『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキャラクター図鑑!

    • るんにゃん

      るんにゃん

    ディズニーの実写映画シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』。世界中のディズニーパークにあるアトラクション「カリブの海賊」が原作となった、大人気のシリーズです。登場するキャラクターたちはみんな個性豊か!怖いイメージのあった海賊を一新するような、ユニークでカッコいいキャラクターばかりですよ。メインキャラクターを中心に、全5作品に登場した人気キャラクターたちを一挙にご紹介します♪

    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキャラクター図鑑!

    こんにちは!ディズニー大好き大学生、るんにゃんです!

    今回は『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに登場するキャラクターを一挙にご紹介!

    怖いというイメージの強かった海賊を、見事に一新したユニークでカッコいいキャラクターたちがたくさん登場します。

    東京ディズニーランドの「カリブの海賊」に登場するキャラクターもいるので、ぜひチェックしてみてくださいね◎

    パイレーツ・オブ・カリビアンのキャラクター:メインキャラクター

    まずは、パイレーツ・オブ・カリビアンに登場するキャラクターから、物語の中核を担うメインキャラクターたちをご紹介します!

    今回は全5作ある映画作品にほとんど出演しているキャラクターをメインキャラクターとしました。

    ◆我らがキャプテン「ジャック・スパロウ」

    ジャック・スパロウ
    出典:公式サイト
    ジャック・スパロウ

    演:ジョニー・デップ(吹替:平田広明)

    『パイレーツ・オブ・カリビアン』全シリーズを通しての主人公。
    自由、海、そして酒と女を愛する孤高の海賊で、全部で9人いる伝説の海賊の1人でもあります。

    愛船は世界最速を誇る「ブラックパール号」です。

    普段は飄々とした態度をしていて、ユーモア溢れる人物なので、”海賊”のイメージとは遠い人。
    作中では頻繁にブラックパール号を奪われたり、船員に裏切られたり、一文無しになったりと、波乱万丈な海賊人生を送っています。

    決して「ヒーロー」という感じではありませんが、やる時はやる!というところがカッコいいです♡

    ディズニーパークアトラクション「カリブの海賊」にも登場しています。
    また、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは、フリーグリーティングキャラクターとして登場することもあるんですよ。

    ◆愛に生きた青年「ウィル・ターナー」

    ウィル・ターナー
    出典:公式サイト
    ウィル・ターナー

    演:オーランド・ブルーム(吹替:平川大輔)

    ウィル・ターナーは、第1作〜第3作の準主人公です。
    本名はウィリアム・ターナー・ジュニア。

    父親は「靴紐のビル」として知られる海賊でしたが、幼い頃に父親は疾走しているため、自分が海賊の息子だとは知らずに幼少時代を過ごします。
    母親と死別し、ジャマイカ行きの船に乗り込むものの、その船がブラックパール号に襲われ、漂流した経験が。

    漂流していたところをエリザベスに救われ、それからは彼女も住んでいるポート・ロイヤルで鍛冶屋として働いています。
    エリザベスとは身分違いの恋に落ち、第3作目では結婚しました。

    とても勇敢な青年で、性格も真面目。
    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの王子様、と言っても過言ではないでしょう!

    ジャックとは固い絆で結ばれた仲なんですよ。

    ◆海賊にも負けない強い女性「エリザベス・スワン」

    エリザベス・スワン
    出典:公式サイト
    エリザベス・スワン

    エリザベス・スワンは、第1作〜第3作のヒロインです。
    ポート・ロイヤル総督、ウェザビー・スワンの一人娘。

    序盤は海賊たちの戦いに巻き込まれた形でしたが、最終的にはエンプレス号の船長へ任命され、海賊王に選出されます。
    ウィルに剣術を教えてもらい、二刀流で戦えるほどの腕前になるんですよ!

    とても活発な女性で、周囲の男海賊たちにも負けないほど、自立心の強い性格です。
    第3作目でウィルと結婚するのですが、その誓いのシーンがとってもかっこいいんです♡

    ◆敵か味方か?カスピ海の王「ヘクター・バルボッサ」

    ヘクター・バルボッサ
    出典:公式サイト
    ヘクター・バルボッサ

    演:ジェフリー・ラッシュ(吹替:壤晴彦)

    ヘクター・バルボッサは、ジャックと同じ伝説の海賊の1人で、カスピ海の王。
    肩にペットの猿、ジャック・ザ・モンキーを連れています。

    ジャックが船長を務めるブラックパール号の一等航海士として働いていたことがありました。
    しかし、バルボッサはジャックを裏切り、ブラックパール号を乗っ取ります。

    物語のスタートではジャックの敵役として登場するバルボッサですが、物語が進むに連れ、ジャックと共闘することも…!
    敵なのか味方なのか、善人なのか悪人なのか、何とも言えない立ち位置にいる彼。

    しかし、第5作目で登場する自身の娘、カリーナ・スミスとの親子関係を見れば、きっとバルボッサのことが好きになると思います!

