【2022-2023】冬ディズニーの寒さ対策!12月・1月・2月の持ち物とアトラクション&レストラン!

    • はなび

      はなび

    冬のディズニーの寒さ対策をご紹介します。12月・1月・2月は、1年で一番寒い極寒のディズニーリゾートが予想されます。寒さ対策におすすめの持ち物やアトラクション&レストランをまとめました☆「暖かくなったらディズニーに行こう」ではなく、「寒さ対策をしてディズニーに行こう」と言えるように、寒さ対策をしっかりして、ディズニーに行きましょう!

    こんにちは。ディズニーリゾート大好き、はなびです。

    今回は、冬ディズニーの寒さ対策をまとめてご紹介します☆

    冬のディズニーリゾートは、クリスマス、お正月などイベントが目白押しです♪
    どの瞬間のディズニーリゾートも、逃したくありません!

    寒さを我慢することや、風邪をひくことなく、寒さ対策をして、ディズニーリゾートを楽しみましょう。

    冬ディズニーの寒さ対策:気候

    1月下旬のディズニーシー。厚手のアウターを着ています
    1月下旬のディズニーシー。厚手のアウターを着ています

    冬を感じる12月・1月・2月のディズニー。
    まずは、ディズニーリゾートの12月・1月・2月の気候をチェックしてみましょう。

    冬のディズニーにあたる12月・1月・2月は1日通して寒いです。
    ディズニーリゾートは海が近く、冷たい風がふくと、肌に当たると赤くなるくらい芯から冷えます。

    手袋、マフラー、機能性インナー、カイロなど、いつもしない人でも、必須アイテムです!
    「冬のディズニーで遊んでいたら、風邪ひいちゃった!」なんてことのないように、温かくしてディズニーで遊びましょう。

    冬ディズニーの寒さ対策:持ち物

    サッポロ雪まつりのスターウォーズ
    サッポロ雪まつりのスターウォーズ

    冬の寒さを我慢すると、風邪を引いたり、頭痛など、体調不良になってしまいます。
    防寒アイテムで寒さを乗り越えて、ディズニーリゾートを楽しみましょう。

    【2022年12月版】ディズニーへの持ち物リスト一覧!必需品・季節別・タイプ別・天気別まとめ

    ①コート・防寒着

    Marmotコラボコート
    Marmotコラボコート

    コートや防寒着はマストアイテム!
    上着はもちろんですが、ユニクロの「ヒートテック」など、保温効果の高い服を着用しておくこともおすすめです◎

    ②ファンキャップ

    かわいく寒さ対策できるファンキャップ
    かわいく寒さ対策できるファンキャップ

    頭の寒さを我慢してはいけません。
    真冬のディズニーリゾートで遊んでいて髪の毛を触ると、ひんやり冷たくなっています。

    体を防寒していても、頭が冷えているだけでも風邪をひきます。
    かわいいファンキャップは、すっぽり頭にかぶれて、温かくて、何よりかわいいです!

    お気に入りのキャラクターのファンキャップで、頭を寒さから守りましょう。

    【最新】2022冬!ディズニーファンキャップまとめ!

    ③カイロとあめ

    ホッカイロセットを作って持ち歩いています
    ホッカイロセットを作って持ち歩いています

    カイロはすぐ温かくなるのが、いいところです。
    靴下用のカイロは足の裏用と足の甲用があり、足の冷えに備えられます。

    カイロとは別で、めぐりズムの蒸気温熱シートという、体に直接貼るタイプのカイロがあります。
    衣服の上から貼るタイプのカイロより低めの温度で体の中から温めてくれるので、冷えから守ってくれます。

    普段から1日分のカイロをまとめておくと、ディズニーリゾート以外のお出かけの時に素早く持ち出せて便利です!

    あめは、乾燥する冬には必要なものです。
    喉が潤えば風邪予防にもなりますし、ペットボトルを持つより省スペースになります♪
    ※アトラクションに乗るときには、あめを口から出して乗りましょう!

    ④マスク

    使い捨てのマスク(不織布)もいいのですが、開園を待っている早朝や、夕方以降の気温が下がった頃は、マスクが冷たい空気を通してしまい、のどに直撃します。
    「え?マスクしてるのに、寒い!!」ってビックリするくらいに冷たい空気です。

    使い捨てマスク(不織布)は化学繊維でできてるため、水をはじきます。
    冬は、口とマスクの間に呼吸でできた水滴が、ディズニーリゾートの海風で冷やされ、寒さを感じます。

    さらに、使い捨てマスク(不織布)をした上をマフラーやストールで覆うと、苦しいので数分しかもちません。
    耳への負担はありますが、マスクを2重にするのがおすすめです。

    ⑤ストール・マフラー・手袋・ひざ掛け

    かわいいディズニーキャラクターブランケット♡
    かわいいディズニーキャラクターブランケット♡

    寒い時は、「首・手首・足首を温めると体全体が温まる」と言われています。
    手袋・マフラーは、洋服の中に冷たい空気が入らないように、身に付けましょう。

    そして、忘れがちなのが、腰回りです!
    ディズニーリゾートでは、パレード・ショーの待ち時間や、外で食事をする時などに、冷えた地面やイスに長時間座る場面が多く、腰やお尻がかなり冷えます。

    冬でもおしゃれにショート丈のコートやガウンを着たいところですが、その際は注意が必要です!
    巻いてるマフラーをお尻に敷いたり、ディズニーリゾートで売られているキャラクターのかわいいのひざ掛けをしたりしましょう!

    トイレに行った時に、お腹やお尻や足を触って冷えてないかのチェックも忘れずに!

