検索

    【2019夏】ひらかたパークのプール情報!ザ・ブーンのチケット料金、スライダー、フードメニューも

    • Ikuma

      Ikuma

    ひらかたパークに夏季限定でオープンするプール「ザ・ブーン」について解説します!2019年のプール営業日・営業時間や入園の際にかかるチケット料金から、バラエティに溢れたプール、大人から子供まで楽しく遊べるスライダーも紹介しています!その他、フードショップや、混雑している時の対策もわかりますよ♪

    【2019夏】ひらかたパークのプール情報!ザ・ブーンのチケット料金、スライダー、フードメニューも 引用元:公式サイト

    皆さん、こんにちは!
    久々に1日休める日を見つけたら、10時間近くも眠りこけてしまったIkumaです!

    大阪で話題を集めるテーマパークといえばUSJ。
    しかし同じ大阪の中で、よくもう一つ話題にあがるテーマパークがあります。

    それが大阪府枚方市にある「ひらかたパーク」。
    ユニークな企画を次々に打ち出すことで有名ですね。

    そんなひらかたパークは、夏ごろになるとプール「ザ・ブーン」の営業を始めます。
    プールの面積なども広いため、大阪や京都の人が良く利用しています。

    今回はそんなひらかたパークのプールを大特集!
    どんなプールがあるのか、確認していきましょう!

    ひらかたパークのプール:料金・営業カレンダー

    ひらかたパークを満喫してください!引用元:公式サイト
    ひらかたパークを満喫してください!

    初めに、ひらかたパークのプールについて、料金や営業日をまとめます。
    プール開きは、例年7月上旬となっています。

    料金

    コンビニチケット
    コンビニチケット

    ひらかたパークでは、「ひらかたパーク入園料金」と「プール料金」がそれぞれ別料金になっています。
    そのため、ひらかたパークの料金プランは2種類に分かれています。

    まず1種類目が「ひらかたパーク自体の入園チケット」と「ひらかたパークのプールへの入場チケット」がセットになった物。
    こちらの料金は大人なら2,300円、子供なら1,300円という形で分解されています。

    そして2種類目の「ひらかたパークのプールに入場するだけのチケット」が大人なら900円、子供(2歳~小学生)なら500円となっています。
    こちらはすでにひらかたパークに入園していたり、ひらかたパークの年間パスポートを持っていたりする人に向けたチケットですね。

    ちなみにシーズン中には、コンビニでのチケット購入ができる時もあります。
    場合によってはこちらで購入する方が早いでしょう。

    ひらかたパーク自体の料金については、下記のリンクに詳しく記載しているので、ぜひご覧ください!
    【お得情報】ひらかたパークの料金を解説!入園チケット・フリーパス・鉄道セット券の割引も

    2019年のプール営業期間と営業時間

    ひらかたパークのプール「ザ・ブーン」の2019年の営業期間は次の通りです。
    約2カ月にわたって営業しますが、うち2日は休園日が入りますので気を付けてくださいね!

    また、ひらかたパークのプールの営業時間は次の2パターンがあります。

    ①10:00~16:00
    ②10:00~17:00

    営業開始から7月19日(金)までの平日と、8月26日(日)~9月1日(日)の最後の週は①の営業時間になりますよ。

    ひらかたパークのプール:プールの種類

    ひらかたパークのプールはとってもバラエティ豊かです♪引用元:公式サイト
    ひらかたパークのプールはとってもバラエティ豊かです♪

    ひらかたパークのプールは4つの種類があります。
    どれも個性的で、バラエティ豊かなプールがありますよ!

    ◆ドンブラー

    ドンブラー引用元:公式サイト
    ドンブラー

    初めに紹介するのが流れるプール「ドンブラー」。
    全長210mと何とも巨大な大きさを誇っています!

    浮き輪を使ってプカプカと漂いながらプールを回っているだけでも、とっても楽しいです!
    横幅も広々しており、流れものんびりとしているので、とってもリラックスできます。