    東京ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」にも登場していますよ♪

    パイレーツ・オブ・カリビアンのキャラクター:サブキャラクター

    ここからは、パイレーツ・オブ・カリビアンのサブキャラクターたちをご紹介!
    登場する作品数は少ないものの、物語の重要な要素を担うキャラクターたちです。

    ◆父を助けるために冒険へ「ヘンリー・ターナー」

    ヘンリー・ターナー
    出典:公式サイト
    ヘンリー・ターナー

    演:ブレントン・スウェイツ(吹替:中川大志)

    ヘンリー・ターナーは、第5作の準主人公で、ウィルとエリザベスの息子です。

    「フライング・ダッチマン号」に囚われている父を助け出そうと画策します。
    彼は海の伝説を調べ尽くし、呪いを解くには「ポセイドンの槍」が必要である、というところまで辿り着きました。

    なんと小さい頃には、1人でボートに乗り込み、フライング・ダッチマン号にいる父に愛に行ったことがあるんです!

    情熱家で、とても勇気のある若者。
    ポセイドンの槍を見つけるため、ジャックと手を組むことになります。

    ◆「魔女」と呼ばれた彼女の正体「カリーナ・スミス」

    カリーナ・スミス
    出典:公式サイト
    カリーナ・スミス

    演:カヤ・スコデラリオ(吹替:栗山千明)

    カリーナ・スミスは、第5作のヒロイン。
    優秀な天文学者ですが、それ故に「魔女」として処刑されかけていました。

    どれだけ危険な状況でも、相手が例え海賊でも物怖じしない性格。
    天文学はもちろん、古文書の解読ができるなど、とても聡明な女性です。

    幼い頃に、古文書(ガリレオ・ガリレイの日記)と、それを解くためのルビーの欠片と共に孤児院に預けられました。
    「カリーナ」という名前は、北の空で1番明るい星の名を指しています。

    カリーナは、ジャックとヘンリーを導く者として、彼らの冒険に巻き込まれていきます。

    ◆ジャックの元恋人「アンジェリカ」

    アンジェリカ
    出典:公式サイト
    アンジェリカ

    演:ペネロペ・クルス(吹替:本田貴子)

    アンジェリカは、第4作で登場する女海賊。
    黒ひげの娘で、「アン女王の復讐号」で航海士として働いています。

    かつてはスペインの修道女で、父親の黒ひげのことを知らずに育ちました。
    しかし、ジャックと出会ってから、彼女の運命は大きく変わることになります。

    ジャックにそそのかされ純潔を失ってしまったアンジェリカは、神に仕えることができなくなり、そのまま神の道を捨てます。
    そして、ジャックと同じ海賊行為に走ったのです。

    こうしてアンジェリカとジャックは愛し合いながら、嘘を重ね、そして裏切り、騙し合う不思議な関係へと至ります。
    ジャックとの関係が終わった後は詐欺師として活動を続け、やがて黒ひげと再会し「アン女王の復讐号」へと乗り込みます。

    パイレーツ・オブ・カリビアンのキャラクター:敵キャラクター

    次に、ジャック・スパロウの敵として登場するキャラクターたちを紹介します!

    ◆七つの海に君臨する超自然の統治者「デイヴィ・ジョーンズ」

    デイヴィ・ジョーンズ
    デイヴィ・ジョーンズ

    演:ビル・ナイ(吹替:大塚芳忠)

    デイヴィ・ジョーンズは、第2作から登場する、幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長。
    顔は無数のタコ足で覆われ、右手の人差し指はタコの触手、左腕がカニの鋏、右足がカニの足という姿。

    デイヴィに魂を売る契約を結ぶと、死を先延ばしにできたり、何かと交換できたりと、願いが叶います。
    代償として、契約期限が切れてしまうと、フライング・ダッチマン号で奴隷のように100年ずっと働き続けねばなりません。

