検索

    【待ち時間情報も】白雪姫と七人のこびとの概要・混雑攻略まとめ

    • たけのこ

      たけのこ

    ディズニーランドの人気アトラクションの1つ「白雪姫と七人のこびと」の概要や待ち時間&混雑対策をご紹介!白雪姫と七人のこびとは、ディズニー映画「白雪姫」を舞台にしたアトラクション。名前からはメルヘンチックなストーリーを想像してしまいますが、実はディズニーランドで一番怖いアトラクションと言われることもある、お化け屋敷のアトラクションなのです。

    【待ち時間情報も】白雪姫と七人のこびとの概要・混雑攻略まとめ

    こんにちは!ディズニー大好き主婦のたけのこです。

    ディズニー初の長編カラーアニメーション映画として現在もたくさんの人に愛されている「白雪姫」。
    ディズニーランドにはそんな白雪姫をモチーフにした大人気のアトラクションがあります。

    映画を観たことがある方も、白雪姫は初めてだという方でも絶対に楽しめる「白雪姫と七人のこびと」を詳しくご紹介していきます。

    白雪姫と七人のこびととは

    白雪姫と七人のこびと(外観)
    白雪姫と七人のこびと(外観)

    ディズニーランドの中でも人気の高いアトラクションの1つ「白雪姫と七人のこびと」。
    ファンタジーランド内にあり、おとぎ話に出てきそうなメルヘンチックな建物に惹かれてついつい足が向いてしまいます。

    誰もが知っている映画白雪姫を舞台にしたアトラクションですから、小さなお子さんはもちろん、大人もしっかり楽しめるアトラクションとなっています。

    白雪姫の映画を観たことのある方は、まるで自分が映画の中にいるかのような体験に興奮すること間違いなし!
    まだ映画を観たことのない方でも、白雪姫と七人のこびとでは精巧な人形やそのメルヘンチックな世界観でアトラクションとして十分楽しめる内容になっていますから大丈夫!

    ぜひこの機会に白雪姫の世界を体験してみてくださいね。

    ただし!怖いものが苦手な小さいお子さんは注意してください!
    実は、白雪姫と七人のこびと、メルヘンチックな外観とは裏腹に「ディズニーランドのお化け屋敷」とも呼ばれていますから苦手な方は覚悟してお楽しみください!

    白雪姫と七人のこびとの見どころは何といってもその世界観です。
    おとぎ話の世界に迷い込んだようなステキな、でもちょっと怖い?そんな白雪姫の世界観を「白雪姫と七人のこびと」でたっぷり味わってください!

    白雪姫と七人のこびと情報

    白雪姫と七人のこびと
    白雪姫と七人のこびと

    ファンタジーランドにある人気アトラクション「白雪姫と七人のこびと」はトロッコにのって白雪姫の世界を体験するアトラクションです。
    室内のアトラクションなので、天気の悪い日にも嬉しいアトラクションです。

    白雪姫と七人のこびとの場所

    白雪姫と七人のこびとの場所 引用元:公式サイト
    白雪姫と七人のこびとの場所

    白雪姫と七人のこびとはファンタジーランドの中にあるアトラクションです。
    ファンタジーランドはおとぎ話の世界がテーマになっていて、写真映えするかわいいスポットも多いので特に人気のあるテーマランドです。

    白雪姫と七人のこびとの建物の外観もとてもかわいらしいのですが、ファンタジーランドは似たような雰囲気の建物が多いので少し見つけにくいかもしれません。

    ファンタジーランドの真ん中に位置する場所に「アリスのティー・パーティー」というコーヒーカップのアトラクションがあります。
    このアリスのティーパーティーの斜め前、シンデレラ城側に白雪姫と七人のこびとがあります。

    アリスのティーパーティーはラベンダー色の建物に大きなコーヒーカップでとても目立ちますから、白雪姫と七人のこびとを探す時の目印にしてみてください!

