ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』は2023年冬公開予定!最新情報まとめ

    • きーもも

      きーもも

    2023年、ウォルト・ディズニー・カンパニーは100周年を迎えます!そんな100周年を記念して制作される映画が『ウィッシュ』です。一体どんな作品になるのか、ストーリーやキャストなど気になる情報を詳しくご紹介あします。新しいディズニープリンセス誕生の可能性も!

    皆さん、こんにちは!
    ディズニー大好き、映画オタクのきーももです♡

    世界で最も有名なキャラクター「ミッキー」をはじめ、世界を虜にし続ける様々な作品を生み出してきたウォルト・ディズニー・カンパニーは、2023年に100周年を迎えます!

    そんなディズニーから100周年を飾る記念作品として制作されるのが、映画『ウィッシュ』です。

    今回は、ディズニー好きのみならず、世界中が注目する映画『ウィッシュ』の最新情報をご紹介します。

    キャストやストーリーはもちろん、新ヒロインの設定についてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

    映画『ウィッシュ』はディズニー100周年記念作品!

    映画『ウィッシュ』
    出典:公式サイト
    映画『ウィッシュ』

    ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』の監督を務めるのは、『アナと雪の女王』を手がけたクリス・バックと、『アナと雪の女王』や『ズートピア』などのストーリーアーティストを担当したファウン・ヴィーラスンソーンです。

    脚本は、クリスと同じく『アナと雪の女王』を手がけ、現在はディズニー・アニメーション・スタジオのクリエイティブ・オフィサーでもあるジェニファー・リーが担当します。

    プロデューサーは、こちらも『アナと雪の女王』を手がけたピーター・デル・ヴェッコと、『ミラベルと魔法だらけの家』や『アナと雪の女王2』を担当したフアン・パブロ・レイジェス。

    皆さんもうお分かりだと思いますが、100周年記念作品『ウィッシュ』の制作メンバーとして集められたのは、「ウォルト・ディズニー・カンパニー」のレガシーを受け継いできたメンバーたちなんです。

    そんな彼らがタッグを組み、ディズニーの総力を結集した渾身の一作が映画『ウィッシュ』。

    監督のクリスは、映画『ウィッシュ』を、ウォルトへの敬意を込めて制作したとのこと◎
    彼は次のように語っています。

    映画タイトル『ウィッシュ』に込められた意味

    タイトルに込められた意味
    タイトルに込められた意味

    100周年を飾る映画タイトル「ウィッシュ」は、「ディズニー・アニメーションの長い歴史」から着想を得たそう。

    監督のファウン・ヴィーラスンソーンは次のように語っていますよ。

    映画『ウィッシュ』のストーリー

    映画『ウィッシュ』のストーリー
    映画『ウィッシュ』のストーリー

    『ウィッシュ』は、長きにわたりディズニー作品が描き続けてきた「願いの力」を真正面からテーマとして描く、ディズニー100年の歴史の集大成とも言うべき作品です。

    これまでも、ディズニー作品の主人公たちは、強く願う力で道を切り開いてきました。

    そんなどの作品の世界より前から存在するファンタジーの世界で、どんな願いも叶うと言われている「ロサス王国」が、映画『ウィッシュ』の物語の舞台となります。

    主人公となるヒロインは、17歳のアーシャ。

    前向きで明るく、リーダーの素質を持ち、王国の人々を大切に思っている彼女ですが、ある出来事によって、王国に隠された秘密を知ります。

    そしてこれまでのディズニーの歴史で最も恐ろしい敵と対峙したアーシャは、立ち上がることを決心するのです。

    星に向かって心の底から強く「道案内をしてほしい」と願ったアーシャの元へ、空から星がやって来ます。

    その名も「スター」。
    このスターがアーシャの手助けをすることになるようです。

    スターというキャラクターは、可能性・イマジネーション・希望などによって作られた「宇宙に偏在するエネルギー」。

    とてつもないエネルギーと、ものすごい好奇心を持っていて、時には混乱を巻き起こすこともあるそう。

    言葉を話すことはできず、コミュニケーションの手段はパントマイムのみだということも明かされています。

    アーシャの相棒であるヤギのヴァレンティノは、スターのおかげで「喋りたい」という願いが叶うそう。

    アーシャを手助けするキャラクター・スターはとてつもない力を持った「願い星」そのものなのかもしれませんね!

