ディズニー冬の持ち物リスト!必需品&バッグ・服装のポイントまとめ!カイロやブランケット、マフラーなど!

    • あやな

      あやな

    気温が0~10℃にまで下がる冬のディズニーに持って行くべきものをリスト化。冬のディズニーにおすすめのバッグや服装のポイント、寒くてもパークを快適に楽しむ方法もご紹介します♪ディズニークリスマスやお正月イベントも、寒さ対策をしっかりしてパークで暖かく過ごしましょう。

    こんにちは!クリスマスシーズンのディズニーが大好きなあやなです。

    冬にディズニーに遊びに行ったけど、防寒対策をしていなくて「寒い」印象しかなかったなんて経験ありませんか?
    冬のディズニーは気温が1桁の日が多い上、海からの冷たい風ですごく寒く感じるんです。

    でも、クリスマスやお正月などのイベントを楽しみたい方も多いはず。
    そんな冬のディズニーには、何を持って行けばいいのでしょうか?

    今回は、寒い冬のディズニーを少しでも暖かく過ごすために持って行くべきアイテムや服装のポイント、バッグの選び方、パークでの過ごし方をご紹介します♪

    ディズニー冬の持ち物リスト

    冬の持ち物リスト
    冬の持ち物リスト

    冬にディズニーに行く際の持ち物のポイントは防寒対策!
    持ち物が少々多く感じるかもしれませんが、寒いディズニーを楽しむためには、防寒対策が大切です☆

    ディズニー冬の持ち物リスト
    • カイロ
    • 手袋
    • マフラー
    • 耳当て・ファンキャップ
    • ブランケット
    • 携帯用クッション
    • リップクリーム・ハンドクリーム

    冬ディズニーの持ち物①:カイロ

    ディズニー冬の持ち物①:カイロ
    ディズニー冬の持ち物①:カイロ

    冬のディズニーに必須の持ち物といえば、カイロです!
    屋外で長時間過ごす場合にも、カイロがあれば身体を温められます。
    特に、靴下に貼るタイプのカイロは、冷えやすい足先を温めてくれるのでおすすめの持ち物です。

    使い捨てカイロはパーク内でも販売されていますが、1枚60円と割高なので、持参することをおすすめします。
    靴下に貼るタイプのカイロや靴に入れるタイプのカイロは、パーク内では販売されていません。

    ◎ディズニーランド・シーでもカイロを販売中!

    ディズニーランド・ディズニーシーのパーク内でもカイロを購入できます。
    「貼る」タイプと「貼らない」タイプの2種類が一律60円で販売されていますよ♪

    ▼ディズニーで買えるカイロの購入場所はこちら!
    ディズニーでカイロが買える場所と値段!寒さ対策に効果的な使い方や裏技も紹介

    冬ディズニーの持ち物②:手袋

    冬ディズニーの持ち物②:手袋
    冬ディズニーの持ち物②:手袋

    冷えやすい手を温める手袋も、冬のディズニーで必須の持ち物です。
    ディズニーでは屋外でスマホを使う機会が多いので、はめたままスマホを操作可能なスマホ対応の手袋がおすすめですよ♪

    手袋も、パーク内で1,600円〜2,800円で販売されています。(メンズ用手袋も販売あり)
    ただし、スマホ対応の手袋は種類が少ないので、持参するのをおすすめします。

    ▼ディズニーで販売されている手袋まとめ
    【2023冬】ディズニーの手袋全16種まとめ!寒さ対策におすすめ!キッズサイズ&ベビーミトンも!

    冬ディズニーの持ち物③:マフラー

    冬ディズニーの持ち物③:マフラー
    冬ディズニーの持ち物③:マフラー

    首元を温めるマフラーがあると、体感温度が高くなります。
    モコモコした素材やウール素材のマフラーが、温かくておすすめです。

    マフラーは、パーク内で3,000円〜4,000円で販売されています。
    ただ、上記の写真のようなファンキャップ付きのマフラーの種類が多く、シンプルなデザインのマフラーは種類が少なめです。

    ▼ディズニーで販売されているマフラーまとめ
    【2023冬】ディズニーのマフラー全14選!防寒対策におすすめ!101匹わんちゃんやダッフィー!フード付きマフラーも!

