【体験レポ】リニューアル後のミッキーのフィルハーマジック!これまでとどこが変わった?

    • かなざわまゆ

      かなざわまゆ

    ディズニーランドのアトラクション「ミッキーのフィルハーマジック」が、2022年9月にリニューアルされ、投影機器の一新に加え、ピクサー映画『リメンバー・ミー』のシーンが追加されました。今回はリニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」に潜入し、新たに追加されたシーンの詳細や実際に乗ってみて感じた点を紹介。「リニューアル後のフィルハーマジックってどんな感じ?」と気になっている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

    こんにちは!
    ディズニーの歌や音楽が大好きな、かなざわまゆです。

    そんなディズニーの歌や音楽をたっぷり楽しめるアトラクションと言えば、ディズニーランドにある「ミッキーのフィルハーマジック」。

    2011年にオープンした人気アトラクションですが、2022年9月、初めてのリニューアルが行われました!

    今回はリニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」に潜入!
    リニューアルして変わった部分の紹介と、実際の体験レポをお届けしますよ♪

    「リニューアル後のフィルハーマジックってどんな感じ?」と気になっている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

    「ミッキーのフィルハーマジック」とは?

    「ミッキーのフィルハーマジック」
    「ミッキーのフィルハーマジック」

    「ミッキーのフィルハーマジック」は、ディズニーランドのファンタジーランドにあるシアタータイプのアトラクション。

    アトラクションでは3D技術が使用されており、ゲストは3Dメガネをかけて鑑賞します。

    あわせて、水や風が噴出したり、お菓子のいい匂いが漂ってきたりといった特殊効果も使用されているのが特徴。

    五感を使って映像を楽しむことで、まるでディズニーの物語の世界に入り込んだような気分を味わえます♪

    アトラクションのストーリーは、ミッキーが指揮する「フィルハーマジックオーケストラ」の演奏会にゲストが招かれたというもの。

    しかし、コンサートホールマネージャーのドナルドが、舞台上にあった「魔法使いの帽子」に勝手に触れてしまったことで事態は一転してしまいます。

    楽器たちが暴れ出し、肝心の帽子はどこか遠くへ飛んで行ってしまいました。
    ドナルドは消えてしまった帽子を追って、ディズニー映画の世界へと入り込みます。

    その後、ゲストはドナルド一緒に、『美女と野獣』や『リトル・マーメイド』、『アラジン』などのディズニー映画の世界を冒険していきますよ♪

    「ミッキーのフィルハーマジック」は身長制限などもなく、小さいお子さんから大人まで楽しめるアトラクション。

    迫力ある映像と数々のディズニー音楽を通して、ディズニー映画の世界をたっぷり堪能してくださいね!

    「ミッキーのフィルハーマジック」が2022年に初のリニューアル!

    「ミッキーのフィルハーマジック」のリニューアル内容は?
    「ミッキーのフィルハーマジック」のリニューアル内容は?

    2011年にファンタジーランドにオープンした「ミッキーのフィルハーマジック」。
    2022年にオープン以来初のリニューアルが行われ、9月15日にリニューアルオープンしました!

    今回のリニューアルの内容は大きく2つです。

    1つ目は、2017年公開のピクサー映画『リメンバー・ミー』のシーンの追加。
    『リメンバー・ミー』はもともと音楽をテーマにした作品なので、どんな風にアトラクションに彩りを加えてくれるのか期待が高まりますね!

    2つ目は、投影機器の一新。
    新たな機器を導入することで、以前よりも鮮明な映像を楽しめるようになりました!

    今まで何度も乗って来た方も、まだ1度も乗ったことのない方も、リニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」を楽しんではいかがでしょうか?

    【ネタバレ】2022年リニューアル版「フィルハーマジック」体験レポ

    リニューアル版「フィルハーマジック」体験レポ
    リニューアル版「フィルハーマジック」体験レポ

    それでは、実際にリニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」の様子をレポートしていきます♪

    ネタバレを含みますので、「実際に乗るまで知りたくない」という方はご注意ください!

