【ジブリ】『猫の恩返し』のキャラクター、バロンを徹底解説!恋人がいる?猫の種類や「耳をすませば」との関係

    • Rene

      Rene

    森田宏幸監督によるスタジオジブリの長編アニメーション映画『猫の恩返し』に登場するキャラクター、バロンを徹底解説!猫を助けた女子高校生が猫の国に招かれるファンタジーの中でも、カッコいいと人気の男爵猫・バロン。この記事では、猫の恩返しに困り果てるハルを救い出そうと奮闘する男爵猫・バロンに焦点を当てて彼のキャラクターを探るとともに、映画『猫の恩返し』を読み解いていきます。

    引用元:公式サイト

    こんにちは、Reneです。
    今回は2002年公開のジブリ映画『猫の恩返し』のキャラクター、バロンについてまとめました。

    森田宏幸監督の長編アニメーション映画『猫の恩返し』に登場するバロンは、白いタキシードにステッキを合わせた、英国紳士のような出で立ち。
    猫の恩返しに困った主人公ハルを助けてくれる存在として、数あるジブリ作品の中でも人気が高いキャラクターです。

    今回はバロンについて「猫の種類」「本名」「ジブリ作品・耳をすませばとの関係」など、彼にまつわる謎から声優まで、いろいろな角度から解説します。
    これを読めば、一層『猫の恩返し』が面白くなること間違いなしです。

    猫の恩返しのバロン:物語のあらすじ

    猫を助けるハル
    出典:公式サイト
    猫を助けるハル

    まずは簡単に物語のあらすじをご紹介しておきましょう。

    主人公は女子高校生の吉岡ハル。
    ハルは朝に弱く、いつも遅刻ギリギリな通学生活を送っていました。

    そんなある日の放課後、ハルは1匹の猫が咥えていた小さな箱を落とし、横断歩道でトラックに引かれそうになっているところに遭遇。
    持っていたラクロスのスティックを使って、猫を助け出します。

    猫はハルに向かって人間の言葉で感謝を示すと、そのままどこかへ走り去っていきました。
    驚いたハルが家に帰って言葉を話す猫について母親に話すと、母親から彼女は幼い頃にも猫が喋ったと言っていたことがあると聞かされます。

    その晩、猫の大群がハルの家へ訪れます。
    実は、ハルが助けた猫は、猫の国王子・ルーンだったのです。

    改めて謝礼をうけるハルでしたが、猫たちの恩返しはこれで終わりません。
    翌朝、目を覚ますと庭中に猫じゃらし、大量のラクロススティック、靴箱を明ければ溢れるばかりのネズミ....と猫が喜びそうな贈り物が次々と届きます。

    だんだん猫たちにイライラを募らせていくハルは、ついに猫の国の使いを捕まえこれ以上の恩返しはやめてほしいと伝えます。
    すると、猫の国の使いは、ハルを王子の期先候補として猫の国に招待するという驚きの話を披露。
    夜にまた迎えに来るという猫にハルが困り果てていると、どこからか「猫の事務所」なら助けてくれると言う助言が聞こえてきます。

    商店街にいた白く太った猫に案内してもらってハルが猫の事務所へ行くと、そこには英国紳士を彷彿させるきれいなタキシードを身にまとい、ステッキを片手に上品な口調で話す猫・バロンの姿がありました。
    バロンは、ハルに紅茶を用意し、事情を聞くことに。

    二人が対策を練っているところに、猫の国から迎えがきてしまいます。
    あっという間に拘束され、物凄いスピードで連行されるハルと、それを追いかけるバロンたち。

    ハルの運命は一体どうなってしまうのでしょうか……!

    猫の恩返しのバロン:声優は誰?

    バロンの声優
    出典:公式サイト
    バロンの声優

    『猫の恩返し』でバロンの声を演じたのは、俳優・袴田吉彦さんです。
    1973年7月16日生まれの袴田さんは、1992年に俳優デビュー。
    ロマンスからサスペンス、コメディまで幅広いジャンルで活躍されていて、主な出演作品に『二十歳の微熱』『時をかける少女』『あなたの番です』などがあります。

    スタジオジブリ作品の声優キャスティングでは、声優業を本職としている人は抜擢されにくい傾向があります。
    袴田さんは2000年に公開されたアニメ映画『ダイナソー』以来、2度目のアニメ映画の出演となっています。

    ちなみにジブリ映画『耳をすませば』の地球屋に置かれている男爵猫の人形・バロンの声は、露口茂さんが声を演じていました(詳しくは後述)。
    しかし本作『猫の恩返し』ではバロンの若さを強調したいという監督の考えから袴田吉彦さんが選ばれました。

    常に冷静な口調で、優しくブレのないバロンの喋り方は、どこか安心感を覚えますね。

    猫の恩返しのバロン:なんという猫の種類?

    バロンはなんという種類の猫?
    出典:公式サイト
    バロンはなんという種類の猫?

    スラッとした足に丸みがかった楔形の顔、アーモンド型の目が特徴的なバロン。
    バロンの猫の種類は、特徴からするに「アビシニアン」と考えられます。

    バロンといえば、スタイリッシュさに加えてグリーンアイが魅力的ですよね。
    バロンの瞳は、角度によってキラりと光るエメラルド原石を含む鉱石でできています。

    ちなみにバロンの瞳が光る理由は、バロンを作っていた職人がつけてしまった小さな傷が理由なんだそう。
    ひとつひとつ丁寧な手作りだからこそ生まれた個性と言えますね。

    筋肉質で引き締まった体つきと凛とした顔つきは、本作で登場する他の猫たちと比べても一層かっこよさが引き立っています。
    実際のアビシニアンは、毛が短く絹のように柔らかい触り心地のようです。

    猫の恩返しのバロン:本名と名前の由来は?