    冬ディズニーの持ち物④:耳当て・ファンキャップ

    冬ディズニーの持ち物④:耳当て・ファンキャップ
    冬ディズニーの持ち物④:耳当て・ファンキャップ

    耳当てやファンキャップも、冬ディズニーでおすすめの持ち物です。

    特にファンキャップは、頭をすっぽり覆ってくれるため、防寒力が高いアイテム。
    パーク内でたくさんの種類が約3,000円で販売されているため、入園後に買うのもおすすめです。
    なお、耳当てはパーク内では販売されていません。

    ▼ディズニーのファンキャップはこちら!
    【最新】2023冬!ディズニーファンキャップまとめ!

    冬ディズニーの持ち物⑤:ブランケット

    冬ディズニーの持ち物⑤:ブランケット
    冬ディズニーの持ち物⑤:ブランケット

    ブランケットは、冬にディズニーに行く時にマストの持ち物です。
    アトラクションに並んでいる時は腰に巻いて、ショーやパレードを待っている時は膝にかけてと、様々な使い方ができる便利なアイテムなんです。
    ブランケットありの場合となしの場合とでは、待ち時間の辛さの度合いが全く違いますよ!

    ブランケットは、パーク内で4,300円〜7,000円で販売されています。
    安い金額ではないこと、入園前の開園待ちでも使用することを考えると、多少荷物になっても持参するのをおすすめします。

    ▼ディズニーで販売されているブランケットまとめ
    【冬向け】ディズニーブランケット10選!新作ブランケットやダッフィーブランケットまとめ!販売店舗も!

    冬ディズニーの持ち物⑥:携帯用クッション

    冬ディズニーの持ち物⑥:携帯用クッション
    冬ディズニーの持ち物⑥:携帯用クッション

    冬のディズニーのショーやパレード待ちで重宝する持ち物が、携帯用クッションです。

    長時間地面に座ってショーやパレード待ちをする場合、地面からの冷えが身体に直撃してかなり寒いです。
    そんな時に、携帯用クッションを1枚ひいて座ると、地面からの冷えを遮断してくれます!

    携帯用の折りたたみ式クッションは、パーク内で1,200円で販売されています。
    100均のアウトドアコーナーでも購入できますよ◎
    折りたたみ式タイプのものが、荷物になりにくくておすすめです。

    【2023】ディズニーレジャーシート&ポータブルクッション11選!値段&販売場所まとめ!

    冬ディズニーの持ち物⑦:リップクリーム・ハンドクリーム

    冬ディズニーの持ち物⑦:リップクリーム・ハンドクリーム
    冬ディズニーの持ち物⑦:リップクリーム・ハンドクリーム

    リップクリーム・ハンドクリームも、冬のディズニーで重要な持ち物です。
    冬のディズニーは、乾燥と強い風の影響で肌が乾燥しやすいため、リップクリームやハンドクリームを持参して、小まめに塗るのをおすすめします。

    リップクリームもハンドクリームもパーク内で販売しています。
    ただ、3本〜4本セットなどのセット商品が多いため、持参した方が出費が少なくて済むでしょう。

    ▼季節を問わず必要な持ち物も忘れずに!詳しくはこちらの記事でリスト化しています。
    【2023年1月版】ディズニーへの持ち物リスト一覧!必需品・季節別・タイプ別・天気別まとめ

    ディズニー冬の持ち物:おすすめの服装

    風を通さない服装を心がけよう
    風を通さない服装を心がけよう

    冬のディズニーを少しでも暖かく過ごすためには、持ち物だけでなく服装も重要です。
    こちらでは、冬にディズニーに行く時の服装のポイントをご紹介します。

    冬の服装のポイントは、なるべく風を通さない素材を選ぶことと重ね着をすること。

    薄手の高機能インナーの場合、2~3枚重ね着するとそれだけで寒さを感じにくくなります。
    ユニクロの極暖などの厚手のものなら、1枚で温かいです。

    また、足元が冷えると身体全体も冷えてきてしまうので、足元の防寒対策も忘れずに。
    タイツの上に足首まで覆うことのできる靴下を履くことや、靴用カイロを活用したりしましょう。

    ▼ディズニー冬コーデまとめ
    冬のディズニーコーデ!12月・1月・2月の服装のポイントと持ち物!カップルや友達とおそろいで

    ディズニー冬の持ち物:おすすめのバッグ

    冬ディズニーにおすすめのバッグはリュック!
    冬ディズニーにおすすめのバッグはリュック!

