検索

    【待ち時間情報も】ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション概要・混雑攻略

    • みーこ

      みーこ

    ディズニーランドのアトラクション「ジャングルクルーズ」をご紹介!2014年にリニューアルオープンしたディズニーランドのジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション。1983年のディズニーランドのオープン時からある人気アトラクションで、ジャングルの冒険を楽しむことができます。そんなジャングルクルーズの魅力や細かな演出、待ち時間など混雑状況をご紹介します。

    【待ち時間情報も】ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション概要・混雑攻略

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。

    ディズニーランドで本物さながらの動物を観察できたり、神秘的な体験ができる「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」(以下、ジャングルクルーズ)。
    ディズニーランドのグランドオープンからあるアドベンチャーランドを代表する人気のアトラクションです。

    2014年にリニューアルオープンしたジャングルクルーズは、再び注目を集めています!
    細かな演出や不思議なしかけ、そして何と言ってもユニークな船長の軽快なトークが楽しめることでも有名。

    今回は、リアルなジャングルの世界観が体験できる子供から大人まで大好きな「ジャングルクルーズ」の魅力やトリビア、アトラクションの混雑状況などまとめてご紹介します!

    ジャングルクルーズとは

    ジャングルクルーズとは
    ジャングルクルーズとは

    ジャングルクルーズは、ボートでジャングルを巡りながら様々な野生動物を見たり、不思議な体験が味わえるディズニーランドの人気アトラクションです。
    キャストさんが演じるスキッパー(船長)の愉快なトークを聞きながら、ジャングルの奥地を進みスリル満点の体験ツアーを楽しめます。

    1983年のディズニーランドのグランドオープンからある古株のアトラクションですが、2014年にリニューアルしたことでさらにパワーアップして戻ってきました。
    新しくなったアトラクションの看板には「WILDLIFE EXPEDITION DEPARTING DAY & NIGHT」と書かれていて、昼と夜の両方で楽しめるジャングルクルーズに変わったことが分かります。

    2014年のリニューアルで、新たにイルミネーションやエフェクトなどが加わったり、映画『ライオンキング』で使われているBGMも導入されました。
    なんと、オリジナルBGMを投入したのは世界の「ジャングルクルーズ」の中でも東京ディズニーランドだけ。

    また、夜間だけしか味わえない「ナイトクルーズ」も誕生しました。
    スタート地点からすぐの場所では、ロマンチックなホタルを観賞できるのでカップルにもおすすめ!

    さらに、クライマックスに登場するジャングルの守り神が祀られている伝説の神殿の中では、プロジェクションマッピングによる神秘的な体験をすることができます。
    ますます勢いに乗ったジャングルクルーズから目が離せません!

    ジャングルクルーズの概要

    ジャングルクルーズの概要
    ジャングルクルーズの概要

    ジャングルクルーズは、1台32名乗りのボートでめぐる約10分間のボートの旅です。
    絶叫系アトラクションではないため、身長制限や年齢制限もなく3才未満のお子さまでも楽しめます。

    ボートの安全性は徹底されているものの、小さなお子様が誤ってボートの外に身を乗り出してしまうと、思わぬ事故に繋がってしまう危険性もあります。
    保護者の方はくれぐれもご注意ください!

    ジャングルクルーズの場所

    ジャングルクルーズの地図引用元:公式サイト
    ジャングルクルーズの地図

    ジャングルクルーズは、ディズニーランドの中でも「冒険」がテーマの「アドベンチャーランド」にあります。

    ワールドバザール」から、アトラクション「カリブの海賊」の目の前を通りすぎ、そのまま道なりに進むと左側に2階建ての建物が出てきます。
    ジャングルクルーズはその建物の1階ですよ。

    ちなみに、2階は「ウエスタンリバー鉄道」なので、乗り場や並んでいる場所を間違えないように注意してくださいね!

    ジャングルクルーズの待ち時間と混雑対策

    ジャングルクルーズの待ち時間と対策
    ジャングルクルーズの待ち時間と対策

    ジャングルクルーズは、ファストパスに対応していないアトラクションなので、列にならんで待つより方法はありません。

    2014年のリニューアルオープン直後は、平日でも常に60分以上、休日は90分以上の待ち時間が当たり前でした。
    最近では混雑は少し落ち着いてきたため、平日は20分~30分待ち、休日であっても40分前後の待ち時間におさまっています。

    ジャングルクルーズの1日の待ち時間の推移
    ジャングルクルーズの1日の待ち時間の推移

    ただ、年間の混雑状況を見てもらうとわかるように、学生さんが多くなる1月~3月のジャングルクルーズは大混雑となります。
    土日は90~120分待ちになることも。

