検索

    【ディズニーの自動販売機】場所・種類・設置の理由まとめ!限定デザインのペットボトル!

    • Writer

      Writer

    東京ディズニーランドに設置してある自動販売機の場所、種類、設置の理由やデザインを徹底解説!コカ・コーラ社とキリンビバレッジ社で種類が異なります。ランドには3ヶ所に自動販売機があります。パークオリジナルデザインのラベルにも注目。オープン当初はなかった自動販売機ですが、ゲストの安全性を考えて設置が決まりました。自動販売機一つとってもディズニーの哲学が感じられます。

    【ディズニーの自動販売機】場所・種類・設置の理由まとめ!限定デザインのペットボトル!

    こんにちは!ディズニー大好きミサです。

    今回は、ディズニーランドにある自動販売機について紹介します。

    ディズニーランドに設置されている自動販売機は、およそ自動販売機に見えないデザインです。
    自動販売機だと気づかずに通り過ぎている方もいるのではないでしょうか。

    ディズニーランドには、3つの自動販売機があります。
    どれもデザインに凝っているためフォトジェニック(インスタ映え)な写真が撮れちゃいますよ♡

    ディズニーランドの自動販売機

    ティーポットの蓋が少し開いているのもポイント
    ティーポットの蓋が少し開いているのもポイント

    ディズニーといえば、食べ物や飲み物はワゴンやカウンターなどで買うイメージがありますよね。
    しかし、ディズニーランドにも自動販売機は存在するのです!

    ディズニーランドの自動販売機は全部で3つ。
    3ヶ所の別々の場所に置いてあります。

    ①トゥモローランド

    スペース・マウンテンの近くにあります♡
    スペース・マウンテンの近くにあります♡

    1つ目の自動販売機は、トゥモローランドのスペース・マウンテンの近くにあります。

    近未来をテーマにしているトゥモローランドに合ったロボットのデザインの自動販売機。
    特に男の子が喜びそうなデザインですね♪

    ②ファンタジーランド

    色合いもデザインも凝っている自動販売機
    色合いもデザインも凝っている自動販売機

    2つ目の自動販売機は、ファンタジーランドのレストラン「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」前にあります!

    「ふしぎの国のアリス」のティーパーティーがモチーフになった、かわいらしいティーポットのデザインです。
    このパステルカラーの自動販売機では、ドリンクを買うだけでも姿が絵になりますね♡

    ③ウエスタンランド

    西部開拓時代の雰囲気にぴったりなデザイン
    西部開拓時代の雰囲気にぴったりなデザイン

    3つ目の自動販売機は、ウエスタンランドとアドベンチャーランドの境界のあたりにあります。

    目印は、ウエスタンランドのトレーディングポストやカレーポップコーンワゴンですよ。
    カレーポップコーンワゴンのすぐ近くにあります!

    ウェスタンランドの自動販売機は、ウッド調のデザインがアドベンチャーランドによく溶け込んでいます。
    さらに、この自動販売機をよく見ると、貯水タンクになっているのです!

    自動販売機のまわりのスペースを無駄にせず、雰囲気作りに用いているところがディズニーらしい粋な考え方ですね。

    ディズニーの飲料の値段や種類

    スペース・マウンテンは、コカ・コーラがスポンサーです
    スペース・マウンテンは、コカ・コーラがスポンサーです

    ディズニーランドに設置してある自動販売機のドリンクの料金は、すべて200円です。
    お札は1000円札しか使えませんので、気をつけてくださいね。

    自動販売機の値段が高いと言われているディズニー。
    しかし、同じテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの250円と比べると少しお手頃ですね!

    ディズニーの自動販売機でドリンクを提供している会社は、2社あります。
    それは、ディズニーリゾートオフィシャルスポンサー会社、次の飲料メーカーです。

    ・日本コカ・コーラ
    ・キリンビバレッジ

    そのため、3つの自動販売機でも売っている商品が異なります。

    ・トゥモローランド:日本コカ・コーラの商品
    ・ファンタジーランド:日本コカ・コーラの商品
    ・ウエスタンランド:キリンビバレッジの商品

    細かい種類は以下の通りです。

    ディズニーに自動販売機が設置された理由

    35周年のショーのミッキーとミニー
    35周年のショーのミッキーとミニー

    一見、現実味がある自動販売機も、ディズニーらしいこだわりがほどこされ、夢の国にすっかり溶け込んでいます。

    しかし、ディズニーランドの自動販売機は、オープン当初からあったわけではないのです。

    ディズニーランドに、初めて自動販売機が設置されたのは2008年のこと。
    トゥモローランドにあるロボット型の自動販売機が初めに設置された自動販売機でした。

    2010年に新たにウエスタンランドとファンタジーランドに2台設置され、現在合計3台になりました。

    設置の理由は、猛暑の中でドリンクを買う為に並んでいたゲストが熱中症を訴えたり、実際に倒れてしまったりという事態が発生したからです。
    自動販売機を最初は置かなかったことにも、ゲストの安全を考え設置を決めたことにも、その背景にはディズニーの哲学がありました。