    冬のディズニーではバッグ選びも重要です。
    理想は、両手が空くうえに荷物がたくさん入るリュック。

    冬は寒さ対策のグッズを持って行くため荷物が多くなりがちです。
    しかもブランケットやマフラー、手袋などかさばるものばかり。

    そんな時に、大容量で肩から背負えるリュックは便利です。
    リュックは両方の肩に均等に負担がかかるので、たくさん荷物を入れても疲れにくいんです。
    両手が空くのでお土産も持ちやすいですしね!

    また、リュックはどんな服装にも合うのでコーディネートにも困らないはず。
    快適に冬ディズニーを過ごすことを考えると、リュックがベストなのです☆

    逆におすすめしないのは、大きなトートバッグやショルダーバッグ。
    これらのバッグは片方の肩に負担がかかるので、たくさんの荷物を長時間持ち歩く冬には向いていません。
    また、肩からずり落ちやすく、何回もかけなおしているうちにイライラしてきてしまいます。

    ディズニー冬の持ち物:快適に過ごすためのテクニック

    パーク内の過ごし方も工夫すれば、寒いディズニーを楽しく過ごすことができますよ。
    ここでは、ディズニーリゾートで冬を快適に過ごすためのテクニックを2つご紹介します!

    ①屋内のアトラクションをメインに回る

    完全屋内の「トリトンズ・キングダム」
    完全屋内の「トリトンズ・キングダム」

    シアター系やウォークスルー型の屋内アトラクションは暖をとるのに最適。
    特に以下のおすすめアトラクションは、アトラクションの体験時間が10~15分と長めなので、暖かい屋内でゆったりと過ごすことができますよ。

    ②レストランに入って食事をする

    東京ディズニーランド クリスタルパレス・レストラン
    東京ディズニーランド クリスタルパレス・レストラン

    ディズニーにはワゴンでテイクアウトするタイプの食べ物もありますが、冬はきちんとレストランに入って食事をすることをおすすめします。

    真冬の屋外での食事は寒いうえに、料理もすぐ冷めてしまいます。
    ディズニーリゾートのレストランはどこも暖房がきいており、ゆっくり過ごせるので寒さ対策になります。

    プライオリティ・シーティング対象のレストランを予約しておくと、なお安心です。
    クリスマスなどの混雑期はレストランに入るだけでも長蛇の列ができ、長時間外で待たされることもしばしば。

    レストランを事前予約しておけば、お店の外で並ぶ必要なく入ることができますよ。

    まとめ

    まとめ
    まとめ

    いかがでしたでしょうか?
    冬にディズニーに行く時の持ち物やバッグ、服装のポイントなどをご紹介しました。

    寒い日は暖かくして、風邪をひかないようディズニーを楽しんでくださいね♪

    ▼【最新】ディズニー冬のおすすめコーデはこちら!
    冬のディズニーコーデ!12月・1月・2月の服装のポイントと持ち物!カップルや友達とおそろいで

    ディズニー冬の持ち物リスト!必需品&バッグ・服装のポイントまとめ!カイロやブランケット、マフラーなど!

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    あやな

    あやな

    小さいころからディズニーが大好きで、年に5,6回パークに通っています。 ショーやグリーティングを中心にパークを回るのがお決まりで、パークの風景や花の写真を撮るのが大好きです。 パークでお気に入りの場所はフォートレス・エクスプロレーションです。 みなさんに楽しんでもらえるような記事を発信していきたいです!

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【2023冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2023冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    3. 【2023冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!冬の新作や人気カチューシャをチェック

      【2023冬】ディズニーカチューシャ一覧!販売状況&値段まとめ!冬の新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    4. 【2023】タワー・オブ・テラー・アンリミテッド開催中!落下パターンや期間は?期間限定アトラクション!

      【2023】タワー・オブ・テラー・アンリミテッド開催中!落下パターンや期間は?期間限定アトラクション!

      みーこ

    5. 2022-2023のディズニーカウントダウン&年越しイベントは開催なし!

      2022-2023のディズニーカウントダウン&年越しイベントは開催なし!

      まるこさん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集