    ◆ロビーに『リメンバー・ミー』のポスターが登場!

    『リメンバー・ミー』のポスター
    『リメンバー・ミー』のポスター

    3Dメガネを受け取り、ロビーの中を進むと右側の壁に『リメンバー・ミー』のポスターが飾られていました!

    ミゲルと野良犬のダンテ、そしてヘクターがギターを弾いています。
    ヘクターは映画で大半を占めている骸骨姿ではなく、人間の姿なのがレアですね♪

    周辺では『リメンバー・ミー』のポスターをバックに写真撮影をしているゲストの姿も多く見かけました。

    皆さんもロビーに入ったら、ぜひ『リメンバー・ミー』のポスターを探してみてくださいね!

    ◆追加された『リメンバー・ミー』のシーンの内容

    そんな『リメンバー・ミー』のシーンは、『ライオン・キング』のシーンの後に追加されていました。

    シンバ達が「I Just Can’t Wait To Be King(王様になるのが待ちきれない)」を歌唱し終えた後、映像が切り替わって死者の国の風景が広がります。

    カラフルな死者の国は映画館で見た時も印象的でしたが、3Dの迫力ある映像ではより美しさが増して見えました!

    映像の冒頭、死者の国のモノレールに乗りながらギターを弾くミゲルとヘクター。

    2人の周辺では魔法使いの帽子をかぶったアレブリヘ(映画『リメンバー・ミー』に登場するカラフルで動物のような見た目の魂の案内役)も飛んでおり、ドナルドも同じくアレブリヘに乗って帽子を追いかけて行きます。

    その後、ミゲルとヘクターが「Un Poco Loco(ウン・ポコ・ロコ)」を歌いながら街の中を練り歩き、最終的には大勢の観客が待つ舞台上へ。
    この時にはドナルドも帽子を取り返し、2人の演奏にあわせてダンスをしていました♪

    しかし、ラストでは再びアレブリヘが帽子をくわえてどこかへ飛んで行ってしまいます。

    空に花火が打ちあがる様子と、帽子を持って飛んで行くアレブリヘ、そんなアレブリヘを追いかけるドナルドが映し出されて『リメンバー・ミー』のシーンはフェードアウトとなりました。

    花火が消えた空にティンカー・ベルが現れて、次の『ピーター・パン』のシーンへと続く形になります。

    ◆映像も前よりくっきりと鮮明に!

    今回のリニューアルでは、映像機器の一新によって映像がより滑らかになったとされています。
    実際に映像を見た印象では、3Dの立体感がよりリアルになったように感じました!

    例えば、『リトル・マーメイド』のシーンでアリエルがゲストに見せる宝石や、『美女と野獣』のシーンで目の前に飛び出して来るお菓子たちが、以前よりもはっきりと見えたように思います。

    クリアで鮮やかな映像を通して、物語の世界に入り込んだ気分を味わってくださいね♪

    ◆リニューアル後の混雑具合は?

    「ミッキーのフィルハーマジック」のQライン
    「ミッキーのフィルハーマジック」のQライン

    今回「ミッキーのフィルハーマジック」を訪れたのは、リニューアルしてから間もない9月中の平日12時頃。

    ちょうどハロウィンのパレード「スプーキー“Boo!”パレード」が終わった直後だったこともあってか、アトラクションはやや混んでいる印象でした。
    待機列は写真のように、アトラクションの外まで伸びていましたよ。