    白雪姫と七人のこびとの待ち時間と混雑対策

    ディズニーランドの白雪姫
    ディズニーランドの白雪姫

    白雪姫と七人のこびとは、4人乗りのトロッコが7台稼働しているため、比較的混みにくいアトラクションです。

    平日であれば長くても30分ほど待てば乗れるはずです。
    開園してすぐの時間帯には5分待ちのようなこともありますからすぐに乗れますよ。

    白雪姫と七人のこびとの1日の待ち時間の推移
    白雪姫と七人のこびとの1日の待ち時間の推移

    白雪姫と七人のこびとはファストパスには対応していません。
    ですが、平日であれば30分も待てば乗れてしまいますから大丈夫です!

    白雪姫と七人のこびとの前を通りかかる時に待ち時間を確認しつつ、待ち時間が5分や10分になっているタイミングを狙ってみてください。

    白雪姫と七人のこびとの月別平均待ち時間
    白雪姫と七人のこびとの月別平均待ち時間

    白雪姫と七人のこびとが最も混む月は2月と3月です。
    1年のうち、特に寒い時期に人気が集中しています。

    白雪姫と七人のこびとは室内アトラクションですから、寒い時期に室内でちょっと温まりたいと思う人が多のかもしれません。

    ディズニーランドのお化け屋敷?実は怖い白雪姫と七人のこびと

    こびとたち
    こびとたち

    白雪姫と七人のこびとはトロッコ型のライドに乗って白雪姫の世界を冒険する人気のアトラクションです。
    ファンタジーランドの中にあって、建物もメルヘンな童話の世界のような外観をしています。

    しかし、白雪姫と七人のこびとに乗った人たちの中には、乗る前のふんわりしたイメージと実際のアトラクション内容が違いすぎると衝撃を受けている方も!

    「ディズニーの中で最も怖いアトラクションでは!?」
    「ホーンテッドマンションより怖い!」
    「お化け屋敷だ!」

    メルヘンな外観からは想像できない、ディズニーのお化け屋敷とまでいわれている白雪姫と七人のこびと。
    かわいい白雪姫の世界のアトラクションで一体なにがそんなに恐ろしいのでしょうか?

    アトラクション前の表示板にはこんな警告文が!

    アトラクション前の看板
    アトラクション前の看板

    「怖い魔法使いが登場します。小さいお子様はご注意ください。」

    こんな文章がアトラクション前の表示板にかかれています。
    この掲示を見逃してしまう方も多いようで、小さな子ども連れの家族がキャストさんから最終確認されているのを見かけたこともあります。

    アトラクションでは、始終暗い中をトロッコが進んでいきます。
    怖い顔をした木々が迫ってきたり、ガイコツが転がっていたり…確かに小さなお子さんには怖すぎるかもしれませんね。

    怖い魔女は何度もでてきますが、明るい音楽の流れるシーンはたった一度だけです。
    建物のメルヘンチックな外観からかわいい内容のアトラクションを期待してしまいますが、とんでもない!

    白雪姫と七人のこびとは確かにディズニーのお化け屋敷といえるほどの不気味なアトラクションです。

    白雪姫と七人のこびとのヒミツ

    パークで会える白雪姫の魔女
    パークで会える白雪姫の魔女

    ディズニー初の長編カラーアニメーション映画である白雪姫は、なんと第二次世界大戦よりも前に公開されているとても歴史のある映画なんです。
    そして、白雪姫と七人のこびとは、ディズニーランド開園当初からある歴史あるアトラクションとして人気があります。

    白雪姫と七人のこびとなのに白雪姫が登場しない?

    そんな白雪姫を舞台にしたアトラクション「白雪姫と七人のこびと」では、実は白雪姫は一度しか登場しません。
    白雪姫と七人のこびとというアトラクション名でもありますから、主人公がたった一度しか登場しない内容を不思議に思う方も多いはずです。

    「白雪姫と七人のこびと」の歴史は古く、ディズニーランド開園当初からあるアトラクションですが、現在と同じ内容ではありませんでした。
    実は、当初の白雪姫と七人のこびとには、白雪姫がまったく登場していなかったんです!

