検索

    マニア目線で見るウエスタンリバー鉄道の6つのトリビア

    • みーこ

      みーこ

    ディズニーランドの原点とも言われ、最もウォルト・ディズニーのこだわりが詰まっている「ウエスタンリバー鉄道」。のんびりと落ち着いた機関車に乗り、ジャングルと開拓時代のアメリカ西部を巡る旅。そんな大人から子どもまでワクワクした冒険に出会えるウエスタンリバー鉄道の隠されたトリビアをご紹介します。

    マニア目線で見るウエスタンリバー鉄道の6つのトリビア

    こんにちは!小さい頃はウエスタンリバー鉄道の恐竜のシーンで泣いていたみーこです。
    パーク内を走るウエスタンリバー鉄道は、ビッグサンダーマウンテンやトムソーヤ島など、列車からでしか見れない景色を楽しむことができます
    タイムトラベラーができる不思議な列車、ウエスタンリバー鉄道はゲストのみなさんを楽しい冒険へ導いてくれます。

    パーク内を一周していると知らないうちに、西部開拓時代や太古の世界へタイムスリップしているかも・・・?
    そんなワクワクとスリルが混ざった、ウエスタンリバー鉄道の隠れたサイドストーリーをみていきましょう☆

    ①19世紀の形跡がみられる?

    並んでいる間に探してみよう
    並んでいる間に探してみよう

    19世紀、開拓者たちの夢を乗せ、西への大陸を横断した蒸気機関車ウエスタンリバー鉄道。
    当時、インディアンたちにはこの列車を「アイアンホース(鉄の馬)」と呼んでいたそう
    そんな彼らは冒険の途中、機関車から一望することができますよ。

    また、ウエスタンリバー鉄道の乗り場にある小さな駅長室にも注目してみてください。
    駅長室には、乗車券の販売のほかにも、タバコなど日用品を販売していた形跡がしっかりと残されているんですよ

    ②1日に使われる驚きの水の量

    実は大量の水で動いているウエスタンリバー鉄道
    実は大量の水で動いているウエスタンリバー鉄道

    ウエスタンリバー鉄道は灯油を燃料としており、湯を沸かすことで発生した蒸気を動力にして走らせている本物の蒸気機関車です
    本物志向のディズニーらしいアトラクションですよね。

    このウエスタンリバー鉄道が一周走るために必要な水の量は、驚きの2,000リットル。
    1日100周以上は走行しているウエスタンリバー鉄道は、1日になんと20万リットルもの水が使われているんですね

    また、ウエスタンリバー鉄道にはしっかりとメンテナンスキャストさんがいます
    このメンテナンスキャストさんになるためには、ボイラー技士2級の免許が必要です。

    運がよければ駅から出発する前に、給水塔から炭水車に水を入れる様子を見ることができるかもしれません☆

    ③出発前の駅のアナウンス

    よく耳をすませてみてね
    よく耳をすませてみてね

    ウエスタンリバー鉄道に並んでいる時、一度は耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。
    出発前の駅では、「Your attention, please.Western River Railroad, now boarding passengers for a tour of. All aboard.」という英語でのアナウンスが流ます。
    英語のアナウンスと一緒に日本語の案内があるのですが、実際にこの時代にアナウンスされていた内容をアレンジしたもを流しています

    ④実際に存在した4台の機関車

    あなたはどの機関車に乗ったことがありますか?
    あなたはどの機関車に乗ったことがありますか?

    ウエスタンリバー鉄道で運行している列車はすべて、実際に19世紀のアメリカで使用していた機関車がモデル
    この列車は全部で4台存在するのですが、1つ1つの列車の名前にはアメリカ河の名前がつけられています。

    ウエスタンリバー鉄道を走る機関車は、デンバー&リオ・グランデ鉄道用にボールドウィン社で作られたモンテスマ号がモデルになったと言われています。

    また、東京ディズニーランドのグランドオープン当時、稼動していた列車は「ミズーリ号」、「リオ・グランデ号」、「コロラド号」だけでした。
    その後、輸送量を上げるため1991年から新しく「ミシシッピ号」が仲間入りしたのです

    そのため、「ミシシッピ号」は他の機関車と比べると、少し形状やヘッドライト部分の絵が異なるのでチェックしてみてください☆
    どの機関車に乗れるかはあなたの運しだい・・・?

    ⑤機関士さんのコスチュームにはモデルがいた?

    機関士さんのかわいいコスチューム
    機関士さんのかわいいコスチューム

    ウエスタンリバー鉄道を動かしている機関士さん。
    青いシャツに縦ジマのつなぎを身にまとった機関士さんのコスチュームをみたことはありますか?

    実は、このコスチュームにはモデルがいると言われています。
    ケイシー・ジュニアという実在したアメリカの花形機関士をモデルにしたという説があるのです

    ⑥3つ目の駅の存在

    まぼろしの3つ目の駅とは・・・?
    まぼろしの3つ目の駅とは・・・?

    ウエスタンリバー鉄道には乗降駅のほかに、通過駅である「スティルウォータージャンクション」が存在します。
    こちらの駅は、ほんの一瞬で通り過ぎてしまいますが、車内アナウンスもされているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

    スティルウォータージャンクションは廃駅として知られていますが、ウエスタンリバー鉄道にはほかにも、もう1つの駅が存在するのです
    それは、「ダスティベンド・デポッド」という駅。

    ダスティベンド・デポッド駅は、列車がちょうどビックサンダーマウンテンの真横に差し掛かかる少し前に姿を現します。
    一瞬なので見落としてしまうことが多いですが、「DUSTY BEND DEPOT」と書かれた建物が出てきます
    これを訳すと「埃(ほこり)にまみれた湾曲部の駅」という意味に。

    ダスティベンド・デポッド駅は隣で走るビックサンダーマウンテンで発掘された金や鉱物を運搬している駅だったのではないかという説があるのです。
    現在は完全に廃坑になっているため、アナウンスやガイドブックでも紹介されていません。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    神秘的なジャングルから、西部開拓時代のネイティブアメリカンの集落、太古の世界までタイムスリップできるウエスタンリバー鉄道のトリビアをご紹介しました。

    西部開拓時代の冒険とロマンを体験できるウエスタンリバー鉄道は、今もなお、幅広いゲストから愛されています。
    ちょっと視点を変えるだけで奥深いディズニーならではの細かな物語が見えてくるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    ホーンテッド・マンションのトリビア
    プーさんのハニーハントにまつわるトリビア
    海底2万マイルのトリビア。ミステリアスアイランドの秘密
    リニューアルで進化!ジャングルクルーズの7つのトリビア

    マニア目線で見るウエスタンリバー鉄道の6つのトリビア キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    みーこ

    みーこ

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。
    カメラを片手にパークを散策したり、パレードや景色を眺めてまったり過ごすのが1番の楽しみです❣
    ディズニーを愛するすべての皆さまに楽しんでいただけるようなお役立ち情報をお届けします。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    2. 【2019】ディズニーランドの食事おすすめ28選!食べ歩き・安い・コスパ重視・高級・名物グルメ

      【2019】ディズニーランドの食事おすすめ28選!食べ歩き・安い・コスパ重視・高級・名物グルメ

      みーこ

    3. ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      Tomo

    4. 【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      まちゅ

    5. 【2019】ディズニーランド攻略ガイド!節約術・アトラクションの回り方・食べ物を伝授!

      【2019】ディズニーランド攻略ガイド!節約術・アトラクションの回り方・食べ物を伝授!

      あやな

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集