ビッグサンダー・マウンテンは怖い?怖い理由・速度・落差まとめ!怖くなくなるコツや楽しめるポイントも!

    • なっちゃん

      なっちゃん

    東京ディズニーランドにある人気アトラクション、ビッグサンダー・マウンテン。絶叫マシン好きは押さえておきたいアトラクションですね。一方ビッグサンダー・マウンテンが怖くて乗れないという方もいるはずです。今回はそんなビッグサンダー・マウンテンの怖さの理由やどれくらい落ちるのかなどを徹底的に紹介します。ビッグサンダー・マウンテンを怖いと思っている方でもこれを読めば楽しめるようになるはずですよ!

    こんにちは!ディズニー大好き一児の母、なっちゃんです。

    みなさんビッグサンダー・マウンテンは好きですか?
    颯爽と駆け抜けるコースターは気分もあがるので、筆者も訪れる度に何度も乗るくらい大好きなアトラクションです。

    しかし、ジェットコースターは苦手で乗れない!という人もいるはずです。

    そんな方のために今回はビッグサンダー・マウンテンの怖さについて徹底解説します!

    どんな仕組みになっているか分かれば、怖さもなくなり楽しんで乗れるはずですよ!

    ◎ディズニーランドのアトラクション一覧
    【最新】東京ディズニーランドの全アトラクション一覧まとめ♪身長制限や所要時間も

    ビッグサンダー・マウンテンとは?

    ビッグサンダー・マウンテンとは
    ビッグサンダー・マウンテンとは

    ビッグサンダー・マウンテンは、東京ディズニーランドにある3大マウンテン(ビッグサンダー・マウンテン、スプラッシュ・マウンテン、スペース・マウンテン)の一つで、屋外を走るジェットコースタータイプのアトラクションです。
    舞台は廃坑となった鉱山で、ごつごつとした岩肌をそばに見ながら猛スピードで鉱山列車(マイン・トレイン)が駆け抜けます。

    ジェットコースターなので利用制限が多く、小さな子供や特定の方は利用できません。
    しっかりと事前にチェックしておきましょう。

    ビッグサンダー・マウンテン:怖い理由

    ビッグサンダー・マウンテンが怖いのはなぜ?
    ビッグサンダー・マウンテンが怖いのはなぜ?

    ビッグサンダー・マウンテンが怖い理由は「体感スピードが速い+上下の動きがあること」です。

    他のマウンテン系とは違い、屋外のコースを走るジェットコースターなので受ける風も強く、周りの岩肌との距離が近いため体感スピードが速く感じます。
    また、登ったり下ったりを繰りかえすため、何度も落ちる感覚を味わうことがあり、怖く感じてしまうのです。

    しかし、実際に詳しくみていくとそんなに怖くもないのです。

    怖い理由①:速度【時速40km】

    ビックサンダーマウンテンの速度は時速40km!
    ビックサンダーマウンテンの速度は時速40km!

    ビッグサンダー・マウンテンの速度は時速40kmです。

    車で時速40kmと言われるとそんなにスピードが出ている状態ではないので、思ったよりゆっくりだと感じる人も多いと思います。
    しかし、ビッグサンダー・マウンテンのライドは車とは違いむきだしな上に、地面近くを走ったり岩肌に接近したりするので実際より早い速度に感じてしまいます。

    実はこのビッグサンダー・マウンテン、3大マウンテンの中で最高時速は一番遅くなっています。
    スプラッシュマウンテンは滝つぼに落下する時の最大速度は時速62km、スペースマウンテンは時速50kmです。

    スペース・マウンテンは暗闇の中を走るので速さを感じにくく、ビッグサンダー・マウンテンより怖くないという方は多いようですね。

    もし「スペース・マウンテンには乗れるけどビッグサンダー・マウンテンは苦手」という方がいたら、一度ビッグサンダー・マウンテンに乗ってみてください!
    速度のことを知った上で乗ると意外と遅く感じますよ!

