【ジブリ映画】『猫の恩返し』のキャラクター紹介!主人公ハルと猫たちの名前と性格を一覧で紹介

    • Rene

      Rene

    2002年公開のジブリ映画『猫の恩返し』のキャラクター紹介!森田宏幸監督による長編アニメーション映画『猫の恩返し』は、女子高校生ハルが、車に轢かれそうになっていた猫を助けたことをきっかけに猫の王国を訪れるファンタジーアドベンチャー物語。個性豊かな猫キャラクターたちがたくさん登場します。この記事では『猫の恩返し』に登場するキャラクターたちの名前、性格、物語での役割をまとめました。

    引用元:公式サイト

    こんにちは、Reneです。
    今回は2002年公開のジブリ映画『猫の恩返し』のキャラクターを紹介します。

    森田宏幸監督の代表作『猫の恩返し』は、数あるジブリ作品の中でもファンの間では「スタジオジブリ作品っぽくない」と囁かれているアニメーション映画です。
    しかし他のジブリ作品と比べて登場人物が少なく、たくさんの個性的な猫キャラクターが登場するため、「癒される」と密かに人気の作品でもあります。

    今回は、『猫の恩返し』の物語を読み解きながら主要キャラクターをまとめました。
    ぜひ、みなさんもお気に入りのキャラクターを見つけてみてください。

    猫の恩返し:あらすじ

    猫を助けるハル
    出典:公式サイト
    猫を助けるハル

    主人公は女子高校生の吉岡ハル。
    ハルは朝に弱く、いつも遅刻ギリギリな通学生活を送っていました。

    そんなある日の放課後、ハルは1匹の猫が咥えていた小さな箱を落とし、横断歩道でトラックに引かれそうになっているところに遭遇。
    持っていたラクロスのスティックを使って、猫を助け出します。

    猫はハルに向かって人間の言葉で感謝を示すと、そのままどこかへ走り去っていきました。
    驚いたハルが家に帰って言葉を話す猫について母親に話すと、母親から彼女は幼い頃にも猫が喋ったと言っていたことがあると聞かされます。

    その晩、猫の大群がハルの家へ訪れます。
    実は、ハルが助けた猫は、猫の国王子・ルーンだったのです。

    改めて謝礼をうけるハルでしたが、猫たちの恩返しはこれで終わりません。
    翌朝、目を覚ますと庭中に猫じゃらし、大量のラクロススティック、靴箱を明ければ溢れるばかりのネズミ....と猫が喜びそうな贈り物が次々と届きます。

    だんだん嫌気が差してきたハルは、ついに猫の国の家来らしき猫を捕まえこれ以上はもうやめてくれと文句を言います。
    すると家来の猫は「それなら猫の国へとご招待しますよ」と言います。

    それから、ハルが猫の国王子の妃候補であることも聞かされ、驚くハル。
    このままでは猫のお嫁さんになってしまいます。

    ハルが頭を抱えていると、どこからか「猫の事務所を探して」と声が……。
    良かれと思って猫を助けたハルの運命は一体どうなってしまうのでしょうか。

    それでは次の項目から主要キャラクターを紹介していきましょう。

    猫の恩返しのキャクター:吉岡ハル

    吉岡ハル
    出典:公式サイト
    吉岡ハル

    吉岡ハルは本作の主人公です。
    女子高校生で、小さく結いたポニーテールが印象的。

    吉岡家は母子家庭で、家事などはそつなくこなせるハルですが、朝には弱く、学校はいつも遅刻気味です。
    いつも優しく明るい性格で、猫が轢かれそうになっているところを間一髪で助けるような正義感の強さを持っています。

    猫の王国に招待されたハルは、しだいにのどかに暮らす猫の生活に魅了されていきます。
    それにつれて耳や尻尾が生え出したりと、人間の女の子から猫に変わっていく様子が描かれています。

    猫の恩返しのキャクター:バロン/フンベルト・フォン・ジッキンゲン

    バロン/フンベルト・フォン・ジッキンゲン
    出典:公式サイト
    バロン/フンベルト・フォン・ジッキンゲン

    バロンは猫から過剰な恩返しを受けて困り果てるハルに助けの手を差し伸べる紳士な猫男爵です。
    きれいに毛並みを整え、上品な言葉遣いに、バッチリとスーツを着こなします。

    猫の事務所にやってきた来客には、満を辞してスペシャルブレンドティーを出すようなキザな部分も持ち合わせています。

    ◆バロンは『耳をすませば』にも登場していた

    「耳をすませば」に登場するバロンの人形
    出典:公式サイト
    「耳をすませば」に登場するバロンの人形

    剣術を巧みに操りハルを守ろうと奮闘する姿がかっこいいと話題のバロン。
    実は『猫の恩返し』に先駆けること7年前、1995年公開のジブリ映画「耳をすませば」にも登場しています。
    アンティークなものを売り出している地球屋の主・史郎が戦前にドイツ留学をしている際に、男爵猫の置物・バロンと出会います。

