【サマーランドのプール】プール&スライダーまとめ!お得な料金や持ち物も!

    • りんりん

      りんりん

    日本最大級のプール施設といえば「東京サマーランド」!シーズンの際は各アトラクションが長蛇の列になるほど、連日大盛況の東京サマーランドの攻略方法を徹底紹介していきます。おすすめのプール&スライダーをまとめました!お得な料金や持ち物も要チェック!夏の楽しみ方は東京サマーランドで決まり!これさえ見れば思い切り夏を楽しめる東京サマーランドの攻略方法を紹介していきます。

    こんにちは!テーマパークが大好きな、りんりんです。

    いきなりですが、みなさんお気に入りの夏の楽しみ方はありますか?

    筆者は夏といえばプール!の人でとにかく屋外プールが大好き。
    特にプールといえばサマーランド!といっても過言ではない、日本最大級の屋外プール、サマーランドによく足を運びます。

    サマーランドは、スケールの大きいアトラクションや、何度乗っても飽きないスライダーなど楽しいスポットが盛りだくさん!
    1日いても全く飽きません。

    今回はそんな魅力あふれるサマーランドについて攻略法もまとめながら徹底紹介していきます!

    サマーランドとは

    東京サマーランド
    出典:公式サイト
    東京サマーランド

    「サマーランド」は都あきる野市にある日本最大級のプールです。

    サマーランドは、全部で4つのエリアに分かれています。
    ・アドベンチャードーム(屋内施設)
    ・アドベンチャーラグーン(屋外施設)
    ・スリルマウンテン(屋外遊園地)
    ・ファミリーパーク・スポーツエリア

    プールは屋内と屋外、両方にありアトラクションは随一の数を誇っています。
    なんといっても特徴はスライダーの数が多いこと!

    難易度も低いものから高いものまであるため、自分の好きなレベルのスライダーを選べるのも魅力のうちの1つです。

    また屋外遊園地もついているため、プールに入った後遊園地で遊んでから帰る、なんて遊び方もできちゃいます。

    サマーランドのプール:2024年、屋外プールエリアの拡大が決定!

    東京サマーランド
    東京サマーランド

    東京サマーランドは2022年夏、現在の屋外プールエリアをさらに拡大する計画を発表しました。
    これに伴い、遊園地エリアにある以下の2アトラクションが2022年9月25日(日)をもって営業を終了します。

    ①トルネード
    ②ウェーブスウィンガー

    長年親しまれてきたアトラクションの終了は寂しいですが、新しいプールの登場にはワクワクしますね!
    新たに増設されるプールは「既存のプールにはない冒険心を掻き立てる仕様での新たなプール」(プレスリリースより)とのことで、2024年夏よりオープン予定です。
    どんなプールが誕生するのか、今から楽しみです♪

    サマーランドのプール:アドベンチャードーム(屋内施設)

    アドベンチャードームマップ
    出典:公式サイト
    アドベンチャードームマップ

    まずはサマーランドの中でも屋内にあるプール施設、アドベンチャードームについて紹介していきます。
    屋内のプールだと日焼けの心配もなくていいですよね!

    また雨の日でも風が強い日でも天候関係なく入れるため、屋内プールがあるだけでずいぶん予定が立てやすいと思います!

    アドベンチャードームには600リットルを超える水の量が流れ落ちる大きな滝や、ウォータースライダーなどがあります。
    子供でも楽しめる施設が盛りだくさんのため、老若男女誰でも楽しめるスポットになっています。

    また地下には温水プールもあるため、プールで冷え切った体を温めるのにも最適です!

    数ある施設の中で特に筆者がおすすめしたい施設を3つ紹介します!

    ◆コバルトビーチ

    コバルトビーチ
    出典:公式サイト
    コバルトビーチ

    コバルトビーチは、巨大なプールです。
    風もないため、ビーチボールを使って遊んだりするのには最適なプールです。

    浅瀬なところから深いところもあるので子供から大人まで遊び方は自由自在なところもおすすめポイント!
    入園料のみで入ることのできるプールです。

    ◆ロックビーチ

    ロックビーチ
    出典:公式サイト
    ロックビーチ

    アドベンチャードーム内、唯一の探検スポット「ロックビーチ」。
    ここの人気の秘密は頭上から落ちてくる600リットルの滝!