    彼は昔、勇敢な船乗りでした。
    海の女神カリプソに恋をし、カリプソが愛を与える条件として提示した「海で死んだ人間を天国へ送る」という使命を遂行します。

    しかし、カリプソは約束の場所に現れることはなく、デイヴィは裏切られたと思い、彼女を人間の体に封じます。
    それでも彼はカリプソのことを愛し続け、その苦しみに耐え兼ね、自分の心臓を抉り出し、宝箱に納めました。

    その時に、カリプソから与えられた使命を放棄したため、今のような姿に変えられてしまったのです。

    デイヴィの心臓を納めた宝箱「デッドマンズ・チェスト」を巡り、ジャック、ノリントン、ベケット卿たちが争うことになります。

    ちなみに、英語で「海の底」を表す慣用句として「デイヴィ・ジョーンズの墓場」という言葉があります。
    彼の名前もここから取られているんですよ!

    また、東京ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」にも登場しています。

    ◆史上最恐の海賊「黒ひげ」

    黒ひげ
    出典:公式サイト
    黒ひげ

    演:イアン・マクシェーン(吹替:勝部演之)

    黒ひげは、第4作で登場する海賊で、「アン女王の復讐号」の船長。
    “黒ひげ”として名が通っていますが、本名はエドワード・ティーチ。

    彼は「トリトンの剣」というカットラス(湾曲した刃を持つ剣のこと)を武器として持っています。
    これには宝石が埋め込まれており、宝石の力で潮の流れ、風の流れを自由に操ることができるため、船も自由に操ることが可能です。

    それ以外にも、殺した部下をゾンビとして復活させることができるなど、不思議な力を持っていますよ。

    冷酷で、自分の指示に背いた船員は容赦なく殺してしまう性格。
    戦った相手の船を小さくし、ボトルシップのような形で瓶に入れ、コレクションするのが趣味。

    黒ひげは実際に18世紀の西インドで猛威を振るった海賊をキャラクター化しています。
    「アン女王の復讐号」も実際に黒ひげが乗っていた船の名前なんですよ!

    ◆ジャックへの復讐のためだけに生きる“海の死神”「サラザール」

    サラザール
    出典:公式サイト
    サラザール

    演:ハビエル・バルデム(吹替:大塚明夫)

    サラザールは、第5作で登場する、幽霊船「サイレント・メアリー号」の艦長。
    フルネームはアルマンド・サラザール。

    現在は亡霊と化していますが、生前はスペイン海軍の艦長でした。
    海賊に家族を殺された経験があり、この世の全ての海賊を滅ぼすために働き、海賊であれば無抵抗であれ容赦なく殺害するほど。

    故に「海の処刑人」として名を轟かせていました。
    しかし、ジャックに「魔の三角水域」に誘い込まれてしまい、部下たちも含め全滅してしまいます。

    それからは水域に囚われ続けていましたが、ジャックが「北を指さないコンパス」を手放した際に、解き放たれました。
    ジャックの命を奪い、海賊を全滅させることを誓い、動き出します。

    生前から「襲撃した海賊船の乗組員を1人だけ証人として生かす」という主義を持っており、亡霊と化した今でもそれは変わりません。
    ヘンリーが彼と遭遇した際、彼だけ生き延びることができたのは、サラザールのこの主義に基づくものでした。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    今回はディズニー実写映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキャラクター図鑑をお届けしました!

    メインキャラクター、サブキャラクター、敵キャラクターと3つに分けてご紹介しましたが、
    他にもたくさんの海賊、海軍など、様々なキャラクターが登場しています。

    また、ジャック、バルボッサ、デイヴィ・ジョーンズは東京ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」にも登場していますよ!
    キャラクターのことを知ってから乗ると、アトラクションをもっと楽しめること間違いなしです♪

    この機会にぜひ、パイレーツ・オブ・カリビアンに触れてみてくださいね!

    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキャラクター図鑑! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    るんにゃん

    るんにゃん

    ディズニー大好き、るんにゃんです!
    パークだけでなく映画や音楽なども含めたディズニーが大好きです。頻繁に来園することは叶いませんが、夢の国での時間が日々を頑張る力の源♡

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2021春!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【最新】ディズニーが入場制限中!4月から1日20,000人以下に緩和!

      【最新】ディズニーが入場制限中!4月から1日20,000人以下に緩和!

      めぐみ

    3. 【4/13更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      【4/13更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    4. 【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      【2021年版】アベンジャーズ作品はこの順番で観るべし!マーベル映画の公開年順、時系列とおすすめ作品

      しーちゃん

    5. 【2021春】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      【2021春】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集