検索

    レンタルもアリ。ディズニー撮影におすすめの一眼レフ&レンズ!ミラーレスやコンデジも

    • Tomo

      Tomo

    一眼レフカメラを買ってディズニーで写真を撮りたいと思っていても、それなりのお値段なので、手が出ない方もい多いはず。そんなときに活躍するのが、カメラやレンズのレンタルサービス!カメラ本体とレンズがセットなど豊富なラインナップから選び試すことができちゃいます♪

    レンタルもアリ。ディズニー撮影におすすめの一眼レフ&レンズ!ミラーレスやコンデジも

    こんにちは!ディズニーリゾートをこよなく愛するTomoです。
    みなさんはディズニーリゾートでの写真撮影をするときに

    「一眼レフカメラなどを購入したいけど、使い方がわからず扱い切れなかったらどうしよう!」
    「欲しいレンズがあるのに、高すぎて買えない!」

    なんて思ったことはありませんか?

    そんなときに大活躍するのが「カメラレンタルサービス」です。
    筆者もディズニーの撮影ではなかったのですが、旅行先で使ってみたいレンズがあったため、レンタルしたことがあります。

    カメラ本体はもちろん、レンズのみやカメラ本体とレンズがセットになったものまで豊富な種類がラインナップされていますよ。

    ①購入前にカメラをディズニーで試してみたい方

    ニコンの一眼レフカメラとオリンパスのミラーレス一眼レフカメラ
    ニコンの一眼レフカメラとオリンパスのミラーレス一眼レフカメラ

    一眼レフカメラ、ミラーレス一眼をレンタルしたい方は、「レンズキット」をレンタルしましょう。
    コンパクトデジタルカメラの場合、基本的にレンズ一体型なのでレンズを気にする必要はありません。

    カメラレンタルを行っているショップは何件かあります。
    平均的な価格は、1泊2日または2泊3日で5,000~9,000円ほどですよ。
    価格はレンタルショップにより異なります。

    ◆一眼レフカメラレンタル機種

    キャノン EOS Kiss X7 本体
    キャノン EOS Kiss X7 本体

    キヤノンの場合、EOS Kissシリーズがラインナップされていることが多いです。
    Kissシリーズは、ディズニーリゾートで最も使っている方を多く目にする機種だと思います。
    Canon EOS Kiss X7i(一眼レフカメラ)などであれば全く問題ありません。

    ニコンの場合、D3000またはD5000シリーズがラインナップされていることが多いです。
    D3000、D5000シリーズであれば、ディズニーでの撮影は問題ないと思いますよ。

    ◆一眼レフカメラ用レンタルレンズ

    ダブルズームキット(キャノン)
    ダブルズームキット(キャノン)

    セットになっている場合、1本または2本レンズが一緒についてきます。
    カメラ本体のみのレンタルになっている場合、自分でレンズを用意しないとカメラを使うことができません。

    mm(ミリメートル)の数字の部分が焦点距離です。
    f/(F値)が絞り値です(レンジがあるのは、焦点距離によって変動するため)。
    キャノンの「IS」、ニコンの「VR」と書いてあるのは、手ぶれ補正機構が搭載されているということを表します。