    ディズニー最速のアトラクションはどれ?ランキングBEST9!最高速度は何km/h?身長制限も紹介!

    怖い理由②:落差【約2m】

    ビッグサンダーマウンテンの注意書き。よく読んでから乗りましょう。
    ビッグサンダーマウンテンの注意書き。よく読んでから乗りましょう。

    ビッグサンダー・マウンテンのもうひとつの怖さの原因ともいえる「上下の動きによる落差」ですが、実はそんなに大きな落差はありません。

    ビッグサンダー・マウンテンで大きく落下する箇所は1カ所のみ。
    終盤の恐竜の骨が見えるエリアを通過するところです。
    かなり短く高低差も2mほどなので、気持ちふわっとする程度です。

    ビッグサンダー・マウンテンは身長102cm以上の子供から乗れるアトラクションなので、これくらいの落差になっているのだと思います。
    この落差は「カリブの海賊」の序盤の落下ポイントと同じくらいの落差なので、カリブの海賊に乗れる人は大丈夫なはずですよ!

    ディズニーランド・シーの落下アトラクションランキング!落差を全てご紹介!

    怖い理由③:走行コース【カーブ】

    ビッグサンダーマウンテンのコースはカーブが多い!
    ビッグサンダーマウンテンのコースはカーブが多い!

    ビッグサンダー・マウンテンの走行コースはカーブが多く、左右に振られる動きも多いです。
    絶叫系が苦手な人はふわっとする浮遊感が苦手という方が多いですが、ビッグサンダー・マウンテンでは上記で説明した落下点以外で浮遊感を感じることはありません。

    コース中2回に渡って登る箇所がありますが、コース中の下りの部分は基本的にカーブしながら下っていきます。
    カーブしながらだと遠心力が働くため、上にふわっと浮く感じもなく爽快に楽しむことができます。

    また、落下直前には速度が落ちてゆっくり走りだすという場面が多いので、これも徐々に速度を感じるため浮遊感を感じることはありませんよ。

    怖い理由④:走行時間【約4分】

    ビッグサンダーマウンテンがあるあのエリア
    ビッグサンダーマウンテンがあるあのエリア

    ビッグサンダー・マウンテンの走行時間は約4分間です。
    スペース・マウンテンは約3分なので、スペース・マウンテンよりはちょっと長いくらいです。

    ただしビッグサンダー・マウンテンはずっと高速で走りっぱなしというわけではなく、場面場面によって速度が落ちたり上がったりしながら走るので、4分間はあっという間です。

    「落下だけではなく速度も怖い!」という人でも風を感じながら楽しめるような工夫がされているので大丈夫ですよ。

    ビッグサンダー・マウンテン:怖さを軽減する方法

    ビッグサンダー・マウンテンの恐怖を軽減する方法
    ビッグサンダー・マウンテンの恐怖を軽減する方法

    情報を頭に入れていてもやはり怖いと思っている以上は、乗る前に緊張してしまい楽しめないこともあるでしょう。
    そんな方のために、前もって準備する方法と当日乗車してから試すことが出来る恐怖を軽減する方法を4つご紹介します。

    怖さを軽減する方法①:よく似たアトラクションで慣らしておく

    ディズニーランド内には、ビッグサンダー・マウンテンに似たアトラクションがあります。
    ビッグサンダー・マウンテン乗車前に乗って慣らしておくのもいいでしょう。

    落差に関しては上記で紹介した「カリブの海賊」、速度に関してはトゥーンタウンにある「ガジェットのゴーコースター」がおすすめです。
    もし時間が許されるのであれば両方乗っておけばもう大丈夫といってもいいと思いますよ!