    3大マウンテンの1つ「ビッグサンダー・マウンテン」に匹敵するくらいの待ち時間なので、かなり混雑するので覚悟が必要ですよ。

    3月は、学生さん対象の「春のキャンパスデーパスポート」を利用してやってくる学生さんたちが多いため、混雑には注意が必要です。

    ジャングルクルーズの月別平均待ち時間
    ジャングルクルーズの月別平均待ち時間

    1日を通してジャングルクルーズが一番混む時間帯は、午後の15時~16時前後です。
    もちろん日によって変動はあるものの、ジャングルクルーズの特徴は、午前中よりも午後から混雑してくることです。

    また、平日・休日ともに、18時を境に徐々に空いてきます。
    なるべく空いている時間帯にジャングルクルーズに乗りたい方は、18時以降がおすすめです。

    なお、お昼のパレードやナイトパレード「エレクトリカルパレード」の公演中は、さらに待ち時間は短くなります。
    パレードをあまり重視していない方は、パレードが開催されている時間帯を狙ってみてはいかがでしょうか?

    しかも、「ナイトクルーズ」は夜から行われるので、ナイトパレードの時間帯は絶好のチャンス!
    昼間のジャングルの雰囲気を楽しみたいという方は、開園から1時間以内であれば比較的空いているので、様子を見ながら利用しましょう。

    ジャングルクルーズ誕生の原点はウォルトの旅

    ウォルトの旅の実体験が基につくられた
    ウォルトの旅の実体験が基につくられた

    ジャングルクルーズは、1941年にウォルト・ディズニーが訪れた南米コロンビアにある「アマゾン川」「ナイル川」「イラワジ川」の3つの川をモチーフにつくられました。

    ウォルトは大迫力の野生動物や美しい自然を見て、ディズニーランドにやってきたゲストにも自分が見たもの、感じたものをリアルに体験して欲しいという願いから生まれたアトラクションでもあるのです。

    ジャングルクルーズの計画当初、なんとウォルトはこのアトラクションに出てくる動物たちを本物の動物にしようと考えていたのです。
    しかし、本物の動物はライオンやヒョウなど危険動物などもいることから、ゲストの安全性を考えウォルトの願いは実現しませんでした。

    その代わり、本物の動物のように動く高技術「オーディオアニマトロニクス」を利用して、現在のジャングルクルーズに登場するリアルな動物が完成したのです。

    ジャングルクルーズで座るべき座席

    サイに襲われ木に登る探検隊
    サイに襲われ木に登る探検隊

    ジャングルクルーズは、座る席によって見えてくる景色が異なります。
    何を見たいかによって、左右どちらの座席にするかを決めると良いですよ。

    ボートに乗るまでは、キャストさんに誘導されます。
    どうしても見たい景色がある場合は、ボートに乗って好きな座席に座りましょう。

    野生の動物たち
    野生の動物たち

    ちなみに、ナイトクルーズだけしか見られないアーチ状に光るホタルをしっかりと見たい方は、ボートの後部座席がおすすめですよ!

    ジャングルクルーズのボートには所有者がいる

    ボートに隠された秘密
    ボートに隠された秘密

    ディズニーランドオープン時の1983年は、ジャングルクルーズのボートは、赤・青・白のストライプの屋根という実にシンプルなデザインでした。
    しかし、2000年頃にボートのリニューアルが行われ、それぞれ異なる個性的なボートには、1隻ずつ所有者がいるという設定に変わりました。

    たとえば、医者が所有しているボートには白衣や包帯が、写真家のボートなら写真やネガなどが飾られています。
    1つ1つのボートには「川の名前+女性の名前」がついているんですよ。

    ちなみに、赤いストライプ屋根の「ボルタ・ヴァル(VOLTA VAL)」というボートがあります。

    ボルタ・ヴァル(VOLTA VAL)
    ボルタ・ヴァル(VOLTA VAL)

    唯一この一隻だけ、リニューアルされず、1983年の姿のまま今も運行されているんですよ。

    ナイトクルーズに切り替わる時間

    ナイトクルーズは何時から?
    ナイトクルーズは何時から?

    2014年にリニューアルされたジャングルクルーズは、夜だけしか体験できない「ナイトクルーズ」が加わったことでも話題になりました。
    では、どの時間帯からナイトクルーズに切り替わるのでしょうか?