    白雪姫と七人のこびとというアトラクションなのに、主人公の白雪姫が不在だったんですね。

    やっぱりみんな白雪姫がみたい!

    白雪姫と七人のこびとはその後リニューアルされ、現在のように白雪姫を1度は登場させる内容に変更になったという経緯があったのです。

    白雪姫と七人のこびとは白雪姫の目線で楽しむアトラクション
    そもそも、どうして白雪姫の登場がまったくないアトラクションになってしまっていたのでしょうか?

    白雪姫と七人のこびとは、実は白雪姫の目線で森を冒険するというコンセプトでオープンしたアトラクションだったんです。
    怖い顔をした木々や魔女がトロッコにのっているお客さんに向かってきている演出はそのためだったんですね。

    白雪姫と七人のこびとに白雪姫が登場しない理由は、白雪姫の視線から物語を冒険するアトラクションだから!
    なるほど、主人公が登場しない白雪姫と七人のこびとのヒミツはこういう理由だったんですね!

    白雪姫と七人のこびとはバッドエンド?

    白雪姫の魔女
    白雪姫の魔女

    白雪姫と七人のこびとは、最後に魔女が大きな岩をトロッコの上に落とそうとしている場面で終わります。

    「その後どうなったのか?」「白雪姫は王子様と結ばれたのか?」何もわからないエンディングが白雪姫と七人のこびとというアトラクションの怖いイメージをより際立たせています。

    アメリカ・フロリダと、フランス・パリのディズニーにも同様の白雪姫を舞台にしたアトラクションがありますが、エンディングでは王子様とのキスシーンがありハッピーエンドで幕を下ろします。
    東京ディズニーランドの白雪姫と七人のこびとの終わり方とは随分ちがうエンディングです。

    ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、その後白雪姫がどうなったのかを自由に想像してみるのも楽しいかもしれませんね。

    白雪姫と七人のこびとの楽しみ方

    白雪姫と七人のこびとのトロッコ
    白雪姫と七人のこびとのトロッコ

    白雪姫と七人のこびとでは、ゲストはトロッコ型のライドに乗って白雪姫の世界を冒険します。

    注目していただきたいのは、このトロッコ。
    映画を観たことのある方ならピンとくる方もいるかもしれませんが、実はこのトロッコ、劇中で登場した小人たちのベッドをイメージしているんです。

    そして、7つのトロッコにはそれぞれ7人の小人たちの名前が刻まれています。
    7人の小人の名前は以下のとおりです。

    白雪姫と七人のこびとに乗る際には、トロッコの先頭にどの小人の名前が刻まれているかチェックしてみてくださいね。

    乗り場までトロッコが帰ってくるときに開くドアには「Seven Dwarf's Mine」という言葉が書かれています。
    これは、「7人の小人の鉱山」という意味です。

    このように白雪姫と七人のこびとには映画を観た方ならハッとするようなおもしろい仕掛けがたくさんあって楽しいですよ!

    まとめ

    白雪姫と七人のこびとのアトラクションポスター
    白雪姫と七人のこびとのアトラクションポスター

    ディズニーランドでも人気の高いアトラクション「白雪姫と七人のこびと」の概要や魅力をご紹介しました、いかがでしたか?

    ディズニー初の長編カラーアニメーション映画である白雪姫は現在も世界中で愛されています。
    世代を問わず愛される白雪姫の世界を冒険できる「白雪姫と七人のこびと」はディズニー好きなら、一度は乗りたいアトラクションです。

    大人もクセになる不気味な雰囲気をもつ魅力的なアトラクション、白雪姫と七人のこびと。
    映画で観たままの世界が目の前に広がります!

    白雪姫が好きな方、怖い雰囲気が好きな方には絶対おすすめ。
    みんなで白雪姫の世界を楽しんでください!

    【待ち時間情報も】白雪姫と七人のこびとの概要・混雑攻略まとめ キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    2. ランキング画像

      【最新】マーベル映画はこの順番で観るべし!公開年順・時系列・アベンジャーズ...

      しーちゃん

    3. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    5. ランキング画像

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ディズニーイースターのうさ...

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集