検索

    【美女と野獣】ルミエールのプロフィール!彼女・歌・実写版の俳優・声優・会える場所まとめ!

    • 姫

    ディズニー映画『美女と野獣』に登場するキャラクター「ルミエール」をご紹介します。ルミエールは、ろうそく付きの燭台。本来の姿は野獣の城の給仕長です。おもてなし上手なルミエールのプロフィールや気になる彼女、名曲「ひとりぼっちの晩餐会」、実写版の俳優、声優、東京ディズニーリゾートで会える場所をまとめています。さらに、ルミエールの活躍ぶりをアニメ版と実写版で比較しています!

    【美女と野獣】ルミエールのプロフィール!彼女・歌・実写版の俳優・声優・会える場所まとめ! 引用元:公式サイト

    こんにちは、姫です♡
    ずっとずっと大好きな東京ディズニーリゾートは「マイ・パワースポット」です!

    今回は、ディズニー映画『美女と野獣』に登場するキャラクター「ルミエール」をご紹介します。

    ルミエールは、ろうそく付きの燭台のキャラクター。
    本来は、野獣の城の給仕長です。

    なんとあの名曲「ひとりぼっちの晩餐会」を歌っているのが、ルミエール!
    この歌は、お城のなかで心細くなっているベルを楽しませてくれましたね。

    それでは、人をおもてなしすることが得意なルミエールのプロフィールをチェックしていきましょう!

    ディズニー映画『美女と野獣』とは

    ディズニー映画・実写版『美女と野獣』引用元:公式サイト
    ディズニー映画・実写版『美女と野獣』

    ディズニー映画『美女と野獣』とは、1991年に公開された映画です。
    『美女と野獣』は、ベルと野獣の真実の愛の物語。
    2017年には実写版も公開されています。

    『美女と野獣』のあらすじを簡単にご紹介します。
    主人公・ベルは、フランスの小さな町に住む読書好きのちょっと変わった娘。

    ある日、父・モーリスの代わりに野獣の住むお城にとらえられることに。
    このお城では王子は野獣、召使いたちは家具や食器の姿に、魔女の魔法によって変えられてしまっていたのです。

    この魔法を解くのは「真実の愛」。
    野獣が「人を愛し愛されることを学ぶこと」でした。
    結末は、もちろんハッピーエンド♡

    野獣が真実の愛を学ぶ運命の女性が、ベルでした。
    しかし、不安いっぱいのベル。
    そのとき、歌や踊り、料理でおもてなししてくれたキャラクターが「ルミエール」です。

    美女と野獣のルミエール:プロフィール

    ルミエール引用元:公式サイト
    ルミエール

    「ルミエール」は、ディズニー映画『美女と野獣』に登場するろうそく付き燭台(しょくだい)のキャラクターです。
    燭台とは、ろうそく立てのこと。
    魔女の魔法で、ろうそく付きの燭台の姿に変えられてしまったのです。

    ◆国・性別・職業

    ろうそく付きの燭台になる前のルミエールは、フランスの男性。
    野獣の城で「給仕長」をしていました。

    ◆外見

    ルミエールの燭台の色は金色で、火の灯ったろうそくが3本立っています。
    真ん中のろうそくには、目と口があります。
    左右のろうそくは、手のように使えます。

    ルミエールとは、フランス語で「光」という意味。
    それゆえ、ろうそく付きの燭台の姿に変えられたのでしょう。

    ルミエールは、リーダー的な存在に感じます。
    このあと詳しく説明しますが、ベルをもてなしたり、案内したり、野獣に提案したりと、いろいろなことを先頭を切ってしているのです。

    ベルが「野獣の運命の女性である」ことを見抜いたのも、ルミエール。
    「ルミエール(光)」という名前のとおり、魔法が解ける(光の)道を潜在的に気づいていたのでしょうね。

