検索

    【混雑対策&待ち時間】海底2万マイル攻略!仕組み&トリビアも!隠れニモとアリエルがいる?

    • みーこ

      みーこ

    ディズニーシーのプロメテウス火山の内部にはミステリアスアイランドがあり、その中にある海底2万マイル。ディズニーシーでは珍しい絶叫系が苦手な方でも楽しめるアトラクションそんな海底2万マイルの混雑状況や待ち時間の対策・トリビアなど、海底2万マイルの攻略法をご紹介します。

    【混雑対策&待ち時間】海底2万マイル攻略!仕組み&トリビアも!隠れニモとアリエルがいる?

    こんにちは!海底2万マイルが大好きなみーこです。

    ディズニーシーのテーマポートの1つ「ミステリアスアイランド」は、ジュール・ベルヌの小説である「海底二万里」に出てくる島をモデルにしています。
    あの洞窟のようなミステリアスな空間はジュール・ベルヌの作品を基に造られているんですね。
    海底2万マイルは絶叫系アトラクションとは違い、わりとゆっくりと乗ることができるアトラクションです。

    今回は、幅広い世代から人気を集める、海底2万マイルの混雑状況や知られざるトリビアをご紹介します☆

    海底2万マイルとは

    どんなアトラクション?
    どんなアトラクション?

    海底2万マイルは、ミステリアスアイランドにあるアトラクション。
    フランスの小説家ジュール・ベルヌの作品、「海底二万里」をモデルにしたアトラクションです。

    ゲストはモネ船長が造った潜水艦型のライドネプチューン号に乗って未知なる海底を探検して行きます。
    ネモ船長は海底の調査に参加してくれる勇敢なクルーを募集していて、ゲストたちはそれに参加するという設定です。

    でも安心してください!
    もちろん実際に水中に潜って海底に出かけるわけではありません。

    アトラクションには様々な演出や効果によって、本当に海底の中にいるようなリアルな体験ができるようになっています。
    それぞれの小型潜水艇の窓の部分にはサーチライトが付いていて、船内にあるレバーを自由に操作することもできますよ。
    海底までの長い道のりを冒険して到達した海底の、神秘的で美しい世界に感動するでしょう。

    しかし、そこではただ感動するだけでなく、思いもよらないできごとが待っています!
    海底で突如登場した巨大イカに潜水艦を攻撃されてしまいます。
    ゲストはこの後一体どうなるのでしょうか・・・?

    海底2万マイル混雑&待ち時間とファストパス

    海底2万マイルの混雑状況は?
    海底2万マイルの混雑状況は?

    ディズニーシーのパークではほぼ中央に位置する海底2万マイル。
    パーク内のどの場所からでも移動が簡単なので分かりやすい場所にあります。
    海底2万マイルの混雑状況を、2016年のデータを使ってみてみましょう。

    ①待ち時間のピークは休日の午前中!

    海底2万マイルの1年間の平均待ち時間の推移(2016年のデータ)
    海底2万マイルの1年間の平均待ち時間の推移
    (2016年のデータ)

    そんな海底2万マイルの待ち時間は週末でもそこまで長くはありません。
    ファストパス対象のアトラクションではありますが、平日は20~30分ほど、週末でも30~50分ほどの待ち時間で乗れてしまいます。

    入園制限がかかった日でも最大160分ではありますが、流れが良いためそれほど長く待ちませんよ。

    そのため、ファストパスも夜まで残っているケースがありますよ。
    そして、あまりにも空いている日や、平日ではファストパスの発券自体行っていない場合もあるんです。

    その日の混雑状態にもよりますが、「急いでファストパスを取らなくちゃ!」というアトラクションではないため、そこまで急いで取りに行く必要はないでしょう。
    もし海底2万マイルに乗りたければ、他のアトラクションのファストパスを優先的に取った方が効率良くパークを回れると思います。

    平日は9時くらい~17時くらいまでは待ち時間はほとんど同じくらいですが、休日は午前中に混雑する傾向にあるようです。
    お昼を食べた後や、1日パークにいる場合は夕方~夜にかけて行けば、待ち時間を短く抑えられますね☆

    ②1年を通して混雑するのは3・4月と8月!

    海底2万マイルの1日の待ち時間の推移(2016年のデータ)
    海底2万マイルの1日の待ち時間の推移
    (2016年のデータ)

    海底2万マイルは平均して待ち時間は短めのアトラクションですが、比較的混雑する月が3つあります。
    それは、3月と4月、そして8月です。
    特に、3月は一番混雑する月です。

    これらの月は、学生さんの春休みや夏休みの時期なので、パーク全体が混雑する月でもあります。
    パーク全体が混む月は、海底2万マイルも同様の傾向で混雑しますね。

    海底2万マイルの不思議な仕組み

    不思議な潜水艦の仕組みにせまる!
    不思議な潜水艦の仕組みにせまる!

    海底2万マイルは、潜水艇で海中深く潜っていく冒険アトラクション。
    そのため、潜水艇に乗り込むとコントロールセンターの指示に従い、どんどん船は潜水し始めます。

    そして、気が付くとゴボゴボという水の音が聞こえてきて、窓の外を見ると、本当に水の中に沈んでいるようなリアルな体験ができます。

    でも、潜水艇を見ると水に濡れた様子は確認できません。
    これはどういう仕組みなのか気になりませんか?