    バロンの本名と名前の由来
    出典:公式サイト
    バロンの本名と名前の由来

    映画の本編で、バロンは自分の名前を「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」と名乗っています。
    西洋的な響きの名前はどんな由来があるのか、調べてみました。

    「フンベルト(Humbert)」は、戦士を意味する「フン(hun)」と明るいを意味する「ベルト(beraht)」から由来。
    「フォン(von)」は、ドイツ人貴族を象徴する名詞として使われています。
    「ジッキンゲン」は苗字に当たりますが、これらは全てドイツ語から由来しているものです。

    中世紀末から語り継がれる帝国騎士に「フランツ・フォン・ジッキンゲン」という人物がいるのですが、彼は「弱気を助け、強気を挫く」のイメージで軍を率いた存在だそう。
    権威を独占している猫の国に屈することなく、困り果てているハルの味方につくバロンは、フランツ・フォン・ジッキンゲンのイメージと重なります。

    ちなみに愛称である「バロン」とは英語で「男爵」という意味。
    出で立ちや身のこなしから、周りが男爵と呼び親しんでいる事がわかります。

    猫の恩返しのバロン:『耳をすませば』との関係性、バロンの恋人とは?

    バロンは『耳をすませば』にも登場する?
    出典:公式サイト
    バロンは『耳をすませば』にも登場する?

    『猫の恩返し』は、ジブリ映画『耳をすませば』の外伝作品として作られました。
    『耳をすませば』の登場人物、月島雫が書いた物語という設定になっています。

    『耳をすませば』で、天沢聖司の祖父が営むアンティークショップ・地球屋に置かれている男爵猫の人形に注目してみてください。

    聖司の祖父が第二次世界大戦前にドイツへ留学した際にこの人形猫と出会い惚れ込みます。
    祖父はバロンを持ち主から譲り受けようとしますが、バロンには修理中の貴婦猫の恋人がいて、離れ離れにするわけにはいかないと断られてしまいます。

    その後、聖司の祖父が交際していた女性・ルイーゼが、修理が終わったら貴婦猫を買い取り2体を必ずそばに置くと約束したことで、バロンを譲り受けることができるのです。

    しかし、日本に帰国して間もなく戦争が勃発してしまい、ルイーゼと貴婦猫の行方が分からなくなってしまいます。
    聖司の祖父は、いつか再会できる事を信じて地球屋を開き、バロンと共にルイーゼと貴婦猫を待ち続けているのでした。

    以上が聖司の祖父による、バロンと貴婦猫の話でした。

    その話を聞いた月島雫は、貴婦猫に「ルイーゼ」と名付け「わたしと許嫁のルイーゼは、遠い国の異国の街に生まれた」と結婚を約束した仲である設定で物語を展開させていきます。
    スマートなバロンに時折ときめいている表情をするハルですが、この2人が恋仲になることはなさそうですね。

    ハルには同級生に気になる男子がいるので彼との恋が成就し、いつかバロンとルイーゼがどこかで再会できると素敵です。

    猫の恩返しのバロン:バロンの名セリフ集

    バロンの名セリフ
    出典:公式サイト
    バロンの名セリフ

    最後に、観る者をきゅんとさせるバロンの名セリフをご紹介します。

    「わたしのスペシャルブレンドだ、その都度味が変わるので保証はできないがね」
    猫の事務所を訪れたハルを、特製の紅茶でもてなすバロン。
    紅茶のブレンドもできるなんて只者ではありません。

    「だめだハル!自分を失うんじゃない。君は君の時間を生きるんだ」
    猫の国に来て、猫になるのもいいかも……心揺れるハル。
    そんな彼女を目覚めさせようとバロンが言い放つセリフです。

    「ハルのその素直なところがわたしも好きだよ」
    猫の国との対立を終えて、バロンに恋したかもしれないと打ち明けるハルに返す言葉。
    一切の駆け引きをすることなく、真っ直ぐな思いを伝えるハルに対して率直な気持ちで返します。

    「もしハルが本当に私たちのことを必要としたのなら、きっとまた猫の事務所は開くだろう。その時までしばしの別れ」
    バロンがハルと別れる際に言った最後のセリフです。
    別れ際まで紳士でハンサムなバロンなのでした。

    まとめ

    「猫の恩返し」に登場するバロンにまつわる謎、トリビアについて徹底解説していきました。本編では語られていない謎の部分を知ることで「猫の恩返し」をより深く理解することにつながれば嬉しいです。

    【ジブリ】『猫の恩返し』のキャラクター、バロンを徹底解説!恋人がいる?猫の種類や「耳をすませば」との関係 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Rene

    Rene

    スタジオジブリに関する記事を書いています。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ダッフィー&フレンズの新キャラ?】リーナ・ベルの噂を調査!キツネの女の子が2022年秋登場!

      【ダッフィー&フレンズの新キャラ?】リーナ・ベルの噂を調査!キツネの女の子が2022年秋登場!

      だんだん

    2. 【9月13日更新】ディズニーが入場制限中!9月・10月・11月の予想まとめ!緊急事態宣言が9月30日まで適用!

      【9月13日更新】ディズニーが入場制限中!9月・10月・11月の予想まとめ!緊急事態宣言が9月30日まで適用!

      めぐみ

    3. 【最新】2021秋!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021秋!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    4. 【9/15更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      【9/15更新】ディズニーチケット予約攻略法!購入できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    5. 【2022年1月まで】ディズニー年間イベントスケジュール!2021年9月からはTDS20周年がスタート!

      【2022年1月まで】ディズニー年間イベントスケジュール!2021年9月からはTDS20周年がスタート!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集