検索

    ディズニーシーで星空や夜景を撮影!夜空のカメラ設定とおすすめスポット

    • Tomo

      Tomo

    東京ディズニーシーのきれいな星空や夜景写真を、インスタグラムなど見たことはありませんか?東京ディズニーシーで星空や夜景を上手に撮影する方法や、一眼レフカメラの設定を大公開!おすすめスポットもお伝えします☆

    ディズニーシーで星空や夜景を撮影!夜空のカメラ設定とおすすめスポット

    こんにちは!ディズニーリゾートをこよなく愛するTomoです!
    今回は、ディズニーリゾートで星空・夜景撮影の方法をご紹介しようと思います

    舞浜でも意外と星は見えることを知っていましたか?
    ディズニーの幻想的な雰囲気と星空のコラボレーションが撮れちゃいます!

    ディズニーの美しい夜景や星空をインスタグラムで美しい見かけ、どうやったら撮れるのか試行錯誤してみました。
    夜景写真の撮影方法も聞かれることが多いため、星空と夜景の撮影方法をまとめて公開します♪

    ディズニーで星空や夜景の撮影に使用するカメラ

    星空や夜景の撮影には一眼レフカメラがベスト
    星空や夜景の撮影には一眼レフカメラがベスト

    使用するカメラは、一眼レフまたはミラーレス一眼レフが好ましいです(コンパクトデジタルカメラでも可)
    スマートフォンでは、星空の撮影は残念ながら難しいです。

    また、ディズニーリゾートでは三脚や一脚の持ち込みが禁止されているため、カメラをどこかに固定して星空撮影する必要があります
    カメラを荷物の上に置いて撮影したり、石垣に置いて撮影するなど、星空とディズニーの雰囲気がわかる場所を探すのが実はかなり難しいです!

    カメラの設定(ディズニーシー星空編)

    星空のみの撮影の場合は広角レンズを利用し、シャッタースピードを30秒ほどに設定し、三脚に乗せて撮影すれば簡単に撮影できます。

    しかし、ディズニーリゾート内の照明は思ったより明るいため、シャッタースピード30秒ではディズニー風景が白飛びしてしまう可能性があります
    シャッタースピードを長めにする際は、絞り値(F値)を上げておく必要があります。

    もしくは、シャッタースピードを3秒ほどにして、絞り値(F値)を下げるという方法もありますね。
    撮影する場所に応じて変更が重要です!

    ピント設定はAF(オートフォーカス)ではなくMF(マニュアルフォーカス)の無限遠(無限マークの位置)に合わせましょう
    撮影時はタイマー撮影もしくはレリーズを使用し、ブレを軽減させます。

    レリーズは有線か無線でシャッターが切れるリモコンのようなものです。
    公式メーカー品でも他社製品でも大丈夫ですよ。

    ディズニーシーの星空撮影スポット

    フォートレス・エクスプロレーションよりミラコスタ側を撮影
    フォートレス・エクスプロレーションよりミラコスタ側を撮影


    ①ポートディスカバリー ニモ&フレンズ シーライダーFP発見所付近
    ②アメリカンウォーターフロント 噴水付近
    ③アメリカンウォーターフロントからケープコッドに向かう途中の石垣

     (現在はステラルーのフォトスポットができているため撮影困難)

    撮影時期は、空気の澄む冬の時期がベストです。
    晴れていれば、オリオン座やたくさんの星を見ることができ撮影もできますよ

    また、月齢カレンダーを確認して新月に近い日に撮影できると、月明りに邪魔されることなく撮影が可能です。

    ポートディスカバリーでの撮影は地面に荷物を置いてカメラを固定し撮影しました。
    人通りが少ない時間だったのですが、通り道になるため人が多いときは端で撮影するなど気をつけてくださいね

    アメリカンウォーターフロント噴水付近(TDS・夜) 設定:16㎜ SS25.0 F6.3 ISO100
    アメリカンウォーターフロント噴水付近
    (TDS・夜) 設定:16㎜ SS25.0 F6.3 ISO100

    アメリカンウォーターフロント噴水付近での撮影は人が多いため、人が映り込まないようにすることに注意しましょう。

    また、ポートディスカバリー同様通行人に気をつけて撮影を行ってくださいね。

    タワー・オブ・テラーは全体を写真に入れることができなかったのですが、ディズニーの雰囲気は写真におさめることができたかなと思っています。

    アメリカンウォーターフロントからケープコッドに向かう途中の石垣(TDS・夜) 設定:16㎜ SS3.0 F3.5 ISO100
    アメリカンウォーターフロントからケープコッドに向かう途中の石垣(TDS・夜)
    設定:16㎜ SS3.0 F3.5 ISO100

    アメリカンウォーターフロントからケープコッドに向かう途中の石垣では、S.S.コロンビア号、タワー・オブ・テラーを含めた夜景と星空を撮ることができますよ。
    今回の星空写真で一番お気に入りの写真です!

