブリ】映画『魔女の宅急便』に登場する”キキ”を徹底解説!声優は誰?魔法が使えなくなった理由は?

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Rene

    Rene

    スタジオジブリに関する記事を書いています。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】ファンタジースプリングスホテル 空室情報・予約状況

      【最新】ファンタジースプリングスホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      ディズニーのスニークとは?いつ行われる?新イベントのリハーサルに出会えたらラッキー

      みーこ

    3. 【最新】ディズニー開園待ち徹底ガイド!早まる開園時間!何時から並ぶべき?混雑状況や入園の流れを解説!

      【最新】ディズニー開園待ち徹底ガイド!早まる開園時間!何時から並ぶべき?混雑状況や入園の流れを解説!

      みーこ

    4. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    5. 【2024年5月最新】ディズニーガチャガチャ全種類の販売場所を地図付き解説!新作おもちゃやキーチェーン販売中

      【2024年5月最新】ディズニーガチャガチャ全種類の販売場所を地図付き解説!新作おもちゃやキーチェーン販売中

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集