検索

    【ノートルダムの鐘2】ストーリーのあらすじと感想

    • 栗又

      栗又

    ノートルダムの鐘2は、ノートルダムの鐘の続編、完全ディズニーオリジナルストーリー。衝撃の1作目から7年後を、ノートルダムの鐘2ではディズニー色全開で明るく楽しく描いています。ネタバレ注意!あらすじや感想をご紹介。

    【ノートルダムの鐘2】ストーリーのあらすじと感想

    こんにちは!ディズニー映画好きの栗又です。
    今回ご紹介する映画は、衝撃作だったノートルダムの鐘の続編、「ノートルダムの鐘2」
    今作は前作の7年後を舞台に、ディズニーらしいストーリーになっています。
    主人公のカジモドファンは必見です!

    ノートルダムの鐘2の感想

    主な登場人物は前作のノートルダムの鐘と同じです。
    キャラクター同士のやり取りがとてもコミカルになっていて、それだけでも随分前作とは雰囲気が変わっていました。

    新しい主要キャラクターもとてもディズニーらしいキャラクター。
    あんなにもディズニーらしくないノートルダムの鐘が、こんなにもディズニーカラーに染まるなんて、という驚きがありました。

    前作ではちょっと切ない終わり方だったので、きっとディズニーなら今回のノートルダムの鐘2こそ、主人公は幸せに終わるんだなという安心感があったのは良かったです。

    ノートルダムの鐘Ⅱ感想(ネタバレ)

    登場人物

    ・カジモド

    主人公。
    顔がとても醜く、体も歪んでおり、誰もが彼を見ると怯んで逃げてしまう。
    心はとても優しいが、長い間、見た目が原因で人々に避け続けられてしまった為、自分に自信が無い。

    エスメラルダが初恋の人であり、初めての友人。
    護衛隊隊長フィーバスと三角関係になるが、2人が愛し合っていることを知ると、そっと応援し、2人の友人となる。

    ノートルダムの鐘2では人々に受け入れられ、明るく生活している。
    初登場のマデリンと出会い、恋に落ちる。

    ・エスメラルダ

    とても美しく、男を魅了する妖艶な踊り子。
    ジプシー狩りに遭い、ひっそりとした暮らしを長い間強いられた過去を持つ。

    カジモドの活躍により、ジプシーも自由に暮らせるようになった。
    今作ではパリの街の中に定住。

    護衛隊隊長フィーバスと結婚。ゼファーを出産した。
    飼っているヤギはジャリ。

    ・フィーバス

    気さくで陽気な護衛隊隊長。容姿端麗。
    最高判事フロローの横暴な指示には、被害を最小限に抑えるなどの機転を働かせていた。

    フロローが罪の無い民家に言いがかりをつけ、火を放った時は身を投じて民家の家族を守るなど男気溢れている。
    ノートルダムの鐘2では、先入観に捕らわれ、頑固な一面を見せている。
    愛馬はアキレス。フィーバスの独り言に、足でツッコミを入れる。

    ・ゼファー

    エスメラルダとフィーバスの子ども。
    明るく、元気で好奇心旺盛で、カジモドに懐いている。
    サーカスを見て憧れを抱き、サーカス団への入団を希望している。

    ・マデリン

    幼い頃、貧しさから盗みを働いてしまう。その場をサルーシュに見られ、盗みを見逃す代わりにサーカス団に入り、マジックのアシスタントになることを強いられている。
    顔がとても美しい女の子だが生まれが貧しく、その後もサルーシュから顔しか良くなく、何も出来ないお飾りと言われ続けてしまう。

    本当は綱渡りをしたく、こっそり練習をしている。
    カジモドと出会うまで、自分のことを認めてくれる人と出会えず、自分に自信を持てない。
    サルーシュの命令で、カジモドが管理している鐘を盗むスパイとしてカジモドに近づくが、最後はカジモドと恋に落ち、結ばれる。

    ・サルーシュ

    サーカス団団長。頭のてっぺんだけ髪の毛がなく、カツラをつけている。
    極度のナルシスト。

    サーカスをしている間に、観客の金目のものを盗む手口で街から街へと流れている。
    ノートルダム聖堂の鐘を狙い、マデリンにスパイを命じる。

    春の祭り

    フロローとの壮絶な戦いから7年。
    パリでは平和を取り返し、カジモドは人々から受け入れられ、明るく暮らしていました。
    カジモドが「ラ・フィデル」という特別な鐘で鳴らしている間に、愛する人の名前を叫ぶというお祭りがもうすぐ始まります

    フィーバスとエスメラルダは結ばれ、男の子が生まれました。
    男の子の名前はゼファー。
    カジモドに懐いていて、2人は大の仲良し。
    でも、カジモドは、春の祭りで名前を呼べる愛する人はおらず、嘆いてします

    サーカス団

    街から街へと流れるサーカス団がパリにやってきました。
    看板娘のマデリンにカジモドは一目惚れ。

    しかし、サーカス団の真の目的は、ノートルダム大聖堂にある「ラ・フィデル」を盗み出すこと
    団長のサルーシュはマデリンに、カジモドから「ラ・フィデル」の在り処を聞き出すよう命じるのでした。