    冬ディズニーの寒さ対策:アトラクション

    並ぶ列も、乗っても屋内のイッツ・ア・スモールワールド
    並ぶ列も、乗っても屋内のイッツ・ア・スモールワールド

    ディズニーリゾートでは、並ぶ列も乗るのも、屋内で温かいアトラクションがあります。
    乗り終わって、出口を出るまで暖かい屋内アトラクションを紹介しましょう!

    ◆暖房の効いた屋内アトラクション

    パーク 形式 アトラクション名称
    ディズニーランド ライド型 カリブの海賊
    イッツ・ア・スモールワールド
    ホーンテッドマンション
    ロジャーラビットのカートゥーンスピン
    スター・ツアーズ
    シアター型 カントリーベア・シアター
    ミッキーのフィルハ―マジック
    スティッチ・エンカウンター
    ディズニーシー ライド型 インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー
    シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤージュ
    ジャンピン・ジェリーフィッシュ
    ブローフィッフュ・バルーンレース
    ワールプール
    海底2万マイル
    センター・オブ・ジ・アース
    シアター型 マジックランプシアター
    体験型 アリエルのプレイグラウンド
    待つ列は窓が無くて冷たい風が吹き抜ける、エレクトリックレールウエイ
    待つ列は窓が無くて冷たい風が吹き抜ける、エレクトリックレールウエイ

    野外のアトラクションは、冷たい空気の中をぐるぐる回ったり、駆け巡ったり、並ぶ列が外にあると、とっても寒いです!

    アトラクションに並んでいて外から屋内に入ったのに、アトラクションの建物の出入り口が大きく、天井も高いため、冷たい空気が入ってきて「屋内なのにまだ寒い!」って場合があります。
    その時は、すぐに防寒アイテムを取らないようにしてくださいね。

    ◆冬のスプラッシュマウンテンは水しぶき控えめ!?

    スプラッシュマウンテン
    スプラッシュマウンテン

    冬の季節にはいかにも寒そうなアトラクションといえば、ウォーターライドの「スプラッシュ・マウンテン」!
    水しぶきがたくさんかかると、寒さで凍りつきそうですよね…。

    ところが、冬でもスプラッシュ・マウンテンを楽しめるよう、ディズニーランドは工夫を凝らしています!
    実はスプラッシュ・マウンテンは、季節によって水量が調整されているんですよ◎

    名物である最後の急降下。
    実は、この坂の角度は微調整が可能なんです☆

    冬には坂の角度を少しだけ緩めてあげることで、水しぶきが抑制され、多少ながら水量が減るという仕組みなんですよ!

    もちろん、まったく水がかからなくなるわけではないので、冬にスプラッシュ・マウンテンに乗車する際は防寒対策をお忘れなく!

    冬ディズニーの寒さ対策:レストラン

    温かいレストランの、ザ・ダイヤモンドホースシュー
    温かいレストランの、ザ・ダイヤモンドホースシュー

    ディズニーリゾートは、完全に屋内のレストランがあります。
    出入り口の扉がしっかり閉まって、保温状態ですので、防寒アイテムと取って、ほっと一息つけます。

    温かい中、ほっと一息つけるディズニーリゾートのレストランを紹介します。

    天井が高くて出入り口の大きい扉が開いているため寒い、カスバ・フードコート
    天井が高くて出入り口の大きい扉が開いているため寒い、カスバ・フードコート

    ディズニーリゾートのレストランは、一見屋内でも、出入り口が大きく開いていて、冷たい空気が入ってくるレストランが多いです。

    出入り口が閉まる扉か、閉まらない扉かが、寒いか保温されているかの基準です。
    上に挙げたレストランは、出入り口の扉が閉まって、温かいレストランです。

    まとめ

    数年前のクリスマスデコレーション。寒い中撮りましたが、心が温かくなる美しさです。
    数年前のクリスマスデコレーション。寒い中撮りましたが、心が温かくなる美しさです。

    ディズニーリゾートの寒さ対策についてまとめましたが、いかがでしょうか。
    12月・1月・2月は、1年の中でも最も気温が低い時期で、寒さを痛いほど感じます。

    昔から“冷えは万病のもと”といいます。
    小さい子供がいる家庭は、太陽光のある比較的温かい日中に行動するようにしたり、「持ちすぎかな?」って悩むほど防寒アイテムを持つなど、万全の準備をして冬の美しいディズニーリゾートを楽しみましょう。

    冬は日没が早く、イルミネーションや建物のライトアップが長く楽しめる時期でもあります!
    そんな楽しい期間も寒さ知らずで過ごしたいですね♪

    ディズニーリゾートは、ほとんど野外のテーマパークで、温かい場所でしっかり体を温めておかないとずっと冷たいままになってしまいます。
    対策をしっかりすれば、問題なく楽しめます!

    ▼ディズニー冬コーデまとめ
    冬のディズニーコーデ!12月・1月・2月の服装のポイントと持ち物!カップルや友達とおそろいで

    【2022-2023】冬ディズニーの寒さ対策!12月・1月・2月の持ち物とアトラクション&レストラン!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    はなび

    はなび

    ディズニーランドも、ディズニーシーも大好きなはなびです。
    小さいときからディズニーランドに通いつめて、今では2パーク年間パスポートを継続で10年持っています。長年通っていてパーク内が手に取るようにわかるので、イベントや季節で変わるパークを見つけるのが得意です。パークでは、よく買い物や食事をしたり、オフィシャルホテルや周辺ホテルに宿泊します。皆さんにおすすめをお伝えできればいいなと思います。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    3. 【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    4. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      てんてん

    5. 【2022年最新版】ディズニーランドお土産ランキングTOP30!おすすめのお菓子・グッズ・文房具まとめ!

      【2022年最新版】ディズニーランドお土産ランキングTOP30!おすすめのお菓子・グッズ・文房具まとめ!

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集