    これが結構な威力で大人の私でもきゃあきゃあ叫んでしまうほど楽しいです。
    こちらも入園料のみで遊ぶことができます。

    ◆Tiki(ティキ)スライド

    Tiki(ティキ)スライド
    出典:公式サイト
    Tiki(ティキ)スライド

    Tiki(ティキ)スライドは、アドベンチャードームにある大きなウォータースライドです。

    Tiki(ティキ)とはハワイなどで親しまれている守り神様のことで、顔はちょっと怖いけどとっても優しい神様です。

    大人はもちろん子供でも楽しめるウォータースライダーになっています。
    そのため、本格的なウォータースライダーデビューにはぴったりなアトラクションです♪

    この他にも地下には湯遊大洞窟と言われる温水スパやジャグジーもあったりするので、屋外のプールでひとしきり遊んだあとに立ち寄るのもおすすめです♡

    サマーランドのプール:アドベンチャーラグーン(屋外施設)

    アドベンチャーラグーン
    出典:公式サイト
    アドベンチャーラグーン

    サマーランド内の屋外プール、アドベンチャーラグーンについて紹介します。

    やっぱりサマーランドといえば大迫力のウォータースライダーの数々ですね!
    サマーランド内にある主要のウォータースライダーは、アドベンチャーラグーンに集まっています。

    数ある大迫力のアトラクションの中でも筆者おすすめのスライダーを紹介します。

    ◆DEKASLA(デカスラ)

    DEKASLA(デカスラ)
    出典:公式サイト
    DEKASLA(デカスラ)

    テレビでも取り上げられている有名なウォータースライダー「DEKASLA(デカスラ)」!

    なんと言っても特徴的なのはその大きさ!
    とにかくでかいんです…(笑)

    4人以上6人以下のゴムボートで大きなコースを滑走するDEKASLA(デカスラ)。
    今までのウォータースライダーの常識を覆すコース展開にハラハラ・ドキドキですよ!

    サマーランド内で一番スリルのあるウォータースライダーです。

    ◆dobon

    dobon
    出典:公式サイト
    dobon

    dobonは、その名の通り、「滑る」ウォータースライダーではなく、「落ちる」を楽しむことの出来るウォータースライダーです。
    筆者が最初乗ったときは新感覚すぎて正直最初何が起こったのかさっぱり分かりませんでした…笑

    かなり体が浮く感覚を味わえます!
    ジェットコースターやフリーフォールタイプのアトラクションで、浮く感覚が苦手な方はちょっと怖いかもしれません。

    筆者はジェットコースターマニアなので、かなり楽しくてリピートしちゃいました◎

    ◆タワーズロック

    タワーズロック
    出典:公式サイト
    タワーズロック

    タワーズロックは2種類のスライダーがあります。

    ①バックドロッパー
    ②コブラツイスター

    タワーズロックの2つのスライダーはどちらも高さ20mの場所からスタートします。

    ①バックドロッパー

    バックドロッパーはまず急勾配を高速で落下した後、その反動そのままになんと最大傾斜70度の急斜面を急上昇!
    そしてすぐに真っ逆さまに後ろ向きに落ちるのが特徴のウォータースライダーです。

    筆者の中では、サマーランド内で一番怖いウォータースライダーと認定しています。
    特に急上昇したあとの後ろ向きの落下が本当に怖くて、思わずちょっと泣きました。笑

    ②コブラツイスター

    コブラツイスターは大きなすり鉢状のコースをぐるぐると吸い込まれるように落ちていくスライダーです。
    めちゃくちゃ目が回ります。笑

    結構なスピードでぐるぐると回転していくのでちょっとしたコーヒーカップに乗っているような気持ちになります。
    グループできゃあきゃあ楽しむにはもってこいのスライダーでしたよ!♡

    サマーランドのプール:スリルマウンテン(屋外遊園地)

    スリルマウンテン
    出典:公式サイト
    スリルマウンテン

    サマーランドにはプールに併設された屋外遊園地があります。

    スリルマウンテンの最大の魅力は様々な国のアトラクションが乗れること!
    日本製だけではなく、スイスやイタリア、オランダなど様々な国で作られたアトラクションがあります。

    そのためスリルも規模も世界級!

    特に絶叫マシーン系は日本では体験できないようなスリルを味わうことができます。
    筆者がおすすめするアトラクションを紹介します!

