【2021年3月公開】『ラーヤと龍の王国』あらすじ&キャスト情報!新ディズニープリンセス誕生!

    • Melody

      Melody

    2021年3月12日(金)に公開が決定したディズニー映画最新作『ラーヤと龍の王国』。本記事では、ディズニー映画として初めて、東南アジア系のプリンセスを主役に迎えた本作の気になるあらすじをはじめ、キャストに関する情報や最新日本版予告トレーラーまで、現時点で知りえる限りをまとめました。

    【2021年3月公開】『ラーヤと龍の王国』あらすじ&キャスト情報!新ディズニープリンセス誕生!
    引用元:公式サイト

    みなさん、こんにちは!ディズニー映画は欠かさずチェックしているMelodyです!

    今回は、2021年3月12日(金)に公開が決定したディズニー映画最新作『ラーヤと龍の王国』を大特集♪

    ディズニー映画として初めて、東南アジア系のプリンセスを主役に迎えた本作の気になる

    ・あらすじ
    ・キャスト
    ・見どころ
    ・最新日本版予告トレーラー

    などの最新情報をまとめました。

    新たなディズニープリンセス映画として大注目の本作に関する情報をお探しの方は、必見ですよ!

    『ラーヤと龍の王国』とは?

    『ラーヤと龍の王国』とは?
    『ラーヤと龍の王国』とは?

    公開日:2020年3月12日(金)(日米同時公開)
    原題:Raya and the Last Dragon

    『ラーヤと龍の王国』は、東南アジア圏の文化をベースに、自身の王国を救うために最後のドラゴンを探すプリンセス兼女戦士・ラーヤの活躍を描くファンタジー作品です。

    本作のメガホンを取ったのは、日本文化を多様に取り入れたディズニー映画『ベイマックス』のドン・ホール監督と、映画『ブラインドスポッティング』のカルロス・ロペス・エストラーダ監督。

    ベトナム系アメリカ人の劇作家キュイ・グエンさんと、大ヒットハリウッド映画『クレイジー・リッチ!』の脚本家アデル・リムさんが共同で仕上げた脚本にも注目です。

    また、『アナと雪の女王2』のピーター・デル・ヴェッチョさんと、『モアナと伝説の海』のオスナット・シューラーさんが揃って本作のプロデュースを努めます。

    ラーヤと龍の王国:あらすじ

    『ラーヤと龍の王国』ポスター
    出典:公式サイト
    『ラーヤと龍の王国』ポスター

    『ラーヤと龍の王国』の舞台は、東南アジアに位置する架空の国”クマンドラ王国”。
    その昔、この王国は聖なる龍たちに守られ、人々は平和に暮らしていました。

    しかし、ある時、王国は邪悪な魔物に襲われ、王国を守るために立ち上がった龍たちは、自らの命を犠牲にして、世界から姿を消しました。

    龍という聖なる生き物の存在を信じていた王国の人々も、その事件をきっかけに信じる心を失い、そのまま500年もの長い月日が過ぎました。

    そんな中、再び王国は魔物に襲われることに。

    聖なる龍の力が宿るという”龍の石”の守護者一族の娘として誕生したラーヤは、遠い昔に姿を消した “最後の龍”の力を蘇らせ、再び世界に平和を取り戻すため、一人未知なる旅に出ることとなります。

    ラーヤと龍の王国:キャスト紹介

    続いては、『ラーヤと龍の王国』で声優を務めることが発表された豪華キャスト陣をご紹介していきます。

    日本でも人気の高い『スター・ウォーズ』シリーズへの出演で有名なあの女優が、主人公ラーヤ役を担当します!

    ◆ケリー・マリー・トラン(ラーヤ役)

    ケリー・マリー・トラン(ラーヤ役)
    ケリー・マリー・トラン(ラーヤ役)

    ディズニー初の東南アジア系プリンセスの声を担当するのは、ベトナム系アメリカ人女優として活動しているケリー・マリー・トランさん。

    実は元々、このラーヤ役はフィリピン系の血筋を引くカナダ人女優のキャシー・スティールさんに決定したと発表されていました。
    しかし、2020年8月に入り、急遽、キャシーさんに代わって、こちらのケリーさんがラーヤ役を引き継ぐことに!

