検索

    知れば知るほど奥深い。ホーンテッド・マンションのトリビア

    • 二ノ瀬

      二ノ瀬

    ホーンテッドマンションには、ダークでブラックなトリビアやジョークがたくさん。ディズニーマニアの筆者が、あまり知られていないトリビアを詳細に解説。

    知れば知るほど奥深い。ホーンテッド・マンションのトリビア

    こんにちは。ホーンテッドマンションは好きなのに、怖くて乗るたびに後悔する二ノ瀬です。

    ホーンテッドマンションの恐ろしくも悲しいストーリー」では紹介しきれなかった、あまり知られていないトリビアをご紹介。
    ホーンテッドマンションは、東京ディズニーランドのアトラクションとは思えないほど、ダークでブラックなジョークにあふれています。

    覚えれば、1000人目の亡霊になれるかも?

    ホーンテッドマンションには、動物たちのお墓もある

    ペットセメタリー
    ペットセメタリー

    スタンバイで利用するQラインには、荒れ果てた庭が登場します。

    庭には西洋の墓石が多数並んでおり、とても不気味な雰囲気…
    よく観察してみると、動物の石像があることに気づくはず。
    庭の置物だと思われるかもしれませんが、西洋では時々見かけられるペットセメタリー(動物のお墓)です。

    ホーンテッドマンションには、犬、アヒル、ブタ、カエルなどの動物のお墓がありますが、今回は2つのお墓に注目してみましょう
    まずは、かわいらしいネコのお墓から。

    彫られた名前を見てみると、フラッフィという名のネコだったようです。
    没年日を見てみると、9回もフラッフィが亡くなっていることが分かりますね
    我々の感覚からすると、没年日は当然1回だけなのですが…。

    なぜかというと、西洋では「猫は9つの命を持っている」と信じられているから
    9回目の死をむかえたフラッフィは、今は永遠の眠りについているようです。

    次はカエルのお墓を見てみましょう。
    “OLD FLYBAIT”という名のカエルだったようです。
    OLDは老人、FLYBAITはハエを駆除するもの、という意味があります。
    確かに、カエルにはハエを食べるイメージがありますから、不自然な名前ではありません。

    問題は、名前の下に彫られた“He Croaked.”という文章です
    Croakedはカエルやカラスの鳴き声を指すのですが、老人のしわがれた声という意味もあります。

    さらに、「くたばる」というスラングとして用いる場合も。
    つまり、訳してみると「このおいぼれはくたばった」という、かなりブラックな意味になるんですね

    ホーンテッドマンションゆいいつの生存者は、館の管理人…ではない?

    ホーンテッドマンションの有名なトリビアに「生きている人間が1人だけいる」というもの。
    亡霊たちがにぎやかに楽しんでいる中庭のシーンに移ると、こんな人物がいます。

    管理人
    管理人

    彼は、幽霊屋敷の管理人。
    瘦せこけた犬といっしょに、足をふるわせて怯えています。
    この彼がホーンテッドマンションでゆいいつ生きている人物、というトリビアが広まっていますが、それは少しだけ間違い

    終盤にさしかかると、彼は変わり果てた姿となって再登場します。

    再会したら、変わり果てた姿に!
    再会したら、変わり果てた姿に!

    館の管理人も、亡霊の一員になってしまったようですね。

    では、ゆいいつの生存者は誰か?
    ゲストが館に入ると、ゴーストホストの肖像画がガイコツに変化していくのを見た後、4枚の絵画が飾られたストレッチングルームに通されます。
    その内の1枚が、本当の生存者だということをご存じでしたか?

    メアリー・ギルバート・グレイシー
    メアリー・ギルバート・グレイシー

    墓石に腰かける彼女の名は、メアリー・ギルバート・グレイシー。
    斧(おの)で夫を殺した、おそろしい結末が描かれた絵画の主役です。

    他の3枚は、主役そのものが死んでしまう、という絵画なのですがこの1枚だけが異質な存在
    彼女が死んでしまったという描写はされていません。
    夫を殺した彼女は、どこか得意げ。
    消息は謎に包まれていますが、彼女が館の亡霊にふくまれていないのは確かなようです。

    マダム・レオタとリトル・レオタはなんて言っているの?

    マダム・レオタ
    マダム・レオタ

    中盤のシーンで、水晶玉に頭部の浮いた女性が登場します。
    彼女はマダム・レオタ。
    亡霊たちを呼び集める降霊術の儀式をおこなっている人物です。

    何やら不気味な様子だけは伝わってきますが、早口な英語なので何を言っているのか分からないですよね。
    セリフを簡単に訳してみました

    「ヘビよ、クモよ、ネズミのシッポよ。
    かなたにいる亡霊を呼びおこせ。
    テーブルを叩き、今こそ応える時だ。
    かなたからメッセージを送っておくれ。
    ハロウィーンの名残のゴブリンやグール(※墓を荒らす小鬼)よ、タンバリンの音で亡霊を目覚めさせるのだ。
    醜い虫よ、ヒキガエルよ。
    かなたから音楽を奏でておくれ。
    魔法使いよ、魔女よ。
    地の果てにいようともベルを鳴らして知らせておくれ。」

    ゾっとする単語が並びますね。
    この呪文を覚えれば、誰でもマダム・レオタのように霊を呼び集めることができるのでしょうか。

    さて、次はリトル・レオタからのメッセージを解読してみましょう
    リトル・レオタは、人間の世界へ戻ろうとするゲストを引きとめる、小さな女性のことです。
    美しい彼女、一見おそろしくは見えませんが…。

    「早く戻ってきてね。早く戻ってきてね。
    私たちの仲間になる決心がついたら、死亡証明書を忘れずに。
    なんなら、今、ここで死亡手続きをしてもいいわ。
    あなたのことを…(笑い声)死ぬほど待っていたんだから…(笑い声)。」

    最後の最後に、とても恐ろしいセリフを言われていたようです。
    彼女につかまってしまう前に、早くホーンテッドマンションから離れたほうが賢明ですね

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    キャステルではホーンテッドマンションだけでなく、他のアトラクションにまつわるトリビアも紹介しています。
    ぜひ、あわせてご覧下さい☆

    ホーンテッドマンションの恐ろしくも悲しいストーリー

    海底2万マイルのトリビア
    プーさんのハニーハントにまつわるトリビア

    知れば知るほど奥深い。ホーンテッド・マンションのトリビア キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    このまとめに関するキーワード

    ライタープロフィール

    二ノ瀬

    二ノ瀬

    東京ディズニーリゾートの近くで生まれ、現在は都内在住。舞浜での趣味はお酒を飲むこと。 成人してもなお、ホーンテッドマンションに本気で怯えることができる。 ディズニーリゾートはもちろん、ディズニーの映画作品も愛しているが、とくに好きなのは『眠れる森の美女』。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    2. ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      ディズニーランド会員制のクラブ33。店内の様子と入店方法!年会費やJCBによる入り方も

      二ノ瀬

    3. ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      ディズニーアフター6の楽しみ方はこれ!パスポートの値段や事前購入法も

      Tomo

    4. 【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      【必読】妊娠中もディズニーで楽しもう!妊婦さんが知っておくべき10個のポイント

      まちゅ

    5. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!1時間前に並ぶ?入園したらすぐにやるべき3つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!1時間前に並ぶ?入園したらすぐにやるべき3つのこと

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集