検索

    映画『ブラックパンサー』まとめ!あらすじネタバレ・キャスト・吹き替え声優・評価まとめ!

    • あやな

      あやな

    アメリカの映画界に衝撃を与えた大ヒット映画『ブラックパンサー』についてご紹介。ネタバレを含むあらすじや登場人物、ヒットした理由などをまとめてお伝えします♪日本語版の吹き替えキャストに加えて、次回作情報もまとめました☆

    映画『ブラックパンサー』まとめ!あらすじネタバレ・キャスト・吹き替え声優・評価まとめ! 引用元:公式サイト

    こんにちは!ディズニーが大好きなあやなです。

    映画『ブラックパンサー』は、2018年2月にアメリカで公開されたヒーロー映画。
    日本でも2018年3月に公開されました。

    この作品はアメリカを中心に社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録し、同じくマーベル・スタジオの大作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などの興行収入を短期間で追い抜いたほどなんです!

    この作品がここまでヒットした理由には、背景にある社会状況やキャスティングが大きく関係しているようです。
    なぜ『ブラックパンサー』は社会現象になるほどの超大作になったのか、あらすじや評価とともに見ていきましょう!

    『ブラックパンサー』:概要

    ブラックパンサーはどんな映画?
    ブラックパンサーはどんな映画?

    映画『ブラックパンサー』は、2016年に公開した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場するヒーロー、ブラックパンサーを主人公として描くアクション映画です。

    製作は、『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』などのヒーロー映画でおなじみのマーベル・スタジオ。
    監督は、デビュー作がサンダンス映画祭でグランプリに輝いたライアン・クーグラ―監督です。

    日本ではあまり馴染みのない方かもしれませんが、31歳の若さにして大作を任されるほどの実力なんです。

    『ブラックパンサー』:登場人物・キャスト

     登場人物・キャスト
    登場人物・キャスト

    物語の舞台がアフリカの王国ということもあり、メインキャストは黒人で固められています。
    主な登場人物とそれぞれのキャストをご紹介します。

    ◆ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)

    ティ・チャラ/ブラックパンサーは、物語の主人公。
    父の死によって、祖国ワカンダ王国の国王と、国を守るヒーロー「ブラックパンサー」の2つの使命を受け継ぎます。

    演じるのはチャドウィック・ボーズマン。
    有名作品には『ジェームズ・ブラウン 最高の魂を持つ男』(2014)があり、ジェームズ・ブラウンを演じて見事な歌唱と演技を披露しています。

    ◆エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)

    キルモンガーは元アメリカの工作員。
    ワカンダ王国の秘密を知っており、ティ・チャラから王座を奪って世界を支配しようと企んでいます。

    演じるのはマイケル・B・ジョーダン。
    彼はライアン・クーグラ―監督の過去2作品で主演を務めています。

    ◆ナキア(ルピタ・ニョンゴ)

    ナキアは、ティ・チャラの幼馴染で元恋人。
    ワカンダ王国の秘密を探る敵の情報を入手するため、スパイとして各国に潜入しています。

    そんなナキア役を務めるのはルピタ・ニョンゴ。
    近代アメリカでの黒人差別を描いた映画『それでも夜は明ける』(2013)に出演し、アカデミー賞助演女優賞を受賞した実力のある女優さんです。

    ◆オコエ(ダナイ・グリラ)

    オコエは、ワカンダ国王に忠誠を尽くしてきた親衛隊ドーラ・ミラージュの現隊長にして最強の女戦士。
    王家から信頼を得ており、ティ・チャラが子供の頃から面倒を見ています。

    オコエを演じるのはダナイ・グリラ。
    日本で馴染みがある役は、『ウォーキング・デッド』のミショーン役です。

    ◆ユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)

    ユリシーズ・クロウは、ウカンダ王国に埋蔵されている秘密の鉱石「ヴィブラニウム」の密輸を企てる武器商人。
    キャストは『猿の惑星』や『GODZILLA』などで有名なアンディ・サーキス。
    『スター・ウォーズ8最後のジェダイ』ではスノーク将軍役として出演し、圧倒的な存在感がありました。

    ◆エヴェレット・ロス(マーティン・フリーマン)

    エヴェレット・ロスは、ユリシーズ・クロウを追っているCIA。
    エヴェレットを演じるマーティン・フリーマンは、『シャーロック』シリーズでシャーロック・ホームズの相棒ワトソン博士役で有名です。

    ◆シュリ(レティーシャ・ライト)

    シュリは、ティ・チャラの妹にして天才科学者であり、ブラックパンサーのスーツを開発。
    ヴィブラニウムを研究し、最新テクノロジーを使ったアイテムを創り出して国の発展に貢献しています。

    シュリを演じたのは、南アフリカ出身のレティ―シャ・ライト。
    『トレイン・ミッション』や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』などの作品に出演しています。