    こうして、ケリーさんは東南アジア出身の女優として初めて、ディズニー映画の主演を務めることとなりました。

    ケリーさんは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に登場したローズ・ティコ役で有名です。

    ◆オークワフィナ(シースー役)

    力を失い、人間の姿と化してしまったかつてのドラゴン・シースー役を務めるのは、映画『クレイジー・リッチ!』や『フェアウェル』への出演が有名な中国・韓国系アメリカ人女優のオークワフィナさん。

    オークワフィナさんは、実写版『リトル・マーメイド』でカモメのスカットル役を担当されることでも、知られていますよね!

    本作において、シースーはラーヤの力を借りながら、本来のドラゴンとしての自分を取り戻すために、奮闘していくこととなります。

    ラーヤと龍の王国:見どころ

    こちらでは、現時点で発表されている本作の見どころをご紹介していきます。

    ◆東南アジアの国々をモデルとした世界が舞台

    東南アジアの国々をモデルとした世界が舞台
    出典:公式サイト
    東南アジアの国々をモデルとした世界が舞台

    ラーヤのコスチュームなどを見てもわかるように、本作は東南アジアの国々をモデルとした世界が舞台となっています。

    製作陣が本作を製作するに当たって、参考にしたのは、

    ・マレーシア
    ・ベトナム
    ・タイ
    ・カンボジア
    ・フィリピン
    ・インドネシア

    などの国々。

    各国の文化や歴史に忠実な作品に仕上げたいという思いから、様々な分野のスペシャリストを呼び集めたのだとか!

    例えば、インドネシアからは

    ・人類学者
    ・言語学者
    ・伝統武芸のダンサー
    ・ガムランと呼ばれる民族音楽のミュージシャン

    などが、本作の製作に携わりました。

    また、ポリネシア文化圏を舞台にした『モアナと伝説の海』の製作陣がハワイやタヒチ島に調査旅行へ出かけたように、本作の製作に当たっては、東南アジアの国々へ映画のスタッフたちが派遣され、現地で東南アジア文化の調査に当たったそうです。

    ディズニーが描く美しい東南アジアの世界にも、注目ですよ♪

    ◆ネットで多くの批判を受けてきたアジア系女優がディズニープリンセスに!

    ネットで多くの批判を受けてきたアジア系女優がディズニープリンセスに
    出典:公式サイト
    ネットで多くの批判を受けてきたアジア系女優がディズニープリンセスに

    見事、ラーヤ役に抜擢されたケリー・マリー・トランさんは、先述した通り、『スター・ウォーズ』シリーズのローズ役で有名となったアジア系女優です。

    そんなケリーさんは、『スター・ウォーズ』シリーズに出演したことで、知名度を上げた一方で、長らく、SNS上で人種差別的批判を受けてきました。
    『スター・ウォーズ』で彼女が演じたローズ役に対する批判も多かったものの、彼女自身の容姿やアジア系のバックグラウンドを持っていることへの中傷も目立ちました。

    そういった批判を受け、ケリーさんは自己嫌悪に陥り、自身のSNSの投稿を全て削除したり、「自分がより痩せていたら」や「自分がアジア人ではなかったら」などといった考えが頭をよぎったりしたと言います。

    しかし、『スター・ウォーズ』の出演者たちや多くの映画ファンたちが彼女に共感の意を示し、ケリーさん自身も今では、アジア人として誕生したことに誇りを持ち、すべての有色人種の子供たちが自身の容姿や人種によって判断されない世界を目指したいと語っています。

    そんなケリーさんが新たなディズニープリンセスを演じるというニュースは、有色人種の女性たちをはじめ、世界中の人々に勇気を与えたことでしょう!