    怖さを軽減する方法②:乗る位置を前方にする

    一般的にジェットコースターでは進行方向の一番前が一番怖くないと言われており、後方になればなるほど怖くなります。

    前方が怖くない理由は、一番前であれば線路を見ることができ次にどの方向にカーブするか、どれくらいの角度で落ちるかを事前に知ることが出来るので体を対応させられるからです。

    しかし、後方になるにつれて前の動きは見えなくなりますし、落ちる時もスピードがあがりきってからの降下なので前方よりも落ちる長さも速さも全然違うのです。

    ビッグサンダー・マウンテンの車両は2人×15列の30人乗りのトロッコになっています。
    なんとなく真ん中らへんにしとこう、と思いがちですが実は真ん中は前方も見えず、後方でもないのでスピードにも乗れず絶妙な怖さとつまらなさが勝ってしまいます。

    そのため、ビッグサンダー・マウンテンが怖いけど今回で楽しめるように克服したいという人はまず一番前に乗ることをおすすめします。
    キャストさんに希望を伝えると、次の順番の一番前に回してくれることがあるので、相談してみましょう。

    怖さを軽減する方法③:声を出す

    ビッグサンダーマウンテン
    ビッグサンダーマウンテン

    これに関しては科学的根拠はありませんが、絶叫マシンが苦手な多くの人から叫ぶとマシになると聞くのでぜひ試してみてください。
    ただ大きな声を出すのではなく、特に苦手な落下点で腹筋に力を入れながら声を出すと効果的だそうです。

    怖さを軽減する方法④:絶叫マシン好きの人の意見は軽く聞くこと

    この記事を読んでいるということは、本当は絶叫マシンが苦手なのに何らかの理由でビッグサンダー・マウンテンに乗る状況になっているという方が多いかと思います。
    もし一緒に乗る人が絶叫マシンを好きなのであれば、あまり意見を聞かない方が怖さを感じることが少ないでしょう。

    なぜならば絶叫マシン好きにとってはビッグサンダー・マウンテンはさわやかに風をうけて楽しむコースターであって、絶叫マシンであるという概念はほぼありません。
    乗る直前まで全く怖くないと聞かされ、そのまま怖くないと思い込んで乗ると「怖かったー!」となってしまうのです。
    (筆者が以前そうでした笑)

    怖い人にとっては乗る前にしっかり心の準備をして臨みたいはず。
    そのため、絶叫マシン好きの「怖くないよ!楽しいよ!」という意見は軽く聞いておいてしっかり自分のペースで心の準備をしましょう!

    ビッグサンダー・マウンテン:楽しむコツ

    ビッグサンダー・マウンテンを楽しむコツ
    ビッグサンダー・マウンテンを楽しむコツ

    少し怖さが無くなり楽しむ余裕が出てきたら乗るだけではなく、たくさんの楽しめるポイントがビッグサンダー・マウンテンにはあります。
    逆に考えるとこれから紹介する楽しむポイントを経験したいからビッグサンダー・マウンテンに挑戦するのもおすすめです。

    楽しむコツ①:ディズニーランドの景色が楽しめる

    スイスファミリー・ツリーハウス
    スイスファミリー・ツリーハウス

    鉱山列車が坂を登っている時に、後ろを振り返ったり横を見たりして見まわしてみてください!
    茶色の岩肌のすきまからディズニーランドの景色を見ることができます。

    特に夜になるとキラキラとしたパークの夜景を見ることができますよ!
    この夜景を見るために夜まで待って乗る人も多いですよ。

    機会があればぜひ試してみてください。

    楽しむコツ②:隠れミッキーがいる

    森にカモフラージュした隠れミッキー
    森にカモフラージュした隠れミッキー

    ビッグサンダー・マウンテンには隠れミッキーがたくさんいるのを知っていますか?
    筆者も実際乗っているときに探してみましたが、何度も乗らないとはっきり見ることは難しいです。

    しかし、隠れミッキーを探すのに必死になって怖さを忘れることができるかもしれませんよ!
    ディズニーリゾート内にある隠れミッキーは虫食いや壁のシミなど自然現象でも日々追加されているので無限あります。
    さすが夢の国ですね!

