幸せウサギ「オズワルド」の悲しい歴史!ディズニーの著作権が厳しくなった訳とは?

    • ぴょこ

      ぴょこ

    ミッキーの基となったキャラクター、オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットについてまとめてみました!ウォルト・ディズニー社がなぜ著作権に厳しくなったのか?実はその真相にはオズワルドが関わっています。オズワルドがどういったキャラクターなのか、歴史を紐解いていきましょう。

    こんにちは、オズワルド大好き、ワーママのぴょこです。

    今回皆さんにご紹介するのは、幸せウサギのオズワルドの悲しい歴史についてになります。

    皆さんはオズワルドをご存知でしょうか。
    耳の長いミッキーと言えば、あっ!と思う方もいるのではないでしょうか。

    ミッキーより前に生まれた、もしかしたら現在のミッキーのポジションにいたかもしれない存在、それがオズワルドです。

    オズワルドにはウォルト・ディズニー社にとっても悲しい歴史を持ち、ウォルト・ディズニー社がなぜ著作権に厳しいのはオズワルドが関わっていると言われています。

    オズワルドとは

    オズワルドとは
    出典:公式サイト
    オズワルドとは

    オズワルドは黒と白の色合いと顔の作り、全体のシルエットも耳以外、ミッキーにそっくりなウサギのキャラクターです。

    しかし、実はミッキーよりオズワルドが先に生まれており、オズワルドの著作権がユニバーサル・ピクチャーズに移らなければ、ミッキーは誕生していなかったかもしれないのです。

    性格はとても明るく、ちょっぴり怒りん坊な男の子♪
    女の子とのロマンスも多いようです。

    後述するゲームではミッキーの人気に嫉妬するそぶりも見せていることからやきもち焼きな性格も垣間見れますよ!

    オズワルドの歴史

    オズワルドの歴史
    オズワルドの歴史

    それではオズワルドの歴史を紐解いていきましょう♪

    ◆オズワルドの誕生

    オズワルドは1927年9月5日(月)に公開された『トロリー・トラブルズ』という短編作品で初登場しました。

    ウォルト・ディズニーとアメリカのアニメーター、アブ・アイワークスの二人が当時の配給業者のチャールズ・ミンツの元、実写アニメーションを制作していましたが、作中のキャラクターがある漫画の模倣だと抗議されてしまいます。

    困った二人は、新たにフルアニメーションの制作に取り掛かります。

    そして、そこで生まれたのが丸っとしたシルエットが特徴的なウサギのオズワルドでした。

    ◆オズワルドのウォルト・ディズニー時代

    オズワルドはデビュー作の『トロリー・トラブルズ “Trolley troubles” 』で人気となり、シリーズ全26話が放送されるとディズニー・カンパニーは瞬く間にアニメーション会社として人気になっていきました。

    まさに幸せウサギと呼ばれるのに相応しいですね♪

    しかし、1928年2月、配給先出会ったユニバーサル・ピクチャーズと製作費に関する交渉で決裂。

    資金を注ぎ込んで制作していたオズワルドのアニメーションですが、配給側から支払われるお金が一向に上がらなかったため、ウォルト・ディズニーが契約交渉に赴いたのです。

    しかし、ユニバーサル・ピクチャーズはユニバーサルとチャールズ・ミンツに所有権があるとして、棄却したのです。

    さらに配給業者であったチャールズ・ミンツが裏切り、アニメーターたちを引き抜いて行ってしまいました。

    残ったのは、ウォルト・ディズニーとアブ・アイワークス、その助手の3人だけでした。

    大量のアニメーターを失い、会社としても厳しい状況に陥ってしまいましたが、彼らは諦めず、契約上制作しなければいけないオズワルド作品を4本仕上げる傍、新しいキャラクターを誕生させていました。

    そう、それがオズワルドにそっくりなミッキー・マウスだったのです。

    ミッキーは元々、オズワルドの作品の中で、脇役として出演予定でしたが、オズワルドがいなくなったこともあり、デビュー作『蒸気船ウィリー』で大ブレイク。

    ウォルト・ディズニー達の立場は一気に逆転しました。

    そして、ウォルト・ディズニーの版権管理体制も厳しいものとなったのです。

    ◆オズワルドのジョージ・ウィンクラー時代

    ウォルト・ディズニーから手が離れたオズワルドは、チャールズ・ミンツの義理の関係に当たる、ジョージ・ウィンクラーが中心となり、ディズニーから引き抜いたアニメーターたちと共に制作をしていきました。

    しかし、そんな制作体制も長くは続かず、ユニバーサル・ピクチャーズの直営に移行したのです。

    ◆オズワルドのウォルター・ランツ時代

    ジョージの後を継いだのがユニバーサル・ピクチャーズにアニメーション作品を提供していたウォルター・ランツでした。

    人気キャラクターのウッディー・ウッドペッカーの生みの親でもあります。

    ここでオズワルドは幾度となくキャラクターデザイン変更が行われてしまい、人気の低下が止まらず、とうとうオズワルド作品は作られなくなってしまったのです。

    しかし、2001年に日本にオープンしたユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどでグッズが販売されていたりと、未だオズワルドの存在は忘れられていませんでした。