    実際のところ、「○○の時間からナイトクルーズが開始されます」など、ジャングルクルーズのナイトクルーズの開始時間は決められていません。
    ナイトクルーズは、その日の「暗さ」でスタート時間が変わります。

    日の短い冬は、17頃からスタートされますし、日が長い季節は、18時からスタートすることが多いようです。
    周辺のイルミネーションが点灯し始める頃から、ジャングルクルーズのナイトクルーズが始めますよ。
    目安にしてみてくださいね。

    ジャングルクルーズは花火の穴場スポット

    ジャングルクルーズからハピネス・オン・ハイを見よう
    ジャングルクルーズからハピネス・オン・ハイを見よう

    当日の天候にもよりますが、ディズニーランドの夜は、ほとんど毎日「ハピネス・オン・ハイ」という5分間の花火が打ち上がります。

    基本的に、ディズニーランドのどの地点からもハピネス・オン・ハイを楽しむことができますが、花火の打ち上げ地点に近いジャングルクルーズでは、より大きな花火が目の前で打ち上げられます。

    おすすめの観賞場所は、ジャングルクルーズの入口右側あたり。
    ジャングルクルーズの待ち時間に楽しむこともできますし、もちろんクルージングをしながら花火を楽しむこともできますよ☆

    ジャングルクルーズのお土産グッズ

    ディズニーランドでは、ジャングルクルーズのお土産・グッズが販売されています!
    今回は、ジャングルクルーズの思い出にふさわしい3つのグッズをご紹介します。

    販売場所は、ジャングルクルーズがある「アドベンチャーランド・バザール」です。

    ①ジャングルクルーズ・チャームセット(3個)

    ジャングルクルーズ・チャームセット引用元:公式サイト
    ジャングルクルーズ・チャームセット

    ジャングルクルーズの後半に登場するジャングルのセールスマン「サム」が販売しているおまもりがチャームセットに。

    ジャングルクルーズのボートには、冒険に出るゲストを守るために飾ってありますよ。
    ちなみにサムからお守りを100個買うと象がついてくるそうですよ。

    値段:1,800円
    サイズ(全長):
    ・ゾウ:約21.5cm
    ・サル:約23cm
    ・トラ:約22cm

    ②ぬいぐるみバッジ

    ぬいぐるみバッジ引用元:公式サイト
    ぬいぐるみバッジ

    ジャングルの商人サムがリアルなぬいぐるみバッジ(通称:ぬいば)として登場。
    最初は生首、次はフルーツ、そして現在ではおまもりを販売しているリアルなサムの顔にも注目です!

    値段:1,700円
    サイズ:(本体のみ)長さ約15cm

    ③マグネット

    マグネット引用元:公式サイト
    マグネット

    ジャングルクルーズの入り口にある看板がそのままマグネットになりました。
    ジャングルクルーズに乗った思い出としてぴったりですね。

    値段:600円
    サイズ:縦約5.5cm×横約11cm

    ジャングルクルーズが映画化される

    気になるジャングルクルーズの映画について
    気になるジャングルクルーズの映画について

    なんと、アメリカで「ジャングルクルーズ」を題材にした映画の製作が進行しているようです。

    映画の主人公は『ワイルド・スピード』シリーズや『カリフォルニア・ダウン』などで活躍をみせるドウェイン・ジョンソン。
    監督は『エスター』や『蝋人形の館』などの人気ホラー映画に携わったジャウマ・コレット=セラです。

    そして、脚本を務めるのは『スター・トレック BEYOND』を手がけたパトリック・マッケイとジョン・D・ ペインの2人。

    これまでにも、ディズニーランドのお化け屋敷「ホーンテッド・マンション」や、荒くれ者の海賊が登場する「カリブの海賊」など、ディズニーランドのアトラクションをモチーフにした映画が公開されてきました。

    「ジャングルクルーズ」の映画は今年2018年にクランクインする予定。
    大ヒット作となるのか気になるところですね!

    まとめ

    おまもりと像
    おまもりと像

    いかがだったでしょうか?
    本物のジャングルを冒険しているような体験ができる、ディズニーランドの大人気アトラクション「ジャングルクルーズ」をご紹介しました。

    ユニークなスキッパーさんの案内でジャングルに入ると、大自然に生きる野生動物や大きなヘビに遭遇したり、滝の裏側や不思議な洞窟を楽しむことができます。
    昼と夜2つの楽しみ方ができるジャングルクルーズで素敵な思い出作りをしてくださいね☆

    【待ち時間情報も】ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション概要・混雑攻略 キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    2. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    3. ランキング画像

      【速報】2019年、ミッキーの顔が変わる?!いつから?変更後の顔は?噂の真相を...

      てんてん

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーカチューシャ65選!35周年限定&ダッフィーやスパンコールデ...

      Tomo

    5. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集