    ちなみに、当時の待ち時間は15分でしたが、リニューアルしてすぐの土日は最長で60分前後の待ち時間が発生していたようです。

    「せっかく来たのだからリニューアルした内容を見たい!」と思う方が多いのかもしれませんね。

    この日は12時~16時頃が15分~20分の待ち時間で、午前中や17時以降は5~10分とやや待ち時間が少なくなっていました。

    特に土日に訪れる場合など、なるべく待ち時間を少なくしたい方は朝早くや夕方頃に訪れるのがおすすめです。

    ◆リニューアル後の全体的な感想

    今回のリニューアルで『リメンバー・ミー』のシーンが追加されましたが、アトラクション全体の内容に大きな変更はありません。

    また、シーンの追加によってカットされたシーンもありませんでした。

    「ミッキーのフィルハーマジック」はどのシーンも素晴らしく、「どこかがなくなってしまったら嫌だなあ」と思っていたので、シーン追加のみだったのは嬉しいポイントです。

    そして、1シーン追加と鮮明な映像への変化によって、より見応えが増したように感じました!

    なにより、『リメンバー・ミー』の死者の国の映像は華やかで美しいので、ぜひ現地で見届けることをおすすめします♪

    リニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」の注意点

    リニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」の注意点
    リニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」の注意点

    最後に、リニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」の注意点を2つ紹介します!

    上映時間の延長&混雑に注意

    今回のリニューアルで『リメンバー・ミー』のシーンが追加されましたが、他の部分は特にカットされていませんでした。

    そのため、上映時間は今までの約11分(全体約15分)から約12分(全体約16分)と1分程度伸びています。

    また、先述したようにリニューアル後は若干混雑している傾向も見られ、長いと1時間前後の待ち時間を記録している日もありました。

    スタンバイパスを取得している時やレストランの予約をしている時など、もし後に急ぎの予定が詰まっている場合は注意しましょう。

    人によっては酔いやすいかも?

    「ミッキーのフィルハーマジック」の口コミを見ていると、「3Dが苦手」「酔いそうになる」という声もたびたび見受けられます。

    今回、投影機器のリニューアルにより、以前よりも立体的な映像が楽しめるようになりました。
    そのため、人によってはもっと酔いやすくなる可能性も考えられます。

    また、新たに追加された『リメンバー・ミー』のシーンでも、『ピーター・パン』や『アラジン』のシーンと同じように空中に浮いているように感じる部分がありました。

    『ピーター・パン』や『アラジン』のシーンの浮遊感が苦手な方は注意した方がいいかもしれません。

    もし鑑賞中に気分が悪くなりそうだったら、3Dメガネを外すだけでもだいぶ楽になりますよ!
    近くのキャストさんに声をかければ、アトラクション中でも出口に案内してもらえるので、安心して鑑賞を楽しんでくださいね。

    まとめ

    「ミッキーのフィルハーマジック」のリニューアル後の変更点や、体験レポをお届けしました。

    2022年9月15日、登場して以来初のリニューアルが行われた「ミッキーのフィルハーマジック」。

    よりリアルさが増した3D映像と、巨大スクリーンならではの華やかさが楽しめる『リメンバー・ミー』シーンは必見ですよ♪

    東京ディズニーランドを訪れた際は、ぜひリニューアル後の「ミッキーのフィルハーマジック」を楽しんではいかがでしょうか?

    ◎ディズニーランドのアトラクション一覧
    【最新】東京ディズニーランドの全アトラクション一覧まとめ♪身長制限や所要時間も

    ◎ディズニーランドの人気アトラクション
    【2022】ディズニーランド人気アトラクションランキングTOP15!待ち時間を基準にランキング化!

    【体験レポ】リニューアル後のミッキーのフィルハーマジック!これまでとどこが変わった?

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    かなざわまゆ

    かなざわまゆ

    テーマパーク大好き女子のかなざわまゆです!
    特に好きなのがTDRで、以前は年間パスポートを持っていました。
    パークはもちろん、ディズニーの映画や音楽も大好きです♪

    皆様がテーマパークで素敵なひとときを過ごせるよう、さまざまな情報を発信していきます!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【毎日更新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年11月・12月、2023年1月の予想まとめ!

      【毎日更新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年11月・12月、2023年1月の予想まとめ!

      めぐみ

    3. 【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    4. 【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    5. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集