    ◆性格

    レディファーストなルミエールは、サービス精神旺盛です。
    女好きなので女性に優しく、とても明るいキャラクターで、人をおもてなしすることが得意です!
    ルミエールは、性格が異なる几帳面なコグスワースとよくぶつかりますが、本当は気が合います。

    ◆ルミエールとベル

    魔法によって姿を変えられてしまった野獣や召使いたち。
    彼らは、バラの花びらが散る前に野獣が「真実の愛」を見つけると魔法が解け、元の姿に戻ることができます。
    もし野獣が真実の愛を見つけることができなく魔法が解くことができないと、ルミエールたちは永遠にろうそく付きの燭台などのままです。

    そして10年の月日が流れ、ついにお城に現れた女性がベルです。
    ベルを見たルミエールは、「魔法を解く女性である」と直感が働きました!
    しかし、ベルは自分からモーリスの身代わりになるとは言ったものの、お城でとらえられいるので不安いっぱいになっていきます。

    そこは、ルミエールの出番!
    ルミエールは、心細くなっているベルを、歌・踊り・料理で歓迎します。

    女性に優しいルミエールの本領発揮です!

    ◆ルミエールと野獣

    10年もの月日が流れたことで心を閉ざしてしまった野獣。
    しかし、ルミエールは野獣に真実の愛を見つけることを諦めないように、いつも励ましつづけています。
    ベルが現れてからは、ルミエールは野獣とベルの仲を取り持とうとしました。

    美女と野獣のルミエール:彼女

    「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のルミエール
    「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のルミエール

    女性に優しいルミエールには「フェザーダスター」という名前の彼女がいます。
    黒のメイド服を着たとてもセクシーな女性です。
    フェザーダスターは魔法で、羽ぼうきの姿に変えられています。

    ◆ルミエールの彼女の名前

    ルミエールの彼女のフェザーダスターには、4つの名前があります。

    ①フェザーダスター
    ②プリュメット
    ③バベット
    ④フィフィ

    いずれかの名前が使われています。

    美女と野獣のルミエール:歌

     『美女と野獣』引用元:公式サイト
    『美女と野獣』

    『美女と野獣』では、ルミエールが歌い、踊るシーンがあります。
    このシーンが、サービス精神旺盛で人をおもてなしすることが得意なルミエールの最大の見せ場!

    ルミエールが歌・踊り・料理で、お城でとらえられ心細くなっているベルを楽しませます。
    そのときにルミエールが歌っている曲は、「ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest)」。

    見事なパフォーマンスを披露するシーンは、実写版はさらに豪華すぎる圧巻な仕上がりです!
    ベルと野獣の2人だけの有名な舞踏会でのダンスシーンと並ぶほど、見ごたえのあるシーンです♡

    「ひとりぼっちの晩餐会」は、東京ディズニーランドのアトラクション「ドナルドのフィルハーマジック・オーケストラ」にも使われていますよ。
    アトラクションでは、『美女と野獣』の晩餐会に迷い込んだドナルドとゲストを、ルミエールがおもてなししてくれます。

    美女と野獣のルミエール:実写版のキャラクターと俳優

    実写版・ルミエール引用元:公式サイト
    実写版・ルミエール

    ディズニー映画『美女と野獣』は、2017年に実写版が公開されました。

    ◆実写版のルミエール:キャラクター

    『美女と野獣』は、アニメ版と実写版では異なる点がたくさんあります。
    そこで、ルミエールにフォーカスして2つご紹介します。

    ①ルミエールとバラの花びら
    ②ルミエールと野獣

    ①ルミエールとバラの花びら

    先にもお話したように、ルミエールたちは魔女の魔法によってろうそくの燭台などに変わってしまいました。

    この魔法を解く方法は、バラの花びらがすべて散るまでに野獣が真実の愛を見つけることです。
    野獣は、愛し愛されることを学ぶのです。

    バラの花びらが散っていくと同時に、召使いたちは動きが鈍くなり、〝モノ化〟していきます。
    もし最後の花びらが散るまでに真実の愛を見つけることができないと、永遠に、野獣やろうそく付きの燭台などそのままの姿になってしまうのです。