    ①Hand to Hand

    ディズニーランドでは
    ・「Hand to Hand」(手から手に)
    ・「Heart to Heart」(心から心に)

    の精神がサービスの基本理念にあります。

    自動販売機は、キャストを必要とせず利益を産み出してくれるので、人件費がかからずに生産性を上げてくれます。
    そのため、運営側にはメリットのように思えます。

    しかし、人と人とのやりとり、ゲストとキャストの交流こそがディズニーの目指しているサービスなのです。

    ディズニーランド内では、フードやグッズが売られているワゴンやショップが多いですよね。
    このようにワゴンやショップでキャストが対人でものを売ることも、ゲストとキャストの大事なコミュニケーションでもあります。
    コミュニケーションの中で、キャストのホスピタリティが試されているのです。

    そのほかの例をとってみても、ディズニーがなるべくキャストとゲストのコミュニケーションを増やそうとしていることがわかります。

    例えば、看板の少なさです。
    ディズニーランドには、アトラクションやお店の位置を示す看板がほとんどありませんよね。

    看板を極力少なくすることで、「ゲストがキャストに道を尋ねる」というコミュニケーションの機会を増やす狙いがあるのです。

    このような「Hand to Hand」、「Heart to Heart」の精神のために、ディズニーランドには始め自動販売機が設置されていなかったのです。

    ②ディズニーリゾートのプライオリティ「SCSE」

    ディズニーリゾートでは完璧なサービスを維持するために、基本的な運営方針と優先することが決められています。
    その運営方針と優先順位を表したものを「SCSE」といいます。

    SCSEは以下の頭文字を続けたもので、上から順に優先されます。

    「S(Safety)=安全性」
    「C(Courtesy)=礼儀正しさ」
    「S(Show)=ショー」
    「E(Efficiency)=効率」

    つまり、ディズニーリゾートでは、ゲストの安全性がすべてにおいて優先されるのです。

    対人の販売の場合、お金の受け取りやお釣りの受け渡し、さらには商品の受け渡しなど、細々としたところで時間がかかってしまいますね。
    すぐにドリンクを買えず、熱中症を訴えるゲストがいると知ったディズニーは、自動販売機を設置することにしました。

    このように、ディズニーランドの自動販売機の設置は、熱中症の危険性からゲストを守るためのものだったのですね。

    ディズニーでは水筒・ペットボトルの持ち込み可

    名前のフォントもディズニーになっていてかわいい水筒
    名前のフォントもディズニーになっていてかわいい水筒

    自動販売機のおかげで、ゲストは効率よくドリンクを手に入れることができるようになりました。
    しかし、ディズニーランドが特に混雑しているような日は、自動販売機もワゴン同様、並ばなくてはいけなくなってしまうかもしれませんよね。

    少し持ち物が重たくなってしまうかもしれませんが、
    ディズニーのドリンクは高い!
    飲み物を買うために並びたくない!

    という方におすすめなのは、水筒、ペットボトルの持ち込みです♪

    ディズニーでは、以下のものは持ち込みNGですが、水筒・ペットボトルなら持ち込みができるんですよ!

    特に夏場は水分補給が要ですから、水筒・ペットボトルの飲み物の持ち込みは許可されているようです。

    ただ、ペットボトルを大量に持ち込もうとしたり、ペットボトルのラベルなどがなく、中身のわからない液体のものは少し注意が必要です。
    パーク入り口の荷物検査のところで、怪しまれてしまうかもしれません。

    【必見】ディズニーへの持ち込みは禁止?パン・おにぎり・水筒・ペットボトルは?お酒はNG

    ディズニーパーク限定のラベル

    ディズニーパーク限定のアリエルのラベル!
    ディズニーパーク限定のアリエルのラベル!