    ここからはアトラクションのリアルな仕組みについての説明になるので、「夢が壊れてしまう!」という方は読み飛ばしてくださいね。

    実は、私たちゲストが眺めている窓は二重構造になっているんです。
    2枚の窓の間にタイミング良く水を入れたり抜いたりしているという仕組み。

    そのため、私たちが乗るライドは実際に水に潜っているわけではなく、普通にレールの上をただ走っているのです。

    しかし、細かい水の気泡や、タイミングの良い水の入れ方や抜き方を見ていると、本当に海底に潜っているかのように錯覚してしまうほど。
    よく計算されて作られたアトラクションなので、さすがディズニーらしいなと感心してしまいますね。

    あのディズニー映画の隠れキャラが登場?

    大人気のディズニーキャラも登場!?
    大人気のディズニーキャラも登場!?

    ディズニーのパーク内には至るところに隠れミッキーの存在がありますよね。
    実は、海底2万マイルにも隠れミッキーならぬ、あるディズニー映画の隠れキャラが登場するんです!

    海底2万マイルのリニューアル後、潜水艦の模様替えの他に、隠れキャラクターが追加されたことをご存知でしょうか?
    それは、隠れニモと隠れアリエルなんです!

    どちらも海を舞台にした大人気のディズニー映画の主人公。

    まずはニモからですが、ディズニー映画「ファインディング・ニモ」に登場するカクレクマノミというかわいい魚です。
    ニモはライドに乗って出発した直後に見ることができますよ。

    ニモを見るためには、ライドの左側の窓からしか見ることができません。
    出発したらすぐ左側をよ~く目を凝らして見てみてください!
    小さいけれど鮮やかなオレンジ色に動くニモがいるので比較的発見しやすいかも。

    ちなみに、基本的にはライドの座る場所は選べないものの、どうしてもニモが見たいという方は、少し待てば希望の席に案内してくれることもありますよ。

    続いてアリエルですが、こちらもライドに乗り込んだ序盤に、進行方向の右側に2回ほど登場しますよ。
    1つ目は船に描かれた絵に、2つ目は船に彫られた彫刻に登場し、2つとも進行方向右側に出てくるのでお見逃しなく!

    しかし、これをアリエルだという人もいれば、人魚であることに間違いはないけれど本当にアリエルなの?という意見も。
    はっきりとアリエルだと確信が持てない部分はありますが、個人的にはディズニーシーの人魚と言ったらアリエルなので間違いなくアリエルだと思いたいです。

    もちろん海底2万マイルのQラインにも隠れミッキーがいるので見つけてみてくださいね☆

    海底2万マイルはダブルライダーが採用されている

    2人で乗るアトラクションにおすすめ
    2人で乗るアトラクションにおすすめ

    ディズニーリゾートには、1人でアトラクションに乗る人を優先的に案内する「シングルライダー」というサービスがあることをご存知でしょうか?
    アトラクションで1席だけ余ってしまった際に、1人で乗るゲストを優先的に案内するという効率良いシステムなのです。
    対象となるアトラクションは数少ないのですが、1人でディズニーへ遊びに来た方や、1人でアトラクションに乗りたい方におすすめです。

    しかし海底2万マイルでは、「シングル」ではなく「ダブルライダー」を優先するアトラクションになっています。

    なぜ海底2万マイルはダブルライダーを優先するのか気になりませんか?
    実は、海底2万マイルのライドの定員数にヒントが隠されていました。

    海底2万マイルの定員数は1ライドにつき6名乗ることができます。
    しかし、毎回1グループ6名のゲストがタイミング良くライドに乗り込むわけではありません。

    例えば、家族連れや団体のゲストなど、3~4名のグループが続くと、常に2~3名の空席が出てしまうことになります。
    空席が出てしまうと、アトラクションの流れも悪くなって効率的ではなくなるので、その空席にダブルライダーを優先的に案内しているというワケなんです。

    もしも2人で遊びに行く際は、海底2万マイルをぜひおすすめします。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    神秘的でちょっと怖い海底2万マイルの攻略法をいくつかご紹介しました。

    海底2万マイルには、よ~く目を凝らすと様々なディズニーのキャラクターが登場しています。
    色々とゲストを楽しませる仕掛けが詰まっている海底2万マイルをぜひ探索してみてくださいね。

    【混雑対策&待ち時間】海底2万マイル攻略!仕組み&トリビアも!隠れニモとアリエルがいる? キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    みーこ

    みーこ

    こんにちは!ディズニー大好きみーこです。
    カメラを片手にパークを散策したり、パレードや景色を眺めてまったり過ごすのが1番の楽しみです❣
    ディズニーを愛するすべての皆さまに楽しんでいただけるようなお役立ち情報をお届けします。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    3. 【2019冬】ディズニーシーのお土産総まとめ!ダッフィーの新作グッズ&クリスマス&お正月限定も!

      【2019冬】ディズニーシーのお土産総まとめ!ダッフィーの新作グッズ&クリスマス&お正月限定も!

      Tomo

    4. 【11/18更新】2019冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【11/18更新】2019冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    5. 【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      【2019】ディズニー帽子まとめ!イヤーハット・ファンキャップ・ニット帽など100種類以上販売中!

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集