    プリンセスであり、勇敢に闘う女戦士でもあるラーヤは、まさに現代を代表する女性像となること、間違いなしです。

    ◆ラーヤの相棒・トゥクトゥクがかわいい♡

    ラーヤの相棒・トゥクトゥクがかわいい♡
    出典:公式サイト
    ラーヤの相棒・トゥクトゥクがかわいい♡

    『塔の上のラプンツェル』ではカメレオンのパスカル、そして『アナと雪の女王』では雪だるまのオラフなど、プリンセス作品にはかわいい相棒のキャラクターが欠かせません。

    本作に登場するラーヤの相棒キャラクターは、トゥクトゥクと呼ばれるこちらのキャラクター!
    トゥクトゥクというと、タイで普及している三輪タクシーを思い浮かべる方が多いかと思います。

    しかし、本作に登場するトゥクトゥクは、映画のスタッフ曰く、「ふわふわした熊とアルマジロをかけ合わせたような動物」をイメージして生み出されたキャラクターだそう。

    赤ちゃん時代のトゥクトゥクは、ぬいぐるみのようで、何ともかわいらしいですよね♡
    パスカルやオラフに続く、人気キャラクターになること、間違いなしです!

    ラーヤと龍の王国:予告トレーラー

    最後に、つい先日公開されたばかりの日本語予告トレーラーをご紹介します。

    予告編には、軽快な音楽にのせて罠を掻い潜る少女時代のラーヤが登場。
    軽やかな身のこなしを披露するラーヤの姿から、実写映画顔負けのアクションシーンにも期待が高まります。

    予告編の終盤では、成長したラーヤの姿も確認できます。

    東南アジア圏の民族衣装を彷彿とさせる帽子を被り、剣を握りしめる凛々しいラーヤの手には、物語のキーアイテムになるであろう“龍の石”と思われる輝く石も見えますね!

    まだまだ物語は謎に包まれていますが、本作のヒットを感じさせる素敵な予告編に仕上がっているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

    まとめ

    『ラーヤと龍の王国』
    『ラーヤと龍の王国』

    いかがでしたか?
    『ラーヤと龍の王国』は、2020年3月12日(金)に、日米同時公開予定です。
    ぜひチェックしてみてくださいね♪

    歴代ディズニー映画一覧!全64作品を一挙紹介

    ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」

    ディズニープラス
    出典:公式サイト
    ディズニープラス

    Disney+(ディズニープラス)なら、月額770円(税込)でディズニー映画が見放題!
    今なら、1ヶ月間の無料体験キャンペーンを実施中♪

    Disney+(ディズニープラス)

    ディズニーの歴代映画はもちろん、「ピクサー作品」や「スターウォーズシリーズ」、「マーベルシリーズ」まで6,000作品以上が見放題!

    【2021年3月公開】『ラーヤと龍の王国』あらすじ&キャスト情報!新ディズニープリンセス誕生! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Melody

    Melody

    ディズニープリンセスが大好きなMelodyです♡ 大学でもディズニー研究をしていたほどの自他共に認めるディズニーファンです!LAに住んでいたことがあり、アナハイムディズニーの年パスを持っていた経験もあるので、東京ディズニーだけではなく、アナハイムディズニーについての情報も積極的に発信していけたらと思います!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】2020冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【最新】2020冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【2020冬】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      【2020冬】ディズニーの帽子&ファンキャップ一覧!イヤーハットなどの被り物でおそろコーデ♪

      てんてん

    3. 【更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      【更新】ディズニーチケット予約攻略法!予約できたポイントを徹底解説!

      Tomo

    4. 【2020冬】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!新エリア&美女と野獣グッズも登場!

      【2020冬】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!新エリア&美女と野獣グッズも登場!

      てんてん

    5. 【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      【攻略】エントリー受付の当選確率を上げる方法!ディズニーの新アトラクションに乗りたい!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集