    ◆オズワルドのウォルト・ディズニー返還後

    2006年にウォルト・ディズニーの元にオズワルドが返還されることとなりました。

    それはオズワルドの著作権がウォルト・ディズニーの手から離れて78年後のことです。

    なぜオズワルドはウォルトディズニーの元に帰ってきたのでしょうか。

    実は、アメリカで国民的スポーツとも言えるアメリカンフットボールが影響していました。

    当時アメリカンフットボールのリーグ、NFL(National Football League)の放送権を持っていた2つのテレビ局があります。

    この二つの放送権はなんとウォルト・ディズニー傘下のテレビ局だったのです。

    2005年シーズン後にそのうちの一つが撤退することとなりました。

    そこでユニバーサル傘下のテレビ局が名乗り出るのですが、併せて長年放送権を持っていた番組でアナウンサーをしていた二人組を引き抜きたいと考えます。

    しかし、そのうちの一人がテレビ局のアナウンサーで、簡単には引き抜けませんでした。

    そこでユニバーサルが提案した条件のうち一つがオズワルドをウォルト・ディズニー社に返還するというものだったのです。

    こうしてオズワルドは半世紀の時を超えてウォルト・ディズニーの元に戻ってきました。

    残念ながらウォルト・ディズニー本人はすでに亡くなっているので、帰ってきたオズワルドに会うことは叶わなかったのです。

    オズワルドがゲームに登場

    ゲームに登場
    ゲームに登場

    オズワルドはアニメーション作品以外で、ゲームに登場しています。

    2011年に発売されたWii用ゲームソフト、『ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜』です。

    アクションアドベンチャーゲームで、オズワルドの復帰第一弾となりました。

    そして、ミッキーとのコラボも復帰後初めてとなります。

    ◆ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜』のストーリー

    『ファンタジア』でミッキーの師匠をしていた、魔法使いのイェン・シッドが、魔法の筆で忘れられたディズニーキャラクター達の世界、「ウェイストランド」を作っていました。

    そこに鏡の中から現れたミッキーがイェン・シッドがいない間にこっそり魔法の筆を使ってしまいます。

    ミッキーは筆を扱ううちにうっかりインクをこぼしてしまい、シャドー・ブロットと呼ばれるインクの悪魔を生み出してしまうのです。

    そして、幾つもの月日が流れ、ミッキーは成長し、大スターとなっていました。

    ミッキーがのんびりと寝ていると、突然シャドー・ブロットが現れ、ミッキーをどこかに連れ去ってしまうのです。

    なんとそこはウェイストランドでした。

    イェン・シッドが描いた素敵な世界ではなく、ミッキーがインクをこぼしたせいで恐ろしい災いが起こり、ウェイストランドになってしまったのです。

    ミッキーは魔法の筆を片手に、ウェイストランドを元に戻す旅に出るのでした。

    旅の途中、ウェイストランドのリーダー的存在のオズワルドに出会います。

    オズワルドはミッキーや災いのせいで人々から忘れられてしまい、ミッキーを恨んでおり、暴言を吐いたりしていましたが、旅が進むに連れて、ミッキーに心を開くのですが・・

    ディズニーリゾートでオズワルドに会える場所は?

    ディズニーリゾートで会える場所は?
    ディズニーリゾートで会える場所は?

    オズワルドの復帰後、東京ディズニーシーにて、オズワルドのグリーティングスポットが登場しました!

    オズワルドの登場は世界中のディズニーパークの中でもディズニーシーが初ということで世界中のディズニーファンが注目します。

    しかし、残念ながら2015年に惜しまれながらもオズワルドのグリーティングスポットは終了してしまい、オズワルドに会える場所はなくなってしまいました。

    カリフォルニア・アドベンチャーでオズワルド会える!

    現在はカリフォルニア・アドベンチャーで会える?
    現在はカリフォルニア・アドベンチャーで会える?

    ディズニーシーで会えなくなってしまい、世界中が悲しみましたが、なんとカリフォルニア・アドベンチャーで会うことができるようです。

    カリフォルニア・アドベンチャーでは、ブエナビスタ・ストリートという場所で整列してグリーティングを行うスタイルでオズワルドに会うことができます。

    マップなどにグリーティングできる時間が記載されているので、会える確率は同じ整列グリーティングを行う日本より高めです。

    サインももらえるようなので、ぜひオズワルドのサインをゲットしてみてください。
    現在、世界で1パークしかもらえない貴重なサインです♪

    ※2021年現在、東京ディズニーリゾート及び世界中のディズニーパークでは、コロナウイルス感染症対策によりキャラクターグリーティングが休止、もしくは抽選などの対応が行われています。
    本記事はコロナウイルス感染症対策が敷かれる前のグリーティング情報になります。

    まとめ

    オズワルドの悲しい歴史と、ディズニーの著作権に厳しくなった理由をご紹介しました。

    やっと帰ってきたオズワルドですが、出会える場所は少ないので、出会えたらラッキー♪

    ぜひオズワルドグッズなどもチェックしてみてくださいね。

    幸せウサギ「オズワルド」の悲しい歴史!ディズニーの著作権が厳しくなった訳とは? キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    ぴょこ

    ぴょこ

    はじめまして、ディズニーが大好きなぴょこです。
    一人娘と毎日ジャンボリーミッキーを踊っているワーママです♡
    楽しく面白く、ディズニーの魅力をお伝えしていけるような記事を書いていけるようにがんばっていきます!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      【ディズニー】スタンバイパス徹底解説!取り方&使い方&表示の見方まとめ!ファストパスとの違いや発券状況も!

      Tomo

    2. 【1/5最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?お正月・2022年1月・2月の予想まとめ!

      【1/5最新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?お正月・2022年1月・2月の予想まとめ!

      めぐみ

    3. 【1月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      【1月最新】ディズニーチケットの日付変更方法まとめ!入園日を過ぎてもOK!手順や変更できる回数は?

      ティガー

    4. 【2022冬】ディズニーの被り物&帽子まとめ!

      【2022冬】ディズニーの被り物&帽子まとめ!

      てんてん

    5. 【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      【最新】ディズニーチケットのパーク別の販売状況

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集