    史郎がバロンを譲り受けることができないかと尋ねると、持ち主は「バロンの恋人である貴婦猫は修理中であり、ふたりを引き離すことはできない」と断られます。

    あきらめかけた時、修理が終わった後に史郎の恋人・ルイーゼが貴婦猫を買い取ることを約束したことで史郎はバロンを譲り受けることができます。

    しかし史郎が日本に帰国して間もなく、第二次世界大戦が始まりルイーゼと貴婦猫の行方は分からなくなってしまうのでした。
    男爵猫と貴婦猫はともにあるべきだという約束を果たすため、史郎は地球屋を開き、ルイーゼと貴婦猫との再会をバロンと待っているのです。

    猫の恩返しのキャクター:ムタ/ルナルド・ムーン

    ムタ/ルナルド・ムーン
    出典:公式サイト
    ムタ/ルナルド・ムーン

    ムタは猫の事務所に居座るバロンの仲間で太った猫です。
    猫の事務所を探しているハルの前に現れ、猫の事務所まで無愛想ながらも案内をします。

    短気で口が悪く目つきも悪いですが、仲間想いなところがあり、ハルを救出するためにも全力で敵に立ち向かいます。
    物語終盤でムタの過去が明かされるのですが、猫の国にいる魚を食い荒らし暮らしを脅かした伝説の重罪猫であったことがわかります。

    また、猫の国の国王からムタが長生きしすぎだと言われていることから、猫の平均寿命を遥かに超える年であることがうかがえます。

    ムタは、バロンと同様「耳をすませば」にも登場していて、「ムーン」「おたま」「ムタ」などの愛称がつけられていました。

    猫の恩返しのキャクター:ルーン

    ルーンとユキ
    出典:公式サイト
    ルーンとユキ

    ルーンは車に轢かれそうになっていたところをハルに助けられる猫の国の王子です。
    グレーの毛色に緑と赤のオッドアイが印象的。

    ルーンを助けたことで、猫の国では勝手にハルが妃候補にされてしまいますが、ルーンにはユキという名前の猫の恋人がいます。
    元々、ルーンが人間の住む世界に来ていたのは、ユキの大好物である魚の形をしたクッキーを探していたためだったのです。

    ルーンは傲慢な父を酷く嫌い、反面教師として生きてきたため、人当たりがよく誠実で真面目な性格です。

    猫の恩返しのキャクター:ユキ

    ユキは、猫からの恩返しに困り果てているハルに助言を与える不思議な声の正体です。
    幼少期にハルが会話を交わした、人の言葉を話す猫でもあります。

    その時、ハルはユキに魚の形をしたクッキーをあげるのですが、これがユキの大好物になります。
    猫の国では恋人・ルーンとの関係を隠しながら城の給仕をしています。

    猫の恩返しのキャクター:猫王

    猫王
    出典:公式サイト
    猫王

    猫王は猫の国の王様で、ルーンの父親。
    猫の国の権力をひとりで牛耳っているため、誰も逆らうことができずにいます。

    息子のルーンを溺愛するものの、ユキの存在を知らずに勝手にハルを花嫁候補に選び、本人たちの意思を無視して結婚式を開催しようとするなど、破茶滅茶な行動をとります。

    ムタをひどく警戒し、特製ゼリーを使ってムタの動きを早急に止めてしまいます。

    猫の恩返しのキャクター:ナトル

    ナトル
    出典:公式サイト
    ナトル

    ナトルは垂れた耳に高い声が印象的な、猫王の側近です。
    ルーンを助けたハルを強引に猫の国までつれてきてしまった元凶でもあります。

    しかし国王には従順で、心から王を尊敬しているように見えます。
    ナトルは語尾を伸ばしたセリフが多く、可愛いと人気があります。

    まとめ

    この記事では、「猫の恩返し」に登場するキャラクターを紹介しました。
    スタジオジブリの過去作とのつながりも見えて一層キャラクターへの愛着が湧きますね。

    ぜひ、キャラクターの細かな設定などを知った上で『猫の恩返し』を鑑賞してみてくださいね。

    【ジブリ映画】『猫の恩返し』のキャラクター紹介!主人公ハルと猫たちの名前と性格を一覧で紹介 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Rene

    Rene

    スタジオジブリに関する記事を書いています。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【6月10日最新】ディズニーが入場制限中!まん防期間中は原則5,000人へ!入場制限はいつまで?

      【6月10日最新】ディズニーが入場制限中!まん防期間中は原則5,000人へ!入場制限はいつまで?

      めぐみ

    2. 【最新】2021春夏!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021春夏!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    3. 【2019】ダッフィーのスーベニア4選!ハートウォーミング・デイズ限定グッズの値段&販売場所まとめ!

      【2019】ダッフィーのスーベニア4選!ハートウォーミング・デイズ限定グッズの値段&販売場所まとめ!

      Melody

    4. バズ・ライトイヤーのアストロブラスターの隠れミッキーのヒント

      バズ・ライトイヤーのアストロブラスターの隠れミッキーのヒント

      Koeda

    5. ディズニーランドでランチにおすすめの人気レストラン9選!安いメニューやショー見えるお店も

      ディズニーランドでランチにおすすめの人気レストラン9選!安いメニューやショー見えるお店も

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集