    実写版では、あろうことかバラの花びらはすべて散り、ルミエールは本当の〝モノ〟としての、ろうそく付きの燭台になってしまいます。
    ルミエールだけでなく、ほかの召使いたちも本物の家具や食器になります。

    このシーンはアニメ版には描かれていません。
    実写版のオリジナルシーンです。

    そしてその後、ベルが野獣に愛を告げると、ルミエールたちは無事、元の人間の姿に戻ります。
    アニメ版の結末を考えると、ルミエールたちは元の人間の姿に戻っていることがわかっています。

    しかしながら、実写版でこのシーンを描くことで、さらに悲しく感じてしまいますよね。
    真実の愛とは別に、命の大切さが描かれているのではないかとも考えられます。

    ②ルミエールと野獣

    お城にとらえられたベルを、「魔法を解く運命の女性である」と見込んでいるルミエール。

    アニメ版では、ルミエールは、野獣にベルを牢屋ではない良いお部屋にしてあげることを頼みます。
    実写版では、ベルを牢屋から解放するように頼む、というように異なります。

    そして、ルミエールはコグスワースと一緒にベルをお城の東館にあるお部屋へと案内します。

    ◆実写版のルミエール:ユアン・マクレガー

    『美女と野獣』の実写版でルミエールを演じたのは、「ユアン・マクレガー」さんです。
    ユアン・マクレガーさんは、スコットランド出身の俳優で、『スターウォーズ』などにも出演されています。

    ルミエールの年齢は公表されていませんが、実写化したビル・コンドン監督のコメントから「20歳前後である」と想像できます。
    しかし、ろうそく付きの燭台の姿になって…10年…30歳前後でしょうか。

    ユアン・マクレガーさんは、1971年生まれの48歳(2019年時点)。
    10〜20歳以上離れているルミエールを演じていると考えられます。

    それゆえアニメ版とは異なり、ユアン・マクレガーさんのルミエールは、大人な渋いキャラクターが魅力です!
    また、ルミエールはフランス人ですが、ユアン・マクレガーさんのルミエールはスコットランド風なのだとか。
    さらに、ユアン・マクレガーさんが演じたことによって現代風にアレンジされているそうですよ。

    美女と野獣のルミエール:声優

    『美女と野獣』
    『美女と野獣』

    『美女と野獣』のルミエールの声優をご紹介します。

    ◆アニメ版

    アニメ版『美女と野獣』のルミエールの日本語吹き替え声優は、「江原正士」さんです。
    歌のシーンは、「若江準威知」さんが担当されています。
    英語版の声優は、「ジュリー・オーバック」さんです。

    ◆実写版

    実写版『美女と野獣』のルミエールの日本語吹き替え声優は、「成河〔そんは〕」さんです。
    成河さんは、声優初体験!

    ルミエールは、セリフが多いキャラクター。
    そのうえ、動きが大きく多いのも特長です。

    そのため、成河さんは動きに合わせたセリフのアクセントなどに苦労されたそう。
    さらに、『美女と野獣』は1人ずつの吹き替え収録だったので、英語で話すコグスワースとのやりとりにも苦戦したのだとか。

    美女と野獣のルミエール:映画&テレビ番組

    ルミエール
    ルミエール

    ルミエールが登場する映画とテレビ番組を5つご紹介します。

    ①『美女と野獣』(アニメ版/実写版)
    ②『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』
    ③『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』
    ④『ハウス・オブ・マウス』
    ⑤『ミッキーのマジカル・クリスマス 雪の日のゆかいなパーティー』

    ①『美女と野獣』(アニメ版/実写版)

    『美女と野獣』は、アニメ版は1991年、実写版は2017年に公開された、ディズニー映画です。
    この記事全体が『美女と野獣』を中心とするルミエールのプロフィールなので、ここでは省略します。

    【美女と野獣】あらすじ・ネタバレと感想
    エマワトソン主演「実写版美女と野獣」徹底解説!