    レンズの選び方は、下記のようにすると良いですよ。

    絞り値(F値)が低いほどボケやすく、明るいレンズ(夜や暗所に強い)です。
    ズームレンズは望遠側が絞り値(F値)がレンズの性質上高くなっています。

    キャノン、ニコンいずれのレンズともに手ぶれ補正機構を搭載しているので、手ぶれはしにくいと思いますよ。

    ◆ミラーレス一眼レンタル機種

    オリンパス OM-D EM-5
    オリンパス OM-D EM-5

    オリンパスやパナソニック、ソニーなどがミラーレス一眼の主力メーカーです。
    オリンパスPENは、ディズニー以外でも持ち歩いている人が多いように感じます。

    ミラーレス一眼は一眼レフカメラより軽いものが多く、1日持っていても疲れにくいので購入しやすいと思います。

    ◆コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)レンタル機種

    コンパクトデジタルカメラ ソニーDSC-RX100
    コンパクトデジタルカメラ ソニーDSC-RX100

    筆者は一番興味があったソニーのDSC-RX100シリーズを借りたことがあるので、体験談を交えてお伝えしますね。

    ソニーRX100シリーズは、コンパクトデジタルカメラの中でも1型センサーという大型センサーを搭載し、絞り値F1.8を小型サイズに収めた高級コンデジという部類のカメラです。
    実際に使ってみた感想は、かなり使いやすく望遠側をそこまで必要としないなら、パークをスナップしながらまわるには最適だと思います。

    スマートフォンでもかなりきれいに写真を撮影できるようになりましたが、やはり夜や暗所はまだまだ苦手だと思います。
    所詮コンパクトデジタルカメラと思っていると本当にびっくりするような絵が撮れますよ!

    ソニーDSC-RX100 mark3 作例
    ソニーDSC-RX100 mark3 作例

    これまでに発売された5機種のソニーRX100がすべて併売されている珍しいカメラです。
    筆者が利用したのは、3番に発売されたソニーDSC-RX100 mark3でしたが、最新モデルもレンタル可能となっていました。

    レンタルの際に利用したのは「ネットショップ アットサービス」というレンタルショップです。

    レンタル手順は次の通りでした。
    登録して借りたい商品を選ぶだけなので、非常に簡単だと思いますよ。

    1. アットサービスの会員登録する。
    2. レンタルしたい機種とレンタル日数を決めてカートに入れる。
    3. クレジットカードなどで決済する。
    4. レンタル開始日に合わせて商品が届け先に届く。
    5. レンタル終了時は、送られてきた梱包材に商品を入れて指定の運送会社に集荷依頼を出す。

    ※返却時に同梱されていたものを入れ忘れず梱包してくださいね。

    ソニーのコンパクトデジタルカメラをメインに説明しましたが、他のメーカーのカメラもレンタルできるようになっていますよ(ニコン・キャノン・カシオ・オリンパスなど)。

    ②既にカメラを持っており、レンズをディズニーで試したい方

    SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM ニコンマウント
    SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM ニコンマウント

    新しいレンズを購入する際は、家電量販店などで試すことができますが、ディズニーリゾートに持って行って試すことはできませんよね。
    カメラレンタルの多くのお店が、レンズ単体でも貸出を行っていますよ。

    筆者はレンズ単体でのレンタルを「マップレンタル」というレンタル店にて借りたことがあります。
    マップレンタルは東京・新宿にあるので、店舗受け取り・受け渡しもやっていて非常に便利でした。

    しかし、利用するにあたって会員入会費1,500円が必要になります。
    初回レンタルのみに必要なので、その後年会費がかかるということはありません。

    個人的には有料会員登録をするほどのカメラ・レンズラインナップがすごいと思っています。
    新作カメラやレンズもいち早くラインナップされるのが特徴です。

    筆者がレンタルしたのは、「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM」という明るい(F値の低い)広角ズームレンズです。
    使用したのはディズニーリゾートではないのですが、かなり使い勝手もよく夜のパレードでも活躍してくれそうなレンズでした。

    SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM 作例
    SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM 作例

    レンズ購入時のみだけではなく、マウント変更時(他社メーカーに移動)にもレンタルは良い選択になると思いますよ。
    例えば、Fマウント(ニコン)→EFマウント(キヤノン)などメーカーを変えるときですね。
    カメラ本体と合わせたいレンズを同時に借りて試すことができます!