    ディズニーランドの自動販売機で売られているドリンクは、一般的な自動販売機の値段と比べたら少し高めに設定されています。

    しかし、ディズニーランドの自動販売機で売られているドリンクは、普通のペットボトルではないんですよ。
    ディズニーランドで販売されているペットボトルは、すべてディズニーパーク限定のラベルデザインになっています。

    ラベルのデザインも時期によって変わるため、ディズニーランドでドリンクを買うことも楽しみのひとつになりますね。
    ペットボトル1つとってもゲストを飽きさせないディズニーのホスピタリティはさすがです!

    ペットボトルのパーク限定デザインをいくつかご紹介します。

    ◆キリンレモン

    やんちゃなスティッチの笑顔がかわいいデザイン
    やんちゃなスティッチの笑顔がかわいいデザイン

    2014年11月からパッケージデザインが『リロ&スティッチ』になりました。
    青いカラーのラベルが爽やかです☆

    ◆キリン生茶

    いろんなポーズのミッキーがいます
    いろんなポーズのミッキーがいます

    2016年8月から新しいデザインになりました。
    生茶おなじみの緑色のラベルに、格子状の和モダンなデザインです。

    ◆ソルティライチ

    清涼感たっぷりなデザイン
    清涼感たっぷりなデザイン

    2016年7月からアリエルのデザインになりました。
    白と水色で透明感と清涼感あふれるパッケージです。

    ◆爽健美茶

    大人っぽい落ち着いたデザインですね
    大人っぽい落ち着いたデザインですね

    2017年5月にリニューアルされたデザインには、ディズニーランドとディズニーシーのシンボルとなる建物やアトラクションがシルエットになっています。
    ミッキー型の雲もかわいらしいポイントになっています。

    ◆アクエリアス

    ディズニーランドに来た記念にもなりますね
    ディズニーランドに来た記念にもなりますね

    2017年7月に新しいパッケージになりました。
    泡のような青い丸の中には、ランドのシンデレラ城とシーのプロメテウス火山のイラストが♡
    とても涼しい見た目のデザインです。

    ◆いろはす

    一見普通のいろはすですが、しっかりとディズニーリゾートのマークが
    一見普通のいろはすですが、しっかりとディズニーリゾートのマークが

    エコフレンドリーないろはすのペットボトルは、ラベルも小さいです。
    面積の狭い中で、青いミッキーのシルエットとシンデレラ城とプロメテウス火山が存在感を放っているデザインです。

    ◆ナチュラルミネラルウォーター

    飲み終わっても詰め替えて使い回したくなるかわいさですね
    飲み終わっても詰め替えて使い回したくなるかわいさですね

    キリンビバレッジのアルカリイオンの水のパッケージは、
    ・ドナルド
    ・ヒューイ
    ・デューイ
    ・ルーイ

    が海でスキューバダイビングをしている絵のデザインです。

    鮮やかな魚たちと透明感のある海の絵は、とても涼しげです♪

    ディズニーシーの自動販売機

    ディズニーシーのシンボル、プロメテウス火山
    ディズニーシーのシンボル、プロメテウス火山

    ディズニーシーには自動販売機が設置されていません。
    ただ、パーク前には自動販売機が2カ所あるので、シーに入る前に買ってみてはいかがでしょうか♪

    今後は、シーにも自動販売機が設置する可能性がありそうですね。

    まとめ

    アリスのティーポットデザインの自動販売機のあるクイーンオブハートのバンケットホール
    アリスのティーポットデザインの自動販売機のあるクイーンオブハートのバンケットホール

    いかがでしたか?
    ディズニーリゾートの自動販売機についてまとめました。

    日常生活にすっかり定着している自動販売機ですが、そんな自動販売機を見ても現実を想起させないよう、それぞれテーマに合わせたデザインになっているのがディズニーらしいですよね。

    捨てるのがもったいなくなるくらい、かわいいペッドボトルを集めてみるのも楽しそうです。

    ぜひ、暑い日にパークに行った際には効率のよい自動販売機でドリンクを買って、水分補給をしっかりと取ってください♪

    【ディズニーの自動販売機】場所・種類・設置の理由まとめ!限定デザインのペットボトル! キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Writer

    Writer

    キャステルへの投稿ライターです。

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【10/16更新】2019秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      【10/16更新】2019秋冬!ディズニーカチューシャまとめ!

      Tomo

    2. 【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    3. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    4. 【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ハロウィーン&クリスマス限定!パーカーやお菓子など!

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ハロウィーン&クリスマス限定!パーカーやお菓子など!

      てんてん

    5. 【確定】ディズニーチケット値上げは2019年10月!値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

      【確定】ディズニーチケット値上げは2019年10月!値上げの理由やこれまでの値段推移!混雑緩和も?

      あやな

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集