    その中でも人工的に作られた隠れミッキーのある場所を紹介しますね。

    待っている間もアトラクションに乗らなくても、またアトラクション体験中も隠れミッキーを楽しむことができます。
    これは怖いと思っている暇がないですね♪

    都市伝説として黄金の隠れミッキーがアトラクション体験中にあると言われています。
    あるかないかは本当のところだれも分からないようなので、余裕があれば探してみてくださいね!

    隠れミッキーではありませんが、アトラクション最後の方によく見ると金を見ることができるといわれています。
    廃坑のなかに金を見つけることができれば、金運がアップするといわれているのでぜひ見つけてみてくださいね。

    ヒントはトンネルの中ですよ!

    見つけた!ビッグサンダー・マウンテンの隠れミッキー

    ビッグサンダー・マウンテン:スタンバイパスの使い方(休止中)

    スタンバイパス
    スタンバイパス

    ビッグサンダー・マウンテンは2022年5月末までスタンバイパス対象アトラクションでしたが、現在は対象アトラクションから外れています。
    今後パークの混雑具合によって再び対象となる可能性はありますが、現在のところは列に並んで利用する「スタンバイ」でのみ運用されていますよ。

    ◆スタンバイパス対象時のアトラクションの利用方法

    参考までに、スタンバイパス対象だった頃のアトラクションの利用法をご紹介します。

    スタンバイパスは、アトラクションに並ぶためのチケットです。
    入園後アプリ上で発券でき(先着順)、1枚取得すると次に取れるのは2時間後です。

    また、各アトラクション1日1枚までというルールがあり、同じアトラクションのスタンバイパスを繰り返し発券することはできません。

    スタンバイパスは混雑時に発券され、パスを持っている人だけが列に並べるようにすることでゲストが1箇所に集中することを防ぐ仕組みです。

    朝イチや夜遅く、また閑散期など「混雑していない時」は、スタンバイパスは発券されません。
    その場合はアプリに待ち時間が表示されるので、普通に並んで乗ることができます。

    スタンバイパスは朝イチに取得すれば大体お昼のものが取れるので、そこまで急がなくでも発券できますよ。
    しかし、昼を過ぎると発券終了や夜の回になることもあるので、絶対乗りたい!というのであれば早めに発券しにいくことをおすすめします。

    【2023年1月更新】ディズニーのスタンバイパス最新情報!発券状況や取り方&使い方まとめ!

    まとめ

    ビッグサンダー・マウンテンは一見怖そうに見えますが、よくよく調べてみると意外と楽しめるアトラクションということが分かっていただけたでしょうか。

    いつもはジェットコースター乗らない!という方も次回ディズニーランドへ行ったときにはぜひ試してみてください!
    そして、楽しめるようになれば隠れミッキーや景色をチェックしていきましょう!

    ◎ディズニーランドのアトラクション一覧
    【最新】東京ディズニーランドの全アトラクション一覧まとめ♪身長制限や所要時間も

    ◎人気ランキングはこちら!
    【2023】ディズニーランド人気アトラクションランキングTOP15!待ち時間を基準にランキング化!

    ビッグサンダー・マウンテンは怖い?怖い理由・速度・落差まとめ!怖くなくなるコツや楽しめるポイントも!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    なっちゃん

    なっちゃん

    ディズニー大好きでディズニーランド、シーには年間3回以上行ってます❣️
    海外ディズニーも大好きで香港、上海、
    パリ、カリフォルニアにも行って、世界ディズニーランド制覇まであとフロリダのみ!!みなさんに楽しい情報をお届けできるようにこれからもディズニー好きを極めていきます!!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【2023冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2023冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    3. 【2023冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!冬の新作や人気カチューシャをチェック

      【2023冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!冬の新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    4. 2022-2023のディズニーカウントダウン&年越しイベントは開催なし!

      2022-2023のディズニーカウントダウン&年越しイベントは開催なし!

      まるこさん

    5. 【2023】タワー・オブ・テラー・アンリミテッド開催中!落下パターンや期間は?期間限定アトラクション!

      【2023】タワー・オブ・テラー・アンリミテッド開催中!落下パターンや期間は?期間限定アトラクション!

      みーこ

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集