    『ウィッシュ』は過去のディズニー・アニメーション作品にインスパイアされた壮大な「ミュージカル・アニメーション」になるということなので、歴代のプリンセスたちのようにアーシャが歌い、踊り、困難に立ち向かう姿が描かれていくのではないかと思われます。

    本作を制作するにあたって、ウォルトの初期の長編作を参考に、古典的映画とコンテンポラリーをミックスしたアイディアを取り入れ、タイムレスな水彩画と3Gアニメーションをブレンドした新たな描き方を開発したディズニー。

    100周年の集大成とも言われる『ウィッシュ』のストーリーはもちろん、映像にも注目したいですね!

    映画『ウィッシュ』のキャスト

    映画『ウィッシュ』のキャスト
    出典:公式サイト
    映画『ウィッシュ』のキャスト

    ●アーシャ:アリアナ・デボーズ
    ●ヴァレンティノ:アラン・テュディック

    本作のヒロイン・アーシャの声優には『ウエスト・サイド・ストーリー』で第94回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリアナ・デボーズがキャスティングされました。

    彼女は劇中歌『More for Us(原題)』の歌唱も担当しています。

    『More for Us』は、星に強く’’願い’’をかける重要なシーンで歌われる曲です。

    これまで『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」や、『リトル・マーメイド』の「パート・オブ・ユア・ワールド」などヒロインの心情を表現した数々の楽曲が世界中で愛され続けてきましたが、その中でも今回の楽曲には「強い願い」が込められているようですよ。

    アーシャの相棒であるヤギのヴァレンティノの声を担当するのは、『シュガー・ラッシュ』のキャンディ王役以降、ディズニー・アニメーション作品ではおなじみのアラン・テュディックです。

    アラン・テュディックは、『アナと雪の女王』のウェーゼルトン公爵や『ベイマックス』のクレイ、『ズートピア』のデューク・ウィーゼルトン、実写版『アラジン』のイアーゴなど、様々な作品で声の出演をしています。

    あのキャラクターの声だ!と聞き比べてみるのも面白いかもしれません。

    ◆世界的ヒットソングライターが音楽制作を担当

    本作で音楽を担当するのは、第60回グラミー賞主要2部門にノミネートしているほか、ジャスティン・ビーバー、エド・シーランなど有名アーティストへの楽曲提供をし、世界的ヒットソングライター兼アーティストとして活躍するジュリア・マイケルズです。

    D23EXPOで初お披露目された『More for Us』には、観客から割れんばかりの大歓声と拍手が沸き起きたそう。
    100周年を記念する作品にふさわしいクオリティの楽曲であることが証明されています♪

    『More for Us』を手がけたジュリア・マイケルズは、ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンや『アナと雪の女王』とロバート&クリステン・ロペス夫妻に続く、ディズニー新世代の作曲家になりそうです。

    アーシャは新たなディズニープリンセス!?

    新たなプリンセスが誕生!?
    出典:公式サイト
    新たなプリンセスが誕生!?

    ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』の主人公アーシャ。

    解禁されたばかりのファーストルックでは、ヒロインのアーシャと相棒となるヤギのヴァレンティノが木に座り、無数の’’願い星’’が輝く夜空に包まれた王国を、愛おしむように見つめている姿が描かれています。

    本作のヒロインであるアーシャが、作品の舞台となる「ロサス王国」のプリンセスなのかは、今のところ明言されていません。

    アーシャについて発表されているのは、「リーダーの素質があること」「王国の人々を大切に思っていること」「恐ろしい敵と対峙し立ち上がること」。

    こういった特徴を持っていることからすると、新たなディズニープリンセスとして描かれる可能性も大いに有り得そうですね。

    ◆ディズニープリンセス一覧

    ディズニープリンセス一覧
    出典:公式サイト
    ディズニープリンセス一覧

    アメリカのディズニー公式で発表されている「ディズニープリンセス」は15名。

    『ウィッシュ』のアーシャがディズニープリンセスということになれば、16番目のプリンセスとなります。

    この15名のプリンセスたちは「ディズニープリンセスオールスターズ」と呼ばれています。

    「ディズニープリンセスオールスターズ」の15名のプリンセス以外にも映画やゲームの中で「プリンセス」として扱われているキャラクターがいますよね。

    彼女たちは「ディズニーヒロインズ」に分類されます。

    例えば、『ちいさなプリンセス ソフィア』のソフィア姫や、『シュガー・ラッシュ:オンライン』のヴァネロペ、ゲーム『キングダムハーツ』に登場するアリスなどが、「ディズニーヒロインズ」です。

    ちなみに『魔法にかけられて』の主人公であるジゼルは、もともとはディズニープリンセスオールスターズの一員として認識されていましたが、肖像権の問題などからディズニーはジゼルをディズニープリンセスに含めないということを決めたそうです。

    とはいえ、『魔法にかけられて』の続編の公開やジゼルのグッズ販売もあるので、今後もディズニー公式の作品やグッズでジゼルの姿を見ることができますよ!

    ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』のヒロイン・アーシャが、新たなディズニープリンセスとなるのか期待して待ちたいですね!

    【決定版】ディズニープリンセス全員を一覧で紹介!名前・年齢・名言・性格・トリビアも♪

    まとめ

    ディズニー100周年記念作品『ウィッシュ』の最新情報をご紹介しましたが、参考になりましたか?

    これまでのディズニー・アニメーション作品からインスパイアされた物語になるということなので、ディズニーファンにはたまらない作品になりそうですよね!

    今後もストーリーやキャストなど、新しい情報が発表されると思うので注目して待ちましょう♡

    ◎ディズニー映画一覧
    歴代ディズニー映画一覧!全111作品を年表形式で一挙紹介!実写もアニメも最新作も!

    ◎今後公開されるディズニー映画
    2022年以降に公開予定のディズニー実写映画まとめ!実写版『リトル・マーメイド』の最新情報など!

    ディズニー100周年記念映画『ウィッシュ』は2023年冬公開予定!最新情報まとめ

    キャステルの記事に
    いいね!しよう



    テーマパークの最新情報をお届けします
    ライタープロフィール

    きーもも

    きーもも

    ディズニーと映画が大好きなきーももです。
    パークには年間20回ほど通っています!
    イクスピアリも大好きです。
    年間300本以上の作品を見ている
    映画オタクでもあります♡
    映画のことならジャンルを
    問わず任せてください!
    パークのことだけでなく
    ディズニー映画や
    ディズニーチャンネルの作品
    についても書いていきたいなと
    思っています♪

    他の記事もみる

    ランキングおすすめ記事

    1. 【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      【最新】トイストーリーホテル 空室情報・予約状況

      キャステル編集部

    2. 【毎日更新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年11月・12月、2023年1月の予想まとめ!

      【毎日更新】ディズニー入場制限!現在の混雑&人数は?入場者数を引き上げ中!2022年11月・12月、2023年1月の予想まとめ!

      めぐみ

    3. 【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      【2022冬】ディズニーの被り物67種まとめ!ファンキャップやカチューシャ、ヘアバンドも!

      てんてん

    4. 【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      【2022冬】ディズニーカチューシャ一覧!値段&販売状況まとめ!新作や人気カチューシャをチェック

      Tomo

    5. 【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      【攻略法】ディズニー開園時間の秘密!8時15分にオープン!?入園したらすぐにやるべき2つのこと

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集