    S.S.コロンビア号のちょうど上にオリオン座が見えます。
    現在はステラルーのぬいぐるみ撮影スポットができているため、カメラを固定する場所が限られています。
    カメラをうまく固定できる場所を探しましょう。

    カメラの設定(ディズニーシー夜景編)

    通常星空撮影と同じような設定でOKです!
    レンズは広角~標準域(キットレンズならば18~55㎜)をメインに使用します
    ISOは100固定で大丈夫だと思います。

    シャッタースピードは遅めに設定します(目安:5~30秒)。
    絞り値(F値)は比較的高め(F5.6~)に設定し全体にピントを合わせるようにします

    ピント設定は、星空撮影同様にAF(オートフォーカス)ではなくMF(マニュアルフォーカス)の無限遠(無限マークの位置に合わせる)を使用すると楽です!
    撮影時も星空撮影同様にタイマーもしくはレリーズを使用します。

    ディズニーシー夜景編撮影スポット

    メディテレーニアンハーバー(ミッキー広場横) 設定:16㎜ SS20.0 F10 ISO100
    メディテレーニアンハーバー(ミッキー広場横)
    設定:16㎜ SS20.0 F10 ISO100


    ①メディテレーニアンハーバー (ミッキー広場)
    ②ポルト・パラディーゾ(ヴェネツィアンゴンドラ付近)
    ③マーメイドラグーン

    メディテレーニアンハーバーでの撮影は石垣の上にカメラを固定して撮影します。
    広角側で撮る場合は石垣が映り込まないように注意してください。

    メディテレーニアンハーバーでは、ナイトショー「ファンタズミック!」や季節のナイトショーが行われるため、ショーの終演後に撮影すると人混みも少なくなります。

    ポルト・パラディーゾ(ヴェネツィアンゴンドラ付近) 設定:16㎜ SS25.0 F13 ISO100
    ポルト・パラディーゾ(ヴェネツィアンゴンドラ付近)
    設定:16㎜ SS25.0 F13 ISO100

    ポルト・パラディーゾでの撮影は石橋の上にカメラを固定して撮影します。
    ヴェネツィアンゴンドラ運営時はゴンドラが光の軌跡となり線になることがあります
    狙って撮影するとおもしろいかもしれません!

    マーメイドラグーン設定:16㎜ SS13.0 F10 ISO100
    マーメイドラグーン
    設定:16㎜ SS13.0 F10 ISO100

    マーメイドラグーンでの撮影はゴミ箱の上にカメラを固定して撮影します。
    ゴミ箱の上は揺れやすい場合があることや、他のゲストの邪魔にならないように気をつけてくださいね。
    シャッタースピードが長い分、人が映り込んでもハッキリとは残らないので気にしないで撮影できると思います

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    星空や夜景も撮影方法がわかれば意外と簡単に撮影できます!

    ほかのゲストの迷惑になることや立ち入り禁止エリアでの撮影は控えて楽しんでください。
    ディズニーでの星空や夜景撮影にぜひチャレンジしてはいかがでしょうか?

    ディズニーシーで星空や夜景を撮影!夜空のカメラ設定とおすすめスポット キャステルの記事に
    いいね!しよう


    テーマパークの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【ディズニー混雑予想】2019年のTDL・TDS月別待ち時間!リアルタイム待ち時間ア...

      キャステル編集部

    2. ランキング画像

      【最新】マーベル映画はこの順番で観るべし!公開年順・時系列・アベンジャーズ...

      しーちゃん

    3. ランキング画像

      【最新】USJ混雑予想2019!ユニバーサルスタジオジャパンの月別待ち時間&リアル...

      キャステル編集部

    4. ランキング画像

      【2019】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニ...

      みーこ

    5. ランキング画像

      【2019】ディズニーランドのお土産グッズ総まとめ!ディズニーイースターのうさ...

      てんてん

    キーワード話題のキーワード

    エリア・特集エリア・特集