検索

    東京ディズニーリゾートの駐車場攻略☆料金や時間、裏ワザも!

    • みーこ

      みーこ

    駐車場事情や、混雑状況、知っておくとお得な情報まで幅広くご紹介します。ディズニーリゾートへの交通手段は電車や車、バスに飛行機と様々。時間に縛られずに移動できる自家用車は確かに交通面でも楽で何かと安心できます。

    東京ディズニーリゾートの駐車場攻略☆料金や時間、裏ワザも!

    こんにちは!ディズニーへ向かう途中からすでにディズニー気分に浸っているみーこです。
    ディズニーリゾートは1年を通してとても人気があり、混雑することが多いテーマパークですよね。

    とくに春休みやゴールデンウィーク、クリスマスシーズン、気候の良い時期などは大混雑を覚悟しないといけません。
    そんな時期は、電車やバスも混み合いますが、当然駐車場も混雑してきます

    でも、いくら混雑期だからと言って、必要以上に待たされたり、最悪入れなかったなんて事態は避けたいですよね。
    今回は、ディズニーリゾートの駐車場について知っておくと便利な情報や、攻略法をご紹介します♪

    ディズニーリゾートの駐車場基本情報

    ディズニーの駐車場はどこにある?
    ディズニーの駐車場はどこにある?

    ディズニーリゾートのメイン駐車場は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2ヶ所

    東京ディズニーランド 引用元:公式サイト
    東京ディズニーランド
    東京ディズニーシー 引用元:公式サイト
    東京ディズニーシー

    交通アクセスや駐車場料金は以下の通りになります。

    ディズニーランドの駐車場には車を停められる区画が設定してあり、「ミッキー」「ドナルド」「ティンカーベル」「グーフィー」「ピノキオ」の区画に分けられています

    また、ディズニーリゾートの駐車場は意外にも開閉時間は決まっていません
    駐車料金所のゲートから入園待ちの車が一般道まで並びはじめそうになると、駐車場が開くようになっています。

    その日の混雑状況によっても違いますが、混雑しそうな土日祝日の場合は夜中の3時~5時にはオープンしているようですね
    ゲストパーキングとメインエントランスの間にレストルームがあるので、夜中に到着してもトイレは使用できますよ。

    ディズニーリゾートの駐車場はどのように誘導されるの?

    気になる駐車方法は?
    気になる駐車方法は?

    さて、ではディズニーリゾートの駐車場は、どのように駐車することができるのでしょうか?

    駐車をする方法は、まずは車が入口ゲートに到着した順番で、車の駐車位置をスタッフが指示し案内していきます
    ゲートでは駐車料金を支払いますが、そのあと駐車場の係員の誘導で、空いている駐車スペースに車を停めるという流れに。

    しかし、まれに平日など空いている時期は、駐車する場所を自分で自由に決められることもあるのですが、基本的には係員の指示に従います。
    誘導される駐車場所は、ゲートに早く到着した車から順番に、入場口に比較的近いところに案内されていきます

    逆に、遅く到着してしまった車は、比較的遠い場所に案内されてしまいます。
    ディズニーの開園時間の前後は、首都高速や周辺道路が、朝7時台ですでに渋滞で大混雑する恐れがあります
    できるなら朝5~6時頃にはゲートに到着できるように家を出ることをおすすめします。

    ディズニーリゾートの駐車場どんな混雑状況でも入れる?

    車は早めの出発が肝心
    車は早めの出発が肝心

    ディズニーへ車で行くとなった時に、真っ先に考えるのか「駐車場ディズニーリゾートの駐車場っていっぱいにならないの?」ということではないでしょうか。
    ディズニーには、毎日のように多くのゲストが遊びに訪れ、行き帰りが楽というメリットから自家用車で訪れる方もたくさんいらっしゃいます。
    そのため、「車で来てみたはいいけど、万が一停められなかったらどうしよう…」と思ってしまいますよね