    ②『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』

    『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』は、1997年にリリースされたホームビデオです。
    ベルと野獣のもう1つの物語で、ルミエールやお城の仲間たちと一緒にクリスマスを祝おうとするベルの物語です。

    ③『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』

    『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』は、1998年にリリースされたホームビデオです。
    短編『ルミエールとフィフィの記念日』では、ルミエールは主役で登場。
    ルミエールとフィフィの5回目の記念日のお話です。

    ④『ハウス・オブ・マウス』

    『ハウス・オブ・マウス』は、アメリカのABCにて2001〜2003年に放送されたテレビシリーズです。
    日本では、テレビ東京Disney TIme内にて2002年10月〜2003年10月に放送されました。
    全3シーズン、52話あります。

    ルミエールの家族が、23話に登場します。
    グーフィーの息子のマックスと彼女のロクサーヌのテーブルの上に、ルミエールの母・姉・義理の兄・甥・姪が登場していますよ。

    ⑤『ミッキーのマジカル・クリスマス 雪の日のゆかいなパーティー』

    『ミッキーのマジカル・クリスマス 雪の日のゆかいなパーティー』は、2001年に発売されたDVDです。
    ルミエールは、たくさんのディズニーの仲間たちと一緒に登場します♡

    美女と野獣のルミエール:ディズニーで会える場所

    「ドリーミング・アップ!」のルミエール
    「ドリーミング・アップ!」のルミエール

    『美女と野獣』で大活躍のルミエール!
    東京ディズニーリゾートで、ルミエールに会える場所をご紹介します。

    ルミエールに会える場所は、3つあります。
    ①デイパレード「ドリーミング・アップ!」
    ②ナイトパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」
    ②アトラクション「ドナルドのフィルハー・マジック」

    ①デイパレード「ドリーミング・アップ!」

    「ドリーミング・アップ!」は、ディズニーランドの昼間のパレードです。
    「ユニット4〜不思議な夢の世界〜」の『美女と野獣』のフロートで、ルミエールは、ベル、ポット夫人、チップと一緒に会うことができます。

    ②ナイトパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」

    「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は、ディズニーランドの夜のパレードです。
    『美女と野獣』のベルと野獣の乗ったフロートを先導するかのように、ルミエールのフロートが登場します!

    ②アトラクション「ドナルドのフィルハー・マジック」

    「ドナルドのフィルハー・マジック」は、ディズニーランドのファンタジーランドにあるアトラクションです。
    約11分の上映で、アトラクションというよりショーやパレードなどのエンターテイメントに近いかもしれません。

    ミッキーが指揮をするフィルハーマジックオーケストラのコンサートが始まる前。
    準備係のドナルドが魔法の帽子をかぶってしまったことで、ドナルドとゲストは渦に巻き込まれます。

    最初にたどり着いたのが、ディズニー映画『美女と野獣』の世界。
    晩餐会に迷い込みます。
    名曲「ひとりぼっちの晩餐会」で、ルミエールがおもてなしをしてくれますよ!

    まとめ

    いかがでしたか?
    ディズニー映画『美女と野獣』に登場するキャラクター「ルミエール」をご紹介しました。

    ルミエールの活躍ぶりを、アニメ版と実写版で比較しながら見ることもおすすめです☆

    【美女と野獣】ルミエールのプロフィール!彼女・歌・実写版の俳優・声優・会える場所まとめ! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    このまとめに関するキーワード

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    2. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    3. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ディズニーイースターのうさ...

      てんてん

    5. ランキング画像

      【2019】ディズニーカチューシャ71選!イースター限定&ダッフィーやスパンコー...

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集