    カジモドとマデリンの出会い

    マデリンはノートルダム大聖堂に入り、声をかけます。
    カジモドは自分の姿を見られることを恐れ、姿を隠して返事をしたのでした

    上半身だけ隠して下半身だけ丸見えのカジモドの姿に、マデリンは段々とカジモドに興味を覚え、マデリンはカジモドの顔を見て見たいと申し出て…
    カジモドが恐る恐る近づいて顔を出してみると、マデリンは驚いてしまい、走って逃げてしまうのでした。

    サーカスと窃盗

    カジモドは、エスメラルダたちと一緒にサーカスを見に行くことに。
    サルーシュはマデリンと一緒にマジックをしている間に、観客の金目のものを盗むという働きをしていました。

    再び潜入

    マデリンは、サルーシュから改めて「ラ・フィデル」の在り処を聞き出すように命じられてしまいます。
    マデリンはカジモドの見た目で恐ろしく断るが、サルーシュに逆らえません
    作戦のためにカジモドに近づいてみると、ゼファーとのやり取りを見て誤解が解けるのでした。

    カジモドとマデリンの恋

    カジモドがパリの街を案内することに
    カジモドは、心はとても優しいのですが、顔が醜く自分に自信がありません。
    一方、マデリンは内面が悪く、顔だけが良いと思い込み自分に自信がありません。

    2人で話をしているうちに、悩みは真逆なのに本質が似ていることに気付き、次第に惹かれ合うのでした。
    そしてカジモドは「ラ・フィデル」を紹介します。
    マデリンは目的を達成したけれど、初めて自分を肯定してくれたカジモドを裏切る行為に胸を痛め…。

    すれ違い

    護衛隊隊長フィーバスの元には、盗難被害の報告が溢れてしまっています。
    サーカス団が来てから増えていると睨んだフィーバスは、サルーシュの元へ訪れました。

    サルーシュはマデリンが幼い頃に盗みを働いた事を話し、全てなすりつけてしまいます。
    そして、マデリンは逮捕されてしまうことに…
    「ラ・フィデル」も盗まれたことから、カジモドは裏切られたとショックを受けるのでした。

    「本当の私を見て」

    サルーシュの逮捕に移るために街中を封鎖するのですが、一向に見つかりません。
    マデリンはマジックと同じトリックであり、サルーシュは地下から逃げていると主張します

    同じ流れ者出身のエスメラルダが、偏見に囚われている場合ではないと後押しをし、マデリンの手首に縄をつけることを条件に捜査協力をさせることに。

    地下へ行くと、エスメラルダが飼っているヤギのジャリが駆け寄って来ました。
    ただならぬ事態を察知した一行はジャリに続くと、そこには「ラ・フィデル」とゼファーを船に乗せたサルーシュがいました。

    ゼファーを人質に取られ、見逃がさざるを得なくなってしまうところに、マデリンはカジモドに「本当の私を見て」と信じて欲しいと訴えます

    彼女を信じることにしたカジモドは、手首の縄をほどき、2人力を合わせてゼファーを救出。
    フィーバスも続いてサルーシュの逮捕にかかったのでした。

    エンディング

    無事に「ラ・フィデル」がノートルダムに戻り、春の祭りが行われました。
    マデリンからカジモドに告白をし、少しの間鐘が鳴り止んで…
    2人で互いの名前を愛する人の名前として呼び合い、キスを交わすのでした。

    感想

    ノートルダムの鐘2を観て、カジモドが幸せになって良かった、のひと言に尽きます。
    ノートルダムの鐘としての続編というよりは、カジモドが幸せになるストーリーなのかなと感じました。
    自分に自信がない、というのをこんなにも強調している作品はないと思います。

    自分に自信がなくて悩むことは誰にでもあるので、映画で客観的に見られるのはとてもいいですね。
    誰にでもいいところはあるんだよ、というディズニーからの優しいメッセージがあるように感じました。

    メインはカジモドの恋愛物語ですが、ちょっと自分に悩んだときに観て欲しい作品です。
    ぜひ、ノートルダムの鐘2をご覧になってみてくださいね。

    前作「ノートルダムの鐘」のあらすじはこちらからどうぞ。

    【ノートルダムの鐘2】ストーリーのあらすじと感想 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    栗又

    栗又

    ディズニー映画が大好き栗又です。 特にミュージカルが好きでノートルダムの鐘とアラジンは劇も観に行きたいです! ランドとシーとホテル、一通り制覇することが夢です。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【1/6更新】2020春!ディズニーカチューシャまとめ!

      【1/6更新】2020春!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    3. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    4. 【2020春】ディズニー帽子まとめ!ファンキャップ&イヤーハットなど100種類以上の被り物が販売中!

      【2020春】ディズニー帽子まとめ!ファンキャップ&イヤーハットなど100種類以上の被り物が販売中!

      てんてん

    5. 【2020】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2020】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集