    『ブラックパンサー』:日本語吹き替え

     吹き替えキャスト
    吹き替えキャスト

    洋画の日本語吹き替え版では、誰がどの役を担当するのかも気になるところですよね。
    『ブラックパンサー』登場人物の日本語吹き替えを担当したキャストを見ていきましょう。

    ◆ティ・チャラ / ブラックパンサー(田村真)

    主人公のブラックパンサーことティ・チャラの吹き替えを担当するのは田村真さん。
    洋画の吹き替えを中心に活躍しており、他の作品でもチャドウィック・ボーズマンの声を担当することが多いです。

    ◆エリック・キルモンガー(津田健次郎)

    ワカンダ王国の王座を狙うキルモンガーの声を担当する津田健次郎さんは、舞台、ドラマ、映画、声優など幅広く活躍するマルチタレント。
    最近では、『スター・ウォーズ』のカイロレン役としても知られています。

    ◆ナキア(皆川純子)

    ティ・チャラの幼馴染で元恋人のナキアは、声優の皆川純子さんが担当します。
    低い声が特徴で、女性のみならず男性の吹き替えを担当することも多いです。

    ◆オコエ (斎賀みつき)

    ティ・チャラを支えるオコエ役は、斎賀みつきさん。
    声優やナレーターとして活躍し、特にアニメの声優を多く担当しています。

    ◆ユリシーズ・クロウ(広田みのる)

    ヴィブラニウムを狙う武器商人のユリシーズ・クロウの声を演じるのは広田みのるさん。
    『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などマーベル作品にも多く出演しています。

    ◆エヴェレット・ロス(森川智之)

    CIAのロスを演じるのは森川智之さん。

    洋画の吹き替えでは

    ・ウィル・スミス
    ・キアヌ・リーブス
    ・コリン・ファレル
    ・ジュード・ロウ
    ・ジョシュ・ハートネット
    ・ジョニー・デップ
    ・トム・クルーズ
    ・ブラッド・ピット

    など有名俳優の声を多数演じています。

    ◆シュリ(百田夏菜子)

    ティ・チャラの妹シュリの声を吹き替えるのは、アイドルももいろクローバーZの百田夏菜子さん。
    かわいらしい声がシュリのイメージに合っていたのかもしれませんね。

    『ブラックパンサー』:あらすじ(ネタバレあり)

    映画のストーリーをネタバレを含めてご紹介
    映画のストーリーをネタバレを含めてご紹介

    物語の舞台は、アフリカの中央に位置する王国・ワカンダ。
    小国でありながら、その中心地は「ヴィブラニウム」というとてつもないパワーを秘めた鉱石のおかげ超文明都市にまで発展していました。
    しかし、国や鉱石を守るためその都市の存在は秘密にされてきました。

    今まで国の安全や秘密を守ってきたのは前国王のティ・チャカでしたが、テロに巻き込まれて亡くなってしまいます。
    亡くなったティ・チャカの後を継いだのは、この作品の主人公となる息子のティ・チャラ。
    ティ・チャラは「ブラックパンサー」となり、ヴィブラニウムを使用したハイテクな武器やスーツ、超人的な力を授けてくれるハーブなどを駆使して国を脅かす敵と戦うことになります。

    一方、ロンドンの大英博物館で展示されているワカンダにまつわる展示品をエリック・キルモンガーが強奪。
    キルモンガーは武器商人のユリシーズ・クロウと組んでヴィブラニウムの取引を韓国で行おうとしていました。
    その情報を知ったティ・チャラはブラックパンサーになり側近オコエと幼馴染のナキアと共に韓国に乗り込みますが、キルモンガー、クロウ共に取り逃がしてしまいます。

    キルモンガーは弱いものにヴィブラニウムを渡し権力者たちを潰すという理想のため、ワカンダの王座を狙っていました。
    というのも、彼の幼少期、ワカンダ王国からスパイとしてアメリカに贈られた父が前国王によって殺されてしまうという過去があるからです。

    キルモンガーはティ・チャラに王座をかけた戦いを挑み、ティ・チャラを滝から突き落として王の座を手に入れました。
    キルモンガーが王位に就いたワカンダ王国は暗黒に包まれます。

    ティ・チャラの妹シュリは、母やナキアと共にジャバリ族にワカンダを救ってくれるよう頼みに行きますが、断られてしまいます。
    しかし、代わりに通された部屋には瀕死状態で雪に保存されたティ・チャラがいました。
    ハーブによって回復したティ・チャラは、キルモンガーへの復讐を誓います。

    キルモンガーがヴィブラニウムの空輸に取り掛かっていたところにティ・チャラが現れ、キルモンガー側とティ・チャラ側で激戦が始まります。
    いよいよキルモンガーとティ・チャラの一騎打ちになり、ついにキルモンガーを倒しました。

    ティ・チャラは瀕死のキルモンガーに祖国の夕日を見せるため一望できる場所に連れて行きますが、キルモンガーはそこで息を引き取りました。

    再びワカンダに平和が訪れました。
    ティ・チャラはワカンダのテクノロジーを教える施設を作ることを決め、また国際会議でも国王として技術の提供をすると発表したのでした。

    『ブラックパンサー』:アメリカで社会現象に!何がすごい?