    ◆フリーフォール(スイス製)

    フリーフォール(スイス製)
    出典:公式サイト
    フリーフォール(スイス製)

    フリーフォールは、ただのフリーフォールと思ったら大間違い!
    半端ないGに声が出せません。笑

    絶叫アトラクションって基本的に叫ぶことが楽しいと思うんですが、Gがすごすぎてもはや口も開けられない状況になります。
    初めて乗った時、正直息ができなくて死ぬかと思いました。笑

    けど、乗った後の爽快感が格別!
    絶叫系アトラクションが好きな方は、ぜひチャレンジしてみてください◎

    ◆トルネード(オランダ製)(2022年9月で終了)

    トルネード
    出典:公式サイト
    トルネード

    トルネードは、サマーランドの中では唯一のジェットコースター!

    回転が多いコースになっていて、息つく暇もないぐらいぐるぐると回っていきます。
    回転が多すぎるのでどこを走っているかわからなくなるほど…。

    筆者はすごい楽しかったので絶叫好きのみなさんにはおすすめです♡

    なおこちらのトルネードはプールエリア拡張工事にともない、2022年9月25日(日)をもって終了することが決まっています。
    トルネードが好きな方は、乗り納めしておきましょう!

    ◆ラブエクスプレス

    ラブエクスプレス
    出典:公式サイト
    ラブエクスプレス

    ラブエクスプレスは、ちょっとマニアックですが、筆者おすすめアトラクション!
    カップルには絶対乗って欲しいアトラクションです♡

    カップルシートに座ると、前へ後ろへとどんどん高速で回転していきます。
    気づくと周りはまっくら!不思議体験をすることができる、というアトラクションです。

    カップルアトラクション鉄板の「2人きり×暗闇×密室」が再現されているアトラクション!
    いい雰囲気にならないわけがありません。笑

    カップルで行った際はぜひ乗ることをおすすめします!

    サマーランドのプール:チケット料金

    チケット料金
    出典:公式サイト
    チケット料金

    東京サマーランドのチケット料金をご紹介します。

    サマーランドのチケットは入場料+スライダー利用料+遊園地利用料がすべてコミコミになっています。
    以前は別々のチケットで販売されていましたが、現在は1Dayパスに統合されていますよ。

    ◆1Dayパス来園日指定チケット(日付指定券)の値段

    大人 小学生 中学生 幼児・シニア
    A期間 3,900円 3,300円 2,700円 2,000円
    B期間 4,200円 3,600円 3,000円 2,000円
    C期間 5,200円 4,500円 3,700円 2,700円

    ※大人:中学生以上60歳まで
    ※幼児:2歳~未就学児
    ※シニア:61歳以上

    ◆15時以降のチケット値段

    また、15時以降に利用する場合は、チケット料金が割引されます。
    なお、A期間は、この割引料金は設定されていません。

    大人 小学生 中学生 幼児・シニア
    B期間 2,800円 2,100円 1,800円 1,500円
    C期間 3,900円 3,000円 2,300円 2,200円

    ※大人:中学生以上60歳まで
    ※幼児:2歳~未就学児
    ※シニア:61歳以上

    ◆オフシーズン期の値段

    なお、東京サマーランドの3月~6月はオフシーズンにあたり、チケット料金が最も安くなります。
    2022年3月~6月のチケット料金は以下のとおりでした。

    ◆福祉割引チケットの値段

    スピンディンギー
    出典:公式サイト
    スピンディンギー

    東京サマーランドでは障害者手帳や妊娠中で母子手帳をお持ちの方は割引価格で楽しむことができます。
    福祉割引を受ける場合は事前に東京サマーランドの公式サイトより入場整理券を予約し、入場当日にチケット売り場で各種手帳を提示してチケットを購入してください。
    入場整理券は入場日の7日前の0:00より取得できます。

    福祉割引適用後の料金は以下のとおりです。

    大人 小学生 中学生 幼児・シニア
    A期間 1,800円 1,700円 1,600円 1,500円
    B期間 2,000円 1,800円 1,700円 1,600円
    C期間 2,500円 2,300円 2,200円 2,000円

    ※大人:中学生以上60歳まで
    ※幼児:2歳~未就学児
    ※シニア:61歳以上

    期間の区分は、1Dayパス来園日指定チケットと同じです。

    ◆駐車場料金

    スーパーバウンティ
    出典:公式サイト
    スーパーバウンティ

    東京サマーランドの駐車場は第一・第二があり、料金は共通です。
    いずれも料金は現金のみの支払いとなっているので、キャッシュレス決済派の人も現金を用意しておきましょう。

    駐車場の料金は「乗用車(平日/土日祝)」「大型・マイクロバス」「二輪車」の3種類あります。
    残念ながら駐車場料金の割引はありませんが、短時間の送迎ならば駐車料金なしでカープールでの乗降が可能ですよ。