    またプール真ん中の簡易砂浜では、ビーチ気分が味わえるようになっています。
    デザインの方に目を向けつつ、のんびり流れるプールを堪能してみてください♪

    ◆シエスタ

    シエスタ引用元:公式サイト
    シエスタ

    素晴らしい眺めが楽しめるのがプール「シエスタ」。
    こちらのプールは遊園地内の丘の上に作られています。

    また水深は120cmもあり、大人でも泳ぎやすいプールになっています。
    枚方市内を一望できる眺めをぜひ合わせて撮影してください♪

    ◆なぎさプール

    なぎさプール引用元:公式サイト
    なぎさプール

    実際の浜辺にいるかのような体験が楽しめる「なぎさプール」。
    ここは奥に行けば行くほど、水深が深くなっていくプールです。

    水深は最大100cm。
    奥の方なら、大人でも気兼ねなく泳ぐことができるでしょう。

    また奥の壁側には勢いよく降り注ぐ水があります。
    ここに立って水を浴びれば、まるで滝に打たれているかのような感覚が味わえます。

    逆に手前の方は、水深が低くなっています。
    つまりは大人から子供まで、誰でも楽しめるプールといえますね

    ◆わんぱくプール

    わんぱくプール引用元:公式サイト
    わんぱくプール

    子供向けに作られているのが「わんぱくプール」。
    夏に行くと、多くの子供が楽しそうに水遊びをしています!

    水深は50cm。
    子供にも安全なプールになっていますよ!

    ちなみにわんぱくプールの遊具は子供用です。

    ひらかたパークのプール:スライダー

    クライングチューブ引用元:公式サイト
    クライングチューブ

    大型プールに乗った時の醍醐味といえば、スライダーですね♪
    ひらかたパークのプールには5つのスライダーが用意されています!

    スピード感のあるスリル抜群の物から、子供向けの凸凹な物まで、楽しいスライダーをぜひとも体験してください!
    また一部は有料になっているので、気を付けてくださいね。

    ◆クライングチューブ

    まずはひらかたパークのスライダーの中で、最も長い全長を持っている「クライングチューブ」。
    212mにも及ぶ距離を、浮き輪を使って滑り降りていきます。

    道中はかなりスピードも出るので、なかなかスリルのあるスライダーとなっています!
    特に曲がり角の大きく体が揺さぶられるタイミングは、一瞬飛び出すのでは? とヒヤッとしますよ。

    スリルが欲しい人には売ってつけのスライダーです。
    ぜひ体験してください!

    ◆キャニオンライド

    キャニオンライド引用元:公式サイト
    キャニオンライド

    続いて紹介するのが、渓谷をイメージして作られた「キャニオンライド」。
    クライングチューブと同じ、大型スライダーとなっています。

    コースを降りる最中は、右や左に大きく振られながら進みます!
    ぜひ勢い良く動くスライダーを楽しんでください。

    ただしキャニオンライドの搭乗時も、料金が発生するので気を付けてください!

    ちなみにキャニオンライドとクライングチューブは、二人乗りの浮き輪に乗って、友達と一緒に滑ったりもできます。
    カップルで乗ってみても面白いですよ。

    ◆ハリケーンスライダー

    ハリケーンスライダー引用元:公式サイト
    ハリケーンスライダー

    「ハリケーンスライダー」は、先ほどまでのスライダーと違い浮き輪を使わないでそのまま滑っていくスライダー。
    特徴的となるのが、コースを2種類持っていること。

    親子や友人でどっちが先に到着するか試してみたりしても、面白そうです。
    コース全長は85mで、このスライダーはお金を支払わず無料で滑れるようになっています!

    ◆キディースライダー

    キディースライダー引用元:公式サイト
    キディースライダー

    凸凹な斜面から滑り降りていく子供向けスライダーの「キディースライダー」。
    全長も10mほどで、怖さ控えめになっています。

    ただし乗車できるのは小学生以下になるので、気を付けてください。

    ◆スイ水エアスライダー

    2018年7月28日(土)~8月26日(日)期間、限定で登場したスライダーが「スイ水エアスライダー」です。
    スライダーの全長は18mで、こちらもスリルは控え目になっています。

    乗車できるのは中学生までとなっているので、ハリケーンスライダーで子供が満足できない時に乗せてあげると良いでしょう。
    2019年にも同じように、新しいスライダーがあると嬉しいですね♪

    ひらかたパークのプール:フード

    美味しいフードも味わえます!引用元:公式サイト
    美味しいフードも味わえます!

    ひらかたパークのプールには、フードコーナーも設置されています。
    またプール営業時間は、水着姿でも遊園地側に入園できます。

    プールの方が混雑している時は、ひらかたパークにあるフードショップを利用してみるのもおすすめですよ!

    プール側のフード

    かわいいロコモコプレート引用元:公式サイト
    かわいいロコモコプレート

    ひらかたパークのプール側では、コーヒーや軽食を中心に販売をしています。
    パパッと食事を済ませたい時には、こちらのフードがおすすめですね。

    中にはハンバーグをご飯の上に乗せたロコモコプレート、というハワイアンな食事もあります。
    子供がいる人にも楽しく食べられそうなフードばかりです♪

    遊園地側のフード

    そして遊園地側のフードでもテイクアウトして食べられる物がいくつかあります。
    近場にあるのが「ピピンズハウス」。

    こちらのお店は洋菓子やフランスドッグの販売を行っています。
    簡単に食事を食べたい時には、利用してはいかがでしょうか?