    しかしご安心ください!
    ディズニーリゾートでは大混雑になっても大丈夫なように、かなり多くの駐車場を用意しています。
    東京ディズニーランドだけでも8,000台分、周辺のディズニーリゾート全体では計20,000台分の駐車場があると言われています
    また、大混雑時期が予想される日は、臨時駐車場も解放されます。

    メインの駐車場が満車になってしまった場合でも、ディズニーからは少し遠く離れてしまいますが、臨時駐車場へ誘導されます。
    どんなに混雑する時期であっても、車を停められなかったと言う話はこれまで聞いたことがありませんよね
    ですから、「せっかく来たのに空いている駐車場がない」という事態は間逃れるはずです。

    しかし、先ほどもお伝えしましたが、大混雑時期には、パークエントランスに近い駐車場ほど早い時間に埋まってしまう可能性が高いです
    とくに、入園制限クラスの大混雑になった場合は、オフィシャルホテルが並ぶベイサイドステーション周辺や、ディズニーシーの裏側付近までまわされることがあります。

    その場合ゲートから遠い駐車場や、パークまで20分ほど歩かなくてはならない臨時パーキングにまわされてしまうことがあるので注意が必要ですよ!

    駐車料金の支払いゲートは右側を選べ!

    右側がおすすめの理由は?
    右側がおすすめの理由は?

    ディズニーリゾートの駐車場の料金の支払いゲートは、本線道路から少し斜めに左折して入場するようになっています。
    そのため、運転に慣れていないドライバーは、どうしても左側に集中しやすいと言われています

    しかし、実は駐車料金の支払いゲートは10以上あり、高速道路の料金所よりもブースが多く作られています。
    ですから、うまくサイドミラーを使って後方を確認しながら、右側のゲートを目指すことで、駐車料金の支払いがスムーズに済むという裏ワザがあるのです!

    このことから混雑時は右側のブースは1台しか並んでいないけれど、左側のブースは10台以上並んでいるという状態のときもあります。
    どこのブースを使っても、そのあとは係員さんに誘導してもらい、駐車場に車を停めるだけなので、スムーズにお支払を済ませたい方は右側のブースをおすすめします。

    入場制限のあるときは料金が無料になる?

    入場制限がラッキーことも
    入場制限がラッキーことも

    ディズニーリゾートに近い駐車場をゲットするためには、なるべく早く家を出るに越したことはありませんが、なかなかそうもいかない方もいらっしゃるはず。
    ディズニーリゾートから割と近いエリアにお住まいの方はそうでもありませんが、長距離かけて遊びに来る方はとくに大変ですよね。

    長い時間かけて来たけれどもうすでに駐車場は大混雑で、入園制限がかかってしまった・・・なんてこともあるはずです
    誰もがテンションだだ下がりの状況ですが、実はそんな状況だからこそラッキーなこともあるのです☆

    実はあまり知られていないのですが、ディズニーリゾートに入園制限がかかると、その時間帯の当該パークの駐車場料金がなんと無料になるのです!
    これを確認するためには、まずはディズニーランドの入口右側にあるインフォメーションをチェックしましょう。

    この時どちらかのパークに入園制限がかかっていたら、お目当てのパークでなくても、制限がかかっているパークに駐車することで駐車料金を無料にすることができます。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    ディズニーリゾートの知られざる駐車場事情についてご紹介しました。
    「電車よりも行き帰りが楽だから車で行きたい!」という方は、ぜひ攻略法をみてから遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

    また、車でお越しの方は、自分の車をどこに停めたか、よく周りの景色をインプットしてインパすることをお忘れなく!
    とくに帰り際の駐車場は真っ暗なので、自分の車の場所がわからなくなってしまうことが多々あります。

    せっかくのディズニーを満喫した後は、無理な運転はせず適度なお休みをはさんで気を付けて帰りましょうね♪

    東京ディズニーリゾートの駐車場攻略☆料金や時間、裏ワザも! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    2. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    3. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ディズニーイースターのうさ...

      てんてん

    5. ランキング画像

      【2019】ディズニーカチューシャ71選!イースター限定&ダッフィーやスパンコー...

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集