    サマーランドのプール:来園日指定チケット(日付指定券)について

    来園日指定チケット(日付指定券)
    出典:公式サイト
    来園日指定チケット(日付指定券)

    東京サマーランドは新型コロナウイルス対策として入場者数を制限しており、入場には日付指定の前売り券が必要です。
    各日数量限定となり、売り切れ次第、販売終了です。
    現地での当日券販売はありませんのでご注意くださいね。

    チケットは、1週間前の午前0時より販売スタート。
    電子チケット販売サイト、コンビニエンスストアで購入可能です。

    なお、当日券の販売はありませんが、福祉割引や各種割引を受ける場合は当日現地でのチケット購入となります。
    福祉割引や各種割引を受ける方は東京サマーランドの公式サイトから入場整理券を予約した上で当日現地でチケットを購入しましょう。

    ※障害者手帳、身体障害者手帳、療育手帳、愛の手帳、みどりの手帳、母子手帳等を販売チケットに提示の上、購入可能

    サマーランドのプール:持ち込みNGなもの

    持ち込みNGなもの
    出典:公式サイト
    持ち込みNGなもの

    サマーランドのプールは持ち込み禁止なものがあります。
    少し意外なものもあるので整理してみました!

    基本的にはNGなものが見つかった場合、預かりではなく処分になるので要注意!
    ここに書いていないものでも不適切だと判断されたものはNG対象になるので気をつけましょう。

    サマーランドのプール:持ち物

    プールへの持ち物
    出典:公式サイト
    プールへの持ち物

    筆者がおすすめするプールに持っていったほうがいいものについてもまとめてみたのでぜひ参考にしてみてください♡

    ちなみに筆者は書いたもの以外でも防止やラッシュガードなど、その時の天候に合わせて持っていっています♡
    プールで遊ぶと意外に小腹が減るので、グミや飴などの軽いお菓子もマスト!

    サマーランドのプール:アクセス方法

    ここまでサマーランドの魅力を紹介してきました!
    筆者もサマーランドに行きたくてウズウズしてきました。

    ここでサマーランドへの行き方についてご紹介します。

    住所:〒197-0832 都あきる野市上代継600

    電車でのアクセス方法

    主要駅からのアクセス
    出典:公式サイト
    主要駅からのアクセス

    サマーランドの最寄り駅は、八王子駅か立川駅です。
    そこからは路線バスで向かう形になるので、筆者は車で行くことをおすすめしています。

    車でのアクセス方法

    車でのアクセス
    出典:公式サイト
    車でのアクセス

    シーズンではサマーランド前ICは混雑しますが、バスで向かうよりは楽ちん!
    また、サマーランドでは入園券とレンタカーをセットにしたプランも販売しています。

    オリックスレンタカーの1Dayパス付セットプランを展開しており、

    7.8.9月のB期間でも5,654 円~/1人
    A期間だと4,752 円~/1人

    とお得な料金でサマーランドのプールを楽しむことができますよ!

    まとめ

    DEKASLA(デカスラ)
    出典:公式サイト
    DEKASLA(デカスラ)

    いかがでしたか?

    今回は、日本最大級プール、サマーランドについて紹介しました。

    とにかく広いので1日じゃ遊び尽くせないほど!
    周辺にはホテルなどの宿泊施設も揃っているので、夏のレジャーや旅行にはおすすめですよ♡

    【サマーランドのプール】プール&スライダーまとめ!お得な料金や持ち物も!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    りんりん

    りんりん

    たのしいことと、おいしいごはんがダイスキなりんりんです♪
    大学時代にディズニーシーで4年間働いていた経験があります!
    ディズニーシーでおいしいお酒を飲みながら、おいしいご飯を食べることがダイスキです♡
    みなさんがHAPPYになれるような情報を発信していきます!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【2023年夏予定】としまえん跡地にハリーポッターのテーマパークがオープン!世界で2番目のスタジオツアー!

      【2023年夏予定】としまえん跡地にハリーポッターのテーマパークがオープン!世界で2番目のスタジオツアー!

      キャステル編集部

    2. 【2022】海遊館のお土産30選!お菓子や雑貨など、かわいい動物たちのグッズをまとめてご紹介!

      【2022】海遊館のお土産30選!お菓子や雑貨など、かわいい動物たちのグッズをまとめてご紹介!

      yuno

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集