検索

    【2020年のディズニーランド】顔認証&チケット自動販売機導入!立体駐車場も新設!

    • Tomo

      Tomo

    2020年春に向けて東京ディズニーランドが少しずつ変化していきます!エントランスがリニューアルになり、顔認証システム導入!チケットの自動販売化や立体駐車場が導入されます!

    【2020年のディズニーランド】顔認証&チケット自動販売機導入!立体駐車場も新設!

    こんにちは!ディズニーリゾートをこよなく愛するTomoです。

    2020年春に向けて東京ディズニーランドのエントランスがリニューアルと立体駐車場の新設がアナウンスされました!

    エントランスのリニューアルオープンは、2020年春とアナウンスされていますが、一部は2019年春よりオープンとなる見込みです。
    エントランスのリニューアルには、約120 億円(予定)が投資されるとのことで、トイ・ストーリー・マニア!と同等の投資額となっています。

    エントランスのリニューアルは2018年4月より順次開始となります。

    また立体駐車場は2019年度に新設予定となっています。

    2020年のディズニーランド:入退園ゲート

    東京ディズニーランドのエントランス
    東京ディズニーランドのエントランス

    主なリニューアルポイントは3つです。

    ①入退園ゲートの増設(48ゲート→54ゲート)
    ②ゲートの変更(回転式ゲート→駅の改札のようなゲート)
    ③顔認証システム導入(年間パスポート本人確認)

    2020年のリニューアルポイント①入退園ゲートの増設

    現在、東京ディズニーランドでは48個のゲートを用い、ゲストの入退園を行っていますが、6個増設し合計54ゲートとなります。
    6個ゲートが増えることにより、混雑緩和につながると良いですね。

    2020年のリニューアルポイント②ゲートの変更

    現在使用されているのは、回転式の入場ゲートです。
    しかし、リニューアルに伴い、駅の改札のような「フラッパーゲート」という新しいゲートに変更予定となっています。

    回転式のゲートはアナログでたまに荷物が引っかかったりするので、変更は個人的にうれしいです(笑)

    2020年のリニューアルポイント③顔認証システム導入

    ゲートのリニューアルで一番驚いたのは、顔認証システムの導入です。
    どのような仕組みなるのかは明かされていませんが、年間パスポート保持者は“顔パス“で入園できるようになるということなのでしょうか。

    個人的希望は顔認証システムよりマジックバンドを導入して欲しかったですが、“顔パス”を楽しみに待ちたいと思います!

    2020年のディズニーランド:パークチケット販売場所

    ディズニーランドチケットブース
    ディズニーランドチケットブース

    主なリニューアルポイントは3つです。

    ①パークチケット販売場所数(32ヶ所→18ヶ所)
    ②パークチケット自動販売機導入(18ヶ所中12台)
    ③デジタルサイネージの導入

    2020年のリニューアルポイント①パークチケット販売場所数

    パークチケット販売場所数が減少します。

    いわゆるチケットブース(チケブ)という対面式の窓口が6ヶ所になります。
    パークチケット販売場所数自体は18ヶ所ですが、うち12台が自動販売機となります。

    販売場所を人から自動にするという削減効果や外国人観光客にもわかりやすく、すぐにチケットを買える環境に変えていくということでしょうか。

    2020年のリニューアルポイント②パークチケット自動販売機導入

    18ヶ所のうち12台が自動販売機となることで、チケットの販売スピードが効率化されそうです。
    自動販売機は多言語対応となる予定だそう。

    外国人観光客も安心してチケットを購入することができますよね。

    2020年のリニューアルポイント③デジタルサイネージの導入

    デジタルサイネージという駅の構内などにある電子の案内板を導入することが決まっています。
    デジタルなので、多言語表記などがより手軽になり、外国人観光客にも快適なパークを楽しんでもらえるような環境づくりをしていくそうです。

    2020年のディズニーランド::改修期間中のエントランス

    改修期間中は一部通常営業と異なる対応になるとのこと。
    異なる点は2つあります。

    ①入園方法
    ②ハッピー15エントリー

    ①入園方法

    改修期間中入園方法引用元:公式サイト
    改修期間中入園方法

    メインエントランスの改修工事具合によりますが

    (1)開園時間前に入園を開始
    (2)園内で待機(マップの青いエリア)

    という流れで入園となる場合があるそうです。

    パークの開園時間まではアトラクション、飲食施設の利用はできません。
    商品施設については未定となっています。

    ②ハッピー15エントリー

    ディズニーホテル宿泊者専用エントランス引用元:公式サイト
    ディズニーホテル宿泊者専用エントランス

    通常時は、メインエントランス中央部にハッピー15エントリー専用のエントランスがあります。
    しかし、改修期間中は仮設の専用ゲートが設けられることになっています。(マップ上の赤い★マーク)

    また、ハッピー15エントリーで利用できるアトラクションは「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」。
    アトラクション利用とファストパス・チケット(FP)の取得が可能です。

    入園可能エリアとハッピー15エントリーの入場口引用元:公式サイト
    入園可能エリアとハッピー15エントリーの入場口

    入園時間が開園時間の15分前入園から30分前入園に変更になります。

    開園時間30分前に入園は出来ますが、マップ上の青いエリアに限られます。
    エントランス~ワールドバザールとシンデレラ城前となっています。

    開園時間15分前より全エリアにアクセスできます。
    全エリアへアクセスする際に2ヶ所の青い★マーク場所にてハッピー15エントリーの“通行書”が回収になります。

    前述の通り、一般のゲストも入園時間前より入園する場合があります。
    工事状況などによりディズニーホテル宿泊者以外も青いエリアに入園可能となる場合があります。

    ※ハッピー15エントリー(アーリー)の特典内容は2019年以降、変更になる可能性があるとのことです。

    2020年のディズニーランド:立体駐車場新設

    東京ディズニーランド・パーキングに立体駐車場が新設されます。
    地上3階建てとなる予定の立体駐車場は、2017年度中に着工予定となっています。

    立体駐車場ができることで、他の駐車場の土地を新規開発エリアにするのか注目ですね!

    まとめ

    いかがだったでしょうか?

    2020年まで大きく変わっていく東京ディズニーランド。
    東京ディズニーランドのエントランスリニューアルが完了したら、シーにも同じことが起きそうですね!

    よりよいパークになることを願って変化を楽しみましょう♪

    “ディズニーランドは永遠に完成しない。世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう。”
    この言葉を胸にディズニーランドをこれからも楽しみたいと思います!

    【2020年のディズニーランド】顔認証&チケット自動販売機導入!立体駐車場も新設! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【速報】ミッキーの顔がニューフェイスに変わった!ショーやグリーティング、旧...

      てんてん

    2. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    3. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーカチューシャ71選!イースター限定&ダッフィーやスパンコー...

      Tomo

    5. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集