    筆者が気になっているレンズは「Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」や「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」です。
    キヤノンの100-400も気になりますが、筆者がニコンユーザーのためカメラ本体もレンタル必要になってしまうので迷っています。

    現在、ディズニーの夏イベントとして行われている「燦水!サマービート」や「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット”」などのパレードやショーを撮影する際は、「超望遠」と呼ばれる400mm以上の焦点距離が必要だと思いました。

    夏のショー・パレードは近づくと濡れてしまうため、普段より長い望遠のレンズが必要になります。
    たまにバズーカみたいなでっかいレンズを使っている人たちがこのような超望遠レンズを使っています。

    望遠レンズはレンタルでも比較的高いので、防水カメラをレンタルするのも良いですね♪
    筆者は通常購入できないと思うので、機会があれば超望遠レンズもレンタルしてみたいと思っています。

    ③カメラレンタルショップ一覧

    一眼レフカメラ(ニコン)
    一眼レフカメラ(ニコン)

    店舗型(郵送も可能)、無店舗型(郵送のみ)の2つの種類のレンタルショップがあります。
    店舗型のレンタルショップでは受け取り・受け渡しが店舗でできるので、送料や手数料がかからないのが利点です(マップレンタルは可能・筆者利用済み)。
    無店舗型は郵送のみなので、送料や手数料がかかってしまいますが、店舗に出向かう必要がありません。

    (1)アットサービスはわかりやすいレンズキット・ダブルズームキットのレンタルを行っていると思います。

    (2)マップレンタルは入会費制のためか、他のレンタルショップよりカメラの種類の多さが豊富です。

    (3)レンティオはアットサービスのようにわかりやすいセットラインナップがある上に、送料が無料になっています。

    (4)レンタルスクエアは値段が安いですが、カメラ本体とレンズを別々で借りることしかできないようなので、初めての方にはわかりにくいかもしれません。

    (5)ビデオエイペックスもわかりやすいレンズキットがレンタルされていますが、若干値段が高いように感じます。

    (6)レンタルステーションもセットレンタルとなっています。

    しかし、セットレンタルの場合、カメラの機種が選択不可になっているので、借りたい機種を確実に借りる保証がありません。
    もちろん機種選択もありますよ。

    (7)DMMレンタルは、レンタルラインナップが少ないですが、SDカードがプレゼントでついてくるそうです。(返却不要)

    カメラやレンズのレンタルショップはこの他にもインターネットなどで検索するとたくさん出てきます。
    筆者が確認できたショップのみ掲載しました。

    価格はショップにより様々なので、比較して借りたいカメラやレンズがある最安値のショップを見つけてみましょう。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    ディズニーでの撮影にカメラレンタルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

    筆者も夏イベに向けて超望遠レンズをレンタルしたいと思っています!
    ディズニーリゾート以外でも利用する価値があると思うので、きれいな写真を撮りたい!残したい!と思う方はぜひ一度利用してみてくださいね♪

    レンタル後購入意欲が強くなったと思ったら、カメラの選び方についても書いていますので、こちらの記事もぜひ読んでくださいね!

    2017年版ディズニー向けおすすめ一眼レフカメラとレンズの選び方

    レンタルもアリ。ディズニー撮影におすすめの一眼レフ&レンズ!ミラーレスやコンデジも キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    Tomo

    Tomo

    シーの雰囲気が大好きでランドよりシーを訪れる回数が年々増えているTomoです! 写真撮影が大好きで一眼レフ片手にインしてたくさん写真を撮っています。 撮影の設定やオススメの撮り方の記事も書きたいと思っています!! 海外パークにも数回訪れているので海外パーク情報もお届けしたいです♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      【ディズニー混雑予想】2019~2020年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間アプリも

      キャステル編集部

    2. 【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      【必見】ディズニーの入場料はいくら?ディズニーチケットを少しでも安く買う9つの方法

      みーこ

    3. 【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

      みーこ

    4. 【2019-2020】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!クリスマス&お正月限定!パーカーやお菓子など!

      【2019-2020】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!クリスマス&お正月限定!パーカーやお菓子など!

      てんてん

    5. 【2019-2020冬】ディズニーシーのお土産グッズ総まとめ!ダッフィー新作・クリスマス&お正月限定・ピクサー!

      【2019-2020冬】ディズニーシーのお土産グッズ総まとめ!ダッフィー新作・クリスマス&お正月限定・ピクサー!

      Tomo

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集