    ブラックパンサーヒットの理由とは?
    ブラックパンサーヒットの理由とは?

    『ブラックパンサー』はなぜこんなにも大ヒットしたのでしょうか?

    主な理由としては、アメリカの映画史に残るキャスティングと作品を通して描かれるテーマが挙げられます。

    この作品のメインキャラクターには、ほぼ全員黒人俳優がキャスティングされています。
    このキャスティング、実はアメリカのエンターテインメント産業において大きな衝撃を与えるものなんです。

    アメリカ映画では出演者の大半が白人であり、「映画の成功には白人が必要」という前提が長年続いてきました。
    近年、アカデミー賞においてノミネートされる俳優に白人以外の人種があまりにも少ないとして「白人ばかりのアカデミー賞」と揶揄されたのは記憶に新しいと思います。

    しかし、メインキャラクターが黒人キャストで占められた『ブラックパンサー』が大成功を収めたことにより、「大ヒットには白人が必要」という考え方が打ち砕かれたのです。
    またこの成功は、黒人のみならずアジア系やヒスパニック系などさまざまな人種にも恩恵を与え、アメリカの映画界が変化していくだろうとも言われています。

    また、現代社会で重要なテーマが描かれていることもこの作品がヒットした要因だと言われています。

    その1つが「人種問題」。

    黒人はよく差別や偏見の対象となり、映画でも実際の姿とは違うイメージで描かれてきました。
    しかしこの作品では黒人のヒーローが活躍するだけでなく、アフリカの王国であるワカンダが最先端の技術を持つ発展国家として描かれています。
    この部分がアフリカ系アメリカ人を沸かせたとともに、「アイデンティティの尊重を考えさせられる」と多くの評論家によって評価されています。

    2つ目が「男女平等」。
    近年動きが活発になっている「男女平等」もこの作品のテーマのひとつです。

    ワカンダ国王の親衛隊であるドーラ・ミラージュは女性で構成されており、ナキアやオコエと言った女性キャラクターが大活躍します。
    彼女たちは武器を使って戦うなど強い女性として描かれており、こういった女性の強い面を強調した点も観客を惹きつけた理由と言われています。

    『ブラックパンサー』:日本での評価は?

    日本での評価は?
    日本での評価は?

    世界では高評価を得ている『ブラックパンサー』ですが、日本ではどのように評価されているのでしょうか?

    主要映画サイトの点数は

    ・映画com :3.6/5点
    ・Yahoo映画:3.7/5点

    となっており、評価は高い方と言えます。

    しかし、SNSではネガティブな評価も見受けられます。

    「プロダクションデザインと音楽は最上級だが、アクションのスケールが小さい」
    「つまらないわけではないが、おもしろくもなく退屈でパッとしない」

    といったコメントが多いようです。

    確かに人種や性別をとりまく社会問題を取り上げるなどメッセージ性が強い作品ではあります。
    しかし、兵器などが飛び交う派手なアクションシーンを求めている方にとってはものたりなく見えてしまうのかもしれません。

    ただ、人種問題や男女平等について関心がある方にとっては興味深い作品かもしれませんね。

    『ブラックパンサー』:続編製作決定!公開はいつ?

    続編製作決定!
    続編製作決定!

    『ブラックパンサー』の続編が製作されることが決定しているそうです!

    しかし、あらすじやキャスト、公開日などはまだ明らかにされていません。
    そのため、ネット上ではさまざまな予想が飛び交っているようですよ。

    監督・脚本は前作に引き続きライアン・クーグラ-監督の続投が決定。
    公開時期もまだ不明ですが、ファンの間では2020年末から2021年になるのではないかと予想されています。

    同じくマーベル・スタジオ映画の『アベンジャーズ』シリーズの第4作目や『スパイダーマン:ホームカミング』の続編、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの第3作目の公開が今年2019年に控えているからです。

    これから続々と情報が公開されていくのが楽しみですね!

    まとめ

    まとめ
    まとめ

    いかがでしたか?
    映画『ブラックパンサー』のあらすじやヒットの要因についてご紹介しました。

    アメリカの映画業界に衝撃を与えた本作品、興味を持った方はぜひ観てみてくださいね!
    続編についても、情報の公開が待ち遠しいですね♪

    映画『ブラックパンサー』まとめ!あらすじネタバレ・キャスト・吹き替え声優・評価まとめ! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    2. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    3. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ディズニーイースターのうさ...

      てんてん

    5. ランキング画像

      【2019】ディズニーカチューシャ71選!イースター限定&ダッフィーやスパンコー...

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集