    そしてクレープとイタリアンジェラートを注文できるお店が「フルッタ」。
    特にフルーツのさっぱりとした味わいが、とっても美味しいです♪

    立ち歩きでサクッと食べたい場合には利用するのがおすすめです。

    ひらかたパークのプール:その他エリア

    とっても綺麗になった更衣室引用元:公式サイト
    とっても綺麗になった更衣室

    この他ひらかたパークのプールは、他のエリアも充実しています。
    特に近年になってプールもリニューアルされたため、大変綺麗になっていますよ。

    更衣室

    女性に嬉しいパウダールーム引用元:公式サイト
    女性に嬉しいパウダールーム

    リニューアル後、何より綺麗になったのが更衣室。
    清潔感のある雰囲気になっています。

    さらにシャワールームと個室で着替えのできるカーテンもあります。
    より快適に着替えができます♪

    女性室にはパウダールームなども追加されています。
    プールの後にお化粧などをする時にも、使いやすくて助かります!

    休憩エリア

    ハリケーンスライダーの横にある休憩エリア引用元:公式サイト
    ハリケーンスライダーの横にある休憩エリア

    ひらかたパークのプール近くには「休憩エリア」が複数準備されています。
    この休憩エリアは場所ごとに特徴があります。

    例えばフードエリア奥のスペースは最も広い休憩エリアになっており、屋根も付いています。
    プール後にちょっと体を休めたりするのにはピッタリでしょう。

    お昼を取りやすいのはハリケーンスライダーの横側です。
    広々している上に、売店も近いので遊びや休憩にも最適な場所といえます。

    ひらかたパークのプール:混雑

    ひらかたパークの人気プール引用元:公式サイト
    ひらかたパークの人気プール

    プール人気も高いひらかたパーク。
    そうなってくると気になるのが混雑具合。

    果たしてどのような時期が混雑しているのでしょうか?
    一度確認しておきましょう!

    7月

    プール開きをした直後の7月前半は比較的空いています。
    やはりまだ学生の人が休みに入っていないので、そこまで混雑はしていないようですね。

    しかし夏休みの始まる7月後半からは、かなり人が増えてきます…。

    可能であれば7月の前半や、夏休みに入った直後の平日などに利用するのがおすすめです。
    特にグループで行く場合などは、人が少ない時に行って遊んだりする方がいいですよ!

    8月

    プール開き期間、最も混雑しているのが8月です。
    学生などが夏休みの時期ということで、多くの方が訪れるようになっています。

    特にお盆の時期はとっても混雑します!
    やはりグループでの来場者や家族連れが多く利用しに来ますからね……。

    お盆の時期に行くのであれば、混雑は必至です!
    遊ぶ際には周りの人と、譲り合って利用しましょうね!

    9月

    9月になってくると、混雑は多少落ち着いてきます。
    そのため期間は短いですが、7月に続き、利用しやすいタイミングとなっています。

    8月の終わりごろに行く予定の人は、9月に行くようにしてはいかがでしょうか?
    多少は混雑が緩和されるので、利用しやすいと思いますよ!

    混雑対策は?

    混雑時に行く際の対策方法としては、早い内にひらかたパークを訪れることです。
    というのもお昼ごろはひらかたパーク全体が混雑するようになります。

    またお昼ごろにプールに行って、午後からは遊園地のアトラクションを遊ぼう、と考える人もいます。
    とにかく早い内に、着替えてプールに入場しちゃいましょう!

    可能であればコンビニの前売りチケットを購入しておく方がおすすめです。
    昼近くになってくると、チケット売り場自体も混み合ってきますので。

    あらかじめチケットを購入しておけば、よりスムーズに入園できます
    ひらかたパークの近くにもコンビニはあるので、途中に買ったりもできますよ!

    まとめ

    人気スポットである、ひらかたパークのプール。
    混雑などにうまく対応して、楽しく夏のプールを利用してください!

    【2019夏】ひらかたパークのプール情報!ザ・ブーンのチケット料金、スライダー、フードメニューも キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    2. ランキング画像

      【最新】ディズニー新アトラクション&新エリア予定!美女と野獣エリア&アナ雪...

      Tomo

    3. ランキング画像

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ディズニー七夕&夏イベント...

      てんてん

    4. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    5. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集